1年前の私のストーリー

テーマ:
口ずさむと涙せずにはいられないです。

AI ストーリー



AI & EXILE ATSUSHI ストーリー


AD

テーマ:

世の中に本当にいろんな人がいるなあと思います。


先日飲んだ人は、私が思うに人より収入が多くあるのですが

それをほぼ飲み代に使っているようでした。

その晩もおごっていただきたましたが、

そして私も暇なのですが、

7時間もその人と二人で飲んで話しました。


よくそんなにひとりの人と話すことあったねー

と同僚に言われましたが、

実は酔ったら話しなぞよくよくは聞いていないのです。

よくしゃべる人で、ずーっと相手がしゃべって、私はほぼ相槌だけでした。

相槌には相手の質問に回答することも含まれます。

質問にはわりと丁寧に答えましたが

その回答に関連する話題にすぐに飛んで、相手がずーっとしゃべってました。


こんなたとえは良くないかもしれないのですが

私は職業柄ずっといすに座っているのが全く苦痛ではなく

その上、たとえば長時間の飛行機のフライトなど、大得意です。

長時間同じいすに座って、ちいさくもじもじしたり伸びをしたりしながら、

目の前の画面を見つめるか、寝るか、ごはんを食べるか、飲むか

していると彼の地に着く

そういうのは得意です。エコノミークラスの座席でも全く苦になりません。


それと同じ心境だと、帰宅してから思いました。


ずーっと彼の自慢話を聞く。

手元には大好きなマティーニがあり、それをちびちび飲みながら

一生懸命話している人の顔を見て相槌を打つ。

この際相槌は無意識です。無意識下では相手の話は聞いているのです。

酔っていて脳は処理し切れていませんが、間違いなく聞いています。



こういうことは相手が男性であろうと、女性であろうと、よくあります。


たいていの人は自分のことを話したくて話したくてうずうずしているようです。


私は、長時間フライトのように、その人の前にじっと座って耳を傾けるのが得意なので

長時間話を聞くことになります。話を聞くのはとても楽しいです。

そして相手が話すことですっきりしてもらえるととても嬉しいです。


でも、話の中で、相手が、私に対してアクションを求められると少し困ります。

できるところまではアクションできるんですが、、、

女性に対してのアクションは、どこまでやればいいか、だいたいわかります。

自分が女性だからです。

これ以上踏み込んではいけない、という感触はわかって、それは相手と合致します。


ところが相手が男性の場合は皆目わかりません。

したがって深入りしないように制御します。

相手に少しだけ喜んでもらえる状態にはしますが、過剰にはしていないつもりです。

少しだけ喜んでもらうようにするのは、おごってもらうことが多いからです。

私の感覚でおごってもらう以上のお返しはしないようにします。


はー(溜息)

このように冷静に書くと、私は計算ずくのロボットみたいですね。



聞くだけでいい職業があれば、天職なんではないかと、思う日々です。


AD

2012年近況

テーマ:

地デジ化以来テレビのない生活を始めて約1年。

自宅で無駄にテレビを見ていた時間を、主に本とDVDとぼんやりする時間にあてています。

テレビの無い生活に慣れた今、普段は何の問題もありませんが、

どなたかのおうちに遊びに行くとテレビを食い入るように見てしまう癖がついてしまいました。

先日もお友達のお友達のおうちにお邪魔して、ちょうど歌番組をやっていて

生のEXILEや桑田さんやゆずやプリプリをかぶりつきで見ました。

さもしい子におもわれたでしょう。許してください。見つけないものを見てしまったからなのです。


それ以外は本当に代わり映えのない平凡で穏やかな毎日を送っています。

もちろん毎日、毎月、季節、あるいは、朝夕などにより、

小さいものから怒りを伴うものまで浮き沈みはありますが、大変動なし。

たぶんしばらくこのペースで、マイペースで、進んでいくんだなと思っています。



AD
2週間前の地震の後、世界が何もかも変わってしまった。
信じられるものが何一つなくなった。
テレビ、報道、買えると思っていたもの、
そして何よりも、無意識に、安全と思っていた空気、水。
信じられなくなった。

今、何より懐かしく思うもの。
畑、野菜、何より自然体の人々、おいしいごはん、おいしい空気、疑いのない笑顔、表裏のない笑顔。

私にとって、五感のうち何よりも音が、安心できる。

そういった意味で、原点回帰、ミーハーだが、エグザイルの篤志の声が一番落ち着く。

今はユーチューブが本当にありがたい。篤志とAIのストーリーは泣けた。
頭を使って情報を得ていればいるほど、耳から入ってくる情報には、無防備で体が震える。
音、声、
私にとってこれ以上重要なものはないと思える。

仕事

テーマ:

ブログの更新も1ヶ月ぶりとなりました。


バタバタしているようで、実際にはそうでもなく、

余裕がないようで、実際にはお酒を飲んでいる時間も多く、エッセイを読んでいる時間もあり、

新幹線の中で何かできるほどの時間があるものの、たいてい何もせず寝ているだけであり、

時間の使い方がよくないだけのようです。


時間は効率的に使えるともちろんいいんですけど、

セコセコするのも疲れるだけだし、とか

結局ナマケモノなんでしょう。


結局のところ、仕事に振り回されていることは間違いなく、

今はまだ仕事に振り回されることを許容している私です。


仕事ってなんだろう。


無くなるとたぶんぐっとふけるんだろうけど、

あるとあるで、生活の大部分を占めてしまう。望む望まないにかかわらず。


そういうかたわら時間を見つけて本屋に行くのが好きです。

本を買うのが好き。

そしてほとんど読まなくて積みあがった本を眺めるのが好き。



私が最近買った本。相変わらずの傾向です。


野菜でパーティ!マクロビオティックの楽しいテーブル---エスニックからイタリアンまで、野菜・豆.../roof 今井 洋子
¥1,680
Amazon.co.jp

OLはえらい (文春文庫PLUS)/益田 ミリ
¥720
Amazon.co.jp

ヤバい経済学 [増補改訂版]/スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー
¥2,100
Amazon.co.jp