自分に還る。

誰もがもっている魂の光、その輝きを引き出すお手伝いをさせていただきたいと思っています。









テーマ:
「私たちはどこから来て、どこへ行くのか」森 達也・著 より

第8章 私とは誰なのか――藤井直敬(脳科学者)に訊く

認知はいかに主観的で、感覚はいかに曖昧か
オウムや連合赤軍が普通の人であるわけ
「人という生き物を変えたい」と思っている
僕の見ている紫は、あなたの見ている茶色かもしれない
いかに多次元の世界をありのままに理解するか
「人を拡張したい」というモティベーションの由来
私は境界のない「世界の一部」である
技術は進歩した。でもアトムは生まれない

*********

認知はいかに主観的で、感覚はいかに曖昧か

藤井が所属する理化学研究所脳科学総合研究センター適応知性研究チームのウェブサイトでは、この日に僕が体験したこの装置について、以下のように説明している。

私たちの脳は、目の前に広がる“現実”は確かなものであると強く信じています。つじつまの合わないことが起きると、「気のせい」や「思い違いのせい」にして、つじつまが合うように強引に解釈します。夢の中では、まったくつじつまが合っていないことでも、現実だと思い続けます。こうした自分の体験を「実際に起きていること」と信じる仕組みや、それに疑いを持つ時に生じる、メタ認知※と呼ばれるヒトの高次認知機能はさまざまな技術的限界のため、その詳細を理解することが困難でした。

研究チームは、被験者に気づかれずに、予め用意した過去の映像を “現実”に差し替える「代替現実(Substitutional Reality; SR)システム」を開発しました。SRシステムでは、被験者はヘッドマウントディスプレー(HMD)とヘッドフォンを装着し、2種類のシーンを体験します。1つは、HMD上に取り付けられたカメラからリアルタイムで送られたライブ映像、もう1つは被験者がいる場所で予め撮影され、編集された過去映像です。これらの映像の切り替えに工夫を凝らすことで、被験者に、過去映像を、まるで目の前で起きている“現実”だと体験させることに成功しました。

SRシステムは、予め記録し編集しておいた過去の出来事を、今まさに目の前で起きている現実であると被験者に信じさせることも、それに疑いをもたせることも可能にします。本装置を用いることにより、これまで困難だったメタ認知に関わるさまざまな認知・心理実験が可能になります。また、新しいアプローチの心理療法としての応用や、VRや拡張現実(AR)※などとは異なる体験を提供するヒューマンインターフェースとしての展開も期待できます。

※メタ認知
認知を認知するという、認知に関する上位概念。人間が自分自身の認知プロセスを認識する場合において、自分の思考や行動そのものを客観的な観察対象として把握し認識すること。

※拡張現実(AR)
現実の環境を、コンピューターを用い情報をリアルタイムに付加・強調などして体験させる技術の総称。例えば、カメラ付きスマートフォンを持って撮影しながら町を歩くと、モニター上に店舗情報が重ね合わせて表示される技術などがある。


*********

「僕の見ている紫は、あなたの見ている茶色かもしれない」という疑問は、私も抱いています。私が「赤」だと認識しているものを、脳の中身を取り出して見せることはできないからです。それなのに、なぜ皆この色を「赤」だと思って安心していられるんだろう・・・。

また、複数の人が同じ出来事を体験しても、その心象風景はさまざまです。個人の性質や特性によって、同じ体験がトラウマとなる人、そうでない人がいるといいます。

ならばこのSRシステムによって、その人の現実認識を別なもの(本人にとってより幸福だと感じられるような)と差し替えることができれば、一部の人にとっては福音となるかもしれません。

しかし現実を人為的に変える装置ができるなんて、すごいね~あせる




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「視点をずらす思考術 / 森 達也」より

人は天敵を探す

禁忌とは共同体における内在的な危険を意味する。だから共同体の構成員に対しては、禁忌の範囲や領域を読む力が要求される。なぜならたった一人の軽率な判断や見落としが、共同体の構成員全員の危機へと波及する可能性があるからだ。ところが僕はその領域を読む力が決定的に弱い。

