なりたて看護師の試験対策ブログ

看護師の国家試験を受験する前に学ばなければいけない事や、知っておいて損のない情報を垂れ流しています。なにかの参考になれば幸いです。かなーりマニアックな内容ですので専門用語ばかりです全部説明はしていられないのでフツーの人は外国語感覚でサラっと流してくださいな


テーマ:

貧血
正常妊婦の循環血液量は妊娠が進行するにしたがって増加し,赤血球数およびヘモグロビン(Hb)の全体量も増加するが,血漿量の増加が著しいので薄められることになり,単位体積あたりの赤血球数やへモグロビン値(濃度)は低下する。
・多少の低値は正常範囲であるが,Hb11g/dl未満、またはヘマトクリット値33%未満にまで、低下した場合には,妊婦貧血として治療の対象となる。
(外来)
妊婦貧血には,血液希釈以外の原因が含まれている可能性があるので,鑑別する必要がある。


対策(援助)
最も多い原因は鉄欠乏性貧血である。小球性,低色素性貧血で,血清鉄の低下、不飽和鉄結合能の上昇,血清フェリチン低下などがみとめられる。
貧血およびその予防のため食事には鉄分を多く含む食品を取り入れることが重要である。ただし,食品によりへム鉄の含有量に差があり、それにより吸収率が大きく異なる。

海藻や貝類など吸収率の低い食品をとるときには,ビタミンCおよび肉,魚などの鉄吸収促進因子を含む食品を組み合わせて摂取することにより吸収率が向上する。また,ヘモグロビン生成のためにはタンパク質も必要であり,十分量のタンパク質、造血作用のあるビタミンB6,B12,葉酸,鋼などの摂取も重要となる。

①食事(高蛋白,鉄:12mg+8mg)をとらせる。

②鉄剤の投与が行われる。鉄剤の服用時には副作用を抑え,鉄の吸収を高めるために,空腹時とお茶やコーヒーなどとの服用を避ける。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード