2007-02-28 16:50:10

健康食品の朝鮮人参を飲み続けながら体中が痒いのは本当に良い反応なのか?

テーマ:漢方と漢方薬の誤解

 タイトルの「健康食品の朝鮮人参を飲み続けながら体中が痒いのは本当に良い反応なのか?」に対する応えは、トンデモナイ! 朝鮮人参による温めすぎによる弊害で生じた痒みであるから、一種の誤まった使用によるものである。


 《素問・至真要大論》に言う「諸々の痛痒瘡は、皆心に属す」であり、心は火を主(つかさど)るのだから、激しい痒みは火熱の証に属しており、朝鮮人参やニンニク健康食品などの過剰摂取による激しい瘙痒は、現代日本社会では日常茶飯事のように生じている。


 実は先ほど、現実にあった御相談で、当方の薬局が混雑している折に・・・・・・・


 不妊症治療目的で某所で相談したところ、某社の健康食品の高麗人参を奨められて二年間に亘って使用し続けているが、体中が痒くてしようがない。痒みのことを訴えると、体内の毒素が出るのだから痒みくらいは出ても当然だと言われ、子宮を温めるには必要なことだとも言われたという。


 応対に出た女性薬剤師が、シロウトが素人に奨めるようなことをするからそのような間違った販売を行うのだと、的確ズバリのことを述べると、それ以上の御相談をされることもなく、去って行かれた。


 朝鮮人参やニンニク健康食品の乱用により、痒いことがいかにも良いことのように詭弁を弄する販売手法に乗せられているおめでたい国民が、相変わらず多いということなのか?


 そもそも朝鮮人参が各社の製品によっては健康食品であったり医薬品であったりと紛らわしい国内事情に困惑させられる部分があるが、朝鮮人参自体の歴史的な効能は、峻補の薬物であり、要約して言えばもっぱらエネルギー的な栄養を補う作用ばかりがあって、体内の老廃物や過剰な毒素を排除する作用はまったく全然、皆無である!

 上記の素人営業者が高麗人参によって体内の毒素を追い出している、などという理屈は詭弁も詭弁、中医学的には錯誤の何ものでもないのである。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。