良いことではもちろんない。でも多少のメリットもある。周囲が走っているからという理由で走ることがあまりない。止まっているからという理由で止まることもあまりない。要するに周囲の多くと違う動きをしてしまう。もちろん抵抗や反骨ではない。気づかないからだ。はっと顔をあげたときには、いつも一人だけ取り残されている。あるいは一人だけ先を歩いている。
・・・・・・・
(人間に)天敵はもういない。でも不安や恐怖の遺伝子は鋳型の形となって継承されている。その空洞に何かを埋めたくなる。

こうして人は新たな天敵を探す。皮肉なものだ。天敵が存在しないことが逆に不安になるのだ。だから必死に探す。いなければつくり出す。仮想の大義を。そして見つけた。最も強くて危険な生きものを。

違う共同体に帰属する同族だ。

メディアの功罪――世界はあなたが思うよりも多面的だ

だから天然のKYである僕は思う。時代状況を考えれば、もう少しKYが増えた方がよい。全部とは言わない。全部がKYになってしまったら、その瞬間に多分社会は崩壊する。空気は重要だ。場を読む力も必要だ。

でも特に今の日本社会についていえば、KYがもう少し増えた方がいい。あまりに息苦しい。あまりに均質性を要求されすぎる。

だからあなたにも考えてほしい。空気を読むことと空気に従うことは、必ずしもイコールではないはずだ。

                      「乙嫁語り」のかっこいいヤギとおばあさん

モンゴルの遊牧民は、数百匹の羊の群れの中に必ず数匹のヤギを放つ。周囲の動きに従う傾向が強すぎる羊は、変化に対応できないからだ。足元の草を食べ尽くしたら、その場で立ちつくす。寒い時にも動かなくなる。ところがヤギは同調圧力に従わない。草がなくなれば、さっさと他の場所に移動する。寒ければ風を防ぐ場所を探す。ぞろぞろとその後に続く羊たちは、結果として餓えや寒さから身を守ることができる。

日本人は羊度が高い。それは認めよう。だからヤギは必要だ。でも突出したヤギは時として独裁者になる。頼もしいリーダーの指示通りに動いていたら、気が付くと断崖絶壁にいたということになりかねない。

もうひとつの危険性は、カリスマへの過剰な忖度(そんたく)。きっとヤギはこう考えているに違いないと、羊たちが過剰に思いはばかった結果、誰も望んでいないのに破滅への道をひた走っていたということにもなりかねない。この国の近代史を、羊とヤギのメタファーの観点から眺めれば、とても適合することにきっとあなたも驚くはずだ。

全員がヤギにはなれない。ヤギばかりの社会は崩壊する。羊のままでよい。でも羊は羊でも、もう少し懐疑や、ためらいや逡巡を持つ羊になるべきだ。いってみればヤギの要素を少しは持つ羊。ハイブリッドだ。
・・・・・・・・・
ハイブリッドは可能だ。だからこそ、懐疑や、ためらいや逡巡の能力を少しだけ多く持つ羊になるために、僕はあなたに提案したい。

視点をずらそう。

この世界は無限に多次元的なのだ。事件や物事や現象は、決して単面ではない。多層的で多面的だ。視点をずらしさえすれば、まるで鉱物の結晶のように、新しい明度や色彩があなたの前に現れる。

これらの多面な要素のうち、マスメディアは最も刺激的でわかりやすい局面を呈示する。仕方がないけれど、でもこれを額面通り受け取るだけでは、この世界は矮小化されるばかりだ。善悪や貧富や正誤などの二項対立に覆われるばかりだ。

だからずらす。あなた自身が主体となって。扁平で横並びのマスメディアの情報だって、これに接するあなたがほんの少しずれるだけで、多層で多面的な要素が現れる。二項対立の狭間が見えてくる。

**************

「不寛容社会」に出演した森達也さんの発言に興味をもち、著書を何冊か読んでみました。

森達也さんといえば、かつて超能力少年と騒がれた清田氏について書かれた「スプーン」や「オカルト」などを読んだことがありましたが、一般には受け入れられない異質な人たちを、淡々と取材する態度に好感が持てました。

