こんにちは。私達は今春卒業予定の大学生5人組 です!


全ては一冊の本から始まった 出版企画・「メッセージプロジェクト」(プロジェクトの内容についてはこちら
)。


『100番目のメッセージ』絶賛全国発売中


100番目のメッセージ/メッセージプロジェクト/編



¥1,365
Amazon.co.jp

2月11、12日に出版記念イベントを行いました!

ご来場人数は、2日間合わせて200名を越える大盛況でした!

☆本当に皆さんどうもありがとうございました☆

【Message Cafeラブラブ


2月11日13:00~18:00  2月12日11:00~16:00

入場料:無料

場所:Campus Plus  (神宮前徒歩一分) 

【Message Partyラブラブ


2月12日 17:00~20:00

参加費:1500円(飲み物代・食事代)

場所:Campus Plus  (神宮前徒歩一分) 

対象:学生なら誰でも!


現在、このように、99人のメッセージを、全国で出張したいと思います!

是非、あなたの住む町で、メッセージ展示会をしませんか?

3月、4月、5月と、続々とオファーが来てます!

ご興味のある方は、kankikids2010@gmail.com  まで連絡ください!


このブログでは、日々の活動記録、実際にインタビューした時の記事や写真、裏話などを公開します!

1  Allen Miner 親日ベンチャーキャピタリスト
2  アニャンゴ 世界初女性ニャティティ奏者
3  秋元祥治 岐阜を元気にする男
4  雨谷麻世 クリスタル・ヴォイス・ソプラノ歌手
5  池坊由紀 華道家池坊次期家元
6  池間哲郎 アジアの子供たちを支える活動家
7  石山伊佐夫 高校中退でも天性の経営者
8  市川覺峯 千二百日修行を成し遂げた経営指導者
9  井上高志 初めてなったリーダーが社長
10 入住壽彦 ゴールドマン・サックスから起業家に
11 岩瀬大輔 弁護士よりも経営者
12 岩本 悠 人づくりプロデューサー
13 上田 藍 トライアスロン日本代表選手
14 梅澤高明 日本の改革を請け負うコンサルタント
15 漆沢祐樹 ピースソングプロジェクト代表
16 太田 達 京都和菓子屋「老松」主人
17 小栗左多里 『ダーリンは外国人』作者
18 小澤良介 ドラマ「月の恋人」の家具監修者
19 鬼丸昌也 世界を勇気で満たす男
20 海藤哲治 若者が憧れる“肩書きを持たない男”
21 kage 世界一のカリカチュアリスト
22 風祭喜一 ブラインドサッカー日本代表監督
23 勝村周一朗 総合格闘技世界チャンピオン
24 桂 歌丸 美しい日本語を話す落語家
25 加藤積一 幼稚園イノベーター

26 金森 茂 不良から大森蒲田を支える社長に
27 金島秀人 シリコン・バレーの成功者
28 兼元謙任 ホームレスから社長になった男
29 鎌田由美子 エキナカ「ecute」創始者
30 川上美保 頑張るママの応援団長
31 川本恵太 社員と理念経営を実践する若社長
32 神崎忠久 暴力団副組長から福祉事業家へ
33 神原弥奈子「ネットPR」の提唱者
34 木内博一 農業界の革命児
35 木暮桂子ア ピアランス・コンサルタント
36 杵屋徳桜 長唄三味線の邦楽家
37 木下晴弘 感動で魂を揺さぶる元カリスマ塾講師
38 草光澄子 103歳のおばあちゃん
39 楠本修二郎 カフェをビジネスに変えた男
40 久保田祐佳 途上国にも目を向ける弁護士
41 栗城史多 若き8000m級単独・無酸素登山家
42 桑原史成 激動の瞬間を切り撮った報道写真家
43 國分利江子 海外にファンもいるマッサージセラピスト
44 権藤嘉江子 エミリオ・プッチを日本に広めた社長
45 佐柄木俊郎 元新聞記者・論説委員
46 坂本 達 自転車世界一周のサラリーマン
47 佐久間庸和 冠婚葬祭イノベーター
48 佐竹康宏 民藝の素晴らしさを広める木地師
49 佐山展生 伝説のM&Aアドバイザー
50 澤田秀雄 海外旅行を身近にした男

