看護師と結婚したい人

テーマ:

ネットで「看護師と結婚したい」という記事を読んだのですが、あなたはナースと結婚したいですか?

その記事は男性の意見でしたが、ナースと結婚したい理由は下記の通り。


・優しそう
・人の気持ちがよくわかる職業だから、こちらの意も察してくれそう
・ナースは収入があるので家計が助かる
・細かいところに気がつく
・病気になった時や、親の介護が必要になった時に助かる
・白衣の天使(ナースのユニフォーム)が好き


なるほど。


看護師と言っても、本当に優しい人から夫に保険金を掛けてカレーに毒を入れて殺害した元看護学生までいますけどねぇ。


ここからはナースと結婚したい男性に向けて書きます。


看護婦のオヤジがんばる」という前田吟さんが出演されている1980年公開の映画を観ていただきたいものです。

看護師と結婚したら、あなたは病院や患者のために、あなたの生活を犠牲にしなければなりません。


それと、それぞれの「ナースと結婚したい理由」にコメントするならば


優しそう

 本当に優しい心を持っている人は、看護師を数年以内に辞めるでしょう。

 辞めないでやり続けている優しい人は、抗鬱薬や抗不安薬を内服しながらとか、犠牲になって働いている人です。


人の気持ちがよくわかる職業だから、こちらの意も察してくれそう

 人の気持ちがよくわかっているように演じているだけです。どんなに長く看護師をやっている人でも「人の気持ちは分からない」と言います。

 また、本当に相手の気持ちがわかる人なら、その人は看護職を離職するでしょう。看護師は時に、暴れまくり噛み付く高齢者を押さえつけて採血などの処置をします。罵倒されながらベッドに手足を結びつけて認知症患者さんを拘束します。心が鬼でないと できない職業です。

 それに忙しい職業です。人間関係も厳しいです。お互い助け合ういい病棟もこの世にはあるのでしょうが、「患者さんのために!」という自分の考える看護論を他人に押し付け合い、上司にでも平気で「あなたの考えは古い」と言い切るような人が多いです。

 私個人の経験では、母性(産婦人科)と小児の看護師は「子供のためなら死ねる」と平気で言うような行っちゃっている人が多かったです。

 ある意味「まじめ」ですが、見方によっては「自分の考えが絶対に正しい」と思い込んで突っ走るテロリストさん達と同じ穴の狢(むじな)です。

 多分、あなたの意よりも「自分の意」を貫くナースさんがほとんどでしょう。


ナースは収入があるので家計が助かる

 あなたと別れても生きていけるということです。「誰が食わしてやっていると思っているんだ」という名文句が言えませんねぇ。嫌なことがあれば、我慢しないであなたと別れるでしょう。

 更に、病棟にいる複数の離婚経験者に「どれだけふんだくってやろうか」と相談して、きっちり慰謝料も取られますよ。


細かいところに気がつく

 細かいところに気がついて、何も言わずにあなたをサポートしてくれるということでしょうか。

 細かいところに気がつくということは、あなたのダメなところが眼について、常にイライラすることでしょう。

 女性のほとんどは看護師でなくてもやることなすこと口を出してきます。家事を手伝ったとしても「こんなにぐちゃぐちゃにして!むしろしない方が助かるわ!」と何をやっても文句を言います。それに耐えられますか?


病気になった時や、親の介護が必要になった時に助かる

 自分の子供が病気になっても仕事に行くのが看護師です。子供が病気になったら、あなたが病院に連れて行ってください。

 介護も同じです。むしろ看護師ではない女性の方があなたの理想に近いのではないでしょうか? または、以前看護師だったという人の方がいいのではないでしょうか。

 とにかく、現役看護師はなのです。夫のあなたが38度の熱を出しても、看護師自身が39度の熱を出しても病棟に立ちますので、よく覚えておきましょう。

 私がいた病院は看護師に優しい院長で、子供が熱を出した時は帰らされましたが、全てがそのような病院ではありません。1980年(昭和55年)公開の映画と本質的に何も変わらない職場が2013年(平成25年)の現代にも存在し続けているのです。


 それと、看護師の家族なら優遇されたり家族割りで診察料が安くなるとでも思っているのでしょうか。

 私は病院の敷地内にある寮に住んでいましたが、病気になったら目の前の病院ではなく近所の個人病院に行っていました。

 知人はその寮で救急車を呼ぶ状態になり、救急車が運んでいったのは目の前にある救急病院ではなく別の病院でした...




 さらに、職務中に気分が悪くなった際に、自分が働いている病院の救急窓口に行くことになっても、優遇なんてされませんし、しっかりお金は取られます。

 看護師の知識があれば、「あっ、この薬はジェネリックにできませんか?」なんて提案ができて薬代を安く押さえられるかもしれませんが、家族割りなんて存在しませんので、あしからず。


白衣の天使(ナースのユニフォーム)が好き

 この理由を読んだとき、「馬鹿か」と思いましたが、まぁ、そういう人もいるんですね。

 ユニフォームなんて便だの尿だのウイルス、細菌が付着しているんですけどねぇ。それも何の病原菌がついているのか分からないんですよ。

 私はランドリーセンターで洗濯されたユニフォームだって自宅に持ち帰りませんでした。



とにかく、ほとんどの看護師は嫁にはなれません。夫だと思ってください。


看護職の夫と結婚して、病院や患者のために、あなたの生活を犠牲にしてもよかったら看護師との結婚を望んでください。


といいますか、職業と結婚したいのか?

逆に聞きたいのですが「国家公務員としか結婚したくない」と言っている女性がいたらあなたはその人をどう思うのでしょうか?




おわりに、実際に結婚している看護師を思い返したいと思います。


看護師全体の統計は知りませんが、私の周りだと結婚するのは見合い。か、学生時代から付き合っていた人。が、ほとんどです。

東京のテレビによく出る病院だと、医師の奥さんがナースっていうパターンを4組程見たことがありますが、知り合いの看護師でドクターと結婚しているのは一人だけで、医師と結婚している看護師は1%未満です。

社会人から看護師になった人は、看護学校に入る前から付き合っている人と結婚するパターンが多かったです。

看護学生時代は、他の学科の学生と付き合っている学生が多かったです。私のいた大学は医療の総合大学だったので、看護学生は、理学療法とか、放射線学科とか他の学部の学生と付き合っている子が多かったです。

でも、卒業したら別れていくのがほとんどで、結婚まで至ったカップルは私は知りません。


以上です。
AD