6月第4週目の手術件数は?

テーマ:
こんばんわ。

とうとう沖縄では梅雨があけましたね。これからジリジリと暑い真夏が10月頃まで続きます。羨ましい!

管理人は6年間沖縄に住んでいたのですが、最初の年は初体験の梅雨を甘く見ていたため、見事にお気に入りのバッグとジャケットなどをカビまみれにしてしまいました…(-_-;) 
{7F6CE90D-133F-468D-911E-00F1CC69E983}
↑カビに対抗するため、各部屋中に除湿機を置いて対抗しました。

さて、そんな梅雨とは無縁な爽やかな夏を迎えようとしている北海道。そんな爽やかな北海道より、環状通東整形外科の6月第4週目の手術件数を報告いたします(^^)


第4週目の全身麻酔による手術件数は合計9でした。(手術室は1つ、手術日は週に3.5件)

また今週も件数は少なめでした。
が、これくらいが個人のクリニックとしては平均的な全身麻酔件数かもしれません。(多い件数に慣れてしまった…(^_^;))

そして、その9件の内訳は以下の通りです。

肩関節 4件(全て肩関節鏡手術)
肘関節 1件(肘関節鏡手術)
鎖骨 1件
手関節 1件
膝関節 2件(膝関節鏡手術1件)

手術の対象となった主な病名としては、腱板断裂石灰沈着性腱板炎テニス肘などでした。

また、今週は毎月第第1木曜日の午後に「手の専門外来」にきてくださっている非常勤の金谷先生による手術もありました。
とてもスムーズに終わり、「さすが、スペシャリスト!」という手術でした。
手の痛みにお悩みの方は、まずは金谷先生の手の専門外来へお越しください。(もちろん、堀田院長や木村副院長の外来でもOKです!)


さぁ、6月も来週で終わりです!1年の前半が終わりますが、皆さんは個人的な目標や計画などは順調に進んでいますか?管理人はサッパリです…(-_-;)週末に少し反省しつつ、この半年間を振り返りたいと思っています。


では、皆さん、良い週末を!  



••••••••
環状通東整形外科では、

肩の痛み腱板断裂、凍結肩、肩関節脱臼、石灰沈着性腱板炎、関節唇損傷など)、

肘の痛みテニス肘、ゴルフ肘、野球肘など)、

膝の痛み(半月板損傷、変形性膝関節症、前十字靭帯断裂など)、

各種スポーツ障害に対して、

外来〜入院〜手術〜リハビリまで院内でしっかり対応しております。

手術はキズの小さな関節鏡手術を中心に行なっており、中でも肩関節鏡による腱板断裂の手術や、肘関節鏡によるテニス肘などの手術は整形外科単科のクリニックとしてはトップクラスの件数となっております。

また、小さなクリニックですが、常勤医は整形外科医師2人、麻酔科医1人の計3人体制で、安心安全な診療・手術を提供することを心掛けております。


電話 011-780-8080



 











AD
本日16日は北海道神宮例祭、さっぽろまつりの最終日ですね。

昨夜はあいにくの雨でしたが、今日はいい天気ですので、子供達も楽しめそうですね。(最終日なので、露店は早く閉まるようですが。)

{83CD676D-FF3A-4D54-A9A7-6B112C16D293}
↑私の家族は、中島公園ではなく、北海道神宮へ行って来たようです。

さて、そんな週末。いつものように手術件数の報告へとまいりましょう(^^)

6月第3週の全身麻酔による手術件数は、10でした。(手術日は3.5日/週、手術室は1室のみ。)先週に引き続き、少ない週となりました。

手術の内訳は以下のとおりです。

肩関節6件(肩関節鏡手術)
肘関節2件
膝関節2件

肩関節の手術6件はもちろん全て肩関節鏡手術です。
そのうち3件が腱板断裂の修復で、断裂の程度に中断裂〜大断裂と差がありましたが、平均手術時間は50.7でした。
(※他の施設では3時間くらい、あるいはそれ以上かかるところもあるそうです。また、肩関節鏡ではなく、メスで切る方法の施設もまだあるようです。)