51 重松 理 ユナイテッドアローズ創設者
52 紫 舟「龍馬伝」で話題の革新的書道家
53 篠崎正喜 夢の中の風景を描く画家
54 清水裕子 NYタイムズなどのイラストレーター
55 清水勝男『世界ふしぎ発見!』を企画した広告マン
56 ジョン・カビラ 元気を届けるラジオDJ
57 仙 人 いじめをなくしたい街の導師
58 髙田 明 テレビショッピングでおなじみ
59 玉塚元一 リヴァンプ代表取締役
60 田村 大 日本でのエスノグラフィ・パイオニア
61 為末 大  400mハードル世界メダリスト
62 チーム ピース チャレンジャー インドに給食を届ける主婦チーム
63 土井香苗 史上最年少司法試験合格者
64 Naomile ヴィレヴァンでおなじみのふんわりボイス歌手
65 中野信治 F1にも参戦したカーレーサー
66 中野裕弓『世界がもし100人.』の原訳者
67 成島由美 ベネッセ最年少執行役員になったママ
68 成瀬拓也 アブノーマル就活応援団社会人団長
69 南條勲夫 ミシュラン一つ星料亭の店主
70 野田智義 リーダーシップ教育者
71 白  鵬 第69代横綱
72 橋爪謙一郎 遺族を支えるビジネスを創造する男
73 原 伸介 信濃の白炭師
74 藤巻幸夫 福助元社長・ブランドプロデューサー
75 藤本裕子 お母さん100万人をまとめる

76 藤森平司 「見守る保育」の推進者
77 古川雅純 地球防衛戦隊総帥
78 古田英明 真のビジネスリーダーを見抜く男
79 星野佳路 旅館再生請負人
80 堀江 航 車椅子バスケの世界的プロ選手
81 前田知洋 世界のクロースアップマジシャン
82 牧野正幸 「理想の経営者No.1」受賞者
83 水野弘道 欧州の投資会社でトップの日本人
84 三屋裕子 元バレーボール日本代表メダリスト
85 宮治勇輔 農家のこせがれネットワーク代表
86 宮本亜門 東洋人初のブロードウェイ演出家
87 村上博志 日本アホ会代表理事
88 室舘 勲 人間学の師匠
89 茂木健一郎 スーパー脳科学研究者
90 百瀬恒彦 マザーテレサを撮った写真家
91 矢島 実 もみもみカンパニー代表
92 山田宗へん 茶道宗へん流家元11世
93 山中章代 インドを支えるカレー屋さん
94 山内美穂子 翻訳エージェント女性社長
95 山本英利 人に笑顔を届ける詩人
96 山本鉄平 ただものではない飲食店経営者
97 山本直史 千葉から日本を元気にする男
98 吉田洸二 長崎県清峰高校野球部監督
99 渡邉美樹 道なき道を拓き続ける経営者



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-01-01 16:33:32

☆プロジェクトに協力してくださった、99名の先輩方☆

テーマ:活動紹介

1・Allen Minerさん(ベンチャーキャピタリスト)
・アニャンゴさん(ニャティティ奏者)
3・秋元祥治さん(NPO法人G-net代表理事)
4・雨谷麻世さん(歌手)
5・池坊由紀さん(華道家)
6・池間哲郎さん(NPO法人アジアチャイルドサポート)
7・石山伊佐夫さん(株式会社高星会長)
8・市川覚峯さん(日本経営道協会代表)
9・井上高志さん(ネクスト代表取締役社長)
10・入住壽彦さん(アルファリーダーズ代表)
11・岩瀬大輔さん(ライフネット副社長)
12・岩本悠さん(人プロデューサー)
13・上田藍さん(トライアスロン日本代表)
14・梅澤高明さん(ATカーニー 日本代表)
15・漆沢裕樹さん(ピースソングプロジェクト代表)
16・太田達さん(京都和菓子屋の家元)
17・小栗左多里さん(『ダーリンは外国人』作者)
18・小澤良介さん(インテリアデザイナー)
19・鬼丸昌也さん(テラ・ルネッサンス代表)
20・海藤哲二さん
21・kageさん(似顔絵師)
22・風祭喜一さん(ブラインドサッカー日本代表監督)
23・勝村周一郎さん(総合格闘家)
24・桂歌丸さん(落語家)
25・加藤積一さん(ふじ幼稚園園長)
26・金森茂さん(大森蒲田の元気工場)
27・金島秀人さん(シリコンバレー成功者)
28・兼元謙任さん(OKWAVE社長)
29・鎌田由美子さん(e-cute創立者)
30・川上美保さん(オフィスフォーハウト社長)
31・川本恵太さん(アンビシエイト代表取締役)
32・神崎忠久さん(元ヤクザ・福祉関係)
33・神原弥奈子さん(ニューズ・ツー・ユー代表)
34・木内博一さん(農家)
35・木暮桂子さん(ディグニータ代表)
36・杵屋徳桜さん(長唄三味線杵徳派師範)
37・木下晴弘さん(塾講師)
38・草光澄子さん(103歳のおばあちゃん)
39・楠本修一郎さん(カフェ・カンパニー㈱代表)
40・久保田祐子さん(国際協力弁護士)
41・栗城史多さん(登山家)
42・桑原史成さん(報道写真家)
43・國分利江子さん(マッサージ・セラピスト)
44・権藤嘉江子さん(エミリオ・プッチCEO)
45・佐柄木俊郎さん(現ICU客員教授、元朝日新聞記者・社説主幹)
46・坂本達さん(ミキハウス人事部・自転車世界一周達成)
47・佐久間庸和さん(サンレー社長)
48・佐竹康宏さん(木地師)
49・佐山展生さん(GCAサヴィアン代表)
50・澤田秀雄さん (HIS会長)
51・重松理さん(ユナイテッドアローズ代表)
52・紫舟さん(書家)
53・篠崎正喜さん(画家)
54・清水裕子さん(イラストレーター)
55・清水勝男さん(T.O.W元校長/元電通)
56・ジョン・カビラさん(ラジオDJ・フリーキャスター)
57・仙人さん
58・高田明さん(ジャパネットたかた)
59・玉塚元一さん(リヴァンプ代表)
60・田村大さん(博報堂フィーサイト上席研究員)
61・為末大さん(陸上競技選手)
62・チームピースチャレンジャーさん
63・土井香苗さん(ヒューマン・ライツ・ウォッチ・ジャパン代表)
64・Naomileさん(歌手)
65・中野裕弓さん(人事コンサルタント)
66・中野信治さん(元カーレーサー)
67・成島由美さん(ベネッセ事業部長)
68・成瀬拓也さん(アブノーマル就活応援団社会人団長)
69・南條勲さん(「三亀」店主)
70・野田智義さん(アイ・エス・エル(ISL)理事長)
71・白鵬さん(横綱力士)
72・橋爪謙一郎さん(エンバーマー)
73・原伸介さん(炭師)
74・藤巻幸夫さん(元伊勢丹カリスマ・バイヤー)
75・藤本裕子さん(トランタンネットワーク新聞社代表)
76・藤森平司さん(せいがの森保育園統括園長)
77・古川雅純さん(フューチャーリレーション社長)
78・古田英明さん(縄文アソシエイツ代表)
79・星野佳路さん(星野リゾート代表)
80・堀江明さん(車イスバスケ選手)
81・前田知洋さん(マジシャン)
82・牧野正幸さん(ワークスアプリケーション代表)
83・水野弘道さん(コラーキャピタルパートナー)
84・三屋裕子さん(日本バレーボール協会理事)
85・宮治勇輔さん(株式会社みやじ豚代表)
86・宮本亜門さん(演出家)
87・村上博志さん(株式会社 IZAKO代表)
88・室舘勲さん(株式会社キャリアコンサルティング社長)
89・茂木健一郎さん(脳科学者)
90・百瀬恒夫さん(写真家)
91・矢島実さん(鍼灸マッサージ師)
92・山田宗編さん(茶道家)
93・山中章代さん(カレー店経営)
94・山内美穂子さん(日本ユニ・エージェンシー社長)
95・山本英利さん(名前詩人)
96・山本鉄平さん(ステーキけんオーナー)
97・山本直史さん(NPO法人にこにこ稲毛代表)
98・吉田洸二さん(長崎県清峰高校野球部監督)
99・渡邉美樹さん(ワタミ創業者)

