お気楽ママでゆこう♪

2005年8月16日に姫を出産。

その姫も1歳を迎えました。

相変わらず育児に翻弄される毎日です (;´Д`A ```


テーマ:

先週からひいていた旦那っちの風邪が、土曜日あたりから私に移り喉は痛いし鼻水はズルズルだし・・・


もう~最悪の週末となりました・゜・(PД`q。)・゜・


親2人仲良く風邪っぴきになったので ちぃちゃんに移るのも時間の問題のような気が・・


そんな鼻垂れ かのん 本日は「こにゃんこ大捜査線」あいんさんから頂いたバトンに挑戦したいと思います♪




①初のお産はいつ?

何週目に出産しましたか?

2005年8月16日 午後3時30分

40週4日、予定日から4日押しの出産となりました。

②お産の経過は?


前日の朝おしるしがきたので病院へ。


無痛希望と中毒症の気があったのでそのまま入院。


昼間のうちは不規則に陣痛らしきものがきたり消えたりを繰り返していたけど日付が変わる頃には15分~10分間隔へと安定した陣痛がついてくるように。


病院が出産ラッシュだったので部屋がなく狭い陣痛室に通された為、旦那は20時ごろに帰宅。

朝になるまで1人で陣痛に耐えてました。


夜中の3時ごろには腰が痛み出し、結局一睡もしないまま波乱の朝を迎える。


朝7時過ぎ先生の診察を受け麻酔を入れてもらうハズが8時には 救急車 に乗せられ茨城に搬送 ド━━━(゜ロ゜;)━━ン!!


その頃陣痛は5分間隔ぐらいだったかな??

子宮口は6センチか7センチだった気が・・(;´▽`A``


看護師さんの当てにならない道案内と病院名と電話番号のメモを頼りに旦那っちが病院に着いたのが9時過ぎくらいだったのかな??

そこから2人の地獄の戦いが幕をあけたのであります


前の病院を出る時に先生に「昼ごろには生まれるから。」なんて

言われていたのにそんな気配は全くなく、その頃には微弱陣痛になる始末。

昼過ぎに促進剤の投与決定ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪


「目標3時分娩室!」と助産師さんに励まされながら陣痛をひたすら耐えに耐え o(´^`)o ウー

途中、けっこう大きな地震に見舞われつつも予定通り3時に分娩室へ

その30分後に ちぃちゃんが誕生いたしました


③出産時間は?


15時間33分

平均的な時間だそうです。


④出産でイヤ!と思ったことは?


陣痛!!

無痛の予定が自然に急遽変更になった事!!


⑤出産の際どんなお産をしましたか?


立会いを予定していたのに、転院になってしまったので

陣痛室のみの立会いになてしまいました。

でも産む時はいきむのに必死で、痛みをほとんど感じなかったので

1番ツライ陣痛の時に側にいてもらえたので良かったです


⑥名前をどう決めたか、由来は?


生まれるまでに名前の候補を3つに絞り

その中から旦那っちが選びました。

漢字は私が考えました。

夏を感じさせる名前になっています。


⑦出産のときトラブルはありましたか?


予定日に妊娠中毒症の宣告を受ける Σ( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!


おかげで出産当日、人生初の救急車に乗るハメになりました

(;´д`)トホホ

救急車って乗り心地最悪ですねぇ (ーー;)

振動で産まれるかと思いました ヾ(°∇°*) オイオイ


⑧現在子供は何人?


人間の子供は ちぃちゃん1人。

他にモルモットが1匹とネコが1匹(今は実家にいますが)(´∀`*)エヘ


⑨今後も子作りしますか?


経済的に我が家は一人っ子政策です・・・。


⑩出産に対して一言


産んでおいてなんですが・・・命が生まれるってとても不思議なことだなぁと実感いたしました。


痛いの嫌いだし、出来る事なら避けたい!!と思っていた時期も正直ありましたが、不思議なもんでなんとかなっちゃうんですよねぇ(6 ̄  ̄)ポリポリ

やってみると意外にに面白いもんだとちょっと思うかな(笑)


今、自分が母親になり子供を育てる責任や大変さを身を持って体験して初めて親の思いを知った気がします。

自分の母親の偉大さを思い知る毎日です (((ρT-T)ρオヨヨ


まだまだヒヨッコ母ちゃんですが、いつか ちぃちゃんに


「ウチの母ちゃんは世界一!」


と言ってもらえるようになりたいなぁ・・・と精進する毎日でございます。



次にバトンを渡す方ですが・・・やってみようかしら?と思ったそこのアナタ!


