【彼女の恋した南イタリア】 - diario カプリ島・アマルフィ海岸・ポジターノ イタリアリゾート最新情報    

南イタリア アマルフィ海岸 ポジターノ、ラヴェッロ、カプリ。陽光輝く地中海、憧れのリゾートの最新情報を毎日お届け!観光、ホテル、イヴェント、歴史、旅のアドヴァイスから音楽まで。イタリアリゾート旅行専門のCapriBlueが笑顔で送るオフィシャルブログです。

あなたは、恋してますか? 南イタリアに・・・

イタリアリゾート旅行専門 カプリブルーのオフィシャルブログです


私らしい自由な、いい旅したいなぁと思ったら カプリブルーへ! 何かこうピンと来る旅がないなぁ というあなたも。


テーマ:

おはようございます。

台風が近づいて来ている雨の日曜日の朝です。

 

あなたはどんな風にお過ごしでしょうか?

 

 今朝は、以前の記事の復刻版をおおくりします。

 

 2012年、ですから5年前 6月の記事です。

 

 それでは どうぞ!

 

『アマルフィ海岸 プライアーノのルミナリアは なぜ サン・ドメニコの、なのか?(完結編)』

 

 

 

8月の最初の一週間足らず、

 アマルフィ海岸プライアーノ(Praiano)の

(床絵の美しい)サンジェンナーロ教会(Chiesa Parocchiale di San Gennaro)

前の広場の夜は

 一面に灯されたキャンドルの明かりと、

 火と炎を使った 印象的なパフォーマンスの数々で

あかあかと 照らし出されます。

 

【彼女の恋した南イタリア】 ~ diario-プライアーノ サンドメニコのルミナリア

Foto by Foto Scala

 


 そう、ご存じ

 

 サン・ドメニコのルミナリア (Luminaria di San Domenico)

です。

 

 でもでも、教会は サン・ジェンナーロなのに、

ルミナリアは、なんで サン・ドメニコの なんでしょう ???

 

 それは・・・・

 

 このプライアーノの郊外、高台に建つ

小さな教会と修道院に由来しているんです。

 

 (Chiesa di Santa Maria di Castello e Convento di San Domenico)

 

 あ、また出てきましたね。ドメニコさん。



 

 場所はここです。

 

【彼女の恋した南イタリア】 - diario  イタリアリゾート最新情報    -プライアーノの修道院の場所 地図

  ズームすると こう。

【彼女の恋した南イタリア】 - diario  イタリアリゾート最新情報    -プライアーノの修道院 目線

 

矢印Bから見るとこう。

 

【彼女の恋した南イタリア】 - diario  イタリアリゾート最新情報    -プライアーノの修道院

Foto by Dott.Fiore S.Barbato

 

ひいてみると、こんなかんじです。

【彼女の恋した南イタリア】 - diario  イタリアリゾート最新情報    -プライアーノの修道院を見上げる

Foto by Dott.Fiore S.Barbato

 

  プライアーノの北の後背地、

1000m級の山々が連なる

サンタンジェロ連峰 (Monte S. Angelo a tre Pizzi)の裾野、

海抜364mの高台です。 

 

 ここからは、眼下にプライアーノやポジターノ(Positano)の町々と海岸線、

沖のガッリ諸島(Li Galli)、遠くカプリ島(Isola di Capri)の

特徴あるファラリョーニの岩(Faraglioni)までを見渡す、

雄大で、美しい海のパノラマが広がっています。

 

【彼女の恋した南イタリア】 - diario  イタリアリゾート最新情報    -プライアーノの修道院 海の眺め

Foto by Dott.Fiore S.Barbato

 

 海を背景にして、

 

 鄙びた感じの教会の前の広場で、演奏会(Suoni degli Dei)が

開かれている写真をご覧になったことがありませんか?

【彼女の恋した南イタリア】 - diario  イタリアリゾート最新情報    -プライアーノの修道院 海と

Foto by Dott.Fiore S.Barbato

 

 (これは上のズーム画像の矢印A 西から見たものです。)

 西を向いて白いファサードの教会があり
その後ろに接続されるように修道院の建物があります。

 

 この場所の自然の美しさと、孤高さのため、

古くから神聖な場所と崇められ、

現在の教会の礎となる身廊が建てられ、

その後、5つの身廊を持つ現在の規模まで拡張されました。

 

 この教会についての最古の文書は 

1599年10月2日までさかのぼります。

 プライアーノと

ヴェッテイカ(Vettica:プライアーノの西側のエリア、かつて独立していました)

の機関が この教会とその資産、管理を

ドメニコ修道会に譲渡する手続きがとられた、

という記録です。

 

 その後、ドメニコ会の修道士たちが教会の東側に
 
 修道院の建物をつくりました。

 

 こうして、ここに 

 

 サンドメニコ修道院(Convento di San Domenico)が誕生したのです。

 

【彼女の恋した南イタリア】 - diario  イタリアリゾート最新情報    -プライアーノの修道院 表示

Foto by Dott.Fiore S.Barbato

 


 プライアーノの夏のお祭りはこれを記念するものだったのです。

 


 修道院の外観は ロマネスク様式を基調として、

 飾り窓やアーチ、屋根や柱などにとりいれられたアラブ様式が

 異国情緒を漂わせる

 14世紀のアマルフィ沿岸の建築様式で建てられています。 

  (譲渡の記録と矛盾がありますが)

 

【彼女の恋した南イタリア】 - diario  イタリアリゾート最新情報    -プライアーノの修道院 入口外観

Foto by Dott.Fiore S.Barbato

 


 2階建ての上の階には、修道士の部屋が4つ、

 下の階には、キッチンと窯、食堂と貯水槽がつくられています。

今も残されている修道士の部屋はとても質素ですが

 

【彼女の恋した南イタリア】 - diario  イタリアリゾート最新情報    -プライアーノの修道院 修道士の部屋

Foto by Dott.Fiore S.Barbato

 

 窓辺からの海の眺望はとても贅沢です。

【彼女の恋した南イタリア】 - diario  イタリアリゾート最新情報    -プライアーノの修道院 海の眺め

Foto by Dott.Fiore S.Barbato

 

 修道院の天井、屋根の構造は2種類のヴォールトが組み合わされています。

 

  この構造は 先月、最新の5星ホテルに生まれかわった、

 コンカ・デイ・マリーニ(Conca dei Marini)の 

 サンタローザ修道院(Monastero di Santa Rosa)をはじめ

 アマルフィ海岸の各地の同時期の建築に広く見られます。

 

  保存と修復、保存作業の結果、この天井には部分的に隙間があり、

 そこにつけられていた屋根が後に崩落したことがうかがわれます。

 

  各部につかわれている建築の要素などから、この修道院は、

  岩肌や、豊かな緑の織りなす周囲の景観に溶け込むよう

  設計されたと考えられています。

 

  最近の部分的な修復でこの屋根に、銀色のアスファルトが塗られ、時に 

 太陽の光を反射して、はるかに高い場所を通る "神々の道”(Sentiero degli Dei)

 をトレッキングする人からもキラキラと光って見えることがあります。

 

  18世紀にドメニコ会の修道士たちがここを去った後、

 ラヴェッロ(Ravello)の修道院にいた フランシスコ会の修道士たちが、

 ここでの勤めの日々を引き継ぎ、

 近年では、20世紀末まで修復や農作業を行っていたといいます。

 


 現在も、 レモンとブドウの畑、藤棚にかこまれた

 

 この高台の修道院と教会、

 

 訪ねるのに一番よいのは、やはり

 8月の最初のお祭りの頃。

 

 
  実はこのお祭りの夜には、

 
 下の教会の広場だけでなく、

 
  ”キャンドルを灯もした家はドメニコさんが悪魔から守ってくれる”