ご自身がKYを自認されているんですね。なるほど「不寛容社会」でも、ただ一人スタンスが違っているように、私には感じられました。

視点をずらす思考術 (講談社現代新書)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

職業欄はエスパー (角川文庫)/角川書店

¥843
Amazon.co.jp





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「自分の無知を知っている」

ソクラテスの生涯(前470~前399)
ソクラテスは自然探求が中心の哲学を、人間の探求に方向転換させた偉大な哲学者である。
父は彫刻師、母は助産婦だった。妻の名はクサンチペ、子どもは三人いた。
彼には一冊の著書もないが、弟子のプラトンらの作品によって、古代ギリシア第一の哲学者ソクラテスの生涯の姿はかなり正確に再現できる。

若い頃、彼は自然研究に熱中したが、後半生では、人間の行為・道徳などもっぱら人間の問題に関心を集中させ、街頭や体育場などで出会う誰彼となく問答をかわして日を過ごした。

ソクラテスはスパルタとのペロポネソス戦争(前431~前404)の時、①37歳、②45歳、③47歳と三度従軍し、その都度勇敢な戦士として名をはせていた。また65歳のとき、国民議会の一員となっており、アテネの有名人であった。

「ソクラテス以上に賢い人はいない」というアポロン神殿の神託を受けて以後、ソクラテスはアテネの町で人々と問答を始めた。この問答を、ソクラテスは「母の産婆術と同じだ」と言っていた。周囲に若者たちが興味津々集まってきた。ソクラテスの存在はアテネの支配者にとって不気味なものとなった。

ソクラテスは告訴され、500人の陪審員による裁判が始まり、死刑の判決を受けた。
友人、弟子たちは国外逃亡をすすめたが、ソクラテスは「悪法も法なり」と言って毒杯を仰ぎ、死についた。

この世で一番賢い人物
ソクラテスの友人の一人・カレイポンは、気の良い男だったがいささか早とちりするくせがあった。
カレイポンはソクラテスと何度も話したことがある。ソクラテスはいつも「私は何も知らない」と言っていた。実際にそう思っているようだが、カレイポンにはそうは思えなかった。
「これまで自分がつきあった者の中なかで、ソクラテスが一番賢いと思うが、本当にそうだろうか。これはアポロン神殿に行ってお伺いするしかない」
巫女の口から告げられた信託は「ソクラテスが最も賢い」だった。

「汝自信を知れ」
アポロン神殿は、アテネの西北100キロのパルナッソス山麓デルフォイにあり、ギリシア人が最も崇拝するアポロンの神を祀ったこの神殿の正面には「汝自身を知れ」という額が掲げていた。この格言は一般には「身の程を知れ。節約せよ。行動を慎め」と解釈されていた。いわば処世訓である。

しかし、ソクラテスの解釈は違っていた。
ソクラテスは自分自身のこともわからないと思っていた。この世の中のこと、自分は何者かということも、すべてを疑っていた。自分自身は、何もわかっていない人間なのだと思い込んでいた。

ソクラテスは何事についても心から納得しないと気がすまない。表面だけではわかったとは思わない。何度も「それは何故か?」を繰り返す人だった。一つの答えにたどりついても、さらに「本当にそうなのか?」と考えることを5回も繰り返す人だった。

汝自身を知れ――ソクラテスは、この格言をもって自らの哲学活動の礎としたのである。

「私は馬の尻にとまった虻」
ソクラテスは本気になって悩んだ。
「私は決して賢くない。それなのに、神は何故、私を賢いと言われたのか?神は嘘を言われるはずはない。何故なのか?」

ソクラテスは自分が疑問に思っていることを、政治家・藝術家・職人・学者たち一人ひとりをつかまえ、尋ね始めた。答えに窮し腹をたて、ソクラテスに暴力をふるう者もいた。ソクラテスは殴られ、髪を掴まれ蹴飛ばされることもあった。ソクラテスはいくらなぐられてもじっと我慢し、
「私はアテネという大きな馬の尻にとまった虻である」と平然としていた。

日ごろ偉そうにしている男たちなのに、誰も納得のいく答えを出す者はいなかった。
「世間の人々は自分の無知に気づいていない。知らないことでも知っていると思っている。
問い詰められると、ようやく“知らなかった”と白状する。私は初めから自分の無知を知っている。だから、神は私を賢いと言われたのだ」
ようやく、ソクラテスは神託の意味が理解できた。

「私の議論は母の産婆術と同じだ」
紀元前五世紀、アテネは人口50万の大都市となった。各地から、商人・芸術家・ソフィスト(はじめは「賢い人」の意味だったが、紀元前五世紀後半、町から町へと巡回しながら人々に知識を授けて謝礼金を取る一群の人をさすようになった)たちがどっと押しかけてきた。

アテネの多くの若者は政治家を目指し、ソフィストたちに弁論術を学んでいた。こうした時、アテネの街角、市場、若者の集まる体育館など、いたる所でソクラテスとソフィストたちとの議論がはじまった。

初めは日常のありふれた事から問答を開始した。
ソクラテスが質問する。
「君がいちばん大切だと思うものは、何か?」
「それは、地位や名誉や財産だ」
「地位や名誉や財産は、それは一時的なものにすぎないのではないか?」
「うーん。それは、そうだが」
「人間の心の奥底にある、霊魂の方が大切ではないのか?」
ソクラテスの質問は鋭かった。
相手が答えに窮すると、若者たちは拍手喝采した。

ソクラテスは、独特のスタイルの対話法で人々に自らの無知を自覚させつつ、真の知識に共同で到達するように努めた。問題にぶちあたった時、その答えを人から教えてもらうのではなく、自分で発見することが大切だと考えていた。

「私の母は助産婦だ。母に習って、私は人の精神のお産を手助けしているのだ」
「産婆術」と言われるソクラテスの議論は、相手の心の中にある能力を“取り上げる”仕事だった。

なぜ死刑になったのか?
紀元前399年、70歳のソクラテスが、不敬虔の罪で告訴された。
罪状は、①アテネの神を敬わない、②青年たちを惑わす、の2点だった。
第一回の採決は、280対220でソクラテスは「有罪」とされ、罰金刑を言い渡された。

納得できないソクラテスは断固として主張した。「私はアテネの神を敬っている。さらにデーモンの神も信じている。それがなぜ悪いのだ。この場に出廷することも、デーモンの神は反対していない。それをなぜ、神を敬っていないというのか」

ソクラテスには、何か事を為そうとしたとき、よくこの〈デーモンの神〉の声が聞こえてくる。「なんとなく胸騒ぎがする。ある予感が働く」と言っていた。誰の声でもない。ソクラテスだけに聞こえてくる神の声だったのである。

「青年たちを惑わしたと言うが、私は人間には地位や名誉、財産よりもっと大切なものがある。それは心、魂ではないかと言っただけだ。金銭をいくら積んでも、そこから優れた精神が生まれることはない。私はそう言っただけだ。それがなぜ、罪になるのか!」
ソクラテスのこうした発言は、陪審員に挑発的と受け取られた。第二回の採決では、360対140で「ソクラテスは死刑」という、さらに厳しい判決となった。

「悪法もまた法なり」
ソクラテスの友人たちは役人を買収し、牢獄のソクラテスに国外逃亡をすすめた。
「悪法には従うことはないと思いますが」友人クリトンの言葉に、ソクラテスは、
「悪法も法である。私は法には従う。不正に対して不正で対抗し、逃亡という不正な手段をとると、これまでの自分の生き方を否定することになる」

面会に来た妻のクサンチペが「あなたは、不正に殺されるのだ」と言ったところ、ソクラテスは直ちに「それならお前は、私が正当に殺されるのを願うのか?」と言ったそうだ。

毒杯を運ぶ獄吏の手は震えていた。
「ほかの人はみな暴れまわったり、罵ったりしますが、あなたは気品高く、温和で、堂々としておられます。これは私の役目ですからお許しください」
獄吏はこう言って、わっと泣き出し、部屋から走り去った。

かくて紀元前399年、ソクラテスは毒杯を仰いで静かに死の床に横たわった。70歳だった。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日の「着物交換会」ですが主催者都合により、中止とさせて頂きます。
たいへん申し訳ありません。



急なお知らせになってしまいましたが、かたつむりフェスにて「着物交換会」をやりま~す音譜



※画像は、パピエスカルゴ担当の田中さん。お上手~!!

