綺麗なお姉さんは好きですか?

セックスした時にだけ更新するブログ。

普段は女王肌だけどベットの上では奴隷に成り下がる変態な私を見てください。


テーマ:

こんにちわ。

今日はとても爽快でいいお天気ですね。

思わずでかけたくなってしまいます。

そうそう、今日はあなたにご報告があるので、最後までよろしければお付き合いくださいね♪


それでは昨日お話した先輩とのこと、じっくりお読みください。




















勇のことであまりのショックをうけている時に、先輩から電話がかかってきた。

落ち込んでいるあたしに気づいて、先輩は遊びに誘ってくれた。


「どうした?今から遊ぶ?」


こういう時、家にこもっていては何も前に進めないと思った私は先輩のお誘いをうけて遊ぶことに。

先輩は最寄り駅まで車で迎えに来てくれた。



先輩の家に着いてからDVDを見た。

私は勇とのことでずたぼろになっていたから寝てしまった。

すると先輩が布団に入ってきた。

少し意識が戻ったけれど、先輩は何もしなかったので私はそのまま寝てしまった。



朝方になって胸の辺りがなんだかもぞ2するので意識が戻ってきた。

先輩があたしの胸を触っている。

私は目を覚まして


「やだぁ。ダメ!」


って言って手をどけた。

でもまた触られたのでまた手をどけて今度は頭も叩いた。

でもまた触られた。

こんなことの繰り返しですっかり私は濡れてきてしまっていた。

いつの間にか外されてしまうブラジャーのホック。


あぁ…また先輩の押しに負けちゃう・・・


今まで隣で寝ていた先輩はそれを察知したのか私の上に覆いかぶさり、キスをしてきた。

そして首を舐めたかと思うと舌はどんどん下にさがっていき、乳首に到達してしまった。


びくん


体が細かく反応する。

先輩は慣れた舌先であたしを翻弄した。


「はぁっ・・・あぁ・・・」


先輩は私のブラジャーを完全に外し、本格的におっぱいを責めてきた。

私の性感帯を知っているのか、先輩の責め方で私のおまんこは既にぐしょぐしょに濡れていた。


まだおまんこ触られてないのに・・・もうびしょびしょになっちゃってるの分かるよぉ・・・


「あぁぁっせんぱ・・・いぃ!!」


あたしは大きな喘ぎ声をあげ始めた。

我慢できなくなった私は先輩のおちんちんを服の上から触った。


「はぁはぁ・・・」


先輩はズボンを脱いで、トランクスの上からおちんちんを触らせた。


あぁおちんちんこんなに大きい・・・こんな大きいおちんちんで突かれたいよぉ


「はぁっ!!あぁぁんっ」


おっぱいを責められて身をよじる。

手は、爪先は先輩のおちんちんをいじって離さない。

先輩も感じてくれているのかもうすでに完全に勃起していて、おちんちんがとても大きいのでトランクスの中で窮屈そうになっていた。

先端は我慢汁で濡れ、トランクスがぐしょぐしょになっていた。


先輩こんなに感じて・・・おちんちんが苦しそうだよ・・・


先輩はとうとう我慢できなくなったのかトランクスを脱ぎ出した。

私はすかさずおちんちんを直接触った。

熱くて裏筋を触るとびくんと反り返った。

私はたまらなくなっておちんちんにむしゃぶりついた。













最後まで読んでくださった方、どうぞクリックしていってください。

あなたのために次もがんばって更新できます♪


















いかがでした?
久しぶりに書いたのでうまく書けなくて・・・ごめんなさい。

でも頑張るので見放さないでくださいね?



それと、あなたにご報告。

昨日話した とお付き合いすることになりました。

返事が待ちきれなかったみたいで、早朝に会いにきてしまったんです。

困った子でしょう?

