さてさて、


ラウンド間の止め打ちの次はもっとも効果対比が大きく一日の仕事量が


万単位で変わると言っても過言ではない


確変、時短中における玉増やしを教えて行きましょう。



止め打ちとは、例えば確変中に、電チューが開くタイミングにあわせて玉を打ち出す打ち方です。


(要するに電チューが開いていない時は止める?)


止め打ちをしたいタイミングは、電チューの開閉を抽選しているミニデジタルが回転している間です。

電チューがパカパカ
ミニデジタル回転中←ココ
電チューがパカパカ
ミニデジタル回転中←ココ
電チューがパカパカ
以下続く…

基本的な方法は、3回パカパカする電チューなら、


2回目の電チューが開いたら止めて、3回目の電チューが閉じたら打ち出します。

機種により若干タイミングは変わりますが、


こうすることで電チューがパカパカしない上記の「←ココ」のムダ玉を防止すことができますよ。



また、電サポ中の止め打ちは、ムダ玉を減らしつつパチンコ玉が増える可能性もあります。

比較的に釘調整の甘い低換金率のパチンコ店ほど効果は高く、かなり玉が増える場合もあります。

かなりといっても、時短100回転につき200個ぐらいが限界です。

それでも、大当りのたびにオマケでプラス約500~800円相当は大きいと思います。

もちろん電サポ中は常に有効なので、連チャンが伸びればさらに出玉をプラスすることができます。

スルー周辺 の釘調整が厳しいと電サポが途切れて、逆に玉が減る場合もあります。

ここは気をつけてくださいね。



止め打ちは、発想次第でいろいろ応用が利く方法です。

慣れてくれば応用編として、電チューの開放に合わせて2~3発ずつ打つ、なんてこともできます。

スーパーリーチ中って、打ち出しを止めますよね?

無意識の方も多いですが、止め打ちはもっと実践するべきテクニックです。




ここまでが、応用編ということになりますが、いかがでしたでしょうか?


すこし駆け抜けためんがあるのでわかりにくい部分もあるかと思いますが、


コメントしていただければ、返信させていただきますので、悩まずに少しずつ理解していきましょうね(´∀`)



そして終わりに



パチンコ玉は、ハンドルを回すと1分間に100発打ち出されます。

玉は1個4円なので、パチンコは1分間に400円必要なゲーム(ギャンブル)になります。

実際にはヘソ等に何発か入賞するので、1分間に300円ぐらい必要なゲーム(ギャンブル)です。

パチンコの技術介入は、基本的に止め打ちになります。

ムダになる可能性の高い死に玉(どこにも入賞する可能性がない玉)は打ち出さず、


300円を280円くらいにして、できる限り負けにくい状況にしようってのが技術介入です。

1分で平均約20円(玉5個)節約する止め打ちって…。

セコイと思いますか!?

1時間だと、約500円から800円くらいの節約です。

その止め打ちを1日10時間続けたら…、また1年続けたら…ってことです。

勝つことも大切ですが、技術介入・ストロークでもっと収支をアップさせることができます。




次回はやってきた結果と題してまとめていこうと思います。

ではよきパチンコライフをkanemasaでございました(*゚▽゚*)

AD

オーバー入賞で賞球数を増やそう!




