綺麗なお姉さんは好きですか?

セックスした時にだけ更新するブログ。

普段は女王肌だけどベットの上では奴隷に成り下がる変態な私を見てください。


テーマ:

こんにちわ。

昨日は裕とお泊りデートをしてきて今帰ってきたの。

公園でお弁当を広げてゆっくりしたり、夕飯に私が焼肉をおごってあげたり・・・。

久しぶりに充実した1日でした。


あなたはいかがお過ごしかしら?

昨日あったことを書いていきたいので、是非お付き合いしてくださいね♪














昼下がりのとある有名な公園。

私達は私の作ったお弁当を広げて日向ぼっこしていた。


「気持ちいいねぇ」


「ねぇ」


「ねぇ裕?」


私は裕のおちんちんを少し触ってみた。

するとすでにおちんちんが大きくなっている。


「なぁにこれは?こんな昼間っから公園なんかでおちんちん大きくしちゃって」


「だって四季ちゃんが触るから・・・」


「触る前からたってたでしょ?」


「はい・・・あっ!」


裕の腰が浮き沈みする。

その瞬間おちんちんがさらに上を向いた。


「四季ちゃんやばいって・・・あぅっ」


裕はサングラスをかけて寝そべっているが、下半身は私の手によってパンツの下で暴れまわっていた。


「裕、変な汁がいっぱい出てきたよ?」


私はにっこりしながら裕の顔を覗き込む。

周りには人が何人かいるので、裕は目をつぶって懸命に耐えている。


「四季ちゃんが触るから・・・やばい俺我慢できなくなっちゃうって」


「だぁめ、夜まで我慢して?」


「夜になったらいいの?」


「うん、ホテルで舐め舐めしてあげるからね♪」


そう言って私は裕のおちんちんを少し激しくしごいた。

更に硬くなるおちんちん。

我慢汁はパンツに染み込み、裕ははぁはぁと息を弾ませた。


「おねが・・・ここで舐めて?もう我慢できないって」


「だめ。我慢しなさい」


そう言って私はパッと手を離した。

裕は狼みたいな声で吠えて、ジレンマに耐えていた。

すると裕はむくっと起き上がったかと思うと私と向き合う形で抱きしめた。


「ん?どうしたの?」


「お前ばっかりいじめて・・・仕返し」


すると裕は私の服の中に手を突っ込み、その手は背中へ移動した。
ブラジャーに手が届く。

裕は片手でホックを外そうとした。


「あっ!ちょっと・・・こんなところでやめ・・・ちょっと!」


裕は器用にホックをすぐ外してしまった。


あぁこんなところで・・・


「あぁ・・・お願いだからやめてよぉ・・・」


どんどん弱気になっていく私。

裕の手は私の乳首を捉え、親指と人差し指で優しく挟んだ。


びくっ!


私の体が反応する。

裕の腕の中でがくがくと動いた。


「はっはぁ・・・やめ・・・」


「俺もこんなに焦らされたんだから少しは我慢しろよ」


「いや・・・あぁっ」


びくびくと私の体が揺れる。

目が裕に懇願した。


こんなところで発情させないで・・・


「ホテル行ったらいっぱいイカせてあげるからね♪」


「わ、わかったから離し・・・人が見たらどうするの・・・あんっ!」


「大丈夫、お前が動かなきゃいいんだから抵抗すんなよ」


こんなことを繰り返し、私達の公園デートは結局野外での触り合いになって終わった。














中途半端な記事になってしまってごめんなさい。

まだまだ続くのでお楽しみに♪

続きは書けたら明日にでも・・・



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

『裕とテレフォンセックス1~四季はお姉様』はこちら


それでは続きをどうぞ☆













「お姉様、ちんぽがやばい硬くなってます」


「そんなに硬くなってるんだ」


「はい、すっごい我慢汁出てきちゃった・・・」


あぁそんなこと・・・裕のおちんちん舐めたいよぉ・・・


そんなことを思いながら私はクリトリスをいじり続けた。

パンツの中がじわっと濡れてくるのが分かる。


「四季お姉様、そろそろイキそうです。。。イッてもいいですか?」


「もうイキそうなの?もう少し我慢しなさい」


「うぅ・・・お願いします、ちんぽ立ちすぎて痛いんです、イカせてください」


裕は泣きそうな情けない声で私に懇願してきた。


仕方ない子ね。自分の手でしごきながら私にイキたいってお願いするなんて。


「そんなにイキたいの?」


「はい、本当は四季お姉様のおまんこの中に入れたいけど・・・今は手でイクしかないから。お願いします、イカせてください」


私も裕のおちんちんがほしいの・・・おまんこに突っ込んでほしい・・・


パンツの中に手を入れ、おまんこの割れ目を触ってみると、愛液で溢れていた。

クリトリスにつけるとぬるぬるして滑りがよくなり、とても気持ちいい。


あぁん・・・こうやって他の女の人はオナニーするのかな。とっても気持ちいい・・・


私は喘ぎ声が出そうになるのを我慢して裕にイクことを許した。


「ありがとうございます・・・あっイクっ・・・!!ぁあ!」














いかがでした?

