三日目の朝。

小倉のホテルの窓より。
 


朝ごはんは小倉の街中の24時間うどん屋さんへ。
朝早くから賑わってました。

一番人気の牛肉とごぼう天うどんを食す。


一息ついて、車で山口県へ戻り、門司のレトロ地区見学へ。
こちらも結構な人出で、車を駐車場に入れるのに小一時間。
 

横浜赤レンガとか小樽の運河とか、そんな感じ。
門司港っていうともっと哀愁漂うイメージなんだけどなあ。。

出光の美術館で古伊万里展をやっていたのでそれを見て。

昼フグ食うべし!と、みかさまがめぼしい店に電話すると、3人入れなくもないが、注文が決まってないと予約はできないと言われ、直接お店へ。
メニューの案内もないのに予約できねーよと文句を言いながらたどり着く。

すると、たったいま埋まって入れない、というイケズな目に遭う。


しょうがないので、近所のお寿司屋さんへ。
なぜか江戸前寿司だが、これがアタリ!

食べるのに夢中でご飯の写真をとってません。
こちら、板さんが作ってくれたミニミニずし。
小さすぎてピンが合わない!

 

ムリヤリ記念撮影させられる笑

門司を走るレトロ列車をあとにして

下関側へ移動。
市場や安徳天皇を祀る赤間神社へ行ってみたかったものの、またしても駐車場が空いておらず、そのまま新下関へ。車を返して新幹線でまた福岡県、博多へ移動。

そして、こだまは1時間に1本しかないことを知って(デジャブ)、
次のこだままで小一時間お茶。
なぜ、電車の時間を調べないのか。。。反省。

博多へは17:00ごろたどり着き。
帰りの飛行機は2050発なので晩御飯はシーホークのヒルトンの中華へ。
福岡にはいろいろうまいものはあるんだと思うけど、安牌に走る!

博多駅からタクシーで、高速乗ってシーホークへ到着。
 

なんか、、、海外旅行してるみたい。。。。

お向かいはヤフードーム
今日は試合がなく、閑散。


ヒルトン中華は広東料理。
あっさりめの味でうまいっす。
 
エビのトウチ炒め

お決まり小龍包
 
合格点だがティンダイフォンには叶わんのう。


上海風黒酢酢豚

季節野菜の煮込み

ラストはチャーハン
やや脂っこいのが残念。。。

紹興酒を1本開けて、おひとり7000円弱。

その後、タクシーで高速乗って空港へ。
なんか、ご飯食べるために移動した旅でした。
交通費と宿泊代を1食あたりに換算すると、おいくらなのかしら~~

おしまい。
 
AD