まず、大当たりをすると、台のアタッカーと呼ばれる部分が開きます。


ラウンド中だけパカパカするあれですね。


ここに玉を入れて出玉を得るわけですが、


1ラウンドで、


つまりアタッカーが1回開いてから閉まるまでの間に入れられる玉の数は機種ごとに決まっています


その数はだいたい8~10個です。


つまり、アタッカーは開いてから8~10個の玉が入賞すると閉まるということです。


しかしアタッカーの面白いところは、


決められた数の玉が入賞したと台が感知して初めて閉まるというところです。


ということは台が感知しなければ、定められた玉数以上の玉を入賞させることが出来ます。


そしてこの定められた玉数以上の玉が入賞することを、オーバー入賞といいます。


オーバー入賞をさせると大当たり出玉を普通より多く得ることが出来ます。


ではどうやってオーバー入賞させればいいのか。


アタッカーの奥に、アタッカーに入った玉を回収する穴があります。


この穴はだいたい左右どちらか寄りにあります。


機種によりますが、だいたいこの穴に入った時点で台が入賞を感知します。


そして、その穴と同じ方向から玉を流すというのがオーバー入賞の狙い方です。


分かりにくいと思うので例を用いて説明していきます。



架空の機種Aのアタッカー奥の穴は左についているとします。


ということは同じ方向の左から玉を流す、つまり左打ちで大当たりを消化すればいいわけです。


左打ちで消化すると左から玉が落ちてきて、アタッカー内に左側から入ってきます。


そうすると、左側から入ってきた玉はまだ勢いがあるので、そのまま右に流れていきます。


そしてそのあと、左側に返ってきて奥の穴に回収されます。


ではもし右打ちだったらどうなっていたか。


右打ちで消化すると右から玉が落ちてきて、アタッカー内に右側から入ってきます。


そうすると、右側から入ってきた玉はまだ勢いがあるので、そのまま左に流れていきます。


そしてそのまま、左側にある奥の穴に回収されます。


つまり右から玉を流すと、そのまま直に左側の穴に回収されてしまいます。


それに比べ左から玉を流すと一旦右へ振られ、その後に左側の穴に回収されます


この一旦右へ振られている間は、まだ穴に回収されていないので台も感知していません。


その間にもう1つかそれ以上玉が入ればオーバー入賞の出来上がりです。


これも割とチマチマした技術介入ですが、1日やると結構な差になります。


しかしこれには欠点があって、


片面しか使えない機種大当たりを右打ちで消化する機種には使えません。


左打ちでしかアタッカーに入らない台は、


いくら穴が右側にあっても左打ちで消化するしかないですし、


右打ちで大当たりを消化する機種は、もうそのまま右打ちで消化するしかないので。


ですが両面使える、つまり大当たりを左右両方で消化できる機種もありますので、


そのような機種を打つ場合は必ず実践してみましょう!




とは言っても


ここ最近の機種になるとほとんどが右打ち消化が全般ですからね。


パチンコでご飯を食べたい方は必ず実践してみてほしいのが捻り打ち です。


右打ち機種、屋根がある台で


1発目を屋根に引っ掛けて玉を減速させます。そして2発目はハンドルを右に強く回して玉をくっつける打ち方。(ラウンド中ならワンツー打法と呼ばれてます)


これをする事により、オーバー入賞の確率が打ちっ放しの時よりも上げる事が可能になります。


じゃあ捻り打ちはどうやるの??

9個でアタッカーが閉じる場合、


8個まで玉を入れて止めます。


(9個目入らないようにする必要があるので、6個ぐらい入れてから単発打ちしたほうが安全です)


9個目を屋根に引っ掛けて、10個目、11個目を右全開にします。


慣れたら1、2センチでも大丈夫です


そうすると、アタッカーに玉が同時に入賞しやすくなります。

これの応用が電サポ中の捻り打ちですねw
通常1発しか入らないが、2発入れる事ができます。

捻り打ちの効果は??

捻り打ち効果を銭形の場合で例えると、

捻り打ち

16R中10回成功

15×10=150玉

打ちっ放し 16R中3回成功

15×3=45玉


(けっこう勘違いしている方いますが、打ちっ放しでもオーバー入賞少しは決まりますからねw)


16Rで105玉の差になります。(打ち込んだ玉があるので正確ではないですが)


この差は大きいですw


しかし、最近の機種では効果が低いです。


・屋根に引っ掛けるポイントが少ない。



・アタッカー周辺に釘が多い。

効果が低いからやる必要ない??

アタッカー次第ではパンクしてしまい結果的に損をしてしまう事もあるので、釘次第です。


店員さんが最近うるさいので、こそっと気を使いながらやらないといけません。


特に初心者の方はオーバーアクションで目立ってしまうので、


労力に見合わなければ無理にやる必要はないと思います(^ω^)




さて、オーバー入賞についてはこのくらいです。


パチンコの技術介入は往々にしてチマチマしています。


でもこのチマチマが後に大きなものになるので頑張っていきましょう。


塵も積もれば・・・とはまさにこのことですね。


もう少しつなげて書き留める事がありますので、


次へ続けますね!