セックス以外の新しい分野に初めて挑戦してみたんですけど・・・。

私は自分でオナニーをしたことがなかったのでとってもドキドキした電話になっちゃった。

また裕が電話でせがんできたら私もまた触っちゃおう。

これは私とあなただけの秘密にしておいてくださいね。ふふ。


明日はいよいよお弁当デートです。

お弁当の中身を今作っていたのだけれど、あなたに教えちゃおうかしら。


玉子焼き

タコさんウインナー

ピーマンの肉詰めフライ

ベーコンとほうれん草のガーリックパスタ

にんじんとツナのサラダ

えびといかの炊き込みおにぎり・鮭のおにぎり


こんなメニューにしようと思っているんだけれどどうかしら?

あ!デザート忘れてた!

デザートはわ・た・しなんて言ってみようかしら笑


では明日早くから集合なので今日は先に休ませてくださいね。

あなたの明日がいい日になりますように。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちわ。お元気にしていらっしゃいますか?

ブログ復活をしましたが、読者になっていただいた方が増えてとっても嬉しい。

あなたのおかずになれているということなのかしら?

これからの励みになります♪












さて、昨日の夜中裕と電話していたら裕が発情してしまって、裕のオナニーを電話で手伝ってあげることになったの。

最近の裕はとっても甘えん坊さんで、「四季ちゃーん、にゃんにゃん」なんて言う始末。

私も可愛い坊やが放っておけないの。

(セックスの時は本当にサディスティックになるんですけどね^^;)


では、セックスではないけれど裕のオナニーのテレフォンお手伝い読んでくださいね♪













「四季ちゃぁん、俺やばい立ってきちゃった。お願い、お手伝いして?」


「仕方ないわねぇ、裕ちゃんはどうしちゃったの?」


「おちんぽが大きくなっちゃってむずむずして仕方ないんです。」


「お姉さんにどうしてほしいのかな?」


「はい、四季お姉様に僕のオナニー見てほしいんです。。。」


「裕ちゃん、オナニーなんて見てほしいんだ。汚いおちんぽ硬くしちゃってるの?」


「はぁはぁ・・・はい・・・すっごく硬くなって・・・」


「今おちんぽ触ってるの?」


「はい、しごいてます。とっても気持ちいいです・・・」


「誰がしごいていいなんて言ったの?」


「え?はい。。。ごめんなさい、しごくのやめます」


「言うこと聞かないで勝手にしごいちゃうような子はもうお手伝いしてあげないよ?」


「ごめんなさい…もうしごきません」


「指で先端の我慢汁触ってみて?」


「わぁ…すごいねばねばしてて糸引いてる・・・」


「そのまま指先で裕ちゃんが1番気持ちいいところ触ってごらん?」


「はい・・・つばつけてもいいですか?」


「いいよ?そうしたらもっと気持ちよくなっちゃうんだ」


「はぁはぁ・・・あぁ気持ちいいです・・・」


「裕ちゃんどこ触ってるの?詳しくお姉さんに教えて?」


「はい・・・亀頭と竿のつなぎめの裏筋です。ここ触るとやばい気持ちいいです」


「指先でちゃんと触ってる?」

「はい、やばい我慢汁が出てきちゃった・・・」


「まだ指先だけでしか触っちゃダメだからね?」


「うぅ・・・やっばい気持ちいい・・・つばと我慢汁でおちんぽぐちょぐちょのぬるぬるになってます」


「裕ちゃんの触ってる音聞こえるよ?」


「うん、、、四季お姉様、もう我慢できないです。しごいていい?」


「えー?どうしようかなぁ」


「お願いします、ちんぽがものすごい大きくなってるんです。四季ちゃんに入れたら気持ちいいだろうなぁ」


あぁん、そんなこと言ったら私もおちんちんほしくなっちゃう・・・


そう思ったら私もパンツに手をのばしてまった。

パンツの上からそっとクリトリスに触れ、中指を上下に動かした。


あぁ・・・気持ちいい・・・


「仕方ないなぁ。じゃあしごいてもいいよ?」


「ありがとうございます。うぅやっばい気持ちいい。。。こんなことしてくれるの四季お姉様だけです」


「ふふっ。とっても気持ちよさそうだね」


そういいながら裕にはばれないように私もパンツの上からクリトリスをさすっていた。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

『私の家で・・・1』はこちら

『私の家で・・・2』はこちら


では続きをどうぞ☆















「ほら、パイズリしろよ」


「えっ?ほとんどやったことないからできないよ・・・」


「いいからやれよ。ちゃんと唾垂らして滑らせろよ」


「うぅ。。。はい・・・」


私は大きく勃起したおちんちんをおっぱいで挟んだ。

つーっと唾を垂らし、おっぱいとおちんちんの間に滑り込ませていく。

慣れていないのでぎこちない動きになってしまう。


「はぁ、、、ねぇ気持ちいい?これでいいの?」


慣れないなりに一生懸命おっぱいを上下にこすらせ、裕の顔を見上げた。


「うん・・・はぁはぁなかなか気持ちいいよ」


柔らかいおっぱいが固いおちんちんに擦れて私も少し気持ちよくなってきた。


もっと勉強して上手になりたいな・・・


「パイズリしながらフェラもしろよ」


「えっ?どうやって・・・」


「いいから、こうするんだよ!」


「むぐっ・・・ん”ん”ぅ・・・」


無理やり頭を押さえつけられ、パイズリをしたまま亀頭を舐めさせられた。


全然上手にできないけどこれでいいのかな・・・


心配になって上を見上げると、裕は私を押し倒し、生のおちんちんをおまんこの中に押し込んだ。

あたたかいおちんちんの感覚がおまんこの中に広がった。


「あぁっ!お願いゴムしてよぉ・・・」


「うるせーから。もうおせーよ」


「うぅお願い生は・・・」


裕は私の言葉を無視し、正常位で突いてきた。


「あっあぁっ!!生のおちんちんあったかい・・・」


「お前も生の方が好きなんだろ?このヤリマン!」


「ちっ違います!ヤリマンなんかじゃ・・・あぁ!あんっ」


裕は激しく腰を動かして乱暴に突いてくる。

私はいつもこの乱暴なセックスに感じてしまう。


裕・・・ホント野獣みたい・・・


両足を裕の肩にかけられて再び責められる。

こうされるとおちんちんがすごく深くまで刺さるのでいつも大きく感じてしまう。


「ああぁっ!!ご主人様それは・・・あぁっ!!」


生で入れられてるのに私感じちゃってる…


「それは?何だよ」


「そんなことしちゃ…あっあっ・・・イッちゃ・・・あぁ出ちゃう!!」


びくんびくん


私は体をがくがくと痙攣させてイッた。

裕は私の足を下ろして、更に動きを早めた。


「ああぁっ!そんなに早くしちゃ・・・」


「俺もイキそう・・・出すよ!」


「あぁんっ!!お願いスカートには…ああぁっ!!」


どくどく・・・


裕は私のスカートの上に精子をかけた。


「あぁ・・・ダメって言ったのに・・・」


「仕方ねーじゃん出ちゃったんだから」


「うぅ・・・スカート汚れちゃった・・・」


私は精子まみれのスカートを半泣きになりながら見つめていた。













いかがでした?

久しぶりに書いてみて、なんだか上手に書けなくて。。。

あなたのおかずになれてるかしら?

心配だけど今日は遅いのでもう寝ますね。

おやすみなさい。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

『私の家で1』はこちら

では続きをどうぞ☆














裕は待ちきれなかったのか私がパンツを膝まで下ろしたところでおまんこを触ってきた。


「あぁ・・・」


「もうこんなに濡れて・・・触ってほしかったんだろ?」


「うぅ…はいその通りです・・・」


「触るのと舐めるのどっちがいい?」


「お風呂入ってないから触って・・・」


「嘘つくなよ。汚いまんこ舐めてほしいんだろ?」


そう言うと裕は私のおまんこに舌を這わせた。


「ひゃっ!あぁぁダメぇ・・・汚いからいや。。。」


「舐めてほしかったくせに何言ってんだよ」


「違っ・・・あぁんっ!!」


裕の舌がクリトリスを舐め上げた。

私の体はぴくぴくと痙攣し、彼の舌の奴隷になった。


ぴちゃぴちゃ・・・


「あぁぁっ!!裕ぅ!そんなにしちゃダメぇ!」


裕は私を無視して舐め続けた。

おまんこの穴からクリトリスにかけて舐め上げられるとイキそうになってしまう。


「はぁぁん・・・あっあぁっ!」


じゅるる・・・じゅぱじゅぱ・・・


裕の頭に手を置き、大きく腰を浮かせて私は感じていた。


「あぁんっ・・・おまんこ溶けちゃいそうだよぉ・・・」


腰ががくがくと動き、力もだんだん抜けてくる。


気持ちよすぎちゃう。。。ずっと舐められてたいよぉ・・・


「裕ぅ・・・あぁぁん・・・」


「何?こうしてほしいの?」


裕は指をおまんこの中に入れてきた。

すでに愛液でぐしょぐしょになったおまんこは、裕の指を待ち焦がれていたかのように受け入れた。


「あっあぁっ!!!」


「まんここんなにぐちょぐちょにしてんじゃねーかよ」


「あぁ申し訳ありませんご主人様ぁ・・・」


裕の指は私のおまんこを乱暴にえぐった。

私のいやらしい愛液はお尻の方まで溢れていた。


ぐちゅっずっちゃ

「ひゃぁっあぁぁダメぇ!!」


「あ?何だって?」


裕が上から私の顔をのぞいてきた。

イラついたような機嫌の悪そうな顔。

私はこの表情を見るともうどうにでもしてほしい気持ちになってしまう。


「ああぁ・・・イキそう・・・あぁっ!!」


「イケよ。ほら!!」


「あっあっダメぇ!!出ちゃうぅぅ!!!」


びくんびくんっ


私は体を大きく痙攣させてイッた。

それでも裕は手マンをやめてくれない。


「あぁぁ裕ぅぅ!!そんなにしちゃ。。。あぁんっ!」


「ダメダメぇ!またイッちゃ。。。あぁぁ!!」


何度も何度もイカされた。

気が遠くなりそうだ。


「あぁご主人様ぁ・・・あぁぁまたイッちゃうぅぅっ!!!」


はぁはぁと肩で息をしながらとろんとした目で裕を見つめる。


「ほら、俺のも気持ちよくしろよ」


裕は仁王立ちし、いきりたったおちんちんを私の目の前に出した。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

お久しぶりです。

お元気にしていらっしゃいますか?

またまた更新が遅くなってしまって本当にごめんなさい。

裕とは相変わらずというか、なんとかお付き合いしてます・・・


彼が昨日家に泊まりに来たのでその時のお話をしますね♪















夜も12時を回った頃、私達は私の家に帰ってきた。

今日は妹以外誰も家にはいないので、裕が家に泊まりたいと言ったのだ。

私はタイピングが彼よりもはるかに早いので、論文を手伝ってあげることにした。

しかし2人供寝不足でかなり疲れていた。

にも関わらず論文はなかなかはかどらず、時間だけが過ぎていく。


「四季ちゃん~、まだ終わらないのぉ?早くしてよぉ」


裕はイラついた顔で私にキスをしながら押し倒してきた。


「ちょっ・・・そんなことしてたらいつまで経っても終わらないでしょ?」


「だってもう我慢できないんだもん。早くしてよ」


裕はそのまま服の上からおっぱいを揉んだ。


「あっ・・・そんなことしたら・・・あぁ・・・」


私も眠いのであまり抵抗できない。

弱々しく抵抗してもそれは裕のサディスティックな面を引き出すだけだった。


「抵抗すんなよ。やりてぇんだから早く終わらせろよ」


裕はスカートの中に手を入れて、パンツの上からおまんこをなぞってきた。


「あんっ!そっちはまだ・・・」


「だったら早く論文やれよ」


「うぅ。。。はい。。。」


眠い目をこすりながら私は裕が書いた論文をパソコンで打っていった。

数十分後やっと終えることができた。


「裕!やっと終わったよ☆」


「終わった?やったねー!」


そう言って再び押し倒された。

少し乱暴なキスをされて、裕はパンツに手をのばしてきた。


「裕っ・・・お風呂入らせて・・・」


「無理だよ我慢できないもん。それに四季は汚いまんこ舐められるのが好きなんだろ?」


「ちっ違うもん」


「いいから。今日もいっぱい舐めてあげるからね」


おっぱいを揉みながら私の顔を伺う裕。


「あぁっ・・・いやぁ。。。」


「いいからこんなの早く脱げよ。邪魔」


裕が乱暴になってきた。

ブラジャーを乱暴に引っ張って取り、乳首に噛み付いてきた。

私もいつものマゾになっていき、乱暴な彼を見て濡らしていた。

「あっ!ゆっうぅ・・・あぁんっ」


私は裕の洋服をぎゅっとつかんだ。


ダメ・・・そんなことしたらお風呂入る前にしたくなっちゃう・・・


「四季のおっぱいおいしいよ。大きいのに本当に形も綺麗だし・・・」


じゅるっ・・・ちゅぱ・・・


部屋の中で裕の唾液の音が響く。


「あんっ・・・裕…」


「ほら、早くパンツも脱げよ」


「うぅ。。。はい・・・」


私は仕方なくスカートをはいたままパンツを脱いだ。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。