 という言い伝え通り

 街の家々の窓辺、テラスや玄関にも灯りがともり、

 

 その灯りたちは、 高台のこの修道院までずっと続いているのです。

 

【彼女の恋した南イタリア】 - diario  イタリアリゾート最新情報    -ルミナリアの夜の修道院

Foto by Foto Scala

 

 このドメニコさんの像、

どことなく、おちゃめな可愛いらしさがあって 私Gino、結構好きなんです。

 

【彼女の恋した南イタリア】 - diario  イタリアリゾート最新情報    -かわいらしさのある プライアーノのドメニコさん

Foto by Fotoeweb.it



 

  お隣の教会には、こんなに美しいフレスコ画も残されていますし、

 【彼女の恋した南イタリア】 - diario  イタリアリゾート最新情報    -プライアーノの修道院 フレスコ画
 

  春から秋のシーズン中は、前の広場で屋外演奏会も楽しめます。

  夏には満月の夜のコンサート も!


【彼女の恋した南イタリア】 - diario  イタリアリゾート最新情報    -満月の夜 山の修道院でコンサート
 

 いかがですか、

 プライアーノのこんな修道院、訪ねてみませんか?

 

先の記事では

明日からアマルフィの造船所博物館ではじまる

コンサートプログラムの美しいお知らせ

 

【彼女の恋した南イタリア】 - diario  イタリアリゾート最新情報    -アマルフィ 美しいコンサートのお知らせ

をご紹介しました。

 

 

************************

 

  ブログではこんなのも少しやってみようかなって。

 

  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

こんにちは!

土曜日の午後、あなたはどんな風にお過ごしでしょうか?

台風の影響はまだ出ていませんか?

今、私のいるところも、

まだ雨が降り始めていませんが

なんとも言えない、嵐の(いえ、台風の)気配が濃くなって来ています。

 

 9月の半ば、こんな雰囲気も

 心が騒ぐというよりも妙にすっと落ち着いていくようで

 嫌いではありません。

 (災害がないのが一番望ましいですが)

 

 さてそんな土曜日、

 【Capri Musicscape】の土曜日 今日はこちらをペタでおおくりします。

 

 あわせるのは そうですね、

 うーん、炭酸水 でしょうか。

 

 それでは、どうぞ!

 

 

 

 

 

 いかがでしたか?

 

 みなさまおなじみ スタンダードのあの曲。

 

 ツイートしているように、

 

  なぜかこの曲をこんなギターで聴くと

 

 アマルフィ海岸 ポジターノ (Positano)  の秋の嵐

 

  (や、その前のちょうど今のような気配)を想ってしまうのです。

 

 なぜなんでしょうね?

 

 

  このちょっと荒削りな印象のある演奏も なんだか心に迫って来ます。

 

  ひょっとしたら 以前のこのブログの記事に関わりがあるかもしれません。

 

 アマルフィ海岸もちょうど

 

  晩夏から秋へと切り替わる時期。 

 

  今から10月、11月初めも夏とは違った魅力があります。

 

  そして 冬も...

 

 

      また カプリブルーでご紹介しますね。

 

 

  それでは あなたもどうぞ 穏やかな土曜日の午後と週末を!

 

 

  ジーノでした。

 

************************

 

  冬支度?早いですか??

 

  

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは!

秋らしさが少しづつ深まってきましたね。

あなたはどんな風にお過ごしでしょうか?

 

今日は、秋といえば...じゃなくって のアレをペタします。

 

 

 

 こちらも期間限定!

 

 アマルフィ海岸 ムーンライトボートクルーズ

 

 秋ならではの風情をぜひお楽しみくださいね!

 

  アマルフィ海岸 ご滞在先のホテルに桟橋 船着き場があればベストですが、

 アマルフィ/ポジターノ どこでもお迎えに行きますよ!

 

  ジーノでした。

 

************************

 

  カプリブルーのトップページも少し変わりました。わかりますか?

 

  

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。