終わりましたね。

K팝스타6!

 

意外に長かったですね~。

 

 

決勝戦の日。

 

上の娘がぽそりと

“私の先輩が出てるんだよね~”

と言うので、超びっくり!

 

 

しかも、一番才能があると審査員たちにべた褒めされていた

キムソヒちゃんだというではないですか~。

 

 

それで久しぶりに決勝戦だけ生で見てみました。

 

 

キムソヒちゃん。

 

 

途中から三人グループになったようで、

それがかえって彼女の足を引っ張っているような感じがしました。

 

 

まあ、ソロでは弱いかもしれないけれど、

彼女はソロでやってほしかったなぁ。

 

 

対するボーイフレンドは

準決勝に残っていると聞いた時から

“え?まだ残ってるの!?”

とすごくびっくりしました。

 

 

というのはまだ11,2歳なんですよ!

 

 

シーズン2のパンイェダム君も相当でしたが、

彼らは途中で落ちると思っていたんですよね~。

 

 

実際、準々決勝の時はちょっと危うかったらしいんですが

視聴者投票で何とか生き残り、

そしてついには優勝!

 

 

 

 

 

 

 

 

真ん中の女の子、

한별ちゃんだったらもっと雰囲気が出たのに。^^;;

 

 

この歌というと、ウララセッションを思い出しますよね~。

 

 

 

 

 

途中の切り替えとか、ウララセッションのパクリだし^^;;

(場所が違うけど^^)

 

 

何といってもボーイフレンドはラップがすごいです~。

 

 

自作でしかも絶対に間違えないんですよ~。

(準々決勝では何か失敗したらしいですが)

 

 

 

ボーイフレンドとキムソヒちゃんの対決だったら

もうちょっと違ったかなって思います。

 

 

女の子三人組、クイーンズには

練習生としての有利点、

年上という有利点があるからか、

それを解消するために三曲、準備しなければいけなかったと

ぽそっと言い訳していますが、

今まで決勝に残っていた人たちは

みんなそうでしたからね~。

 

 

ラップまで考えなければいけないボーイフレンドとは

五分五分の条件だったと思いますよ、私は。

 

 

ボーイフレンドが早く世の中に出てきますように~。

AD