なりたて看護師の試験対策ブログ

看護師の国家試験を受験する前に学ばなければいけない事や、知っておいて損のない情報を垂れ流しています。なにかの参考になれば幸いです。かなーりマニアックな内容ですので専門用語ばかりです全部説明はしていられないのでフツーの人は外国語感覚でサラっと流してくださいな


テーマ:

心臓カテーテル検査を受ける患者の標準看護計画


心臓カテ-テル検査とは

 末梢の動脈、あるいは静脈から大血管や心臓内へカテ-テルを挿入し、心臓、大血管内の圧曲線分析、血液ガス分析、心拍出量測定、選択的心臓血管造影法を行ない、心機能、血行動態、形態を調べるものであり、診断の確定や手術の適応の決定、予後の予測等に役立てられている。又、この検査は、心筋生検や電気生理学的検査(ペ-シングスタデイ)、血栓溶解、血管拡張等の治療としても応用されている。手技は、経皮的穿刺法であるセルジンガ-法が用いられており、検査法には右心カテ-テル法と左心カテ-テル法がある。






適応




 1.診断


1)虚血性心疾患

冠動脈造影(CAG)により経皮的冠形成術(PTCA、DCA)あるいは冠動脈バイパス術の適応や部位を決定することができる




2)先天性心疾患

血中酸素濃度のサンプリングや心拍出量から短絡血液量を測定して手術の適応を決定する




3)弁膜疾患

逆流の程度、弁口面積、血行動態を測定して弁置換術の適応をみる




4)電気生理学的検査(EPS)

不整脈の発生源をあきらかにし、伝導の早期興奮回路や伝導途絶部位を確定し、薬剤の適応、伝導短部の切断(アブレ-ション)、ペ-スメ-カ-の適応の決定




5)心筋症、心筋炎

心筋組織(右室)生検


 2.治療




1)冠動脈内血栓溶解療法(PTCR)冠動脈拡張(PTCA)

虚血性心疾患




2)カテ-テルアブレ-ション(電気焼却法)

薬物抵抗性の心室頻拍、WPW症候群に伴う不整脈、上室性不整脈




3)ぺ-スメ-カ-の挿入

アダムスト-クス発作、洞機能不全症候群、房室ブロック、発作性上室性頻拍、上室性頻拍、リエントリ-頻拍




4)大動脈弁拡大(PTAV)

大動脈弁狭窄




5)肺動脈弁拡大術(PTPV)

先天性肺動脈弁狭窄症


6)僧帽弁交連裂開術(PTMC)

僧帽弁狭窄症




主な合併症




 1.副交感神経反射

顔色不良、悪心・嘔吐、徐脈、不安状態、疼痛、血圧低下、ショック




 2.血栓、動脈塞栓症

1)下肢(下肢塞栓症)

下肢の皮膚温、感覚の低下、色の変化、動脈拍動の微弱、四肢の疼痛

2)冠状動脈(狭心症、心筋梗塞)

胸痛、不整脈、悪心・嘔吐、冷汗、血圧低下、脈拍微弱、末梢のチアノ-ゼ

3)脳(脳梗塞)

意識レベルの低下、麻痺、構音障害

4)肺(肺梗塞)

呼吸困難、頻呼吸、胸痛、頻脈




 3.重症不整脈

1)致死的不整脈

心室細動、心拍停止

2)警告不整脈

心室頻拍、心室性期外収縮(多源性、連発性、RonT)、房室ブロック

3)心不全を起こす不整脈

心房細動、心房粗動、発作性上室性頻拍、著明な徐脈




 4.ショック、心不全

欠伸、顔色不良、意識低下、血圧低下、心拍数低下




 5.心タンポナ-デ

胸痛、不整脈、血圧低下、心拍数低下、心拍出量低下、チアノ-ゼ




 6.血管内膜損傷

突然の血圧下降、背部痛




 7.カテ-テル挿入部位の出血、皮下血腫

腫脹、疼痛、頻脈、血圧低下




 8.造影剤の副作用

発疹、掻痒感、発熱、尿量減少、アナフィラキシ-ショック、急性腎不全




 9.感染

発熱、悪心、戦慄、挿入部位の発赤、腫脹、疼痛






看護計画




Ⅰ.アセスメントの視点

 検査部位が心臓であるため、特に検査に対する不安や恐怖を強く感じていると思われるので、検査前にどんな不安や心配があるかを聞き出し、軽減出来るものであれば軽減しておく。検査中も苦痛や不都合があればいつでも訴えられることを伝えて安心感を与えるようにする。さらに、検査中は同一体位を強いられる為、安楽な体位の工夫をする。


