人と街と想いをつなぐ。

淡路島・神戸・明石方面を中心に建築の仕事をさせていただいてます。夢の実現に向け活動中!いろんな想いを真剣に、たまにくだらないことも投稿しますがご了承下さい。


テーマ:

 

トップのリーダーシップやマネジメントことについて書かれた本は数ありますが、

 

No.2のことについてのものはあまり見ないので、ついつい手に取ってみました。

 

将来的にトップなる予定の人、No.2としての立場を貫く人、部署の長をサポートするNo.2など、いろんなNo.2のカタチがあると思います。

 

が、共通して言えることは、しっかりトップをたててサポートする役目を担っているということ。

 

トップの仕事は、ビジョンを指し示すことであり、その方向に全員を導くこと。

 

それが最も大切な仕事の1つだろうと思います。

 

そのための環境を整えるのがNo.2の大切な仕事ではないかと思われます。

 

もちろん、トップに細かいことはしなくていいですよという事も含めて。

 

そしてNo.2の重要性です。

 

トップは最高責任人者でありますから重要なのはもちろんなんですが、No.2も同じぐらい重要なんだろうなぁと感じてます。

 

世界のホンダには藤沢さんというNo.2がいたように。

 

しかし、中小零細企業にはNo.2という存在がない場合が多くあります。

 

裏を返せば、しっかりとしたNo.2の存在があれば、もっともっと成長するんじゃないかということになりますよね。

 

 

などなど・・・

 

実はまだこの本を読んでいない段階での持論です(笑)

 

 

私自身まだまだ未熟な人間ですので、しっかりと勉強して自分自身のポジションを見直していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

■淡路島のリフォーム・リノベーションなら関西ハウス工業

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

原田啓行/hiroyuki haradaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント