2016年02月02日

扉の木

テーマ:季節の花々

こんにちはかに座 明日は2月3日、節分。今日は節分に関する話題をひとつご紹介します。


香住海岸にもたくさん群生するトベラの木は、日本の海岸を代表する低木です。海桐花と書いて“トベラ”と読みます。4月~6月頃、真っ白な5弁の花を咲かせ、クチナシのような優雅な香りが漂います。その香りと対照的に、枝や根には異臭があり、鬼がこの匂いを嫌うため、節分の必須アイテムとして古くから節分の行事に用いられてきました。悪臭を放つものを焼いて鬼を払う“トベラ焼き”、焼かずに扉に枝を掲げる風習などがそうです。この「扉に掲げる木」という意味合いから転じ、トベラの名前が付いたといわれています。


香住海岸は国立公園に指定されているので植物の採取はできません。従ってトベラの木の風習を再現することはできませんが、春にトベラの花を見たときには名前の由来を披露していただければと思います。花は甘い匂い、枝や根は臭い匂い、植物は不思議ですね。

AD
いいね!(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。