ギャラクシーノート10.1は

販売当時はi PATのライバルもの、という感じで

ものすごい宣伝をしていましたが、

現在では非常にひっそりしています。

 

 

私も仕事につかえるかなぁと購入したものの

肝心の絵は描けず、

結局、役に立ったのは絵コンテの翻訳をする時くらいでした。

 

 

現在では家で仕事をしている関係上、

子供たちのインターネット講義観賞用になっています。

 

 

二年くらい前に

充電に時間がかかりすぎるようになり、

充電器を買い替えたり、

ケーブルが切れたりして交換したりもしました。

 

 

ここのところ、

全く充電できなくなり、

そろそろ内臓のバッテリーを変えないといけないかな、と

旦那に頼んで、サービスセンターに持っていってもらいました。

 

 

6万ウォンくらい払ってバッテリーを交換したんですが

それでも充電がうまくできない~。

 

そこで、充電器も一緒に持って

もう一度、サービスセンターに行ってもらいました。

 

 

そうしたら、充電器のケーブル異常だったようなんです~~~。

 

 

がーーーん。

 

もしかしたら、内臓バッテリーはまだ大丈夫だったのかも?

 

 

ギャラクシータブとギャラクシーノートの違いは

筆圧が感知できる、という点で

そのために価格が2万円くらい跳ね上がるんですが

ギャラクシーノートの唯一の長所、

筆圧感知を使えるアプリも

1年間の無料サービス期間が終わってしまい、

今は使えません。

 

 

ひっじょうに無駄な買い物だったな、と思いつつ、

頑張って使ってます。

 

 

ま、家計に大打撃を与える旦那に比べたら

小さな失敗さ。

(と、自分を慰める…)

 

 

AD
スマフォの充電器も
表と裏って言うんでしょうか?

微妙に差し込むところの形がひし形になっていて
合っているかどうか、
確認しながら差し込むのって
結構面倒ですよね。


そうですね~。

最初の頃はUSBなんかも
ソケットに差し込む時、
間違えずに差し込むのって難しかったですよね。


私は未だに
どっちが上でどっちが下なのか区別が出来ず、
差し込んでみては、入らないとひっくり返す、
ということをしています。
(覚えようという気がない)


ギャラクシーノートもそんな感じなんですが、
これ、スマートフォンみたいに二年で買い替え、
とかするような代物ではないので
この充電のところが壊れた困る!!!
とすっごく神経を使っていたんですよ。


でも、どうにもソケットの上と下の区別がつかない!


そんな風に悩んでいたら
ある日、下の娘が
“これはね~、サムソンとサムソンを合わせたら良いんだよ”
というのです。


なんのこと?

と思ってよく見てみたら
本体のほうの充電する部分にサムソンのロゴがあり、
そして、充電器の差し込む部分にもサムソンのロゴがあり、
そのサムソンとサムソンが出会うように入れれば言いというわけなんです~~。





なんか昔懐かしい
“手のひらのしわとしわを合わせてしあわせ”
のCMを思い出しちゃう出来事でした。
AD

駄目だ・・・OTL



つながったのは一瞬で

また駄目になってしまいました。



しかも、

あれこれいじくっていたら

スマートフォンさえも接続できなくなってしまい、

子供たちからも非難ごうごう~~。



仕方なく、共有機をリセットしたら

子供たちのスマートフォンは接続するものの

私のスマートフォンだけ駄目って

どういうことなんですかね~~~~~。



ネットで検索してもさっぱりわからないし、

仕方がないので共有機のメーカーに問い合わせてみました。



すると、次の日には答えをいただいて、

早速、家に帰って

もらった指示を試してみました。



Wifiが切れる~~~と

騒ぐ子供たちに、

"オンマは今、一生懸命直しているから

 代わりに洗濯物干して~~~”

と頼みつつ、

共有機と格闘しました。



指示通りにあちこちいじくっていたら

何とかWifi復活~~~。



子供たちも信号が強いと

大喜びです。



問題のギャラクシーノートは??

とつなげてみると、

お~~~、見事につながりました~~~。



やった~~。



これで家でも気楽にノートが使える~~~。



と大喜びして就寝。



次の日の朝。



ノートをつけてみると

あれれれれ????



また信号が受け取れないよ・・・。

(Wifiマークはいっぱいまで色がついてるのに)



もー、いったいどうなってるの~~~????


AD