【にほんブログ村】 クリック励みになります!

発達障害部門 第9位


先日、このブログにひとりの成人当事者さんがコメントを寄せてくださいました。そこには、発達障害のある人生を生きていく希望と、その可能性を開く為の大切なものがあるように、僕は感じました。今日はそんなところを書いてみたいと思います。


おっとちゃん というHNのこの男性。

20代になるまで発達障害に気づかず、でも集団になじめず、

友人も持てずで、苦しい日々を送ってこられたそうです。

ご本人のお言葉を借りれば・・・


>喜怒哀楽と言う感情にも乏しく、表現なんて難しいです。
>嫌な性格だなと、自分が嫌いでした。
>親が敷いてくれたレールを何の苦労もなく歩くのが

>人生とも思っていました。


この方は技術をお持ちの方なのだそうで、

安定就労をなさっている様子ですが、

やはりそこには発達障害の対人関係の悩みがあったのだと思います。
ある意味、自分の世界だけで生きてこられた・・・、

というよりも、そうするしかなかったと言うべきかもしれませんね。

そこに、ぼくはこの方なりの苦悩を感じたのです。


しかし、そこに転機がやってきます。


>そんな時、妻と出会った訳ですが

>性格にメリハリのある女性だったんで、

>最初の戸惑いは言うまでもありません。
>お互いが異空間の人間ですよね。
>でも、私の脳内に電流を走らせてくれる存在でした。

>「どの方向目指して、その先の人生を

>歩んでいけば良いのかを灯す道しるべ」となったんです。


まさに、出会いが転機となったようです。

ご主人の人生が大きく開けた瞬間を感じます。


また、ブログに寄らせて頂くと、

奥様にも洋々な思いがあったのだろうなぁと感じます。


でも、この奥さんは、ご主人の発達障害の問題にも正面から関わってこられ、文面からも、そのあたたかい姿勢が伝わってきます。そうしたことが、ご主人の人生に「新たな豊かさ」を育んで行ったように思うのです。


また、ブログの文面を読む限りなので想像の域を出ないのですが、このご主人には誠実そうなお人柄を感じます。そんなところで夫婦ともに頑張ってこられたのではないかと思うのです。


ところが、このご夫婦には新たな試練がやってきます。

奥さんが脳の開頭手術を要するような大病をなさったのです。


妻は大病抱え、昨年、脳外科開頭手術をしたんです。
>命、そして脳と真剣に向き合うこととなった妻でしたが

>こんなことを言いました。

>「突然入り込んできて、いじられ(手術で)戸惑い、混乱の脳と、

>それでも生きて呼吸する脳につき合わされ、

>怖いくらい脳のメカニズムを存分に味わわされた。
>脳は時間をかけなきゃお仕事しないみたい。
>だから、ダメージの違いはあっても脳は必ず答えようとしてくれるし、

>学ぼうとしてくれてる」・・・と。

>そして、そのことと私との11年間を照らし合わせ
>「やっぱりアナタは沢山の可能性を秘めている。
>まだまだ眠っている能力があるはず!」
>と言ってくれました。

>これ以上はダメかな?と思い始めていたので、

>妻の病から思わぬ導きがありました。


僕は、このコメントを呼んで、頭の中に色々なシーンが巡ったような気持ちになりました。きっと奥様にとって、ご夫婦の11年間と、今回の大病に、何かが重なるというか、謎が解けたような瞬間があったのではないかと想像するのです。


そして、その中から、奥様は、改めてご主人の困難や苦悩に気付き、

またその解決のところで、何かを感じ取られたのだろうと思ったのです。


コレは勝手な想像なのですが、

新しい何かが見つかったと言うよりも、

奥様に、「今後もこの人を支えていこう」という気力が、

また新たに湧いたのかもしれません。


このコメントを通じても、

当事者さんにとって、身近な理解者の存在が、

どれ程大切かと、あらためて感じ入ります。


そして、発達障害の特性は、自分の世界に囚われがちではあけれど、

それは決して、変えていけないものではないと感じるのです。

時間も掛かるし、一筋縄のスムーズな道のりではなくとも、

一人ひとりのやり方と、生き方で、

その可能性は開けていくのだと感じるのです。


そこを求めていくことこそ、

この障害のある人生をどう生きるのか・・・

と言うことではないかと考えるのです。



最後に、ご主人さんの言葉をここに記して、

この記事の締めとしたいと思います。



>子供であれ、成人であれ、

>長いトンネルの先には必ず出口はあるはず。
>たとえそこがゴールでなくても進む道はあると思います。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

皆さんのクリックがとっても励みになります!

【日本ブログ村】ポチっとお願いします~


【告知です!】

日頃の生活を離れ、ゆったりと過ごすお時間はいかがでしょうか

同じ境遇を持つもの同士、悩みを語ったり、

判らないことを聞いてみたり、

互いの経験を交換し合って、問題をひとつひとつほどいていく・・・・

そんなグループを目指して、開催しています。


発達障害支援:大阪家族限定グループワークのご案内

2011.05.13(金) 10:00~14:00

大阪市北区・中央区の貸し会議室にて開催!

少人数(10人)制 要予約



AD

コメント(2)