それ以外の3件は、いわゆるクリーニング手術で、病名としては腱板断裂石灰沈着性腱板炎などで痛みが辛い方に対しておこなわれました。

また、今週は非常勤の松村医師(下肢、膝関節のスペシャリスト。日本スピードスケートチームの帯同ドクター)膝関節に対する手術も2件行なわれました。

以上、今週の手術件数報告でした(^^)


来週、再来週の手術予定表を見てみると、今のところそれほど件数は多くないようです。(骨折などの外傷が入らなければですが(^_^;))

腱板断裂や切開沈着性腱板炎に対する肩関節鏡手術難治性のテニス肘に対する肘関節鏡手術などを考えている方は、空いている今がチャンス(?)かもしれません。

腱板断裂の肩関節鏡手術の場合、他院と比べ入院期間も短い約1週間ほど)と思います。 

肩や肘の痛みでお悩みの方は、お近くの肩や肘を専門とする施設か、環状通東整形外科を一度受診されることをオススメ致します。

では、良い週末を!


••••••••
環状通東整形外科では、

肩の痛み腱板断裂、凍結肩、肩関節脱臼、石灰沈着性腱板炎、関節唇損傷など)、

肘の痛みテニス肘、ゴルフ肘、野球肘など)、

膝の痛み(半月板損傷、変形性膝関節症、前十字靭帯断裂など)、

各種スポーツ障害に対して、

外来〜入院〜手術〜リハビリまで院内でしっかり対応しております。

手術はキズの小さな関節鏡手術を中心に行なっており、中でも肩関節鏡による腱板断裂の手術や、肘関節鏡によるテニス肘などの手術は整形外科単科のクリニックとしてはトップクラスの件数となっております。

また、小さなクリニックですが、常勤医は整形外科医師2人、麻酔科医1人の計3人体制で、安心安全な診療・手術を提供することを心掛けております。

電話 011-780-8080



 

















AD
おはようございます😃

今朝14日水曜日は月に一度の朝礼の日でした。

院長、副院長、事務長、スタッフらが事務連絡や前月の業務報告、一言あいさつなどを話すのですが、その中で数人の方から出てきたのが、外来も含めた「電子カルテの導入」に関しての話でした。

{A61B5FFD-F87C-4A65-AB49-D64E58078BAC}
↑院内に貼られているお知らせです。

すでに病棟や手術室などでは導入されているのですが、もっとも大きな変化が起きるのは、患者さんの数が多くて、検査や処方なども多い外来診療への導入時になるかと思います。

その予定日がいよいよ明日に迫ってまいりました…。

外来スタッフなどを中心に、電子カルテの会社とこれまでなんども打ち合わせをして参りましたが、本格的に導入してから初めてわかる不都合、トラブルもあるかもしれません。

軌道に乗りさえすれば、待ち時間の緩和など患者さんにもスタッフにも良いことしかないはずです。

診療や会計などがスムーズな状態になるまでは、少しご迷惑をおかけするかもしれませんが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

{9544DF8F-4F30-405A-932E-C10729BA8873}

••••••••
環状通東整形外科では、

肩の痛み腱板断裂、凍結肩、肩関節脱臼、石灰沈着性腱板炎、関節唇損傷など)、

肘の痛みテニス肘、ゴルフ肘、野球肘など)、

膝の痛み(半月板損傷、変形性膝関節症、前十字靭帯断裂など)、

各種スポーツ障害に対して、

外来〜入院〜手術〜リハビリまで院内でしっかり対応しております。

手術はキズの小さな関節鏡手術を中心に行なっており、中でも肩関節鏡による腱板断裂の手術や肘関節鏡によるテニス肘などの手術はクリニックとしてはトップクラスの件数となっております。