彼と体の関係になることは当分先だと思います。

ちょっとお固くいこうかなって思ってるの。(先輩のことは言わないでくださいね)

でもあなたにはきちんとご報告していきますね♪



それでは続きはまた明日。

また是非いらしてくださいね♪



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日中にシリーズを完結できたのは今日が初めて。

あなたが満足してくれればいいのだけれど。

今日は少しだけ女王様な私も出してみたの。

是非最後まで読んでくださいね♪





『先輩・・・入れて・・・1』はこちら

『先輩・・・入れて・・・2』はこちら













ゆっくり手を上下させていくうちに先輩のおちんちんはすぐ大きくなった。

あまりにも大きすぎて私の手におえない。


こんなおっきいおちんちんをおまんこに入れたらどうなっちゃうんだろう・・・


私の穴は入り口が狭い。

だから少しでも大きい人だと入れる時に手こずってしまうのだ。

先輩のおちんちんは特別大きいからなかなか入らないだろう。

入り口が狭いおまんこの締め付けに、おちんちんは余計に反応するのだろうか。


そんなことを思いながら、激しく先輩のおちんちんをしごいた。

大きいおちんちんとは正反対に、感じる度に可愛い声を出す先輩。


「うっ・・・はぁ・・・気持ちいいよ」


「ふふ、ホント?」


「ねぇ乳首も舐めて」


私は片手でおちんちんをしごきながら、服をずらして乳首を舐めた。

ちょっと噛むと先輩のおちんちんは反り返る。

私は片方の乳首を口で責めて、もう片方の乳首を自分の長い爪でひっかいたりしていじめた。


びくんびくんっ


反応する先輩。

男の人を自分の好きなように弄んでいると思うと私の普段のサディストな部分が復活。

快感だった。

もっとしごいて、手でイカせちゃおうかしら。


シュッシュッ・・・


激しく手を上下させる。

おちんちんはこれ以上ないくらいに勃起し、とても固かった。

先輩は乳首を爪で引っかかれると感じるのか、しきりに体を反応させた。


「あっ・・・イキそう・・・口に出してもいい?」


「うん、いいよ。ほらイって?」


手でしごかれてイクなんていやらしい男の子ね・・・


私は先輩の顔をいたずらに見つめながらおちんちんをしごいた。

先輩の両乳首はびんびんに立っていて、先輩は目をつぶったり、切なそうな表情で私を見つめた。


「あぁっ・・・イクっ!!」


先輩の言葉で私は口におちんちんを含んでしごいた。

すると口の中にぴゅっぴゅと精子が注がれた。

どくんどくんと動くおちんちんがとてもそそる。

今からでもおまんこの中に突っ込んでほしいと思いつつ、口で精子を受け止めた。



「気持ちよかった。四季ってとっても敏感なんだね」


「うん・・・ごめんなさい」


私は恥ずかしくなってうつむいてしまった。


「私みたいに敏感すぎる子、今まで出会ったことないって今までの人みんなに言われたよ」


「あぁ分かる…それに声大きいんだね。隣の部屋に多分聞こえたよ」


「え!あぁ・・・ごめんなさい・・・声我慢できないんだもん・・・」


「いいよその方が。興奮する」


うつむく私。

なんと言っていいのか分からない。

「穴すごい狭いんだね。びっくりした」


「え?そんなに?」


「うん、しかも指入れてる時締め付けもすごかった」


「入れたかった・・・?」


「もちろん。でも俺無理やりは嫌だから」


そう言うと先輩は長いキスをしてくれた。


もし無理やりされたら私もっと感じちゃったかも・・・


そんなことを思った。

唇を優しく包むようなキスに、私はまたとろけそうになってしまった。













いかがでした?

今日は気分が乗ったので3話続けて書き上げてしまいました。

勇以外の男性といけない関係になってしまったのなんて1年ぶりくらいなのですごく興奮してしまったの。


いけないと思いつつも犯されていることにまた感じてしまって・・・。


先輩とはもしかしたら明日も会うかもしれない。

その時は…もうこんな関係になりたくないな。

だって私の体を好きに弄べるのはご主人様の勇だけだもん。

そう思ったら今すぐイカせてほしくなってきちゃった。

勇と次会う日にちというものがまだ具体的に決まっていないから少し寂しい…。

わがままな奴隷でごめんなさい。


ところであなたのおかずにきちんとなれたかしら。

本当にそればかりが心配で・・・。

少しでも下半身が疼いてきたらすぐ私のブログにいらしてね。

いつでもお待ちしてます♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お待たせしました。

続きを早速アップさせてくださいね♪


『先輩・・・入れて・・・1』はこちら












本当におちんちんおっきい・・・あごが外れちゃいそうだよぉ


 私は苦しかったけれど一生懸命舐めた。

最初は舌だけで猫のように舐め、次第に口の中に収めて激しく吸っていく。

喉の奥まで入れてぎゅっと亀頭を締め付けるのが私の得意技だけれど、先輩のおちんちんは大きすぎて喉まで届かせると私は吐きそうになってしまう。

 

