2013年1月12日(土) 参加者:6名 
本日の活動内容: 山開き /粗朶垣整備/新年懇親会

お神酒をお供えして今年1年、安全に活動が出来ますようにと祈願し、今年最初の作業にはいりました。
      ★調布☆雑木林日記★ -お供え ★調布☆雑木林日記★ -安全祈願

作業は、東樹林地の下段。キャンプ場への通路登り口のところに、粗朶垣(そだがき)を整備しました。緑と公園課に要望して届いたクイ材を筒切りし、ナタでとがらせて打ちこみをしたので、しっかりとできあがりました。これで暫くは持ちそうです。
                       ★調布☆雑木林日記★ -しっかりとした粗朶垣が出来た
 12:00 作業終了後は、かまどへ移動し、お神酒を竹筒で温め、乾杯しました。 一足早めに調理を始めた「ほうとう鍋」は、具沢山でとてもおいしく頂きました。 カニ山の会では日本酒で乾杯するのが、他と違うところかな?  
                       ★調布☆雑木林日記★ 
 環境市民会議facebookに他の写真を掲載しています。検索してみてください。 (報告:江刺)

   
AD



ちょうふ環境市民・雑木林日記 ちょうふ環境市民・雑木林日記

12月の活動報告です。
今月は、林床に光りを入れるために、枝切りを行いました。いろいろあり、何とか1本だけきることができました。


現在の雑木林は、利用されなくなったために、木が大きくなりました。
そのため、林床が暗くなり、山野草が見られなくなりました。
もう少し元気な雑木林にするために、春まで枝切りを行いたいと思います。
ちょうふ環境市民・雑木林日記 次回、1月は今回に続き、枝切り。

2月は虫の観察会です。午後からは、懇親会を予定しています。

----------≪活動記録 報告: 小島≫-------------
●活動日時 2008年12月13日 (土)  10:00~12:50 晴 

●出 席 者   6 名   ●場所   カニ山東樹林 
●活動内容 枝切り ●配布物 12月作業計画
●道具 鋸、脚立、ロープ(マニラ麻20m、トラック用20m、登山用20m)、 カラビナ、スリング

1.枝切り
 ・林床の光環境の改善のためNo.993のコナラの枝切りを行った。
 野草園に二段梯子の借用をお願いしていたが見当たらず、1.8mの脚立を借用した。
結果、目的の枝の高さには届かないため、スリング等を利用して木に登り、枝を伐採した。ちょうふ環境市民・雑木林日記

2.意見交換など

・公園の整備は大変であり、園内に高所作業車が通行できる通路が整備されてい
るのが理解できた。
 ・大きな枝を切るのを初めて見た。面白かった。
・ロッククライミングの技術が必要なのが判った。人力でやるのは大変であり、林業をやる人が少なくなっているのが理解できる。
・素晴らしかった。
・面白かった。ロープワークはサポートする人も技術が必要だと感じた。
・東樹林の1/4くらいを伐採し、実生による更新を行うことが望ましいが、立木は財産として登録されているため、現状では難しい。林床に光を入れるために、春まで枝切りを行いたい。
 
○特記事項
 ・ヤブコウジが広い範囲で見られ、多く実を付けていた。
 ・ビナンカズラと思われる実がなっていたが、粒が分離しておらず、これも日照不足か?
 ・枝の太さは20cm程度あり、何かに使いたい。

 ・2月は、虫の観察会を行い、午後から懇親会を行う。


●次回の予定
   1/10(土) 10時 野草園横集合 
   内容: 枝切り、片付け
   

AD

雨の雑木林塾 2008/10/11  

      
ガマズミ マズミ


朝7時ごろから雨が降ったり止んだりの空模様を気にしていましたが、きょうは調布市開催の「08年度雑木林塾」の塾生受け入れを引き受けていたので、予定どおり9:00集合することに決定。 受講者もスタッフも雨傘・雨合羽姿で集合。

調布市環境政策課の挨拶のあと、かに山の会のプログラムで午前の講座をスタートしました。


10:00 講座開始 

 ・雑木林塾生を迎える「かに山の会」のメンバーは10名。

  7~8人の班に分かれてもらい、かに山東樹林地・自然広場エリア周辺を巡って3つのプログラムを体険してもらいました。

       

 

 ・プログラム1=自然広場やかに山の南に広がる谷戸・佐須地域の歴史を語る


 ・プログラム2=かに山の会の発足から現在までの活動紹介


 ・プログラム3=雑木林保全作業体険(笹刈り・道具の手入れ)



12:00 講座午前の部終了。 (受講者は昼食後、午後の部も受講する)


▼谷戸や神代農場からの湧水路の説明
ゆう水路  


▼笹刈り体験作業前→ → 作業完了後


▼シュロ抜き体験

▼やったぞ!


