綺麗なお姉さんは好きですか?

セックスした時にだけ更新するブログ。

普段は女王肌だけどベットの上では奴隷に成り下がる変態な私を見てください。


テーマ:


『8月5日 勇との再会1』はこちら










ちゅっくちゅっ・・・


唇と唾液が合わさる音がキッチンに響く。

私はクラッカーを持ったままだ。


「もう、大人しくしてて」


私が勇の腕を解こうとすると、勇は私のおっぱいに手を伸ばしてきた。


びくっ!


「あんっ!いやっ・・・」


私は一瞬体をびくつかせ、勇の腕から逃げようとする。

しかし両手がクラッカーと具で占領されていて、体をよじることでしか抵抗できない。

勇は私のことなんてお構いなしに乳首をこりこりといじくる。

左手で左の乳首を、右手で右のおっぱいをゆっくり揉む。

その手つきはいやらしく、優しく揉まれて私を試しているようだった。


びくんっ


「あっ!!やめてったら!あぁっ!!」


びくびくっ!!


私はおっぱいを責められただけで大きな喘ぎ声を出してしまった。

両手に持ったクラッカーはすでに床に落としてしまった。

切ない表情で勇を見上げる。


「勇、、、だめ、、、」


勇はおっぱいに置いていた手をお尻へ回し、いやらしくお尻を揉みだした。

勇の大きな手は私のお尻を包み込んでしまう。


「四季が悪いんだよ。こんなにいやらしい体をしてるから、そんなつもりがなくてもむらむらしちゃうんだよ」


「そんな・・・」


そんなこと言われたって。。。私どうしたらいいの?ただお料理を作ってただけなのに・・・


「それにこんないやらしいかっこして。俺をそんなに誘惑したいの?」


私は困り果ててしまった。

《そんなにいやらしいかっこ》は、半袖とショートパンツの部屋着の上にエプロンをしているだけなのだ。


「え?これ普通の部屋着だよ?」


「四季が着ると何でもいやらしく見えちゃうね。本当にいやらしい体だ。俺をこんなに発情させて」


「そんな。。」


勇は嘗め回すように私の体を下から上へ見回した。

私はもはや泣き顔になっていた。


恥ずかしい・・・そんなに見ないで・・・


自分の顔が真っ赤になっていくのがわかる。

抵抗する力がなくなっていく。


「いやらしい体にはお仕置きが必要だね」


「い・・・や・・・」

怯える私に勇はお尻に置いた手を再び胸に戻し、乳首をつまみだした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

四季さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。