”ミネラルが豊富”な食材をご紹介!




ビタミンと並んでよく耳にする栄養素
「ミネラル」。

なんとなく体に良いものだということは
分かっていても
その種類や働きをきちんと理解している人は
少ないのではないでしょうか。
私たちの体に欠かせないミネラルの役割や
多く含む食材・効果的な食べ方をご紹介します。



ミネラルって?



私たちの体は
96%が炭素・水素・酸素・窒素の4元素
残りの約4%ミネラルで構成されています。

16種類「必須ミネラル」
体の機能を維持・調節するために
欠かせないものです。


必須ミネラルとその効果

カルシウム・マグネシウム・リン
歯や骨をつくる、代謝を助ける

ナトリウム・カリウム・塩素
体内の水分量の調整

硫黄
髪・爪・皮膚をつくる

亜鉛・ヨウ素
成長促進

クロム
血糖値の上昇を抑える

コバルト
貧血を予防、集中力UP

セレン
老化・動脈硬化の予防

鉄・銅
貧血を予防、代謝を助ける

モリブデン・マンガン
代謝を助ける



ミネラルを多く含む食材

海産物


海産物には
ミネラルが豊富なものが多いです。
桜えび・焼きのり・カットわかめ
ひじき・昆布などは
様々なミネラルをバランス良く含む上
乾物なので便利に使えます。



ナッツ類


手軽につまめて
ミネラルも豊富なナッツ類。
特にピーナッツがおすすめです。



ゆで卵

鶏肉よりもバランスよく
ミネラルを摂取できます。
生でも栄養価はあまり変わりませんが
加熱した方がタンパク質の吸収率は高いそうです。



野菜・豆類・きのこ類

野菜類・豆類・きのこ類は
一般的にミネラルを多く含みます。
切り干し大根・納豆は
乾燥や発酵によりさらに栄養が凝縮した食品です。



加工乳


そのまま飲んでも
料理に使ってもOKな手軽さがポイントです。



効果的な食べ方



蒸す

ミネラルは水に溶けやすいため
ゆでるよりも蒸す方が残さず摂取できます。
煮込み料理の場合は
スープごと食べるようにしましょう。



だしをとる

インスタントよりも
昆布や煮干しからとっただしの方が
ミネラル豊富です。
うまみもUPするので
ぜひチャレンジしてみてくださいね。


食べ合わせを意識

欠点を補ったり
効果を高めたり
する栄養素を
合わせてとるように意識しましょう。

塩分の多い食事には
カリウムを多く含む食品を
(アボカド・パセリ・ほうれん草)

カルシウム&ビタミンD
で吸収率UP
(マグロと納豆・鮭とチーズ)

鉄&ビタミンC・たんぱく質
で吸収率UP
(ゴーヤチャンプル、魚介類とレモン)

亜鉛&ビタミンC
で吸収率UP
(牡蠣とレモン)

welq【ウェルク】


いかがでしたか?
ミネラルを効率的に摂取して
美しく健康な体を保ちましょう。



AD