AD

どうも


こんにちわ今晩わおはようございますkanemasaでございます(*゚▽゚*)


一日まったくもって何もしたくないときありませんか?


僕はけっこうあって、動画などを無心で観ていることがよくあります。笑


気づいたらよく朝早く起きたのに


もう夕方なんてことも(´Д`)


けっして暇ではないんです!


することは沢山あるんだよ。。。


やらなきゃって思うとなかなか行動できない。


そゆ時は、やりたいことをとことんやるようにしてます!


時間にとらわれず、楽しむんですよー。


人生詰まりきっていては楽しめませんもん。


抜くときはおもいっきし抜くことを心がけてます(^ω^)




んじゃ、応用編ということで前回までの基礎を踏まえて


書いていこうと思います(´∀`)



保留をためる時の無駄玉の話をしましたが、


ほかにも使える状況というのがあって、


大当り中のラウンド間にする止め打ちです。

大当り中、アタッカーが閉じている間に打ち出されたパチンコ玉は、ほぼムダ玉になってしまいます。

これを防止する方法が、ラウンド間の止め打ちです。

ラウンド間の止め打ちで効果が大きいのは、羽根物と大当りを右打ちで消化するタイプです。

特に羽根物はラウンド間の演出が長く、普通に打つとかなりのパチンコ玉がムダになります。

また、大当りしてからアタッカーが開くまで演出が長い機種もありますが、これも同じ考え方でOKです。

止め打ちをする方法は、アタッカーが閉じる個数1~2個手前の入賞カウントで、打ち出しを停止します。

アタッカーに入る個数をカウントしておけば、パチンコ玉の道筋はほぼ決まっているので、それほど難しくないと思います。

ただパチンコ玉は気まぐれなので、打ち出した玉が必ずアタッカーに入るとは限りませんよね。

また、アタッカーの閉じるタイミングが遅い機種では、プラスαのオーバー入賞 が期待できる場合もあります。

そのため、あまりシビアに止め打ちを徹底することはないと思います。

それでも大当り1回につき、最大タバコ約1個分(約80個)のムダ玉を節約できると思います。

連チャンして大当りを10回、15回と止め打ちを繰り返すと、約3000円、4000円と換金額が変わってきます。

こうなると、バカにできませんよね。この積み重ねは大きいと思いますよ。

そんなに難しい止め打ちではありませんので、でひ実践してみてくださいね。



もう少し深掘って プラスαのオーバー入賞  の話しをしましょう。


と思いましたが、長くなると読みにくくなるのでpart2にして



次に書きましょう!






AD

こんにちは今晩わおはようございますkanemasaでございます(*゚▽゚*)


今日はめずらしく朝から起きてうちの掃除をしております。


やっぱり綺麗になると気持ちがいいですね。


いい環境を整えたら、いい仕事は自然とできそうな気持ちになりまな(´∀`)



さぁ、打ち方編ということで


難しい話しはわかんねぇ!!もっと簡単な稼ぎ方教えてくれよっていう人


僕は仕事には厳しい人間なんです。


いやっ趣味にしかり、いつでも本気だ!!笑


ボーダー理論、釘読みが理解出来ないことには先には進めないと思ってねー(´Д` )



んじゃいっきますよーー!


あなたはパチンコをただハンドル握って演出を見てるだけの遊戯だと思っていませんか??


僕がプロと呼ばれてる人たちに学んだのはそうではありませんでした。


もちろん演出を楽しむのは結構。


でも僕と同じような打ち方を実践することによって、パチンコが何倍にも楽しく


そして、利益を生みやすいものになります!断言




注意するべき点もふまえ説明していきます。




まず、保留玉は必ず3個で止めること、ステージ止めをすること


すなわち、無駄玉を打たないことです。


パチンコ初心者の方、保留が満タン時や激アツリーチ中に打ちっぱなし


ひどい時は大当たりしてアタッカーが開くまで、ずっと打ちっぱなしなんて事もありますよね。


これは非常にもったいです。


保留が4つ貯まる機種で、


保留に4個以上たまを入れても大当たりの抽選はされません。


(⁰︻⁰) ☝これ分かっていない初心者の方意外と多い


完全な無駄玉ですよね。


それを防ぐために保留を3で止める必要があります。


え?でも保留4でもいいのでは??


