テーマ:
 調子に乗って飯田線の話題をもうひとつ。

 きわめてローカルの話題ですが。。。。

 以前、飯田線の列車は、国電で使われていた車両を

 使用していました。

 カンポおじさんが高校生の頃走っていました。

 「ゲタ電と言われていました。

 その頃の「ゲタ電」のようすはここをクリックしてください。

←写真をクリックすると新旧駅舎の様子

 「ゲタ電」とは、都会で運転されていた時代に「ゲタ代わりに乗って出かけられる」、

つまり「気楽に乗れる列車」という意味で主に「通勤型」に付けられた愛称でした。


その「ゲタ電」に乗って高校に通っていました。

その時いつも利用していた、思いで多い乗車駅が2004年に新築されました。

鉄道ファンの聖地「田切駅」の隣に駅です。
旧駅舎の写真がありました。現在の駅舎と比べて記録しておきます。(写真をクリック
旧駅舎を見ると我が青春時代を思い出します。
「俺も17歳という時代があったんだ!!!」。。。。。。


飯田線は開設当初から電車です。

ほとんどの国鉄(JR)が蒸気機関車だった時代に電車が走っていました。

重要な理由があると言われています。

(小学生の頃先生から聞いた話 他の理由があるかも知れない)

それは、明治、大正、昭和の初期の時代 ここ信州・伊那谷は「蚕」を飼うのがさかんで、

農家の重要な収入源でした。

このため「餌」になる「桑の葉」の栽培が必要でした。

この桑の葉に蒸気機関車の煙りがかかると「蚕」によくないというのが、その理由です。

収入源を守るために、蒸気機関車全盛時代に、技術的にも難しかったと思われる

「電車」を引いた伊那谷の先人を尊敬しています。


ちなみに、蚕の作る「繭玉」は「生糸=シルク」を作ります。

ナイロン(合成繊維)ができるまで、重要な繊維であったことは、ご存知のとおりです。

伊那谷で作られた「繭玉」は東洋のスイスといわれた「諏訪地方」の工場に送られました。

ここで、シルクに加工され、海外にも輸出されました。

ああ 野麦峠の小説 はここから生まれました。

その頃から信州・伊那、諏訪地方は、山奥で都会から離れているにもかかわらず、

工業が盛んに行われ、物つくりの精神が近年の精密工業に受け継がれています。

その代表的な企業が。世界のSEIKO、そしてEPSON。。。。

こう考えてみると、まさに飯田線が当初から電車であったことの結果が現れていると思い、

先人の先見の明に感謝します。


なお、「蚕」のことを、祖父や祖母の世代の人は「お蚕様」と言います。

「お」と「様」をつけていることが、重要な収入源だったことをうかがわせます。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

カンポおじさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。