1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-27 18:46:16

ニゲラ

テーマ:花くらぶ

今年もニゲラが咲きました。

  

<ニゲラ>

 

咲き始めは白っぽいのですが、時間が経つと

 

<ニゲラ>

 

鮮やかなブルーに変化します。

 

長い冬を耐え、ようやく花開いたというのに、

開花時期は短い・・・

すぐに散ってしまう。ショボーン

 

しかし、ニゲラの場合お楽しみはその後も続きます。

 

実がとってもユニークなんです。

 

<ニゲラの実>

 

きれいなマーブル模様♪

 

このまま熟すのを待ち、来年に備えたいと思います。照れ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-05-26 16:02:07

ひんやりスポット

テーマ:ハムくらぶ

ジャンさんネタが続いてすみません。^^;

 

* * *

 

5月とは思えない暑さが続く中、ジャンさんはこんな場所で涼んでいます。

  

<「このカーブが体にフィットして気持ちいいんです。」>

 

定番のコロコロ部分。(ジャンさんのケージはキャスター付衣装ケースです)

 

それから、ここも割と涼しいみたい。

 

<「ゆらゆらして気持ちいいんです。」>

 

そして―

 

ああーーーっ!

そっ、それはアルミキューブ!!

 

<「♪」>

 

先代達に不評だったアルミキューブ、

ジャンさんは使ってくれるんだね。

飼い主うれしい。。。(TvT)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-25 18:58:28

奈良大和路の旅2017(9)<長谷寺編>

テーマ:旅くらぶ(その他)

室生から墨坂を経て、初瀬へ。

西国三十三所観音霊場の根本霊場といわれる長谷寺を訪ねました。

 

「万葉集」に豊初瀬(とよはつせ)、泊瀬(はせ)と美名で詠まれるなど

古くから信仰をあつめる「花の御寺(はなのみてら)」。

牡丹はもちろん、桜もまた美しいと聞きます。

 

しかし、吉野も室生も全然咲いてませんでしたからね。^^;

さほど期待していなかったのですが、

 

<長谷寺>

 

あれ?

 

<長谷寺駐車場の桜>

 

あれれ~?

こちらは八分咲きです桜

同じ奈良県でも気候が全然違うのですね。

これはまさに「花の御寺」!大感激ですアップ

 

受付で入山料を納め山内へ。

いきなり豪奢な仁王門に迎えられ気持ちが高まります。

  

<仁王門>

 

仁王門から本堂へ続く登廊。

上・中・下の三廊に分かれ、合わせて399段あるそうですが、

傾斜が緩やかなのでそれほど足にきません。

天井に下がる丸い釣燈籠もいい雰囲気♪

 

<登廊。両側には牡丹が植えられている>

 

それにしても、なんて美しいお寺なんでしょう。

どこを切り取っても絵になる・・・ドキドキ

 

<梅心院に通じる道>

 

<月輪院への道>

 

生憎の雨でしたが、屋根付きの回廊のお蔭で労することなく本堂に到着。

 

<懸造の本堂(国宝)>

 

慶安3年(1650年)徳川3代将軍家光の寄進により再建されたものだそうで、

木造古建築としては屈指の大きさ。

内部は2つに分かれており(双堂(ならびどう)形式)、

山手側が御本尊・十一面観音菩薩立像を祀る正堂、舞台側が礼堂になっています。

 

<本堂内部。画像左が正堂、右が礼堂>

 

堂外に祀られることが多い「びんずるさん」、

 

<びんずるさん>

 

こちらでは堂内(礼堂)におられました。

気になるところをさすさす・・・(あ、頭もなでておけばよかった!)

 

そして、幸運なことにこの日はお釈迦様のお誕生日(釈尊降誕会)。

 

<五色幕が張られた本堂>

 

びんずるさんのお隣にお釈迦様が祀られていたので、甘茶をかけてお参りさせていただきました♪

 

<お釈迦様と甘茶>

 

さて、御本尊の十一面観音さまは正堂正面でお参りできるのですが、

なんでも特別拝観中で、直接観音様のおみ足に触れて「ご縁」を結べるとのこと。(要拝観料)

もちろんお参りする!

 

受付で「五色線」をいただき、左腕に巻いて正堂の中へ。

  

<「結縁の五色線」。そのまま参拝の記念にいただける>

 

そこには見上げるほど大きな、金色に輝く観音様が!

実際像高は10mを超え、木造の仏像としては日本最大だそうです。

 

右手に錫杖、左手に水瓶を持つ独特なお姿は「長谷寺型観音」と呼ばれ、

観音菩薩と地蔵菩薩の両徳を備えるといわれます。

観音さまの足元にひざまずき、両手でそっとおみ足に触れると、

やわらかく暖かい空気に包まれたような気がしました。

 

「もしかして本当に触れたのは、観音さまの慈悲深い御心そのものだったのかもしれない・・・」

そう思いました。

 

さて、近江国高島から来た楠の霊木で造られたという観音様には、

数々の不思議な逸話が伝えられています。

その霊験あらたかな観音さまにお参りしたからでしょうか。

正堂を出ると、それまで降っていた雨が止んでいました。

 

<本堂の舞台>

 

思わず舞台に出て外を見ると―

 

<舞台からの展望>

 

うわ~、境内がきれいに見える~!びっくり

特に、桜越しに五重塔を望む風景はなんとも幻想的で、

 

<桜と五重塔>

 

しばらく見入ってしまいました。

 

その後、元長谷寺、御影堂、五重塔と巡り、

 

 

<五重塔>

 

花を愛でながら門前町へと下りました。

 

<桜の枝越しに見た本堂>

 

<御茶処の桜>

 

<梅心院の枝垂桜>

 

* * * * *

 

長谷寺をお参りしたところで、2日目終了。

お宿のある橿原に入りました。

 

<近鉄橿原神宮前駅>

 

折しも「春の神武祭」開催中。

 

<幟がはためく橿原神宮への道>

 

翌日はいよいよ橿原神宮に参拝します!

 

<ライトアップされた橿原神宮の鳥居>

 

クローバー おまけ クローバー

2日目の夕食は「食べ飲み処まる」さんで。

 

<食べ飲み処まる>

どのお料理もおいしかった~。照れ

 

<左上:ごま豆腐の揚げ出し、右上:郷土料理・飛鳥鍋、左下:大和肉鶏、右下:海鮮茶漬け>

 

中でもかねしのお気に入りは飛鳥鍋。

和風クリームシチューみたいで、熱々のうまうまでしたラブラブ

 

*************************************************************************************

・長谷寺:奈良県桜井市初瀬731-1 HP

・食べ飲み処まる(神宮駅前店):奈良県橿原市久米町646-6

*************************************************************************************

 

クローバー 2日目旅程 クローバー

 宿・かぎろひの里7:50発―宇太水分神社8:00~8:20―八咫烏神社8:30~8:45

  ―室生寺9:25~12:20―道の駅宇陀路室生(昼食)12:40~13:20

   ―墨坂神社13:40~14:05―長谷寺14:20~16:10―宿・橿原観光ホテル16:50着

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。