ここはグリーンウッド

テーマ:

読書の時間、だったかなぁ。

 

 

なつかしい作品があったので

久しぶりに読んでしまいました。

 

 

 

 

 

那州雪絵さんの作品で、

高校の時は、ほとんどの作品を買っていました。

 

 

那州雪絵さんはSFものが多かったですが

これは微妙にSFも混ざりつつ

普通の学校の寮のお話です。

 

 

~ここからネタバレあり~

 

 

何といっても印象的なのは

主人公よりも周りの人物の方が個性が強い!

 

 

そして、光流先輩と忍先輩の

両コンビが最高~‼‼‼

 

 

エピソード一つ一つが超面白くて、

大好きでした~。

 

 

明るい光流先輩は

実はとっても人恋しくて

すかちゃんになつかれているのが

内心嬉しくてうれしくて仕方がないっていうことを

忍先輩がなにげにさらっと言ったりするあたり!

 

この大げさでないのに

ジンと伝わってくる感と言いましょうか。

 

 

ロボット忍を

容赦なく撃ち殺してしまう(しかも顔)忍を見て

寮生、全員、ドン引き!とか。

(このころ、引くっていう言い回しもなかったかも)

 

 

しかもその後に

“お前(光流)の顔だったら撃てなかった”

とか忍が言ったと思うんですよね~。

 

 

忍にとって、

この世で唯一、心を打ち明けられるのが

光流だったから…。

 

 

それから、この作品は

私が一番最初にキャラクターCDを聞いた作品だと思います。

 

 

歌がほとんどだったような気がするんですが…。

 

 

あまりよく覚えていない。

 

 

主人公すかちゃんは

みんなにいじられまくるんですが

一番最初に彼女ができちゃったり!

 

 

ふふふ。

 

 

抑えるところは抑えているのさっ。

 

 

こういう、なんでもない日常なんだけど

それをここまで面白くかけるって

すごいなぁと思います。

 

 

こういう作品、いまもあるのかなぁ。

 

 

なんか久しぶりに購読欲がわいてきました。

 

 

那州雪絵さん、読みたいなぁ。

 

 

インスタ、始めました^^

AD