 不整脈や狭心症などを誘発し、時には心停止を引き起こす危険性のある検査なので、常に心電図モニタ-や血圧モニタ-、患者の様子を注意深く観察し、迅速に対処する。又、予測される合併症が多く重篤になりやすいことから、検査中は常に細心の注意と観察が必要である。


 終了後は、動脈穿刺部より出血し、血腫、血栓による動脈塞栓などをおこさない為に圧迫、止血を充分に行なうと共に穿刺部の皮下血腫や末梢動脈の拍動触知の有無を確認する。さらに止血のため長時間床上安静が必要となる為、充分な観察と安楽への援助が大切である。





Ⅱ.問題リスト


#1.検査に対する不安や恐怖

   〔要因〕・検査そのものへの不安

       ・死への恐れ

       ・検査内容に対する情報不足

       ・未経験なこととの遭遇

       ・慣れない環境

       ・検査に伴う長い体動制限




#2.検査における苦痛

   1)穿刺部痛

     〔要因〕・局所麻酔及び穿刺による皮膚、組織の損傷と圧迫

   2)腰背部痛

     〔要因〕・長時間同一体位の保持

   3)排尿困難

     〔要因〕・過度の緊張と羞恥心

         ・創痛、体位制限による不充分な腹圧




#3.カテ-テル検査に伴う合併症

   1)副交感神経反射

     〔要因〕・疼痛

         ・過度の緊張と不安

   2)血栓、動脈塞栓症

     〔要因〕・カテ-テル挿入時の動脈損傷により血栓が形成され閉塞したもの

   3)狭心症発作、心筋梗塞の発症

     〔要因〕・過度の緊張

         ・カテ-テルにより誘発された冠攣縮によるやアテロ-ムの破裂による高度狭窄、血栓閉塞

   4)重症不整脈(緊急を要するもの)

     〔要因〕・カテ-テル操作による心房、心室刺激伝導系への障害による

         ・右冠動脈造影時の房室結節への血流途絶による

         ・基礎疾患に心筋梗塞、心筋症、不整脈がある

   5)心タンポナ-デ

     〔要因〕・カテ-テルによる心筋壁穿孔による

   6)心不全

     〔要因〕・左室造影時の多量な造影剤流入による心室からの血液駆出障害

         ・房室弁の狭窄、心タンポナ-デ、肥大型心筋症による心臓の拡張障害

         ・虚血性疾患、拡張型心筋症、心筋炎などにより心筋の収縮力の低下

         ・心房細動、高度な徐脈、頻拍などによる心調律の異常

   7)ショック

     (1)薬剤性ショック(キシロカイン、抗生剤、ヨ-ド剤によるもの)

        〔要因〕・薬剤に対する過敏症、アレルギ-

     (2)心原性ショック

        〔要因〕・左室収縮の低下により急に発生した循環不全(主に急性心筋梗塞)

            ・心拍出量の減少による脳の虚血(肥大型心筋症、心臓弁膜症、心不全)

            ・重篤な不整脈がある(心室性期外収縮、心室頻拍、心室細動)