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2011-03-23 21:48:54

「エキナカ」ecute生みの親:JR東日本、鎌田由美子さんとお会いしました

テーマ:活動紹介
こんにちは。
皆さん、お元気ですか?

今日はプロジェクト活動中にお会いできなかった、JR東日本の鎌田由美子さんと面会させて頂きました!
お忙しい時期にも関わらず、お時間をいただき本当に感謝です。

皆さん!『100番目のメッセージ』29番をお開きください^^

この一本の線は貴方には何に見えますか??

うーん・・・・・私にはお団子の棒に見えますねェ。え?別にいいでしょ?^^

鎌田由美子さんは、JRという大企業の中で、既成概念をひっくり返す新しいビジネスを生み出した女性社員です!

大宮駅、品川駅、立川駅にあるエキナカecuteは鎌田さんが立ち上げ、仲間と完成させました!
詳しくは、『ecute物語』(かんき出版)を是非ご一読ください♪


写真は品川駅ecuteです!
メインゲートを入ると、吹き抜けの広い空間が広がります。
ガラス張りの天井から差し込む自然光がとても気持ちいいです!
1Fは洋菓子店やカフェ、お惣菜が並び、2Fへ上がるとお洒落な雑貨店や本屋、レストランが。
一つ一つのショップに個性があって、女子二人で大盛り上がりでした☆

$ 『100番目のメッセージ』公式ブログ

$ 『100番目のメッセージ』公式ブログ

前例のないビジネスを成功させたその裏には、たくさんの努力や情熱があったそうです。
鎌田さんは現在はそれに留まらず、保育所事業や地域活性化事業などにも尽力されていらっしゃいます。


私たちがすごいなと感じたのは、「大企業」に居ながら常に新たな挑戦をしていく姿です。

「だから私いつも社内で浮いているのよ~笑」と話して下さいましたが、
だんだんと周囲の社員さんがそんな存在を認めてくれるようになったとも仰っていました。
そんな情熱溢れる鎌田さんの姿に触発された社員の方も沢山いらっしゃるのだろうなと思います。

大企業で過ごす20代は、なかなか一人抜きん出ることを許してはくれない。
しかし、その環境で落ち着いてしまっていると、後々に大きな差が出てくるということを教えてくださいました。

鎌田さんが最初に配属された「関連事業」。
スローな感じの部署に外部企業との温度差を感じ、このままではいけない、もっと現場で学ばなければと
「百貨店の出向に行かせてください」
と叫び続けていたそうです。どうして行きたいのか、その学びをどうJRに還元できるのかを考え
何度も何度もトライし、その願いが聞き入れられ、2年目で百貨店研修に飛び込みました!
その経験を活かしてecuteを創りあげたのです。

「やっている仕事はすごく地味。だけど、その先にある完成図を皆で見たい!その思いで頑張れる」

と仰っていました!

