2008年08月07日

20.07.19~21 小川山

テーマ:無積雪期クライミング

2008.07 小川山


20087.1921


蛍 雪:岩田 中尾 吉田 柳瀬   ピーク:田口 要根夫妻

フリー:前田 尾島 古倉

青 穂:樋口 牧野 

 

19(晴)

歩きの中尾さんを送り6時過ぎに到着。さすがの3連休、ファミリーキャンパーでテントが賑やか。


キャンプ場風景


古倉さんと合流しセレクションめざし屋根岩へ向かう。田口さんと組む。1P目(やなせ)無難に短く切る。2P目(田口)スラブを難しいと言いながらクリア。


田口さん

3P目(田口)チムニー、大岩をくぐる方が易しいがあえて前を登る。カムをかませるのがやっと。4P目(やなせ)クラック、出だしがややフレアしてハンドが決めれず難儀。古倉さんにもっと上に上ってカムを決めるようアドバイスを受け必死で決める。A0しながら乗り切る。


蜘蛛の糸


4P目の田口さん

5P目(田口)トラバース取り付きのルンゼの木まで登る。6P目(田口)乾いていて快適にトラバース。

5P目の古倉さん


トラバースのヤナピー


トラバース出口の吉田




7P目(やなせ)左に巻くルートもあるようだが正面のクラック(5.9)を登る。オールナチュプロ、高度感でちょっとひるむ。やや斜上しておりレイバック気味にテンションかけながら越える。上部、傾斜は緩いがスラブで勇気がいった。後続も皆、難儀した様子。


7P目のいやらしいクラック(5.9)


セレクション終了点にて

下降し、待ちの間、11ルート(ちゃわんむし)を樋口君がトップロープを張ってくれるが歯が立たない。

水晶スラブへ移動。樋口君、アバタもエクボ10Cオンサイト。隣のツイスト10Aにトライするがピンの遠いスラブに敗退、落ち込む。ひょっとこ岩に移動、精神カンテ10A、終了点下部で1回落ちるが気合で斜上しながら立ちこみ登れたので良かった。隣の10C・11Aのスラブ、トップロープで登らせてもらい立ちこみのトレーニングに満足した。



アバタもエクボの樋口君


精神カンテの尾島さん

尾島さんのすき焼き・お寿司etc、古倉さんの自家栽培野菜と五一ワイン、田口さんの岩魚?で大宴会。



難民キャンプではありません
岩魚を釣った田口さん


20(晴のち大雨)


がまスラブへ。門番の娘5.9、スラブで何とか登る。その後がまルート隣の5.9にトライ。後で見ると離れているが先の門番の娘とセットのようだ。スラブをフェイスとフレーク交じりで登るが下部が嫌らしかった。諦めかけているところで古倉さんが現れかっこ悪いところは見せたくない思いで登れた。牧野さんと組み、がまルートを登る。最終P手前の滑り台のようなスラブがおもしろかった。懸垂で下降するが、なんと靴をどこかへ置き忘れた、どんくさい。



ピークからの快適ラッペリング

45Mで取り付きへ降りられる

満面笑みのヤッチャン

ラッペルのスタート吉田

スラブ上岸壁に移動。小川山ショートストーリー5.9、下部のスラブの一手が遠く難しく感じるが上部は簡単。樋口くんが水曜日のシンデレラ11Aも落とす。ちょっと雲行きが怪しいがトップロープでトライする。丁度ハングのところで滝のように雨が。ごぼうで引き上げてもらい回収。




冷えた体をお風呂で温める。焚き火も起こしてくれて、田口さんのサラダ・お寿司、岩魚?で宴会。夜中まで激しく降ったりやんだりだった。

21(晴)

八幡沢左岸スラブへ。数名は春の戻り雪5.7で練習。樋口君は雨がやんだら11Aは落とすが、チャンス11Bでは苦戦。雨がやんだらは微妙に前傾したフェイスで、かちでこれを登るかって感じ。トムといっしょ10Aにトライ、ワンテンかけてしまった。

トムといっしょのよねさん


お昼で終了。


後は高原野菜買って、

清泉寮でソフトクリームを食べ、皆怪我もなく、帰阪しました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

関西蛍雪山岳会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。