九州発 ! 釣りキチ社長の きまグレぶろぐ ♪




会社では自分なりに、それらしくやってますが・・・ただの釣りキチです。  日頃会社では見せない(見せられない)ものを綴っていますので・・ごめんなさい !! 社長らしい記事はほとんどありまっしぇん ^^;     日々の戯言や「釣行記録」&「男の適当料理」etc


テーマ:




          先月末より毎週のように開催される韓国での原料検品入札で

精神的にバタバタしている今日この頃ではありますが・・・

 
釣りだけは、しっかり行ってます (^^ゞ



多分、三週間くらい前だと思いますが、がまキッちゃんと深島のアシナカに上がり



前回、豆腐を忘れて、ただの辛い鍋になってしまいましたが
今回は正真正銘の、がまキッちゃん特製本格スンドゥブゥ ♪



あっいう間に二人で一升呑み上げ、後便で上磯予定の大ちゃんに
追加注文し、更に一升。。。  相変わらず、よう呑みます (苦笑)

そして、よう釣らはります !



この日は、竿一本で喰ってきたり、二本以上入れたり、タナが刻々と変わる中
白子パンパンの本命をポツポツと拾い釣り。




シーズンも、もう終わりかなと言いつつ・・・ やはり翌週も行って行ってました (;^_^A

寒グレシーズン最後の釣行は、水深のある潮のあまり走らない所が狙い目かと思い
ショウタバエに釣りバカ親父さんと上がりまして・・・






グレの味噌漬けを焼いたり、手羽先めんたいを炙ったりしつつ、またまた熱燗二升。。。

釣りの方はと云えば、私の選択ミスが大きく祟りまして
グレの産卵シーンを目の当たりに観察するような一日になり・・・


コッパ尾長と戯れる最終釣行となりました。

運よく、名磯ツバクロに上がった実弟親子も釣果なしといった中
それでも磯によっては、良型をクーラー満タンという状況でした。


そして先週の日曜日は、いよいよ来週帰国する、実習八期生の送別会も兼ねて
毎年恒例の若松グリーンパークへ花見。

 

私は場所取りと設営の為に、先発隊として、張りきって現地に8時半到着 !

しかし、だれ~も居ません。

例年だと桜満開のはずですが、広い園内、咲いてるのはこの二本の桜のみ ガーン



そしてバーベキュー用三基の炭も熾した頃には雹も降ってくる始末、、、

そんな、凍えるような寒さの中・・・



工場スタッフをはじめ、社員さんも駆けつけていただきまして
Y会長の、焼きそばや焼き肉で暖を取りつつ、花見会開催。



サーバーで準備した冷たい生ビール・・・ 最高でした (;^_^A

来年も、やります (爆)


そして、翌々日には韓国へ。



釜山は見頃の桜満開でありました 桜の木


そんなこんなの近況ですが、今週末は久々のパン粉道場へ出撃予定であります 敬礼

まず、グレは釣れないと思います (笑)



                          ・・・ 愛竿「探り小僧 60」を引っ張り出してきた男からの投稿

 





いいね!した人
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 


今年も原料買い付けの検品入札のため、今週から釜山入りしております。
その前の連休に、2年ぶりの対馬へ対馬通い39年の師匠と行ってきました。

博多港から九州郵船のフェリーに乗り込み、この時期にしては珍しいくらいの
穏やかな海上を6時間、師匠の大音量のイビキにも負けず爆睡し、朝4時に比田勝港到着。

既にスタンバイの船長のリムジンに道具を積み込み約10分で、ゆたか荘到着。


昨年から頻繁に通う、韓国からの常連さんが、屋内は勿論のこと
屋外まで綺麗に清掃してくれてるらしく、以前より綺麗になっております (^_^;)

 

恒例により、朝はゆっくりと2年分の話を肴にモーニングビールを呑みつつ朝食。
9時すぎに豊の港を出港し、まずは鰐浦の湾奥へ。


シーズンも最終期とあって、地方寄りも期待大。


さっそく、大量の撒き餌を打ち、竿からハリスまで、オール1.75号の仕掛けで臨みます。

餌取りの姿も見えない状況ですが、餌が効きだしてからはコッパ尾長が、、、


さらに潮が動き出してからは・・・



キロ級が連チャンで竿を曲げてくれます。

普段は、ウキ下 1.5ヒロくらいで喰ってきますが、さすがにこの日は竿一本以上でした。

そして昼食の弁当を食べ、のんびりした湾奥から急流の沖磯、舟瀬へ。




潮も下げに入り、すでに渡礁可能であります メラメラ



未だ、潮の中にも本命はいます。 
師匠も良型を、キロオーバーをぶり上げております (;^_^A




画像を撮るのも忘れて、釣りまくりました。

帰港後、車で10分足らずの対馬唯一の温泉で汗を流し、魚三昧の夕食。

韓国のお客さんお手製の、ちぢみなども頂きながら、呑みあげました (^^ゞ

もう、釣らなくてもいいくらい釣ってるにもかかわらず、翌日も早朝から出撃。

半日の釣りになりますが、三年ぶりで航空自衛隊基地のある海栗島の水道へ。



しかし、ここには南洋スズメダイ以外、何もいません。

師匠が全層で探る中、突然来た青物に3号とおしを飛ばされた以外は
極めて平和な時間が続きます。

さすが対馬と云え、本命がいない所には全く居ません (;^_^A

あきらめ半分で、竿2本以上入れた仕掛けに突然のアタリ。

初めてのアタリに、慎重にも慎重を重ね、浮いてきた魚は・・・



旬の真鯛、桜鯛でした !!

この一尾で救われました。



グレシーズンも終盤の中、天候にも恵まれ、釣り三昧の二日間でした。

滅多に餌の入らない、昔ながらのグレ釣りも楽しいものです。



今朝は、釣りに合間に採ったアオサでつくった味噌汁、最高でした。

九州は磯釣りには恵まれてますが、上対馬は未だ野生の地であります !

お忙しいとおもいますが、いつの日か、釣行しては如何でしょう。

民宿も魚も含め、素朴な人たちがお待ちしてます (笑)

原料買い付けが落ち着いたら、梅雨グレ狙いでまた行こうかと思います。

ではでは にひひ手





 





いいね!した人

テーマ:

例の如く、すでに4日前の釣行記になってしまいますが先週の日曜日
悪天候の為、一か月順延となった、「黄昏酔釣会 親睦競技会」を
大分の無垢島で行いました。



 
今回は第20回の優勝カップ取り切り大会と云うこともあり
気合入れて3000番スプールに300mちかく道糸巻いてます メラメラ 



早朝四時半に臼杵港に到着後、○やさんの進行で段取り良く大会の注意事項や
瀬渡しの順番、さらには直近の海況まで説明をしていただきまして
予定より早い5時半前に出船。

夜明け前に無垢島到着であります。


操舵室の水温計は、14.6℃。 これでも数日前より1℃以上あがっているらしいです。

この日は珍しいくらいの凪で、予定どおりの瀬に渡っていきます。

私は、沖磯2回目の修くんと上磯し、取りあえず仕掛けを組んであげて
適当にレクチャーを済ませ、明るくなったところで、自らの仕掛けを準備。



お隣りの、カモ2番には釣りバカ親父さんと、T部長。
さらに、その先には、ズルム・・・ もとい、、、 セッキーさんが、三番ロープ下です。

いよいよ、カモ1番での実釣開始。

 撒き餌を打つと、ゆっくりとではありますが、既に上げ潮が流れております。

修くんは本流に引かれる潮に、私は本流に仕掛けを流す中
その ひと流し目にベラ、続いてメバル、その次もメバル、、、

潮が、まだ緩いせいか、餌が効いてないせいか、こんな物まで・・・


このウマヅラは、他魚の部申請の為、活かしバッカンへ (^^ゞ

やがて本命が釣れないまま、二時間が経過しようとした、9時すぎ・・・

「おいちゃん !  なんかきた―――っ !!!」



実質、釣り二回目の修くんの竿が弓なりに曲がってますがな 目

沈み瀬が点在してるので、「巻け !  巻け―――っ !!」

と叫びつつ、タモを持って駆け下りると・・・



40㎝くらいの本命であります !!

なかなか やるし (゚_゚i)

さらに・・・・・・



「なぬ―――っ !!!」

潜水夫のやつ、何を勘違いしたのか・・・  そっちじゃないやろ しょぼん なんでやねん

修くん、なんと良型2尾 リミットメイク クラッカー

やばいので、即絞めしときました (爆)

そうこうしてるうちに、本流らしくなってきました。



ここで、潜水夫とウキをチェンジ。



ここ一番、Y&Kさんの 「本流の水先案内人BB-3B」 グッド!

撒き餌を際に2投、流れの下から上へ 2~3投し、仕掛け投入後にもウキの潮上へ2投。

つけ餌が残っている事を願いつつ、ウキが見えなくなるまで流していきます。

50m、 100m、 150m、道糸がパラパラパラパラと一定の勢いで飛んでいく中・・・・

パラララララララララララ――――ッ !!



 (画像 : 釣りバカ親父さんから拝借)

ようやく、本命らしき手ごたえ  メラメラ

この日は、浅瀬の本流から強引に魚をつれてこようと竿、道糸、ハリスともに全て1.75号。

引きを楽しむ余裕もなく、魚影を確認した時には息が上がってますが魚もへたってます (笑)



高場用の韓国製 「アテンダー たもの柄600」も、いい仕事しました。

その次も、沖合約200mで群れてるカモメ付近まで流して・・・



嬉しい40オーバーの本命。 

その後も回収の40分前まで弁当も生理現象も我慢し、頑張って4枚追加。



午後1時、第八有漁丸参上。

そして帰港後、間もなく結果発表であります。 


他魚の部はメバルの釣りバカ親父さん クラッカー

本命の部、三位はボウズでしっかりとキープされてた、○やさん クラッカー
 
  準優勝 : 二尾長寸合計81.0㎝で、実弟 クラッカー

そして、第20回記念大会の優勝者は・・・



ロープ下の縄師、ヅルム・セッキーさんじゃなく・・・

今回は潜水夫の力量が、そのまま結果となりまして



合計 81.8㎝、僅か 8ミリ差で私でした  (;^_^A 

念願のカップビール ビール   旨かった。。。

この際、セッキーさん協賛のムックのかぶり物も嬉しすぎます f^_^;


出来すぎの楽しい一日でした。

今回も前準備から当日のお世話まで、○やさん、釣りバカ親父さん、セッキーさん
何から何まで本当にありがとうございました。

m(_ _ )m

そして毎回、お気遣いとアジの干物までいただきました第八有漁丸船長
重ね々、ありがとうございました。



                      


                             ・・・「もう 世代交代だ」と言いつつ、手段を選ばない男からの投稿






いいね!した人  |  コメント(8)