また、ビジネス・プライベートに関係なく、鎌田さんの人脈の広さには驚かされました!
インタビュー中にもカリスマバイヤー藤巻幸夫さん(74番目のメッセージご提供者)からお電話があり、
震災の救援物資輸送に関するご相談をされていました。
地震ではよく、必要な物資が現場に届かないということが問題となりますが、
行政における決まったルートや手順を介して…という流れと、届くスピードのバランスの問題ともいえそうです。
そんな時、広い人脈を持ちJRで活躍されている鎌田さんに色々な相談が持ちかけられるそう。
鎌田さんを始めとする社員の方々もJRとして責任を持って物資を届けようと動かれている最中でした。
信頼のあるJRという企業だからこそできることでもあると仰っていました。


鎌田さんはプライベートとビジネスの境があまりないとのこと。
週末や休暇にはよく地方や海外に出かけるそうですが、部下30人を引き連れて
楽しみながらも「これを学びに行ってビジネスに活かそう」ということを心掛けているそうです。

どんな仕事が回ってきても、仕事をやらされていると考えるのではなく、
自分がどうしたいか?を考え動くことで、また新たなビジョンが見えてくる。



最後に、鎌田さんが学生時代から大切にしている言葉を記しておきます。

「ノーマライゼーション」

です。誰もが何でも自分でできるような環境づくりのことを指すそうです。
駅もそんな環境にしたい、それが生きる尊厳に繋がっている。


とても気さくで笑顔の素敵な方でした^^♪
同時に、仕事に対する情熱や、上司・部下を大切になさっているご様子がとてもよく伝わってきました。
7月のBIG EVENTにも私たちをお誘いいただき、すごく嬉しいです☆

あと7日程で入社式を迎えるメンバーですが、入社に向けて思いを新たにすることができました。

鎌田さん、お忙しい中本当にありがとうございました!!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-03-18 23:24:20

震災から1週間

テーマ:鳥谷直子
東北での震災から今日で一週間が経ちました。


今日、新宿駅南口前では、同世代らしき人達が寒空の中被災地への募金を募っていました。
聞くと、彼らは被災地「陸前高田」の高校に通っていた同級生同士とのこと。
東京の学校に進学した皆さんで、募金活動をしているそうです。


大切なことは、「今」だけじゃないということかな・・と個人的には思います。
彼らだけでなく、みんな被災地の人たちのために何かできたら、少しでも支えになれたら。
今はみんながそう思っている。
じゃあ、半年後は?1年後は?2年後は?

一生懸命節電した時の気持ちも、世界中からの祈りにどれだけ救われたかという記憶も、
危険をかえりみず被災地で活動をするプロへの感謝の思いも、
多くを失っても生きようと、励まし合う人たちの姿を知ったときの気持ちも、
「今」だけのものなんだろうか。
テレビから震災の放送が徐々に消えていけば、私たちの心からもフェードアウトしてしまうの?

そんなはずはない。
大きな大きな、大きすぎる犠牲の上に、大切なことは何かを気付かせてもらっているはず。
そんな風に考えています。

本にメッセージを頂いた、橋爪謙一郎さん(72番目のメッセージご提供者)がウェブサイトに文書を掲載しています。
何かしたい、とお考えの方は多いかと思います。ぜひ読んでみてください。

http://www.griefsupport.co.jp/griefreport/2011/03/post_102.html

4月から社会人としてのスタートを切ろうとする私たちに、今できることは些細かもしれない。
でも、半年後、1年後には、今できないこともできるようになっているかもしれない。
というか、なっていたいです。

「今」の気持ちを心に刻みつけ、自分のフィールドで一歩ずつ。

「自分の感受性くらい 自分で守れ」
茨木のり子さんの言葉を借りて。守り続けたいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-03-12 13:27:30

力を合わせて

テーマ:ブログ

こんにちは。

震災から一晩が明けましたが、皆様は無事でしょうか?

twitterなどで情報が即座に共有され、東京では機敏に対応されていました。

被害の大きい地域に住む皆さんに何かできたらとは思いますが、今はただただ、皆さんのご無事を祈るばかりです。

今こそ皆が一つになるチャンスですね!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-03-08 17:37:14

トランペットが、寂しそう。

テーマ:小説:100番目のメッセージ

こんにちは。

学です!