また、小さなクリニックですが、常勤医は整形外科医師2人、麻酔科医1人の計3人体制で、安心安全な診療・手術を提供することを心掛けております。

電話 011-780-8080



 

















AD
こんばんは。

今日は夜から雨になる確率が高く、土日も雨になるようですね。最近は週末には必ず雨になってる気がします☔️ 今週末は「よさこいソーランまつり」が始まると言うのに…。


{AA83D521-29CE-4D9D-8EA2-7D304635B58B}
踊られる皆様、風邪、そして転倒などにはくれぐれも気をつけてくださいね。

さて、そんな週末。恒例の手術件数の報告です。今週は全身麻酔による手術件数はなんと8でした。(いつもは10〜13件くらい)

肩関節 5件 (肩関節鏡手術)
肘関節 1件 (肘関節鏡手術)
鎖骨 1件
手 1件

今週は、非常勤の松村医師による膝や下肢の手術はありませんでした。
また、水曜日は堀田院長が休診のため手術はなく、本日金曜日は麻酔科 野崎副院長が日本麻酔科学会に出席のため1件しかなかったことから、全体の件数は少なかったのでした。


来週からはいつものように、手術件数が増えていくと思いますが、事故のないよう、外来診療、検査、リハビリ、入院、手術と頑張ってまいります!



••••••••
環状通東整形外科では、

肩の痛み腱板断裂、凍結肩、肩関節脱臼、石灰沈着性腱板炎、関節唇損傷など)、

肘の痛みテニス肘、ゴルフ肘、野球肘など)、

膝の痛み(半月板損傷、変形性膝関節症、前十字靭帯断裂など)、

各種スポーツ障害に対して、

外来〜入院〜手術〜リハビリまで院内でしっかり対応しております。

手術はキズの小さな関節鏡手術を中心に行なっており、中でも肩関節鏡による腱板断裂の手術や、肘関節鏡によるテニス肘などの手術はクリニックとしてはトップクラスの件数となっております。

また、小さなクリニックですが、常勤医は整形外科医師2人、麻酔科医1人の計3人体制で、安心安全な診療・手術を提供することを心掛けております。

電話 011-780-8080



 












6月1日より、毎月第一木曜日の午後15時~17時、金谷耕平医師(JR札幌病院 整形外科 科長)による「手の専門外来がはじまりました。

{F45E2F0E-EB30-4BE2-87CC-C921F8D6EFD3}

17床の整形外科クリニックにおいて、手外科専門医による専門外来が行われるのは珍しいことだと思われます。


月に一回ではありますが、なかなか良くならない手や指、手首の痛みなど、気になる点がございましたら、お気軽にご相談くださいませ。


もちろん、今まで通り、堀田院長や木村副院長の外来を受診されてもOKです(^^)

その場合、院長らの診察により、手の専門医による診察や手術が必要と思われた時には、金谷医師の外来に紹介する流れとなります。


では、また!


【金谷耕平 医師 認定資格】
◇日本整形外科学会専門医
◇日本手外科学会 手外科専門医
◇日本整形外科学会 脊椎脊髄病医


••••••••
環状通東整形外科では、

肩の痛み腱板断裂、凍結肩、肩関節脱臼、石灰沈着性腱板炎、関節唇損傷など)、

肘の痛みテニス肘、ゴルフ肘、野球肘など)、

膝の痛み半月板損傷、変形性膝関節症、前十字靭帯断裂など)、

各種スポーツ障害に対して、

外来〜入院〜手術〜リハビリまで院内でしっかり対応しております。

手術はキズの小さな関節鏡手術を中心に行なっており、中でも肩関節鏡による腱板断裂の手術や、肘関節鏡によるテニス肘などの手術はクリニックとしてはトップクラスの件数となっております。

また、小さなクリニックですが、常勤医は整形外科医師2人、麻酔科医1人の計3人体制で、安心安全な診療・手術を提供することを心掛けております。

電話 011-780-8080





2016年6月1日に法人グループから堀田院長が独立し、「新生」環状通東整形外科となってから一年が経過しました。

{1F96BB20-3295-4595-AA49-A3679E775168}

独立後も、外来、入院、手術、リハビリに多くの患者さんに来ていただいております。誠にありがとうございます。


これからも堀田院長の目指す、


「世界一の関節鏡技術、そして日本一の整形外科クリニック」


に向かって、職員一同頑張って参ります!