「すごい大きい…舐められないよぉ」

 

困った顔で先輩を見つめる私。

先輩はそんな私の頭を優しく押さえ、おちんちんに誘導した。


「んっ・・・んうっ・・・」


ぴちゃぴちゃ・・・じゅぷ・・・:


私はあまりの大きさに涙目になった。

喉の奥に押し付けられ、吐きそうにもなった。


「はぁ・・・はぁ・・・」


「疲れちゃった?」


「うん・・・だって大きすぎて・・・」


「ふふっ。じゃあ俺が・・・」


そう言って先輩は私を再び寝かせ、私の両足を持ち上げて、おまんこを舐めてきた。

初めての男性に見られていることが恥ずかしく、私は本気で抵抗してしまった。


「いやっ!そんなことしないでいいから・・・あぁお願い・・・」


「嫌がるからするんだよ、いいからほら」


ぴちゃぴちゃ・・・


先輩はクリトリスを激しく舐め上げてきた。


「ひぃぃ!!あぁぁんっ!!!」


こんなに激しくおまんこ舐められたの初めて…


私は恥ずかしさと快楽で余計に感じてしまった。

おまんこから愛液が更に溢れてくるのが分かった。

びくびくと体が痙攣し、先輩の舌に反応した。


「あぁ先輩すごいよぉ!!あぁぁんっ!!」


先輩は舌でクリトリスを責め、指でおまんこの中を責めてきた。

再び押し寄せる限界に私は頭が真っ白になりそうだった。


「あぁぁそんな…っつぅ!!ダメ!!いやぁぁ!!」


私は先輩の頭を優しく押さえ、嫌がっているのに頭の中では「もっとしてほしい」と思っていた。

私の希望通りに嫌がる私のおまんこを無理やり弄んでくれる先輩。


もうどうにでもして先輩・・・入れて・・・


「あぁぁっ!!!!イク!!イクぅ!!」


激しく腰が浮き沈みし、私は先輩の舌と指でイってしまった。


「ねぇ、入れていい?」


先輩が訪ねてきたとき、私の頭の中に勇が浮かんだ。

今の私のご主人様は勇。

やっぱり他の男性では最後まで受け入れてはいけない。


私ご主人様の奴隷だもん・・・ご主人様、他の人と途中までしちゃってごめんなさい・・・


「ダメ・・・お願い・・・」


「えー・・・分かった。じゃあ俺もイカせてよ」


先輩は私の隣に横になり、私の手を少し力が弱まったおちんちんに這わせた。

私はゆっくりしごきだした。













続きは夜にはアップできるかも。

お楽しみにしててくださいね♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちわ。

予告通り昨日お話した先輩とのことについて今日は書きますね。

あなたがお楽しみに待っていてくれていたら嬉しいのだけれど。

私はいつもあなたのことを考えながら記事を書いているから。

今日も楽しみながら気持ちよくなってくださいね。












「何もしないから添い寝してくれない?」

朝8時半。

先輩に無理言って迎えに来てもらい先輩の家に連れて行ってもらい2人で並んで寝て起きた時間。

私は体育すわりをしながらTVを見ていた。

すぐ後ろで夢から半分現実に連れ戻されそうになっている先輩。

先輩は私のことを抱きしめ、除々に自分の許へ私を引っ張っていった。

布団の中に引き込まれる私。

やがて向かいあった状態で抱きしめられた。

普段サッカーを仕事としている先輩の肌は浅黒く、がっしりとしていてとても男らしい体つきをしていた。

先輩の指がだんだんとおっぱいに近づく…

私は抑えきれない胸のどきどきと、かすかな期待感を持って、先輩の手が確信をついてくるのを待っていた。


するととうとう先輩の手が私の服の中・・・ブラの中に入り、生の乳首に触れた。

優しく指で乳首を挟む。

私の敏感な体はすぐに反応した。


びくんっ


「はっ・・・あぁ・・・」


小さくため息を漏らしてしまう。

優しく触っているのに乳首の気持ちいい部分を触られ、私の乳首はすぐ立ってしまった。

おまんこも次第に濡れてきたのが分かる。

先輩は私が抵抗しないと知ると、もう片方の乳首も優しくこりこりと挟んだ。