本にちなんで、「100番目のメッセージ」にまつわる短い小説を書いてみました。

ダメだしも含めて、ぜひぜひコメントください!!!!!!!!!



トランペットが、寂しそう。


あらすじ:主人公は、現在就職活動をする息子を持つ母。息子の就職先が決まらず、何かしたいと思うけれど、何をしていいのかわからない。そんな時に、一冊の本と出会う。汚い部屋の中にある、使い古した、でもきちんと整然とされたトランペットが息子の部屋にはある。本当はトランペットと人生を歩みたいのではないだろうか。そんな時、母が息子へ伝える一つのメッセージとは…。

私は美代子。44歳。21歳になる息子、太郎を持つ、ごくごく普通の、郊外に住む専業主婦だ。高校を卒業して以来、実家近くの親戚が経営する会社の事務職をしていた私は、入社してすぐ、会社の先輩と付き合い始めた。付き合って2年後、今でいう「できちゃった結婚」をし、一人息子、太郎を授かった。


太郎は、真っ直ぐな子で、一生懸命に働く父親の背中を尊敬の眼差しで見ながらすくすくと育った。学校の成績もそこそこで、大学の付属高校に進学した。


そんな太郎は、高校の時、一つの楽器と出会う。


トランペットだ。


父親の部屋にあった、有名なトランペッター・マイルス・デイビスのCDを聞いた時から、彼はどんどんとトランペットの世界に魅了されていった。当然の如く吹奏楽部に入部し、彼は連日のようにトランペットを吹き続けた。


金賞だとか、銀賞だとか、私にはよくわからない。
「恥ずかしいから来んなよ」
と言われたから、今の今まで、太郎の演奏会には顔を出したことがない。


そんな太郎は、そのまま大学に進学し、大学3年生となった。

大学に入学した当初は、思う存分トランペットをふけるようで、家に帰らぬ日も多くなった。

私は子育てをする必要がなくなったのだと、肩を撫で下ろし、彼を見守っていた。後は大学をしっかりと卒業して、会社にきっちりと入社してくれれば、私の母親としての役目は終わりかな、そんな風に考えていた。


が。


最近なんだか、太郎の様子がおかしいのだ。

妙に黒っぽいスーツを着て、ネクタイを締め、手帳とノートをばっちり持ちあわせて、朝早く出て行く。
イキイキと家を出て行った日もあったが、最近は、なんだか暗い表情で家に帰ってくる。


どうやら、「シューカツ」という、採用試験で毎日忙しいらしい。


私は親戚の経営する会社に入社したから、正直採用試験が高校受験と何が違うのか、よくわからない。

だけども、普段あんなに明るい太郎が、それとなく変わらない風に見えて、表情は不安に満ちているのがわかったのは、母親の直感なのだろうか。


私はある日、
「不安があったら何でも言ってね。力になるよ。」
と太郎にメールを送った。

ところが、だ。

「母ちゃんはセンギョー主婦だから、俺の気持ちなんてわかんねえよ」
と返ってきた。


確かに、そうかもしれない。


太郎の歳-23歳で、私は太郎を授かった。
会社を辞め、専業主婦になったばかりだった。
そもそも親戚の縁故で雇ってもらっていたから、競争社会とは無縁の人生だった。私はそれ以来、ずっと家庭という世界でしか生きていないから、会社勤めする人の気持ちも、全くわからなかった。


だが、私は太郎の母だ。

息子を心配するのは当然だが、一体何をしたらいいのだろうか。


ある日の昼、私はこっそり太郎の部屋に入った。

物が散漫とした部屋には、部屋一面に会社案内のパンフレットが広がっている。
机の上には、「エントリーシート」と書かれた、履歴書のような紙が広がっていた。

○○銀行を受けていたようで、志望動機(300字以内)と書かれた項目の下には、「グローバルなフィールドでマネーをフローさせて、世界の架け橋となりたいです。」と書かれていた。


