6/17(土)

久しぶりに3キロオーバーをキャッチしてきました。


今回は波平釣法(魚屋で購入)ではなく、正真正銘釣り上げた物。


私が“キロオーバー”と言うと、タコを連想されるかもしれないが、今回の3キロオーバーはこちら。






{87FA5CCC-22C1-45BB-AF63-044E4FAEAEDB}

ドナルドソンです。


LLサイズのまな板から思い切りはみ出してるが、体長は60センチなのでドナルドソンとしては並サイズ。しかし、体高と体重が半端ない!

2009年以前、群馬に居た頃はエリアトーナメントにも出つつも、普段は大物ばかり狙っていた私カン太。

サイトで大物を狙いうちして喰わせた瞬間のドキドキは病みつきになりますね。


今回は放流後、早々にカケアガリを回遊してきたオスを狙い撃ちして食わせたが、シャクレなオスのため、噛み合わせが悪いのかフッキングと同時にスッポ抜け(^_^;

その数分後に訪れた次のチャンスもショートバイト過ぎてフッキングに至らず…


水慣れしてないのか?派手な色を直前で見切る大物達に対して、カラシ色までトーンを落とし、回遊してる個体の斜め後方から頭上を通過させるようにスプーンを巻き下げながらやっと喰わせて釣り上げたのでした。


結果的にシャクレのオスより、メタボなメスの方が美味いので結果オーライ。



そしてそんなメタボさんなので当然…

{E8CB7CBE-6954-406A-9F2F-54AF460795D7}
某ブランド鱒のような“ただ赤いだけ”の身質ではなく、脂がノリノリ。


{9B492B4E-BD37-4E3E-95CF-AD7ABC9A3B5F}
ハラスの薄皮を削ぐと中はこの通り。


{F6C95385-5B11-448F-9D2A-C20470BBF13E}
腹身を2分割して柵取りしたが、それでもお皿からはみ出してしまうほどの身幅。



{71DC942A-465E-4275-8935-5B635CEC24BE}

{0E3EEFA8-8B1A-421C-B000-768F561F4668}
大トロ部分は別盛りで。




{0E3838B7-BFF3-4FF2-BE3C-0F8C6D59D312}
包丁集め・研ぎも順調です。


さて、こんな美味しいお魚を釣らせてもらったのはホーム中のホーム、ベリーズ迦葉山さん。


横浜生活中はすっかりご無沙汰だったが、どうやらその間に新作スプーンをリリースしたようで、早速そのうちの5色を使わせていただきました。

{290C6F96-E350-49E2-A057-09E85BBD464F}

{02281C03-1FB5-488B-A3D9-651FB145C6E5}

すっかり下手くそになってしまった私カン太でもしっかりヒットさせられる優秀なスプーンでした(^^)

他にもミノーでブラウン達に遊んでもらったり
{220EC15A-973D-462E-B498-B66D84AF5D92}

釣果は半日で20匹くらいだったが、ノアJr.1.4gをボトムでコチョコチョするとコンスタントに釣れ、またクランクの反応も上々でミニシケイダーとザンムだけで半日楽しめました。


{69552F7F-1928-45D7-9CE6-F60FE5CFFFAA}

レギュラーサイズもほんのり赤身の魚なので食べる分だけお持ち帰りして塩焼きに。


余ったドナルドソンは切り身にして塩漬けして冷凍庫へ。
{89C54F36-32D9-4F62-B8D4-5DAFB9202B61}

{B197B40A-A4EE-4A8A-B6C0-0F100EE79DBE}

しばらくは鮭を買わなくて済みそうです(^^)


{0B77BFC6-0F35-4BA0-BA30-AB55F0162515}




おしまい

AD

カン太、新潟を釣る?

テーマ:
横浜を離れ、釣り自体もほとんど行けてない中、何ヵ月ぶりかの海釣りへ行ってきた。

場所は新潟。

GWまでの新潟はイナダ・サゴシが1人で20本も釣れたとか。

激混みが嫌いな私カン太はすっかり釣れなくなった情報を得てから新潟へ。

ボトム狙いでヒラメ、マゴチ、ホウボウでも釣れないかなと投げ始めると、なにやらガツンガツン当たってくる。




何回目かのアタリでフッキングすると…



{24E4400E-89A8-4F76-A562-2C89850D6F55}

エソ40センチ…

しかも連発(^^;;
他、アタリ多数。(すべてエソらしい)


家族をビジネスホテルに残しての早朝釣行なので、チェックアウトの為、8時に一旦納竿。

その後、家族を連れ、寺泊を攻め、無事にお目当のイナダどころか、ワラサをゲット。



{FE831445-26BD-4ADC-BADD-265395FFB191}




そんなこんなで久しぶりの板前ごっこ。

いや、久しぶりでも無い。
釣りに行けない私カン太のかわりに後輩達がせっせと釣りに励み、毎週のように釣果をカン太家に置いて行くのです(^^;;
{D625C8DA-86E0-4A3E-9B12-E99F8C2A44D7}
5/1湯ノ湖のヒメマス

{7E0B3558-D033-476E-8DE8-B6EDC6852D5E}

{E7A9F69A-B94E-4BE5-A511-99088D8B0A45}
5/4赤久縄の箱スチ(箱島系ニジマス×スチールヘッド)

