元気が湧き出てくる秘密♪

元気が出る音楽、本、言葉などを紹介しています♪


テーマ:
大豆というと

イソフラボンが含まれている

『健康によい食べ物』というイメージが強いと思う。



それは

イソフラボンが女性ホルモン(エストロゲン)と同じような働きをするため、

女性の悩み、更年期障害、骨粗鬆症や美肌・美容などによいとされているからです。




僕も健康に良さそう♪と思って

一時期豆乳を結構飲んだりしていたのですが・・・




最近いろいろ調べていると

発酵していない大豆はあまり身体によろしくということがわかりました。




大豆には身体に良い栄養が含まれている一方で

身体に有害な反栄養素も多く含まれているからです。



反栄養素の代表として、フィチン酸塩、酵素阻害物質、ゴイトロゲン(甲状腺腫誘発物質)の三つがあるそうです。


-------------------------------------------------------
①フィチン酸塩

フィチン酸塩は消化管の中で、ミネラル(例えば亜鉛、銅、鉄、マグネシウム、カルシウム)を
きつく拘束します。拘束されたミネラルは水に溶けなくなり、腸からのミネラルの吸収を妨げてしまうのです。

フィチン酸は特に亜鉛との親和性が強いです。

亜鉛は、傷の治癒、タンパク質合成、生殖面の健康、神経機能、脳の発達を支えるミネラルです。

よって、大量に(発酵していない)大豆製品を摂取するとミネラル不足(特に亜鉛不足)になる恐れがあります。

亜鉛は女性ホルモンの働きとも関わりが深いので

イソフラボンの女性ホルモンの働きを期待して豆乳をがぶ飲みすると

逆に女性ホルモンの問題(生理不順とか)や貧血が悪化するということがあるみたいです。



②酵素阻害物質

酵素阻害物質は、消化作用を妨害し、大豆の炭水化物とタンパク質が完全に消化できないようにします。

酵素阻害物質のために食べ物が完全に消化されないと、代わりに大腸のバクテリアが仕事することになり、不快感、鼓脹、機能障害を引き起こすことがあります。

もともと消化酵素が少ないお年寄りの場合、大豆の酵素阻害作用で苦しむ可能性が高いそうです。



③ゴイトロゲン(甲状腺腫誘発物質)

大豆には、ゴイトロゲンが豊富です。

この物質は、甲状腺腫を形成するだけでなく、甲状腺ホルモンの生成を妨害することもありえます。

甲状腺機能の低下が、アメリカの女性(特に中年)を悩ませているそう。

甲状腺ホルモンは、細胞の燃焼炉(ミトコンドリア)に火を付けるので、甲状腺ホルモンの生成が少ないと、体温とエネルギー・レベルが低くなります。
甲状腺機能の低下は、心臓の活動が減退していることを意味し、細胞への酸素供給の不足(ガンの主因)をもたらす。
ゲニステイン(大豆にあるイソフラボンのこと)は、甲状腺ホルモンの生成を遮断することもできます。それに更にフィチン酸塩が、亜鉛と銅を拘束して加勢するため、甲状腺ホルモンを作るために必要なミネラルがほとんど残らないのです。

-------------------------------------------------------


・・・\(◎o◎)/!



大豆。豆乳。。


身体に良いんじゃなかったんかいっ!!


とツッコミたくなるほど反栄養素満点みたいです。。







でも発酵した大豆製品(納豆や味噌)は

これらの悪影響がかなり少ないので

大豆の恩恵にあずかりたい場合は、発酵食品なら良いみたいですね。



僕も味噌も納豆も大好きなのでホッとしました。笑





詳しく知りたい方は↓の記事をご参照くださいませ。

人間が食べる大豆は発酵したものに限る


甲状腺の病気


豆乳の飲み過ぎは体に悪い?





そういえば


最近アトピー関連の本を何冊か読んだけど

玄米にもこのフィチン酸が多く含まれているので、

アトピーには玄米食はあまりよくないと書いてある本がありました。


アトピーが治った!―5つの生活習慣を変えるときれいな肌が戻る


こないだ紹介したドクター牧瀬のHPにも書いてました。



発芽玄米や胚芽米は普通の玄米よりはフィチン酸が少ないみたいですが、

それすらもだめっていう人もいるみたいですね。。



マクロビとか玄米菜食派の方の本とかには

逆に白米のことを「死んだ米」とかボロクソに書いてたりするのにね。。




んー


玄米食とかマクロビとかブームだけど


もしかしたら白米で健康な生活を送ってる人は


わざわざ玄米に変えるメリットはそれほど多くないのかもしれないですね。









まぁ、ここまで長々書いておいてなんだけど


食べ物もあまり気にしすぎると


ストレスの悪影響のほうが大きくなるから


あまり気にしすぎないようにはしたほうがよいです。笑




食生活とかサプリについてもいろいろ調べてますが

身体に良いと思われるものでも(豆乳をはじめ。笑)

下手に摂取しすぎたりするとバランスが崩れて

かえって悪影響になったりすることもあるみたいだし。





「過ぎたるは、及ばざるが如し」





昔から伝わる言葉をかみ締める今日この頃であります。






とりあえずこの記事で伝えたかったことは


タイトルに全部書いてありましたね。笑








AD
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード