長男が畑の仕事に就いて半年が過ぎ、彼の農への情熱とこだわりは日ごとに高まり

さらにそこから派生した食・生活・思考・表現など

彼の今まで蓄えてきた内的エネルギーが様々な形となって顕在化してきてます。

 

そうなると、彼の疑問や質問、議論も活発になり

家では本当に話をしなかった彼が私だけでなく

他の家族(弟や妹にも)や祖父母にも関わりを求めてくるようになりました。

 

その情熱とかエネルギーとかいわれているものを

私は自分の子どもから初めて受け取り

本当にありがたく幸せな気持ちを味わっています。

ただただ彼の力を信じて、見守ってきてよかったな〜と。

{FCD1AF9E-CD62-4DF2-908D-67B33FAD3AB7}






そんなことを考えている時に相模原市の障害者施設での事件がありました。

息子が関わっているNPOにも様々な障がいをもった方達が働いていて

その方達とふれあうことを通して息子も「彼らほど純粋な人たちはいないよね」

と話題を共有することが増えてきていただけに

この事件を受けて家庭内での議論も活発に。

彼が考えていることに対して、私も考えを話していたのですが

自分でもビックリするくらい確固たる信念を持って話している自分がいました。

 

{18C88688-8632-4BC5-AD37-FF4E6FFF998E}

障がい児教育に、初めは必ずしも望んで就いた訳ではなかったけれど

子育てしながら大変な時期もありつつ続けたことから観えたもの、感じたこと

親御さんの想い、高等部の進路指導を通して関わった施設の方々の想い、行政の在り方、社会の中での存在などなど。

それらを踏まえて子どもたちと育んできた信頼関係は、普通の学校の先生と生徒という関係では気づけない「魂の交流」であったのだということが息子との会話から明らかになっていったのでした。

 

「大変な仕事なのに偉いわね」とか「音楽の先生ならもっと音楽指導が出来る学校に異動したらいいのに」とかいわれる度に「彼らほど音楽を純粋に愛してくれる子達はいないから」という理由で障がい児学校からの異動はしませんでした。

 

でも本当は、それだけじゃなかった。

 

私は彼らと、彼らの魂と一緒に居たかった!

ただそれだけだったのだと気づいたのです。困った行動も(問題行動といわれるよなことも)それが大変なほどに書き立てられる心の中の熱いもの。それを言葉で説明することはとても難しいです。

でも、それを何とかしたい!というよりは

彼らがその行動を起こしてしまうに至ったプロセスがあることを明らかにして、より多くの人たちに彼らの本当の想いを知ってもらいたい!

理解者を増やすことで障がいを超えた心の交流がかのであることを伝えたい!

と思っていたからだと思います。

教育の現場でこれをなかなか言えなかったのは、私が精神的に子どもだったから。人の目を気にして、人からどう思われるか?ということにばかり目が行っていたからだと思います。

 

あの事件で、加害者の男性が言ったことにとても心を痛めたけれど、そのような人を生み出してしまったことにも社会の一員としてはもちろん、障がい児教育に携わって者として責任を感じました。

私一人がそんなこと思っても...なんて言う風にはもう思わないのです。

だって私はみんなと繋がっているんだから!私にもまだまだ出来ることがあるはず。私が在職中に関わった子どもたちから教えてもらったこと、その親御さん達から教えてもらったことを、もう二度とあんな悲惨なことが起きないようにする為にも今こそ伝えていく必要があると思っています。

 

そして、何よりも彼らと一緒に居たい♥️ 

{4B3944E4-E173-49B0-AE86-C465CC64360A}

 

 




 

そんな「徴」を見つけることができて、探していたパズルのピースが見つかって「よしっ!」とガッツポーズをとったりしていますニコニコ



全てのことに感謝ラブラブラブラブ


 

AD

このメッセージを聴いて観て

何か感じたら

ぜひ心を寄せてほしいのです。

行動しましょう!一緒に。

 

無関心はダサいです。マジ。

世の中のこと

政治のこと

全部あなたの意図する通りになってるってことに

早く気づいてください。

 

暇がないとか

お金がないとか

いろんな理由をくっつけて

観ないふりしてふたをするのはもう止めませんか?

 

本当は

熱く!

しぶとく!

汗臭くなって叫びたいんじゃないですか?


AD