▼道具の手入れ



<きょうの活動のふりかえり>

これまでも、塾生の受け入れ経験はあったが、プログラムから進行までを市民側で行ったのは初の試みでしたが、無事終了。土地の歴史の話などこれまで知らなかった話が聞けて感銘した、20年前から知っていたがずいぶんきれいに整備されていて驚いた、自分もこういう活動にさんかしたい、など感想をいただきました。今回改めて、かに山の会の多彩な人材に感服しました。

 朝、市役所担当課になかなか中々連絡がつかず、やきもきしましたが、講座内容は充実したいい内容であったと自己評価しました。合格


「塾」講座を終了した人たちが集まって出来たのがかに山の会です。

「講座を卒業したら、ぜひご一緒に」「いつでも気軽に参加してください」などと、メンバー各自がお声を掛けていたようですから、かに山の会の活動を進化させ、さらに楽しい活動にしていきたい音譜と話し合い解散しました。(レポート:かに山の会江刺)


鉛筆今年の塾の申込人数・・市報に広報スペースを確保したため30名を超えたそうです。



AD

●08・9月のカニ山の会


活動日時 2008年9月13日 (土)  10:00~12:30  晴
記録 小島

●出 席 者  8 名
●場  所 カニ山東樹林 
●活動内容 方形枠調査、笹刈り、灌木除伐
●配布物 9月作業計画
●道具 鎌、鋸、筆記用具
●内容

○活動内容
1.方形枠調査
2.笹刈り、灌木除伐
3.秘密の基地跡片付け

1.方形枠調査
・依然コナラが多いもののエゴノキが大きくなってきており、毎回、変化が見られる。

2.笹刈り、灌木の除伐
・中段の三角エリア、北西角地の笹刈り。
・上段南側のツゲ等の除伐。

3.意見交換など 
・久しぶりに来た。また、できるだけ参加したい。
・他の管理地では、暗いところが多いがカニ山は明るくなってきた。
・笹刈りの継続で、笹の成長が遅くなってきている。伸びていると思い切っていると、切りすぎてしまった。
・カレンダーに活動日を書き忘れて、参加できないことがある。
・高木の枝切りが楽しみ。



○特記事項
・10月は、雑木林塾の受け入れを行うため、協力をお願いしたい。
 協力可能な方は、9時くらいに集合して、説明を行う。
・市から、高木の枝切りの許可が得られたため、11月から枝切りを行う。
・落ち葉かきエリア周辺でヤブコウジの実生を多く確認した。

●次回の予定
   10/11(土) 9時 野草園横集合 
   内容: 「雑木林塾」の受け入れ
   
 (レポート:小島)

記録更新:08/05/14


活動日時   2008510日(土)雨 10:00~12:15

場  所  カニ山東樹林   者 6 名  
配布物   5月作業計画   道具 鋸、鉈、カケヤ、スコップ、クワ


●今月の「かに山の会」の活動は・・・ 


 ・東樹林地西側入り口付近に新たに通路として使用され始めた箇所があり、裸地化が進行し始めていたので、通行抑制及び林縁部の保護のために植物の移植を行うことにしました。・市民放送局の取材がありました。

1.
林縁部保護
・移植班と防護柵班の2班に分かれて、作業を行った。
・グミ、ヤブラン、クサボケ、モミジイチゴ等を林床より堀取り、植え付けを行った。
・移植部の踏み荒らし抑制、土留めのために防護柵で囲いを造った。


▼作業前
作業前


▼作業後
作業後


2.意見交換など 

・・ハゲていたところに植物が戻り良くなった。移植部分が踏まれないように願っている。

・・アオキの剪定で明るくなり、防犯面から良い。

・・植樹作業が楽しかった。

・・下の段は、水環境が良いので、植物保護ゾーンが良いのでは。

・・懸案事項が片づいてホッとした。踏み荒らされる可能性があるが、手入れを継続したい。

・・道具の使い方が勉強になった。基本どおりにやらないと道具を傷めてしまう。

・・今回の作業は造園作業であり、山作業ではあのような細かい作業はしない。しかし、都会の中の森では、この様な作業もありかなと思う。

・・杭づくりで体力を使った。ツバキの木があんなに堅いとは思わなかった。

・・子供たちの行動の影響が心配。   (記録:小島)













●活動日時 2008年4月12日 (土)  10:00~12:30  晴れ時々曇   記録:小島  

  

●出 席 者   9名    ●場所   カニ山東樹林 
●活動内容:植生調査、シュロ切り  ●道具:筆記用具、鋸  ●配布物 :4月作業計画

●活動内容
1.植生調査・・・東樹林地全体を対象にフロラ調査を実施。
2.シュロ切り・・・・シュロ切り、シュロ抜きを実施。


3.ふりかえり
1.植生調査結果
 ・サルトリイバラの花が増えた。    ・シュンラン3株
 ・新たな植物は発見できなかった。


  ▼・クサイチゴが増えた。(笹刈りの効果か?)



2.シュロ切り、基地片付け
  ・いつものとおり、シュロや笹などを切った後の処理が問題となる。
  ・市に処分をお願いしてみる。
  ・秘密の基地跡があったため、片付け。(テレビ番組で作り方を紹介したものと同じ構造)


3.意見交換/感想など 
 ・植物の名前が覚えられない。忘れる方が早い。
 ・植物の名前が判らず、ついて歩くだけになってしまった。
 ・気持ちの良い季節になってきた。
 ・小さなシュロは抜く方がよい。

○特記事項
 ・Sさんのお孫さんが2名参加。はなちゃん、さきちゃんと合わせて子供が4名参加。
 ・メンバーYさんより、樹木名板の提供があった。
 ・仮の植物名名札の提案あり。(今までは、ガムテープ)

●次回 かに山の活動予定●
   日時: 5/10(土)10時 野草園横集合 
   内容: 名札づくり・取付、林縁部保護(移植、柵造り)。
   準備:プレート(10cmx5cm)、名前シール、シュロ縄、鋸、ナタ、カケヤ、コップ、唐鍬

fuyu-sazu  

▲2008冬の雑木林-佐須の風景(08.2.9)  



かに座08・2・9(土)10:00-13:00 「かに山の会」の活動日かに座
先月は雨雪のため活動が中止になりましたが、今月は久し振りに活動できました。

 ▼写真は、落ち葉掻き。

otibakaki

薄く掻くところと、深く掻き取るところを半々にして、
春以降の下草の芽吹きの様子を観察して行くことにしました。

「箒じゃないんだから横にうごかさないで!」と指導が入る。

・・・なるほど、縦に引くのか・・・。

右矢印落ち葉のふとんの下にはヤブコウジが一面に広がっていました。

「午後から雪」の予報がでていたので
「お楽しみ会」の準備と同時進行で作業を進めました。





◆お楽しみ会




メラメラ3つのかまどで薪や積んであったササを運び、かまどの燃料とし、

おなじみ焼き芋やめざし焼きなどを肴に差し入れのビールで乾杯。

ピザやマシュマロ焼きも。

相当冷える日でしたが楽しく活動を終了しました。


次回3/8(土)の活動は、

今回届かず出来なかった「樹名板」の取り付けなどを予定しています。

(レポート:ツルボさん)




 

 

 

 

 

 

 


◆カニ山の会           
 ※原則毎月第2土曜にカニ山東樹林の保全活動を行っています。

 活動に参加してみたい方は直接集合場所へおいで下さい。

 ※年会費500円+保険料500円(年間)

   カマなど刃物を使った作業をするので、ボランティア保険に加入して活動しています。


◆2/9(土)10:00~14:00 
 集合場所:深大寺自然広場(野草園横)

 2月の活動内容:

 ・1月の活動は雨のため中止。2月の活動は1月の予定どおりです。

 ・枯れ枝の整理や樹名板の準備などの後、かに山キャンプ場でお茶会(お楽しみ会)をします。


~あけましておめでとうございます~


今年も、第2土曜日に活動していきます。


◆2008/1/12(土)  ・ 10:00 自然広場入り口に集合

【当日活動内容】

 ・作業  樹木の名札作り・取付、落葉かきです。
 ・準備物

  プレート(5cm×10cm)  穴開け用ドリル  名札シール  シュロ縄


【懇親会】 

◎先月の活動報告でもお知らせしましたが、作業を早めに終えて

懇親会を行います(~14時まで)

自分が食べる分量の軽食と飲み物を持参下さい。
食器、コップ等も各自でお願いします。


※初めて参加の方は、直接、集合場所においで下さい。









カニ山の会の皆さま

お早うございます。
本日の作業は、雨のため中止します。
また、12月に頑張りましょう。

本日は、雑木林塾の受け入れ日ですが、
雑木林塾は、フィールド案内の後懇談会をすることになりましたので
雑木林塾生と活動内容などの話をします。
可能な方はご参加ください。(雨ですので、無理する必要はありません)
その後、12/1の野外イベントの打ち合わせをしますので、
お手伝いいただける方は、できれば参加下さい。

では、野草園入り口で。 (発信:代表:kojima)


 。 。 。 。。 。 。 。。 。 。 。 。。 


11/10 活動報告

雑木林塾は、雨の中、4名の受講生が参加していました。
カニ山全体を歩きながら説明し、東樹林地では、中に入って
説明しました。この雨の中で参加するだけあって、
各自のモチベーションが高いように感じました。

その後、イベントの打ち合わせを行いました、
・ある程度臨機応変に対応できるプログラムを組む必要がある
・人数に応じて、B,Cコースを設定する。
・寒い季節なので、体験型のBコースはアクティブなプログラムがよい
・集合場所は、Aコース以外の内容を考えると、野草園入り口が良い
・年齢に応じたプログラムが必要
・参加者に希望コースを聞くことが必要(こちらで年齢に応じて決めても可)
などなどです。

ご近所の柏野小などにもビラを撒くと言う話もあるので、一気に子供が
増える可能性もある。プログラム作りも難しい。

 → 子供向けに、民話ふうなお話会もやってみたい。 (発信:kojima)