良いことをしてみた

テーマ:

先日、仁川地下鉄に乗っていた時のことです。

 

 

空席ができたので座ったら

隣のおじちゃんが、

ちょっとお酒の入った感じだったんですね。

 

 

荷物が大きくて、ちょっと当たったりして

もー、しょうがないなぁと思っていたんですが

私が降りる駅の二つ前の駅で

おじさんが立ち上がって電車を降りたんです。

 

 

おじさんが座っていた席に

中年の女性が座ろうとしたところ、

今は珍しい、フォルダーフォンを発見され、

“あれ?これ、だれか忘れて行ってるわ”

というではないですか。

 

 

ドアの方を見たら、おじさんの姿はすでにないし、

私も後先考えず、

とりあえず、フォルダーフォンをもって、電車を降りました。

 

 

そしてホームでそれらしき人を見つけて

“あの、これ、忘れていませんか?”

と渡すと、

“あ”

と言って受け取られました。

 

 

そこで無情にも地下鉄のドアは閉まってしまい、

私は仕方がないので、ベンチの方へ向かいました。

 

 

おじさんが立ち去る気配がしなかったので振り向くと、

私の方を向いて、ぼーっと立っていました。

 

 

たぶん、アルコールで状況把握に時間がかかっている模様。

 

 

しばらくすると、ようやく状況が飲み込めたらしく、

私の方を向いて、深くお辞儀をされました。

 

 

その姿がなんか痛々しくて

“大丈夫ですよ”

と、何度か声をかけると

ようやく立ち去られました。

 

 

私も後先考えずに電車を降りて渡しましたが、

降りる駅の駅員さんに預けても良かったかな、

ともちょっと思いました。

 

 

次の駅で降りるんだったらそれでもいいけど、

次の次の駅でしたしね~。

 

 

携帯って落とすとすごく不便なの知ってるし、

私も良く置き忘れたりするから^^;;

 

 

ちょっといいことをしてみました。

AD