さて、そんな記念すべき6月、第1週目の手術件数を報告いたします。

6月の1週目の全身麻酔による手術件数は5件でした。(木曜日と金曜日の2日間だけですので。)内訳は以下の通りです。

肩関節 3件 (肩関節鏡による腱板修復手術)
肘関節 2件 (1件は肘関節鏡手術)


今週は木曜日金曜日としては件数が少なめでしたが、電子カルテ導入や、スタッフ不足などもあったので、バタバタ感が強かったような気がします…(^_^;)


来週も手術の件数的には少なめの1週間になりますが、外来診療〜リハビリ〜入院〜手術まで、安心・安全な医療をみなさまに提供できるよう、頑張って参ります!


では、良い週末を!


••••••••
環状通東整形外科では、

肩の痛み腱板断裂、凍結肩、肩関節脱臼、石灰沈着性腱板炎、関節唇損傷など)、

肘の痛みテニス肘、ゴルフ肘、野球肘など)、

膝の痛み半月板損傷、変形性膝関節症、前十字靭帯断裂など)、

各種スポーツ障害に対して、

外来〜入院〜手術〜リハビリまで院内でしっかり対応しております。

手術はキズの小さな関節鏡手術を中心に行なっており、中でも肩関節鏡による腱板断裂の手術や、肘関節鏡によるテニス肘などの手術はクリニックとしてはトップクラスの件数となっております。

また、小さなクリニックですが、常勤医は整形外科医師2人、麻酔科医1人の計3人体制で、安心安全な診療・手術を提供することを心掛けております。

電話 011-780-8080



 





本日2つ目のブログ更新です。

5月の最終日なので、全身麻酔による総手術件数の報告です。

5月はゴールデンウィークがあり、手術日数は少なかったのですが、最終的に47件となりました。

1月からの件数をまとめてみると、

1月 48件
2月 51件
3月 60件
4月 56件
5月 47件

となりました。一度60件の大台に達したため、47件が少なく思えてしまいますね(^_^;) 
でも、これでも昨年のペースを超える勢いです。

環状通東整形外科を最後の頼みの綱としていらっしゃる多くの患者さんのご期待に応えられるよう、これからも堀田院長のもと、スタッフ一丸となって頑張ってまいります!💪

{B78AEE96-CB67-46B8-A65B-A445DA2C9E46}
↑5月の特別付録、堀田院長待ち受けです。(^^)


••••••••
環状通東整形外科では、

肩の痛み腱板断裂、凍結肩、肩関節脱臼、石灰沈着性腱板炎、関節唇損傷など)、

肘の痛み(テニス肘、ゴルフ肘、野球肘など)、

膝の痛み(半月板損傷、変形性膝関節症、前十字靭帯断裂など)、

各種スポーツ障害に対して、

外来〜入院〜手術〜リハビリまで院内でしっかり対応しております。

手術はキズの小さな関節鏡手術を中心に行なっており、中でも肩関節鏡による腱板断裂などへの手術や、肘関節鏡によるテニス肘などへの手術はクリニックとしてはトップクラスの件数となっております。

また、小さなクリニックですが、常勤医は整形外科医師2人、麻酔科医1人の計3人体制で、安心安全な診療・手術を提供することを心掛けております。

電話 011-780-8080



 



