   8)血管内膜損傷

     〔要因〕・カテ-テル操作による

   9)出血、皮下血腫

     〔要因〕・動脈損傷

         ・出血傾向

         ・抗凝固剤使用

         ・圧迫止血不良

         ・圧迫帯の緩み

   10)感染症

     〔要因〕・免疫力の低下

         ・無菌操作の不徹底




#4.造影剤によるヨ-ド過敏症

   〔要因〕・ヨ-ド剤によるアレルギ-反応

       ・体調不良




Ⅲ.看護目標

1. 検査に対する不安が軽減され、検査にむけての精神的準備ができる

2. 検査中の苦痛を最小限にし、安楽に検査が受けられる

3. 心負荷が最小で、安全に検査が終了する

4. 予測される合併症の前駆症状を察知し、重篤な状態に陥るのを回避する





Ⅳ.看護問題


#1.検査に対する不安や恐怖

   〔要因〕・検査そのものへの不安

       ・死へのおそれ

       ・検査内容、検査目的、方法、結果についての情報の理解不足

       ・未経験なこととの遭遇

       ・慣れない環境

       ・検査に伴う長い体動制限




  &検査の必要性がわかり、言葉で表現する

   穏やかなくつろいだ表情と態度を示す

   不安や恐怖心が軽減したことを言葉に出して表わす

   バイタルサインが安定している

   ケア、処置、麻酔の施行に対して協力的態度を示す

  $心カテ室入室~退室時まで




O-1.入室時及び入室後の表情、言動

  2.前投薬、入室後のバイタルサインの変動

  3.顔色、口唇色、爪、四肢の色調

  4.四肢冷感の有無、程度

  5.尿意の有無、程度

  6.前投薬の効果




T-1.入室時、笑顔で挨拶し、担当ナ-スであることを告げる

  2.処置を行なう時は、その都度説明する

  3.なるべく患者のそばにいて声かけし、恐怖、不安の表出をはかる

  4.不必要な身体の露出をさけるなど、プライバシ-、自尊心への配慮を行なう

  5.環境の整備

     1)検査室内の整理整頓

     2)検査室の温度を25℃前後に保つ

     3)検査台の保温、湯タンポの使用

     4)静かな音楽を流し、不安の軽減や緊張をはかる




E-1.ケア、処置施行時、以下のことを考慮して事前に説明する

     1)何をどのように行なうのか

     2)時間はどのくらいかかるのか

     3)疼痛の有無と程度

     4)安静時間

       優しく、ゆっくり、簡潔明瞭、具体的に説明する。

       不安を増強するような言葉、表現を用いない

  2.検査中、身体に異常を感じたり、身体的欲求、疼痛などは我慢せず、すぐ知らせるよう説明する


#2.検査における苦痛


  1)穿刺部痛

    〔要因〕・局所麻酔及び穿刺による皮膚、組織の損傷と圧迫


  &最小限の疼痛で検査が受けられ、二次的障害をおこさない

  $心カテ室入室時~退室時まで




O-1.疼痛に対する患者の訴えや表情、バイタルサイン

  2.疼痛の性質、部位、程度

  3.随伴症状の有無と程度




T-1.麻酔時、穿刺時は患者のそばに付き添い、訴えを聞き、励ましたり、手をにぎったりしてリラックスをはかる

  2.処置及び検査の進行状況について説明を行う

  3.痛みが自制不可の場合、医師に報告し麻酔薬の追加及び鎮痛剤の指示を受ける

  4.できる限り安楽な体位を工夫する

  5.精神的苦痛もあるため、感情の動揺や緊張を避けるように援助する




E-1.痛みが自制不可の場合、医師または看護婦に知らせるように説明する




  2)腰背部痛

    〔要因〕・長時間の同一体位保持


  &効果的に鎮痛がはかられ、くつろいだ表情で体位がとれる

   叫んだり、うめいたりの言語的反応を示さない

  $心カテ室入室~退室時まで




O-1.腰痛に対する患者の訴えや表情

  2.痛みの性質、部位、程度

  3.呼吸状態

  4.非言語的反応

    (眉をしかめる、拳を握りしめる、動く事を渋る、激しく体動する、落ち着きがない、顔面蒼白、顔面紅潮、血圧変動、脈拍変動)




T-1.検査台の環境を整える(検査台にスポンジ、ウレタンマットの使用)

  2.可能な範囲で安楽な体位を工夫する

  3.検査に支障がなければ湿布などの使用を考慮する

  4.薄いタオル等を挿入するか、マッサ-ジを行ない腰痛と随伴症状の軽減をはかる

  5.腰痛が自制不可の場合は医師に報告し、鎮痛剤の指示を受ける

  6.精神的安定への援助

     1)検査の充分な説明(検査の進行状態を伝える)を行なう

     2)腰痛の訴えに対する理解を示し、支持・激励的態度で接する

     3)ゆとりのある対応を心がける




  3)排尿困難

    〔要因〕・過度の緊張と羞恥心

        ・穿刺部痛、体位制限による不充分な腹圧


  &安静が守られ、検査に支障なく床上排泄ができる

   穿刺部の汚染がない

  $心カテ室入室時~退室時まで




O-1.普段の排尿パタ-ンと現在の状況(回数、性状、量)

  2.検査前の床上排泄練習の有無と自尿の有無

  3.創痛の程度

  4.言葉による排尿に関する表現と非言語的反応(眉をしかめる、顔面紅潮、体動、BP、P変動)

  5.膀胱部の膨隆




T-1.普段の排尿パタ-ンを基準に変調の程度をアセスメントする

  2.プライバシ-の保護など排尿しやすい環境を整える

  3.水の音をきかせる、膀胱部を圧迫する等排尿を促す為の方法を実施する

  4.創痛を緩和する方法を実施する

  5.排尿時に腹圧をかけやすい体位を工夫する

  6.膀胱部が膨隆し、自然排尿がみられない時は医師の指示のもとに導尿を行なう

  7.排尿時、カテ-テルが抜けたり穿刺部の汚染がないように保護する




E-1.検査前のオリエンテ-ションで床上排泄の必要性を説明し、自然排尿ができるように指導し練習しておく

  2.尿意を感じたら我慢しないで、医師または看護婦に知らせるように指導する


#3.カテ-テル検査に伴う合併症


  1)副交感神経反射

    〔要因〕・疼痛

        ・過度の緊張と不安


  &精神的緊張が軽減され副交感神経反射による症状の出現を最小限に止める

   異常にすぐ対処でき、早期に症状改善がはかられる

  $心カテ室入室時~退室時まで




O-1.顔色不良、発汗、悪心・嘔吐、疼痛、不安状態などの有無と程度

  2.バイタルサイン(徐脈、血圧低下)と意識状態




T-1.救急薬品の準備(副交感神経遮断剤の硫酸アトロピンなど)

  2.救急処置の準備と介助(急速な輸液、酸素吸入、下肢の挙上など)

  3.可能な範囲での安楽な体位の工夫

  4.精神的安定への援助

     1)苦痛や不安を表出できるような雰囲気をつくる

     2)ゆとりのある対応を心がける

     3)検査の進行状況を伝えたり、支持・激励的態度で接する




E-1.苦痛や不安がある時は我慢せずに知らせるように指導する

  2.患者の不安を軽減させるために、状況を理解できるように説明する




  2)血栓、動脈塞栓症

    〔要因〕・カテ-テル挿入時の動脈損傷により血栓が形成され、閉塞したもの


  &血栓を早期に発見し、治療ができる

  $検査開始~退室時まで




O-1.穿刺側下肢の疼と皮膚色の変化、末梢冷感の有無、四肢麻痺症状の程度

  2.動脈触知の有無(足背動脈、橈骨動脈)左右差の チェック

  3.失語、視野狭窄、意識障害などの有無と程度(脳血栓時)

  4.バイタルサイン




T-1.救急薬品の準備(抗凝固剤ヘパリン、血栓溶解剤ウロキナ-ゼなど)

  2.急変時は医師の指示に従い、必要時応援を求める




E-1.自覚症状がある時は、我慢せずにすぐに知らせるように説明する




  3)狭心発作、心筋梗塞発症

    〔要因〕・緊張とカテ-テルにより誘発された冠攣縮やアテロ-ムの破裂による高度狭窄、血栓閉塞


  &心身の安定がはかられ、危険な合併症が生じない

   胸痛に伴う苦痛が最小限におさえられる

  $検査開始~退室時まで




O-1.バイタルサインと意識レベル、表情の観察

  2.胸痛の有無、性状、強さ、随伴症状(胸部圧迫感、呼吸苦、心窩部痛、肩凝り)

  3.心電図変化の推移(ST上昇、異常Q波、不整脈、心拍数)

  4.合併症の有無と程度(不整脈、心不全など)

  5.水分バランス(輸液、尿量、出血量)

  6.心内圧デ-タの観察

  7.冠動脈の状態(狭窄、閉塞の程度)




T-1.心筋虚血、致死性不整脈、心原性ショック、心不全等の合併症が生じることがあるため、症状をよく認識し、経時的観察をかかさない

  2.必要時、すぐ救急処置が行なえるように救急薬品(塩酸モルヒネ、ニトログリセリンなど)や除細動器の準備をしておく

  3.ル-ト管理

  4.必要に応じて、酸素吸入を正しく行う

  5.カテコ-ルアミン、抗不整脈などの薬剤の注入指示があれば正確に行なう

  6.検査、治療のための下記のような侵襲的処置時には、目的、方法を理解し、合併症に留意して援助する

     1)IABP(大動脈バル-ンパンピング)

     2)CAG(冠動脈造影)

     3)PTCA(経皮的冠動脈形成術)

     4)PTCR(冠動脈血栓溶解療法)

  7.可能な限り安楽な体位を工夫する

  8.胸痛や治療環境は患者へ死への不安や恐怖を抱かせ、自律神経を刺激して、心臓にさらに負担をかける為、常に患者の心身の苦痛、不安に目を向け思いやりをもった援助を行なう




E-1.胸痛の程度をx/10で表現するように説明する

  2.自覚症状のある時は、我慢せずにすぐ知らせるように説明する




  4)重症不整脈(緊急を要するもの)

    〔要因〕・カテ-テル操作による心房、心室刺激伝導系への障害による

        ・右冠動脈造影時の房室結節動脈への血流途絶による

        ・基礎疾患に心筋症、心筋梗塞、不整脈がある


  &心負荷を最少限にすることで、不整脈の誘発が防止できる

   致死的不整脈を早期に発見し、迅速に適切な対応ができる

   不整脈のない状態を以下のよう維持できる

    (1)心拍数が正常範囲で正常洞調律である

    (2)バイタルサインが安定し、心拍出量が充分に維持される

  $検査開始~退室時まで




O-1.心電図モニタ-の観察(心拍数、リズム、頻度)

  2.自覚症状(動悸、胸部不快感、冷汗、胸、めまい、呼吸困難等)

  3.バイタルサインと患者の表情、意識状態(失神、意識消失)

  4.基礎疾患の有無(カテ-テル操作によるものとの鑑別)

  5.水分出納、電解質、ガス分析値、使用薬剤、精神状態




T-1.検査に対する不安や恐怖、身体的苦痛の緩和をはかり、緊張をやわらげておく

  2.不整脈出現に備え、抗不整脈剤、ペ-シング、除細動器、救急カ-トの準備をしておく

  3.心電図モニタ-を厳重に監視し、致死的不整脈及び緊急を要する不整脈か否かを判断し、医師に報告する

  4.医師が不整脈を改善するための治療の準備をし、指示により以下のような処置を速やかに行ない、経過を観察する

     1)心室粗細動、心室頻拍

       (1)塩酸リドカイン(キシロカイン)の静注の準備と介助

       (2)意識がなく脈が触れない場合は胸部の叩打を行なう

       (3)胸部叩打が無効時は心臓マッサ-ジ、除細動器、一時ペ-シング等の救急蘇生を施行

       (4)気管内挿管の準備を行ない、呼吸、循環管理を行なう

     2)心室性期外収縮

       (1)塩酸リドカイン(キシロカイン)の静注、持続点滴の準備と介助

     3)心房細動、心房粗動

       (1)ジギタリス、ワソラン静注の準備

       (2)必要時除細動器を準備する

     4)洞性徐脈、房室ブロック

       (1)アトロピンの静注またはプロタノ-ルLの点滴準備

       (2)一時的ペ-シングの準備と介助

  5.医師より患者へ現状況の説明をしてもらう

  6.精神的安定への援助

     1)ゆとりのある対応を心がける

     2)必要に応じ説明する

  7.除細動器使用時、皮膚の保護を行なう(発赤部にリンデロンVGクリ-ムを塗布)




E-1.自覚症状がある時は、我慢せずにすぐ知らせるように説明する

  2.現在の状況と心身の安静の必要性を説明し、協力を働きかける




  5)心タンポナ-デ

    〔要因〕・カテ-テルによる心筋壁穿孔による




  &心タンポナ-デの徴候を早期に発見し、迅速な救急処置ができる

   心タンポナ-デのない状態を以下のように維持できる

    (1)嚢内に貯留液がない

    (2)血圧が通常範囲で維持されている

    (3)末梢循環障害がない

  $検査開始~退室時まで




O-1.バイタルサイン(突然の血圧下降、奇脈の有無、心拍数上昇後低下)チェック

  2.自覚症状(胸痛、胸部圧迫感、呼吸困難感)の程度、持続時間

  3.随伴症状(嘔気、冷汗、顔面蒼白、チアノ-ゼ)

  4.呼吸状態(呼吸数、深さ、リズム、血液ガス分析)

