水の飲み過ぎは要注意!



「水毒」ってきいたことありますか? 
夏なのに冷えを感じたり、むくみを感じやすい方
もしかしたら「水毒」にかかっているのかもしれません。 

そもそも「水毒」とは何なのでしょうか? 

今回は
そんな水毒について詳しくご紹介します。




水毒とは?

水毒とは
東洋医学で使われる病名

体内に余分な水分が
溜まっている状態
を指します。


体内の水分量が必要以上に多くなってしまうと
「気(エネルギー)・血(血液)・水(体液)」の
巡りが悪くなるとされています。


そのため
代謝も悪くなりむくみも感じやすくなります。

汗をかいたから
ダイエットのため
健康のためと大量の水を飲んではいませんか?

必要以上の水分摂取は
逆効果を生むこともあるので要注意です。




セルフチェック


水毒のセルフチェックです。
ぜひチェックしてみてください。


体がひんやりと冷たい

平均体温が36度以下

汗っかき

喉が乾きやすい

運動不足である


当てはまる項目が多いほど
水毒にかかっている可能性大ですよ!




水毒は水分の取りすぎ


水毒は水分の取りすぎにより起こる体の状態です。

たしかに
汗をかいたらその分の水分補給は必要ですが
汗もかいていないのに
大量に摂取する必要はありませんよね。


1日の理想摂取量は
800ml~1500ml程度
です。

体に必要な量だけ摂るようにしましょう。



水毒の解消法

水毒を解消するためには
代謝機能をアップさせ
余分な水分を排出してあげることが
重要
となります。

運動と入浴


加齢にともない
筋肉は衰え血流も悪くなり
代謝機能も衰えて
しまいます。

すると冷えを感じやすくなったり
むくみやすくなったりします。

運動や入浴によって

体を温め血流を良くしてあげましょう。

ウォーキングの他
筋トレによる筋力アップもおすすめですよ。




食事



食事も体を冷やすような
食べ物には注意
しましょう。

夏の代表野菜である
きゅうりやスイカ、トマトは
体を冷やす作用があるので
食べ過ぎないようにしましょう。

逆に

根菜類やリンゴは体を温めるので
水毒の解消にはおすすめの食べ物となります。




いかがでしたか?

「水毒」について
ご理解いただけたかと思います。

水分の取りすぎには注意して
むくみにくい体にしましょう。