是非もらって帰ってやってくださいませ・・m(__)m




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今更・・・って気もしますが (6 ̄  ̄)ポリポリ


お待たせしていた出産レポートにやっと着手することができました。


興味がおありでしたら読んでやってくださいませ m(__)m



おそろく、みなさんが一番気になるのは出産直前の転院の理由でしょう。


理由は「妊娠中毒症」だったんですよぉ (ーー;)


15日の朝入院して、その時にとった採血の結果が12日に取った採血の結果よりかなり悪く、出産後の私の体が危ないかも・・・ってことで転院の運びとなりました (;´▽`A``


だがしかし!!


出産後・・・私ケロリとしておりました 


Σ( ̄ロ ̄|||)なんと!?


転院先の先生もナゼ救急で運ばれたのか首をかしげるほど順調でした

( ̄ー ̄?).....??アレ??


後日知ったのですが・・・どうやら私の体は医学では解明できないミラクルを起こしていたようです (゜ロ゜;)エェッ!?


血液検査の結果・・・悪かったのは15日の採血だけで、16日の早朝に採った分と転院先の病院で採った分は問題がなかったのです(´Д`|||) ドヨーン


と言うことは・・・


転院する必要はなかったわけです


||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||


茨城まで飛ばされたのに・・・


・゜゜・⊂((〃/⊥\.〃))⊃・゜゜・.ウワーン!!


出産予定だった病院の院長先生、あまりの検査結果の違いに発注していた検査センターに問い合わせの電話をしたそうです (笑)


軽い中毒症であったことには変わりないのですが・・・飛ばすならもう少し近い病院にして欲しかった・・。


転院のおかげで無痛分娩から自然分娩に突如、変更となったわけですが・・・


分娩台に辿り着くまで・・・


そりゃぁもう地獄絵図でした


(||゜Д゜)ヒィィィ!(゜Д゜||)




私は救急車で運ばれたので旦那っちより一足先に病院へ到着。


陣痛で「ヒ~ヒ~」言いながら転院先の助産師さんの問診を受け、一人ポツーンと陣痛室のベットに通され痛みと戦いながら旦那っちの到着を待っておりました。


遅れること30分ほど看護士さんの「ご主人到着しました!」の声と共に旦那っち登場♪


顔を見たとたん安心して痛みが倍増


Σ( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!


旦那っちの手を握り呼吸法でなんとか乗り切ろうと試みる。


でもねぇ・・・...( = =) トオイメ


3分間隔になった陣痛の痛みは ハンパじゃないのよ イタイ・・・~(>_<。)ゝ


この痛みを表現する言葉はおそらくこの世に存在してないと思うんだけど、あえて言うなら



渾身の力を込めて漬物石で


腰を殴られてる感じ。ヒイィィィ!!!!(゜ロ゜ノ)ノ


そんな中、地震まであって絶対に忘れられない出産物語となりました。(ノ_-;)ハア…


寝不足も祟ったのか3分間隔から一向に進まず微弱陣痛になってしまい昼頃に促進時の投与が決定!


腰の痛みがまったく引かない状態になることに怯え旦那っちに泣きつく (笑)


痛みに弱い私・・陣痛中あまりの痛みに貧血を起こしまくっておりました(ーー;)


12時半頃に促進を入れ始め3時に分娩台に移動。


その30分後に出産の運びとなりました

ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪


本格的な陣痛から分娩までトータル15時間ほどの出産だったので初産にしては模範生だったようです。


私の場合、陣痛室ではヘタレでしたが分娩室に入った途端、気合にスイッチが入り助産師さんの合図でガンガンいきんでおりました ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


なので産まれてくる時の痛みとかはまったく覚えていません (;´▽`A``


会陰の痛みも想像していたほどじゃなかったし・・・っていうかほとんど痛くなかった。 ?(゜_。)

立会い出産を予定していた私たち・・。


転院先の病院は立会いしていない病院だったので分娩室には旦那っちは入れませんでしたが、陣痛室で苦しんでいた私を見ているだけでも十分大変さは伝わったようです (笑)


急遽転院になりパニック状態だったにも関わらず、旦那っちは一生懸命サポートしてくれました。


呼吸法のリードしてくれたり、うちわで扇いでくれたり、陣痛室でいきむ時励ましてくれたり・・・本人は「役に立たなかった。」と嘆いていたけど、私としては隣で手を握ってくれてるだけで十分頑張る力になりました。


痛みで泣き喚く私を励まし続けてくれた旦那っちにとても感謝しております。

(-∧-)合掌・・・


産まれた後、すべての処置が済んでから分娩室に旦那っちが通され ちぃちゃんと初対面♪


やっと対面できた娘を恐る恐る抱っこする旦那っちの姿はきっとずっと忘れられないだろうなぁ  壁|m`)ムフッ


ちぃちゃんが産まれてくれた時の、言葉には表現しきれない感動も忘れられません。



これから出産を控えた妊婦さんはきっと色々な不安を抱えていると思いますが、そんな不安を帳消しにしてくれるくらい、我が子との対面は感動的なのでリラックスして臨んでほしいと思います。


意外と何とかなるのが女性の強さだと思うので (笑)


その強さを出産で惜しげもなく発揮していただきたい!!