私は、びっくりした。
まず、太郎がこんなしっかりとした文章を書いていることに驚いた。
次に、太郎の口から、「グローバルなフィールドでマネーをフローさせ、世界の架け橋となりたい」という言葉が出たことであった。


そもそも、私にはグローバルなフィールドとは何か、マネーをフローさせることとは何か、ということが全くわからなかった。
そして何より、「世界の架け橋」が一体なんなのか、私にはわからなかった。

このような、よくわからない文章が、ずらずらと何枚も机の上には広がっていた。


私は、思った。


太郎は、もしかしたら、私を安心させたいのではないだろうか。

大学に入学してからずっと、私は、「後は良い企業に就職して…」と良く夕食の時に口にしていたのは事実である。実際、旦那の勤める親戚の会社は大企業からの下請けで生きているので、どうしても時代に左右されてしまう。

今思えば、私はずっと、太郎に対してプレッシャーをかけていたのかもしれない。


そう思った私は、インターネットで、「就職活動 親」と項目を入力して検索していた。検索すればする程、下手にアドバイスしない方が良いと書いてある。


一体、何ができるというのだろうか…。


そんな時、ブログの見出しで一つ気になる文章を見つけた。


「今春卒業予定の大学生が、商業出版に挑戦」。

どうやら、内定先の決まった大学生が、卒業前の期間を使って、彼らの抱える“働く”というモヤモヤしたことに対するメッセージを、数多くの人から集めたものらしい。

早速私は、アマゾンで注文してみた。


商品を空けてみたところ、実に驚いた。
メッセージというよりも、この本の中には、自分らしく、好き勝手に生きてきた人が紹介されている。

中には、主婦でありながら、国際協力活動を精力的にしている人もいる。


そうか。


私はとっさに、もう一度太郎の部屋に忍びこみ、部屋を見渡した。


すると、やっぱりそこにはあった。


トランペットだ。


太郎は、どんなに忙しく、どんなことがあっても、トランペットを大切にしていた。


埃がかった本棚とは裏腹に、使い古されたトランペットは、いつだってきれいに、太郎のベッド横に置いてある。


そうか。


私には、わからない。


トランペットを吹き続けたいのか。
トランペットを仕事にしたいのか。


私には、わからない。


でも、きっと、少なくとも、「マネーをフローさせたい」というのは違うのではないだろうか。


大企業に勤めることで、少なくとも私や周りを安心させたいのならば。

彼が、将来の安心を求めているのならば。

それは、彼が本当に求めることとは、違うのではないだろうか。


23年間、育ててきた、母だから、わかること。

太郎の笑顔の横にはずっと、トランペットがあった。
今の彼には、トランペットがない。
これだけが、わかること。


最後には、あなたのメッセージ、か。


私にできることは今、やっぱり見守ること。


「かーちゃんには俺の気持ちなんてわかんねえよ」
その通り。

太郎の気持ちなんて、さっぱりわからないわ。


でも、“太郎らしさ”はわかんのよ。


あんたの母親なんだからね。


「トランペットが寂しそう」


こう書いて、埃のかかった本棚に、そっと置いておこう。


気づかなくてもいいの。


お節介だけど、控えめにしたいのよ。


いつ手に取ってくれるかわかんないけど。
気づいてくれれば、それでいい。


私だけの、100番目のメッセージ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-03-01 23:58:30

”寮”に、さよなら。

テーマ:宮崎学

記事を書きました!

ミクシーはこちら!

FACEBOOKはこちら!