こんにちは😃

天気の良い日が続いてますね。これが先週末だったら、雨のない良い運動会だったのに…。
{80434D66-DCC8-459C-8BC2-7C3B7744C236}
↑土曜日の運動会が日曜日に延期になり、その日も結局、雨のため途中で中止。その残りの競技は昨日火曜、本日水曜に行われたところがあるようですね。1週間延期になったところもあるようですが、今週末はまた雨の確率が高そうです…。


さて、5月も今日5/31で終わりです。最終週、第5週目の手術件数の報告です。
(第5週目と言っても、月曜日1日と水曜半日の計1.5日分の件数だけですが(^_^;))

第5週目の全身麻酔による手術件数は5で、内訳は以下の通りです。

肩関節 2件(肩関節鏡手術)
鎖骨 1件
肘関節 1件 (肘関節鏡手術)
膝関節 1件

肩関節鏡手術は、腱板断裂」に対してのものでした。
施設によっては「大きな断裂なのでキズの小さな関節鏡手術ではできない」と言われるそうですが、堀田院長、木村副院長とも大きな断裂でも全て肩関節鏡で手術を終えています。

肘関節鏡手術は、いわゆる「テニス肘」に対してのものでした。
最近は「近くの整形外科で注射や飲み薬でもなかなか肘の痛みが良くならない…」という方が、ネットなどで調べて、外来にいらっしゃっております。
全ての肘の痛みが肘関節鏡の適応ではありませんが、手術により痛みが楽になる方がいらっしゃいます。肘の痛みでお悩みの方は一度、膝関節の専門病院か、環状通東整形外科への受診をお勧めします。

では、また。

••••••••
環状通東整形外科では、

肩の痛み(腱板断裂、凍結肩、肩関節脱臼、石灰沈着性腱板炎、関節唇損傷など)、

肘の痛み(テニス肘、ゴルフ肘、野球肘など)、

膝の痛み(半月板損傷、変形性膝関節症、前十字靭帯断裂など)、

各種スポーツ障害に対して、

外来〜入院〜手術〜リハビリまで院内でしっかり対応しております。

また、17床の小さなクリニックですが、常勤医は整形外科医師2人、麻酔科医1人の計3人体制で、安心安全な診療・手術を提供することを心掛けております。

電話 011-780-8080



 


































早いもので、5月も下旬になりました。

札幌市内では明日が運動会という小学校が多いようですけど、Yahoo!天気による予報では、朝から降水確率が70〜50%と雨☔️になりそうな感じです…。(-_-;)
{16B18CDD-D874-43D9-8E4D-C6A094492938}


前日に中止や延期を決めてもらった方が、休みを取るご家族や、早朝からお弁当を作る方には負担が少ないですけど、なかなかそうもいかないですよね。
なんとか天気がもってくれるよう、みんなで子供達のために祈りましょう!

{6D393824-F8E8-4475-9817-63F7026C20F7}
↑少しずれてくれたら、晴れるのに…😭。


さて、天気を気にしつつ、週末のプレミアムフライデー、いつものように全身麻酔による手術件数の報告です。

5月第4週目、全身麻酔による手術件数は14となりました。(手術日は週に3.5日、手術室は1室のみ)

その内訳は以下の通りです。

肩関節 7件 (肩関節鏡6件、リバース型人工肩関節置換1件)
鎖骨 1件
上腕骨 2件
肘関節 2件 (肘関節鏡1件)
手 1件
下肢 1件

今週も先週に引き続き、限られた施設でしか行なうことのできないリバース型人工肩関節置換術の手術がありました。また、定期手術以外に、準緊急の骨接合術などもありましたが、すべて事故なく、安全に終えることができました。


ところで、環状通東整形外科は現在、紙カルテから電子カルテへ移行の準備中です。
{139A9A5C-C14D-4AB6-BA28-03B6B052E45E}
↑大病院だけでなく、クリニックも電子カルテ導入のところが増えております。

正式な運用は来月からになるのですが、軌道に乗るまでは診療、リハビリ、会計などの連携がスムーズにいかずに皆様にご迷惑をおかけすることもあるかもしれません…。
いや、きっと多かれ少なかれご迷惑をおかけすることでしょう。あらかじめ謝罪させて頂きます、申し訳ございませんm(_ _)m 

電子カルテに関しては、しばらくの間、温かい目で見守って頂けると幸いです。

では、良い週末を!