頑張れ妊婦さん ファイトーー!( ゜ロ゜)乂(゜ロ゜ )イッパーーツ!!

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:


今朝、おしるしが来たのでこれから入院準備をして病院に行って来ます(´∀`*)エヘ


診察の結果によってはフライングで帰って来るかもしれませんが・・・(6 ̄  ̄)ポリポリ


それでは行ってきま~す♪

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:


先日、ベビーグッズをもらいに行った時、イトコのお姉ちゃんから出産の時の話しを聞きました。


まだ先の事と思っているからか、「なんとかなるさ」と開き直っているからか、あまり出産に関しては恐怖心を抱いていない私。でした・・。


ヤダナぁ・・・と思うのって「会陰切開」ぐらい。


でもねぇ・・・お姉ちゃんの話しを聞いて、心底「会陰切開」が恐怖になりました(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル


お姉ちゃんの場合、陣痛は時間も長くなかったからそれほど大変じゃなかったらしいのですが・・・赤ちゃんがなかなか下りてこなかったみたいで、吸引分娩になったらしいのです。


そうすると、器具を入れないといけないので「パチン・パチン・パチン」通常より多く切るらしいんですわ。ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ


切られてる時は必死だから痛くないそうなんですが・・・縫合する時が痛いらしいのです。


でもね、でもね・・・もっと痛いのが出産後なんだって・・(/TДT)/あうぅ・・・・


あまりの痛みに食事を立って食べるほどだったと・・・言うじゃありませんか!ガ━━━(゚ロ゚;)━━ン!!


とにかく痛くて座ってられないし、横になっても痛いし・・Σ(´Д`;)そんなに痛いの?


「あまりの痛さに何度泣いたか・・」なんて聞かされたら・・・もう私の心臓はバクバクですヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ


1ヶ月ぐらいは痛かったと話しておられました・・( ̄_ ̄|||)どよ~ん



陣痛や産まれる時の苦しさは、もうお腹にベビーがいることが分かった時から避けて通れない道ですが


人工的に切られた痛みは恐怖です・・恐怖以外の何者でもありません!!


怖い怖い・・と思っていても出産はやってくるものだし、切る切らないはその時にならないと分からないし、痛いかどうかも人それぞれなんだろうし・・・


妊娠したからには腹くくるしかないですね( ̄Д ̄)ノ オウッ



頑張るんだ!大丈夫だ!お前なら出来る!

ファイトーー!( ゜ロ゜)乂(゜ロ゜ )イッパーーツ!!


と自らに言い聞かせ、残り3ヶ月強を過ごしたいと思います・・・

壁|〃´△`)-3ハゥー


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
旦那さんは立会い出産に乗る気ですか??もしくは逃げ腰ですか??

私の通っている病院は「無痛分娩」をしてくれる病院です。

義姉が以前、そこで無痛分娩で出産し「楽だったよぉ。」と言っていたので私も無痛分娩で出産しようかと思っています。

旦那っちも無痛分娩には賛成なので出産方法に問題はないのですが、痛みがほとんどない・・と聞いて旦那っちの口から出た言葉に問題が・・・。

「痛くないなら立ち会わなくてもいいよね?」

この一言どう思います??
我が家の旦那っちは完全に逃げ腰体制に入っています・・┐(-。ー;)┌

本人曰く、「自分がテンパっちゃって足でまといになるなら、いない方がいい。」だそうです。
確かに緊張しぃの人なので気持ちは分からなくもないのですが・・・

本当にそれでいいのか??

いくら無痛とはいえ、初めての出産で不安な事には変わりないし、そんな時こそ傍についていてほしいと思う私の気持ちはどこへ飛ばされちゃうの??

さすがに産まれるところは見たくないもんなんでしょうかねぇ( -.-) =з
今がとても協力的なだけに、今回の発言は正直ショックでした・・。
最後の最後で逃げ腰かいヽ(`□´)ノ

まだ先の話ではあるので、もう少し立会いについて話し合ってみようと思っていますが、みなさんの旦那さんはどうですか?

立会いされた旦那さんの感想なども聞かせていただけたら嬉しいです。
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。