限定配信です!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-23 09:49:11

大学院は、パラダイスだった。

テーマ:宮崎学
2011-02-21 01:26:48

Message Cafe 会場の様子はこんな感じでした

テーマ:ブログ
2月11、12日両日に開催した、『メッセージカフェ』の雰囲気はこんな感じでした☆★

両日雪が降る悪天候でしたが、99名のご協力者の方々を始め、多くの方にご来場いただきました。
本当にありがとうございました!!!


場所は
会員制学生専用ラウンジ Campus Plus

明治通りと表参道の交差点から徒歩一分にあるという、奇跡の立地!!

この場所は、「学生」ならだれでも300円の登録費でこの場所を利用できます。
学生団体のMTGに使用されたり、就活の合間の時間に立ち寄ってESを書いたり、ネット繋いだり、
夜には学生団体のイベントで貸し切りされたりと、用途は多種多様です^^

是非一度、訪れてみてくださいね♪


入口では、kageさんが下さったメッセージの額入り原画で、5人の笑顔がお出迎えニコニコ

$ 『100番目のメッセージ』公式ブログ



「5人の部屋」では、ボツになった企画書(メモ入り)なんかも赤裸々に・・(笑)

$ 『100番目のメッセージ』公式ブログ



カフェの時間中は、外が寒かったこともあってか、座ってゆっくりお話して下さった方が多くいらっしゃいました♪

メンバーが来場者に直接プロジェクトのことをお伝えできる機会に(‐^▽^‐)


$ 『100番目のメッセージ』公式ブログ


$ 『100番目のメッセージ』公式ブログ


$ 『100番目のメッセージ』公式ブログ



メッセージパーティー&カフェには、私の友人、先輩、後輩、家族もたくさん訪れて下さいました。
イベントには来られなくても、メールや電話、SNS等を通して応援してくれた方がたくさんいました。
雪の中の怪しい呼び込みに応じてくれてカフェを訪れて下さった方もいました。

この場を借りて、改めて感謝の気持ちを伝えたいです。


ありがとうございました!!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-21 01:03:43

アカデミーヒルズ平河町ライブラリーに^^★

テーマ:ブログ
こんにちは!!!

ご無沙汰してます鳥です(‐^▽^‐)

最近は、

昔の友人や、話したこともなかった同級生からメッセージをもらったり、
「本どこで買えるの?!」と疎遠だった友人から電話が来たり、
知らない所でツイッターで紹介してくれる子がいたり・・・

と、すごく嬉しいこと続きの日々です(ノω・、)
(しかし、もっと販促活動がしたい!!!)

本を通じて新しい繋がりができたり、今までとはまた違う関係を築けたり。
そういうことがあるたびに、自分の中でちょっとずつ何かが積み上げられていくような感じがしてます。


今日は、私の大学のOBさんで活動を応援してくださっていた先輩とお会いしました!

その方は、ご自身が普段から利用されている
アカデミーヒルズ 平河町ライブラリー
に、私たちの本を紹介し、おいて頂けるように頼んで下さいました><。

今日はそのお礼も兼ねて、永田町駅徒歩一分、森タワー内の平河町ライブラリーまで
足を運んできましたビックリマーク

とても静かで洗練された雰囲気の図書館内を歩いて行くと・・・

そしたら、ありました!!!!!


$ 『100番目のメッセージ』公式ブログ


すごく目立つ所に置いて下さっていました・・・!
ライブラリーの方とも面会させていただき、本の感想も伺えました。

なんと、六本木のライブラリーにもおいていただけるかもしれない、とのこと・・・?!

ライブラリーで手に取った方が、「欲しい!」と思ってくれたら嬉しいな((>д<))笑


先輩、本当に本当にありがとうございます。


私には、ありがとうを伝えなければいけない人が山ほどいます。
ホントに幸せなことだな。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-15 10:49:36

修士論文の発表が終わりました!

テーマ:宮崎学

色々な意味でオワッタ、自分の研究でした。

先生方には感謝してます!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

アクセスカウンター
モバコイライブチャット出会い系イイコイアダルト動画

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。