••••••••
環状通東整形外科では、

肩の痛み(腱板断裂、凍結肩、肩関節脱臼、石灰沈着性腱板炎、関節唇損傷など)、

肘の痛み(テニス肘、ゴルフ肘、野球肘など)、

膝の痛み(半月板損傷、変形性膝関節症、前十字靭帯断裂など)、

各種スポーツ障害に対して、

外来〜入院〜手術〜リハビリまで院内でしっかり対応しております。

また、小さなクリニックですが、常勤医は整形外科医師2人、麻酔科医1人の計3人体制で、安心安全な診療・手術を提供することを心掛けております。

電話 011-780-8080



 



































5月の第3週の手術件数は???

テーマ:

おはようございます😃

いつもは金曜日の勤務終了後に更新することの多いこのブログですが、諸事情により土曜日に更新しております(^_^;)

さて、今週第3週から、念願の
職員向けの救急蘇生講習会」を開始しました!

今まで勤務した病院などでも担当しておりましたが、その際はそれなりの大人数が集まる時に行なうスタイルでした。当院では少人数ずつ数回に分けて行なうことにしました。

詳細についてはまた報告いたします。
{7A08261E-B269-404A-BB9D-B0975A7B7363}
↑第三回目の講習会の様子。病棟、リハビリ、検査の各部門スタッフが受講しています。お一人お顔が切れてました。ごめんなさい🙇


では、続いていつもの手術件数の報告です。

5月第3週目の全身麻酔による手術件数は11となりました。(手術日は週に3.5日)その内訳は以下の通りです。

肩関節 6件 (肩関節鏡5件
リバース型人工肩関節置換術1件)
上腕骨 1件
肘関節 1件 (肘関節鏡手術)
手関節 2件
手 1件

最近は13〜15件くらいあることが多かったので、件数的には少し余裕がある週でした。
しかし、現在、手術室スタッフの人数が少ないため、手術の準備や後片付けなどは大変そうです。(いつも素早く入退室の準備をしてくれる彼女たちには感謝の言葉しかありません…)🙏

リバース型人工肩関節置換術というのは2014年から日本で認可された新しい人工関節の手術方法で、その手術を行なう施設には一定の基準が設けられています。

肩の手術件数が多い、腱板断裂の手術を多く行っている、定められた講習会を受講している、など肩関節を専門としている医師であっても誰でも行なえる手術ではありません

ベッド数17床の環状通東整形外科ではありますが、堀田院長、木村副院長の技術とその手術件数により、リバース人工肩関節手術を行なえる数少ない施設の1つとして認められております。

これからも肩関節手術をはじめとする日本のトップレベルのクリニックを目指し、堀田院長とともに、我々スタッフも頑張っていきたいと思います!

では、また。


••••••••
環状通東整形外科では、

肩の痛み(腱板断裂、凍結肩、肩関節脱臼、石灰沈着性腱板炎、関節唇損傷など)、

肘の痛み(テニス肘、ゴルフ肘、野球肘など)、

膝の痛み(半月板損傷、変形性膝関節症、前十字靭帯断裂など)、

各種スポーツ障害に対して、

外来〜入院〜手術〜リハビリまで院内でしっかり対応しております。

また、小さなクリニックですが、常勤医は整形外科医師2人、麻酔科医1人の計3人体制で、安心安全な診療・手術を提供することを心掛けております。

電話 011-780-8080