  5.尿量

  6.不整脈、心不全の有無と程度

  7.心電図変化の推移

  8.ドレ-ンの廃液状態




T-1.心電図や患者の観察を緻密に行ないながら救急に備え救急処置の準備をしておく

  2.タンポナ-デの量、心室拡張不全の程度を把握する

    心エコ-、造影後、以下の処置が決まる

     1)手術室にて心嚢ドレナ-ジする

     2)心カテ室にて心嚢穿刺、ドレナ-ジする

     3)経過観察する

  3.バイタルサイン、顔色、表情を観察し、症状が改善するかどうか(心機能が回復)を確認する

  4.心筋の酸素供給を増加させるために、以下の処置を行なう

     1)医師の指示により酸素吸入を行なう

     2)血圧低下があれば輸液の速度を速くし、指示があればノルアドレナリン注の準備と介助を行なう

  5.心嚢穿刺とドレナ-ジ時はその準備と介助を行ない、経過を観察する

  6.医師より現状況の説明をしてもらうともに、精神的安定への援助を行なう


E-1.自覚症状がある時は、我慢せずにすぐ知らせるように説明する

  2.現在の状況と心身の安静の必要性を説明し、協力を働きかける




  6)心不全

    〔要因〕・左室造影時の多量な造影剤流入による心室からの血液駆出障害

        ・房室弁の狭窄、心タンポナ-デ、肥大型心筋症による心臓の拡張障害

        ・虚血性心疾患、拡張型心筋症、心筋炎などにより心筋の収縮力の低下




  &心不全の徴候を早期に発見し、程度に応じた迅速な救急処置ができる

   適正な心拍出量が維持できる

    (1)血圧、脈拍がその患者の正常範囲である

    (2)血行動態が正常範囲である

    (3)血液ガス値が正常範囲で呼吸パタ-ンが安定している

    (4)末梢循環障害がない

    (5)尿量が30ml/時以上である

    (6)意識が清明である

  $検査開始~退室時まで




O-1.血圧、脈圧

  2.脈拍の数、緊張、リズムと不整脈の有無

  3.末梢循環動態(冷感、チアノ-ゼ)

  4.呼吸状態(呼吸パタ-ン、呼吸数、呼吸音、血液ガス値)

  5.胸部X-P所見(肺欝血の有無、胸水の有無)

  6.血行動態を示すデ-タ(PCWP、CIなど)

  7.尿量と比重

  8.精神状態と意識レベル






T-1.バイタルサイン、血行動態値を監視し、心機能レベルをアセスメントし異常時は速やかに医師に報告する

  2.心臓への負荷を減少させるため以下のケアを行なう

     1)駆出抵抗を低下させるため指示された血管拡張剤(ニトログリセリン)と利尿剤を確実に投与し、血圧のコントロ-ルをはかる

     2)不安、恐怖、ストレスを緩和し精神的安定をはかる

  3.心臓ポンプ機能改善をはかるため以下のケアを行なう

     1)指示された強心剤、カテコラミンの確実な投与を行なう

     2)AFなどの不整脈に注意し、指示された抗不整脈剤の確実な投与を行なう

  4.過剰なNA、水分を除去し、心室充満圧の減少をはかるため以下のことを行なう

     1)指示された利尿剤の確実な投与とその効果を観察する

     2)指示された輸液管理を確実に行い、水分出納の観察を行なう

     3)尿量が少ない場合は医師に報告する

     4)電解質の推移を観察し、異常時は指示により補正する

  5.指示された酸素療法を施行し、効果的な呼吸管理を行なう

  6.心不全増悪時は状態に応じ、IABP(大動脈内バル-ンポンプ)、一時ペ-シングの準備を整える

  7.急変時に備え、救急カ-ト、除細動器の準備を行なう




E-1.現在の状況と心身の安静の必要性を説明し、協力を働きかける




  7)心原性ショック

    〔要因〕・左室収縮の低下により急に発生した循環不全(主に急性心筋梗塞)

        ・心拍出量の減少による脳の虚血(肥大型心筋症、心臓弁膜症、心不全)

        ・重篤な不整脈がある(心室性期外収縮、心室頻拍、心室細動)




  &病態の変化を的確に把握し、迅速な対応ができる

   心拍出量が増加し、組織循環が改善する

   呼吸音が正常化し血液ガスデ-タが改善する

  $検査開始~退室時まで




O-1.バイタルサイン(血圧、脈圧、脈拍、呼吸状態)

  2.心電図モニタ-により不整脈の観察

  3.血行動態モニタ-の観察

  4.全身状態(尿量、皮膚の状態、出血傾向、感染徴候)

  5.患者の言動、意識レベル

  6.検査デ-タ(胸部X-P、心エコ-、電解質、血液ガス値)




T-1.心不全患者のケアに以下を追加する

  2.ショックの程度に応じた迅速な救急処置を行なう

     1)心肺停止があれば心マッサ-ジ、気管内挿管など蘇生の準備、介助を行なう

     2)カテコラミン、抗不整脈剤、利尿剤、血管拡張剤、鎮静剤等の指示された薬剤の投与を行なう

     3)動静脈圧モニタ-、状態に応じてIABP,ペ-スメ-カ-挿入




E-1.現在の状況に対して家族にも説明を行ない、協力を得る




  8)血管内膜損傷

    〔要因〕・カテ-テル操作による





  &血管内膜損傷による症状が出現しない

  $検査開始~退室時まで




O-1.バイタルサイン(突然の血圧低下など)と意識状態

  2.背部痛の部位と程度、持続時間

  3.動脈触知、皮膚色、尿量など




T-1.救急薬品の準備

  2.急変時は医師の指示に従い、必要時応援を求める

  3.救急処置の準備、介助




E-1.自覚症状がある時は、我慢せずにすぐ知らせるように説明する




  9)出血と皮下血腫

    〔要因〕・動脈損傷

        ・出血傾向

        ・抗凝固剤使用

        ・圧迫止血不良

        ・圧迫帯の緩み




  &動脈穿通による出血及び穿刺部位からの再出血、皮下血腫などの症状がない

   検査後の安静の意義が理解でき、安静が守れる

   早期に発見でき、確実に止血できる

  $検査開始~安静解除の2~3時間後




O-1.バイタルサインと意識状態

  2.出血傾向の把握(血小板減少、抗凝固剤の内服有無など)

  3.止血状態、穿刺部痛の有無

  4.血腫、出血の有無とその程度(血腫による神経症状の有無)

  5.圧迫部位、圧迫帯の緩み

  6.穿刺部、末梢側の動脈触知の状態(左右差、強弱)、末梢冷感の有無、皮膚色




T-1.圧迫帯装着は確実に行ない、圧迫帯の緩みがないか定期的に観察する

  2.検査後の体動制限を守らせる

  3.異常時はすみやかに医師に報告し、指示に従う

  4.安静臥床中の精神的安定に努める(声かけを多くする、必要時説明する)




E-1.検査中、後の安静の重要性について説明する

  2.穿刺部に出血感などの異常を感じたらすぐ知らせるよう説明する




  10)感染

    〔要因〕・免疫力の低下

        ・無菌操作の不徹底





  &感染による症状の出現がない

  $検査開始~検査後2~3日




O-1.急激な発熱、悪寒、頭痛

  2.検査デ-タ(WBC、CRP)

  3.バイタルサイン、熱型




T-1.術野の消毒は確実に広範囲に行ない、清潔保持に注意する

  2.血液等による感染防止のために検査前に感染症の有無を確認し、検査順を調整する

  3.検査室内の清潔と環境整備に留意する

  4.検査後、抗生剤投与の確認と実施




E-1.異常時はすぐ知らせるように説明する


#4.造影剤によるヨ-ド過敏症

   〔要因〕・ヨ-ド剤によるアレルギ-反応

       ・体調不良




  &ヨ-ド過敏症による症状が出現しない

   異常にすぐ対処でき、早期に症状の改善がはかれる

  $検査開始~検査翌日




O-1.ヨ-ドアレルギ-の有無と既往時の症状及びその程度、処置の確認

  2.自覚症状(悪心・嘔吐、皮膚の発疹・発赤、掻痒感、咳嗽など)

  3.ショック症状

  4.尿量(乏尿)




T-1.救急薬品(抗ヒスタミン剤、ステロイド剤等)及び救急蘇生の準備

  2.異常時は速やかに医師に報告し、指示に従う

  3.医師より患者へ現状況の説明をしてもらう

  4.精神的安定への援助を行なう




E-1.自覚症状が出現したら、すぐ知らせるように説明する





いいね!した人  |  コメント(3)
PR

[PR]気になるキーワード