【彼女の恋した南イタリア】 - diario カプリ島・アマルフィ海岸・ポジターノ イタリアリゾート最新情報    

南イタリア アマルフィ海岸 ポジターノ、ラヴェッロ、カプリ。陽光輝く地中海、憧れのリゾートの最新情報を毎日お届け!観光、ホテル、イヴェント、歴史、旅のアドヴァイスから音楽まで。イタリアリゾート旅行専門のCapriBlueが笑顔で送るオフィシャルブログです。


テーマ:

【彼女の恋した南イタリア】 ~ diario-Cambio Ora positano news


"サマータイムが終わる頃"   そして今年もナゾのまま・・・



今年2009年もついに、サマータイムが終わりました。


昨日の日曜日、10月25日からアマルフィ海岸やカプリ島では通常の"冬時間”?

に戻りました。


ということは、日本との時差はいったい??


 えーと、サマータイムというのはそもそも、夏の方が明るくなるのが早いんだから

それにあわせて、時計を・・・・ 今まで朝6時だった同じ時間が、えっと7時??うん5時??


といつもこのあたりでわからなくなってしまうのですが・・・



 どうも、現地にも私ジーノと同じように悩んでしまう方がいらっしゃるようで。


上の画像は、”サマータイムが終わるときの時計の合わせ方” の案内で、


日曜日(25日)の朝 3時に 時計の針を1時間戻してくださいね


ということを大変わかりやすく教えてくれています。


ちなみに L'ORA SOLARE (直訳は"太陽の時間”) というのが 冬時間、

サマータイムは L'ORA LEGARE (同 ”法定の時間”) というようです。


なんとなく 冬時間の方が ”ナチュラル” な印象で、 サマータイムは

”ルールで決めたんだからしょうがない” もののような言い方に(個人的には)

感じます。



 (しかし、ルールが朝3時なのでしょうけれど、自分の腕時計やら、

  おうちの時計をあわせるのに、律儀に深夜3時まで (いくら週末とはいえ)

  起きてて、”よしっ!今だ!”とあわせる人もいなさそうですが。)

 

  日曜の朝、テレビか何かを見ながら ”お、そうだった、時計あわさな”


 とやってるのではないかと思います。


 自分の腕時計や、うちの目覚まし時計、おじいさんの古時計とかなら、

 まあ それでもいいでしょう。




  しかし、





【彼女の恋した南イタリア】 ~ diario-orologio capri


こんなの、とか




【彼女の恋した南イタリア】 ~ diario-orologio anacapri



こんなの、



は、いったいどうしてるんでしょう???


これが、"時差の調整がどうなるのか??” よりも


ながらく、(カプリの時計塔を認識したころから) 春と秋には必ず気になって


しかたないことなのです。



 写真ではそんなに強烈に大きい印象はありませんが、


たぶんどちらの針も きっと人の背丈くらいはあるはずで、


中の機械室の 大歯車なんかは、

まちがってはさまっちゃったりすると

えらいことになるような、おおがかりなものだと思います。


 しかも、上の丁寧なご案内によれば、


夏→冬 は 針を1時間  "戻”さなきゃなので、

これは、かなり大がかりな仕事になりそうな・・・


”やっぱり、夜、人が寝静まってる間にやるんだろうなぁ、


 えっちらおっちらと”


”でも、その間、 定時になるたび、あの鐘がコンカンコンカン

 鳴り響いたりするんだろうか、それはえらい近所迷惑だよな

 まあ 年2回だから いいか”


などと 膨らむ妄想、霞む現実・・・・



これはいけない、 



ということで  それぞれ地元に 先ほど聞いてみました。


なのですが、 その回答は・・・・



上のカプリの小広場の時計塔の方は



”夜の間に 自動(アウトマティコ Automatico)であわせるんだよ、

 少しづつすすんでいって、朝にはあってるんだ”


 とのことですが、 はたしてこの ”アウトマティコ" というのが


 カレンダー上にインプットされてて、完全自動で調整! ということなのか


 夜中にだれかが ぽちっとスイッチを押すと、

 

 普段では考えられない速さで 針が回り始めるのか????


そこまでは、わかりませんでした。


(>> カプリ島から 最新情報が参りました。


   "ピアツェッタの時計塔のは、

    下にあるEdicola(Infomationの隣)の人が手動で管理しているそうです。 "

   おおお! こ、これは!)


下の、アナカプリの サンタソフィア教会は


”いつ誰があわせてるのか みんな知らない・・・”


とのことで・・・・



 今年も、”サマータイム終了のナゾ” は解けませんでした。


 どなたか ご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。


  (ただいま 調査進行中!)


やっぱり夜中に調整するなら、


あのカプリの小広場の時計塔の針が 目に見えて 

ぐりぐり 進んでいく様子を ぜひ 一度見てみたいです。





 Gino's Advice


  カプリの素顔に触れる旅、お手伝いいたします!  www.capriblue.com
 来年のサマータイムが始まるところ、目撃しましょうか?

 あなたらしい、あなただけの旅、カプリブルーにおまかせください!


  人気の定番! アマルフィ海岸日本語ガイドブック www.amalfi.jp
 国内初!アマルフィ・エクスクルーシヴガイド ご旅行のご計画・現地への携帯に最適


  アマルフィ海岸 オープンカー・クルーズ  www.capriblue.com
 世界遺産のアマルフィ、レモン街道の風をカブリオレでふたりじめ

 

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)