びくんっびくんっ


「んんっ・・・はっあぁ・・・」


次第に反応が大きくなる私。

切ない表情をしながら先輩の顔を見上げると先輩はキスをした。


ちゅっちゅっ・・・


唇が唇で優しく包まれる。

私は先輩の雰囲気作りに完全に酔いしれ、我慢できなくなっていた。

先輩は私の服をめくりあげ、慣れた手つきでブラジャーのホックを片手で外した。

目の前に露わにさらけ出されてしまったおっぱい。

先輩とこんな関係になるのは初めてだから余計に恥ずかしい。

乳首を指で優しく責め続ける先輩。


「あっ・・・あぁん・・・あぁぁ・・・」


私は体をびくびくと反応させ、先輩の責めに体を任せていた。


「あぁぁんっ・・・はぁはぁ・・・」


先輩は私の手を自分の大事なところへ持っていった。

私は服の上から長い爪でおちんちんを撫でる。

それはすでに完全に大きくなっており、ぎゅっと握るとびくんと反応した。


あぁ・・・こんなに大きい…服の上からでも大きいのが分かるの・・・


先輩が私の乳首を口に含んだ。

優しく舐めるけれどたまに歯を立てる絶妙なバランスに、私は喘ぎ声を出すしかなかった。


「あぁ!!ああぁんっ・・・はぁはぁ・・・あぁぁ」


「気持ちいい?」


優しい声で尋ねる先輩。


こんなに優しくされたら余計に感じちゃうよぉ・・・


「うん・・・」


顔を真っ赤にしてうなずく。

先輩は乳首を舐め、更に私を高めていった。

私も負けずにおちんちんを服の上からしごく。

激しくしごくとびくんと反り返り、また私を期待させる。

すると先輩は私の手を取ってズボンの中へ誘導した。

暖かく固いもの・・・私はすぐに先輩のおちんちんをぎゅっと生でつかんだ。


おっきい・・・亀頭もこんなに大きいなんて・・・こんな大きいの入らないよ・・・


それに反応して先輩の手も私のパンツへ…


「ダメっ・・・そっちはお願い…入れないで・・・」


「入れちゃダメなの?」


「うん・・・」


「分かった」


と先輩は言ったのだけれど、おっぱいを更に責められているうちに私はあまりの気持ちよさに力が抜けてきてしまい、先輩もたまらず私のパンツの中に手を入れてきてしまった。


「あぁ・・・そこは・・・あっ!」


「ん?濡れてる・・・」


「いやぁ・・・あぁっ!!そんなところ・・・ダメ…」


先輩はパンツを脱がし、私の愛液を指につけてクリトリスをなぞった。


びくびくっ!!


体に電気が走るような快感。

たまらず大きな声が出てしまった。

「あぁぁんっ!!はぁぁ・・・あぁぁっ!」


私は体をよじった。

先輩は私を無視してとうとうおまんこの中に指を入れてきてしまった。


まだ自分の体が知らない人の指が入っちゃう・・・


「あっ!あぁぁっ!!」


腰が大きく上下し、私は反応した。

先輩の指の動きは絶妙で、最初はゆっくり偵察するように、次第に動きを早め、突進してくる。


クチュクチュ・・・


「あぁぁっ!!気持ちいいよぉ!!」


腰をふって喜ぶ私。

先輩はじっくり時間をかけておまんこをとろけさせた。

次第に限界が近づく。


「あぁっ!ダメ・・・イッちゃう・・・あぁぁ!!


「イっていいよ」


「いやっ・・・あぁイクぅ!!イッちゃうっ!!!あぁぁ!!」


先輩の指で私はイカされてしまった。

でも先輩は指の動きを休めてはくれない。


「あぁぁっ!もっとしてぇ先輩!!あぁぁっっ!!!」


ゆっくりしたり早くしたり…私はすぐにまた限界を迎えた。

「だめぇ!!イクっ!イクぅぅ!!」


腰を大きく浮かせて私は達してしまった。

先輩は私に優しくキスをし、


「俺のも気持ちよくしてくれる?」


と言った。

少し抵抗があったけれど、私は口で先輩に奉仕をし始めた。












続きは今日の夕方頃にはアップしますので、またいらしてくださいね♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。