あまい!!!


保留4の状態で打ち出しをやめても


何発かは、すでに打ち出されるわけですので何発かは無駄玉になってしまうので


余裕をもって保留3で止めなければならないのです!


これを仮定して、ステージに玉が残っていたら打ち出しをとめるなど考慮が必要になるわけです。



この無駄玉1個4円がじわりじわりとのちの収支に響くんだ。



さぁここで一つの疑問が・・・・・


保留2止めにすれば、さらに無駄玉が減るのではないか?・・・


これはこれで問題で


保留が満タンになることが少なくなり回転効率がおちるのです!



パチンコで稼ぐことの前提として、


台を回転させ続けなければなりません。



ようするに、


いかにして効率よく台を回転させていくかがパチンコで稼いで行くためのキーワードに


なるわけなんです!!



前回でお話をした、ボーダー理論


と組み合わせる事



すなわち、よく回る台を無駄玉を減らし時間をかけて打つ



これだけで、爆発的に収支は改善されることでしょう(´∀`)



ここまでが初心者講座といいますか、


僕自身が初心者時代のひと月ぐらいで学んだ事ですね!



なかなか自分のスタイルをかえることは簡単ではありませんが、今一度考え直してはいかがでしょうか?


パチンコで稼ぐことは難しいことではありません。


さらに次回に続きますが


もう少しつっこんで


攻略できる事を書いて行こうと思います!!



それでは


みなさん、よきパチンコライフをkanemasaでございました(*゚▽゚*)

どうも


こんにちは今晩わおはようございますkanemasaです(*゚▽゚*)



あれからパチンコ店には通いました?



回る台を打つのと打たないのとではだいぶ気持ち的に違うのではないでしょうか??


僕なんか今はもうガチガチに締まった釘なんか好きな機種であろうと絶対に手を出しません。


きっとイライラしすぎて


貧乏ゆすりやらなにやらで周りに迷惑かかってしまいそうなので・・・(冗談です)笑


ただ、ボーダーを下回る台が多い中、期待値がプラス域に達する台を見つけれた時は


パッピネスですよ。笑



さて、今回は上でも書いているボーダー理論について話していきますね!



まず、


ボーダー理論をわかりやすくサイコロを使って説明してみます。


サイコロを振って1が出たら1000円もらえるとします。


サイコロを振るのにお金がかかります。


1000円で何回振れれば、このゲームをやる価値があるでしょう?

そう、正解は7回以上ですね。

サイコロで1が出る確率は6分の1ですから、6回でトントン。


6回がこのサイコロゲームのボーダーになります。


つまり、理論上収支がトントンの線をボーダーと言います。

では実際にサイコロを振ってみるとどうでしょう。


10回振っても1が出ないこともあります。


逆に3回続けて1が出ることもあるでしょう。

と言うことは、しょせんボーダーと言っても、運に左右されるので、意味が無いということでしょうか?

ここで登場するのが、「大数の法則」です。


「大数の法則」とは確率論の用語で、


「ある独立試行について、その試行回数を増やすほど、理論的確率が示唆する結果に限りなく近づく」


というものです。

つまり、サイコロを10回振ったくらいでは、1が出る回数はぶれますが、6000回振れば、


1の回数はほぼ1000回になります。


この事実をもって、「確率は収束する」と言います。

ですから、


常に1000円で7回以上サイコロを振れる条件であれば、


たまに負けることはあるけども、長期的には100%勝つことが出来るのです。


100%ですよ!

「ボーダーライン」とは損益分岐点、パチンコでは勝ち負けの境界線というもの。


パチンコで勝つ為には、これを理解すれば良い!



具体的に話すと


パチンコでは「1000円あたり何回」スタートチャッカー入賞するかで判断します。

聞きなれない言葉も出てくるので、できるだけわかりやすく説明します。






機種名    大海物語2 MTE

大当り確率  348.6(34.86)

確変割合   62%

突確割合   8%

時短     100回

賞球     3&3&10&15

カウント数  15R×8C

出玉     1560個

トータル確率 108.035

平均継続回数 3.23回

等価ボーダー 17.3回 

初当り1回の平均出玉   5034個



注意点)実際のホール状況では、「大当たり出玉の減り」、

「確変・時短中の減り」があるので、

もう少し高い数字になります。(おおむね18.6回ぐらい)

このように釘調整によって数値が変化しますが、

ここではボーダーラインの考え方を理解するためなので

大当たり出玉の減り、確変・時短中の減りは無いものとして説明します。



ボーダーラインの計算で必要な項目は、

「大当り確率」、「初当り1回の平均出玉」 この2つがわかれば計算できます。


  ボーダーラインの計算式は、
  
「大当り確率」÷「初当り1回の平均出玉×4」

    = 1000円あたりのボーダーライン






大当り確率は台に表記されてるのでいいのですが、

初当り1回の平均出玉の数値はやや入手しにくいものです。

初当りとは、通常状態から大当りして時短を消化し終わるまでの事です。

気をつけるのが、時短中の引き戻しは初当りに含めず、

連チャン(継続回数)として考えます。





大当り1回分の出玉×平均継続回数=初当り1回の平均出玉
__(1560)_____(3.23)_____(5034)___




当然、毎回初当りで5034個出玉が取れるわけではありません。

10連チャンしたり単発だったり時短で引き戻したりと、

初当り1回でいろいろなケースがありますが、

それらを平均化したものと思ってください。






まず、初当り1回の平均出玉5034個を現金分に換算すると、1玉4円なので、

 5034 × 4  = 20136 円
20136円分の玉で大当り確率の349回、回すには、


  349 ÷  20136 = 0.0173321

1000円あたりに直すので ×1000


     「約17.3」になります。





1回の初当り平均出玉で349回転回したら手元の玉がちょうどなくなるってことです。






実践例で、よく回る台1000円あたり23回の台を打った場合、

349回転、回した時点でまだ玉が手元に残るわけです。 

補足:良く回る台なので、約3780個の玉で大当り確率分の349回転、回せます。

平均出玉「5034個」から確率分回すのに必要な玉「3780個」を引くと、

「1234個」=手元に残る玉(約¥4900分)






それが回る台を打った時に得られる、

「初当り1回での利益」(勝ち額)です。

この例なら初当り1回引くごとに¥4900づつプラスになります。

初当りを引く度に、打てば打つほど玉が増えていく台です。





逆に回らない台1000円あたり15回の台を打った場合、

349回転、回すのに300回ほどで持ち玉がなくなりますので、

追加投資になります。

補足:回らない台なので、大当り確率分の349回のに5816個必要です。

平均出玉「5034個」から確率分回すのに必要な玉「5816個」を引くと、

マイナス「782個」= 不足する玉(約¥3100分)





それが回らないる台を打った時に損をする

「初当り1回での損失」(負け額)です。

この例なら初当り1回引くごとに¥3100づつマイナスになります。

初当りを引く度に、打てば打つほど玉が減っていく台です。





このように、ボーダーラインを上回る台を、

打てば打つほど玉は増えていき、





ボーダーラインを下回る台を、

打てば打つほど玉は減って いきます。





回る台を打つ必要性がおわかりいただけましたでしょうか?





もっとわかりやすい例で言えば、パチンコで

トータル負けてる人は、ボーダー以下

トータル勝ってる人は、ボーダー以上


の台を打っているわけです。



更には「パチンコ店」も

つまり経営側の利益の上げ下げも同じ理論です!




新台やイベント機種は出玉を出してアピールしたい、

そんな時はスタートチャッカーに入る個数を増やす、

正月や、お盆で人が多く稼働が見込めるので利益を取りたい、

その時は逆に入る個数を減らすわけです。




実にシンプルなものですが、納得できないという方もいると思いますが、

今回はボーダーラインの意味を少しでも理解していただければOKです。




パチンコに偏りすぎましたが、

スロットに置き換えれば 設定と同じ

部分です。


設定2(パチンコでいうボーダーライン)、機械割100%前後を打ち続けるより、

設定5.6(ボーダー以上)を打ち続ける方が勝てるわけですから。



今回はここまで!!!


次回は実践編へと移って行こうかと思います。



それでは皆様よきパチンコライフをkanemasaでございました(*゚▽゚*)