この他に写真は無いがお隣さんから新潟産の鯵も貰った。



で、今回、寺泊でゲットしたワラサは
{BAF60D1A-EB26-4097-90BC-00550D145AFA}



{94837610-F6CC-463B-8DE4-ADDC3BB6AC5D}
引っ越しでお造り用の暗色の皿が行方不明につき、花柄のお皿で(^^;;


こんなワラサが1000円でゲット出来る新潟はやっぱりいいね!笑

次回はシロギスが波打ち際で爆釣になる6月に行こう(^^)

あ、その頃は横浜のタコが開幕かな⁉︎


おしまい
AD
群馬での生活もようやく落ち着いてきたので4/22(土)午前にエリアトラウトにハマっていた当時のホーム中のホーム、アングラーズプラッツさんへ。

{A25B30EE-EB5A-42CE-920F-71ADAC04B99E}

群馬の管理釣り場は養殖コストの高騰などで値上げをせざるを得ない所や閉店してしまった所もあるが、アングラーズプラッツさんは当時(2010年以前)のまま。いや、100円値上がりしたのかな?


店番のおばあちゃんも元気そうでなにより(^^)


7年間に及ぶ横浜生活ですっかりソルトアングラーとなった私カン太のタックルも2010年当時のままだが、年々難易度が上がっている管理釣り場で果たして通用するのか。

{6641CBDB-8D69-4CF9-B6DC-95ACA535CBA9}


7年ものブランクがあるエリアトラウト。
魚の追尾を感じてレンジを絞り、ここぞというタイミングでフリップを入れてバイトさせるなどという高等テク?はすっかり出来なくなってしまった。


そんなわけで、表層でサイトのスプー二ングから開始したが、ショートバイトに反応出来ず、苦戦…

しかし、1時間ほどで当時の感覚をなんとなく思い出し…
{A3AE379C-F881-423A-9513-485FBC13A54C}
(エリアトラウトが少しだけ上手かった頃に貰ったトロフィー)



{2CCF8228-C0F9-4620-BA8D-4D9BCB47C86E}
2時間券でBBQ用のニジマスとイワナを確保(^^)




串焼きには大きすぎるニジマスを4匹リリースしてお土産は9匹。
(プラッツさんの匹数制限は時間券共通で10匹まで)


BBQ食材を買おうと帰りがけに立ち寄ったスーパーでニジマス196円/匹だったので、2時間券1600円の元は取れたか?
{9C98B3F3-1817-4A34-B9EE-2DFBE2DEECB9}


そして、マイホームでは初となる念願のBBQ。

お昼過ぎから始めたがお隣さん(源流釣り師)が夕飯にBBQをするとのことでそのままお呼ばれし、昼食〜夕飯にかけて6時間耐久BBQへ突入!


分譲住宅地のマイホームゆえ、ご近所さんの洗濯物への配慮など気を遣ったが、結果的にはお隣さんとBBQ仲間になれたのでした(^^)



さて、私カン太の第4の趣味である包丁研ぎ。


ヤフオクで捨て値で売られているジャンク品の和包丁を落札しては綺麗に鋭く研ぎ上げてニヤニヤするという趣味。



{896FFF50-1631-48CD-AF2C-6436AAD7757C}

{6135DA7B-A9A6-4876-8265-A8815ABEE321}
こちらは錆び&大きな刃こぼれで重症な出刃。グラインダーで刃線と切刃の整形をし…

{BE95CF32-0E69-4CB9-8D4B-DF932F1F2388}

{77445340-CCFA-412C-A698-EED0ECCDB09A}
荒砥でざっくりと研いでみた。あとは1000〜6000番の砥石でひらすら研ぐのみ。





こちらは一見、綺麗な出刃。
{5C26AC8E-9BD7-4352-8D54-2B66C8180B51}


しかし、前オーナーによって、裏が真っ平らどころか、凸型に研がれてしまっており、裏の“比”が無くなってしまっていて和包丁としては終わっている品…
{4D0BB50D-1060-4DAA-ABA1-10C7A9237836}
直せるか不安だが、とりあえずグラインダーで慎重に凸→凹に研磨し、裏の“比”の再生を試みているところ。


そしてこちらは祖父の形見の麺切り包丁。
{4947A3C6-1EE2-43E6-8353-7DE6528F2D47}
麺の塩気と湿気で錆びまくり…麺打ちが趣味だった祖父だが、病に倒れて手入れ出来ずに保管されていたのかもしれない。



そんな事を思いながら、グラインダーで錆び落とし…
{DCAA6F0F-0104-4001-A81F-AD2C4FC288A2}

錆びと一緒に黒い酸化皮膜も落としたので、鏡面加工にする予定。




{85FFAD86-DC01-4B23-848C-BFE19986BE24}
先日、やっと研ぎ終えた上の二本(出刃:金鳩、柳刃:界和弘)の試し切りとして真鯛を捌いてみたが、湯引きした皮/身もスパスパ切れて無事に一軍入り(^^)

そんなこんなで包丁研ぎはなかなか時間が取れないがコツコツ進めて行こうと思います。




おしまい

AD