すっかり介護の日々に埋没していたワタクシですが、今週初めに道端でSマダムと遭遇したことから、6/12(日)13時から16時という短い時間ですが「着物交換会」を行うことになりました。

お母さま、おばあ様の古いお着物がお家に眠っていませんか?
箪笥のこやしにしておくのはもったいない、愛着のあるお着物をお互いに交換して、新しい命を吹き込んでみませんか?

「着物交換会」では、そんなお着物を売ったり買ったり(先回は500円から2000円が中心でした)、ただ見るだけ、羽織ってみるだけ、着物の薀蓄を聞くだけでも大歓迎。ご一緒に着物に親しみ、着物を楽しみましょう~ラブラブ


以前の会の様子はコメタク帖に詳しいです。⇒ 着物交換会







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日のツルハシブックス、最高におもしろかった~音譜

ちょっと空いた時間に立ち寄ったら、いろんな分野のおもしろい人に会えました。
稲荷神社のある内野七番町の、堀井さんの空き店舗で、これから何かおもしろいことをはじめようというコメタクのさくらちゃんと、アートの茂木さん。

ツルハシブックスの生みの親、西田さんの奥さまのひろみさんからは、古代ケルトのシンボルツリーについて教わりました。私は「リンゴ」だそうです。リンゴは大好きなので、我が家にはたいてい常備されています。



それまで静かに本を読んでいた男子高校生くんは、熱しやすく冷めやすい「マツ」だとのこと。彼は「そうか~ビックリマーク」と非常に納得した様子で、これまで感じていたこと・・・学校でいじめられたこと、運動が苦手で困っていること、など話し始めました。自分が何事も長続きしないことで悩んでいるとも。

興味をもってやってみるけど、すぐに飽きるんだよな~。マツだから仕方ないのよ~それでいいのよ~とひろみさん。パッと火がついて燃えるけど、ずっと燃やし続けるのは苦手。そんな彼は、いつも「フェードアウト」したいそうなんです。興味がなくなったら、一人静かに「フェードアウト」することを許してほしい。でも、学校の部活って、それが許されないもんねぇ。一つの事をずっとやり続けることが、素晴らしいことだって、たいていの大人は思っているもんねあせる

「やってみる」が始まる場所 ← 西田さんのような意見は、まだまだ少数派だと思います。

そこで、「フェードアウター」部をつくったらいいんじゃないはてなマークということになりました。

始めたけど、違う。これじゃないと感じることは誰にでもあると思います。かくゆうワタクシも二十歳の頃、講談社のフェーマススクールズを受講したことがありましたが、長続きしませんでした。当時で20万くらいしたその教材、実家のどこかにしまってあるはず。誰かイラストを独学で学びたいという人がいたら、喜んでさしあげたいものです。

また我が家には、誰もギターを弾ける人がいないのに、次男が誰かからもらったというこんなもの↓があります。一度は弾けるようになりたいと思ったのかしら。でも音を出しているのを見たことないし。そもそも家にいないし。じゃまだし。



・・・・これら「フェードアウター」の残骸たちを、新たな「フェードアウター」さんたちのもとでよみがえらせてみてははてなマークお金がなくてやってみたいけどできない、というお悩みも解決ですビックリマーク


シンボルツリーがマツだから火付け役でいいんだとわかり、すっきりした高校生くん。マツがつけた火をずっと燃やし続けるのが得意だという「クリ」をさがして相棒にしたらいいんだそうです。ちなみに私とさくらちゃん、二人とも母親が「マツ」の人。頷けるものがあります。。


そこへ、今日はじめてツルハシへ来たという女性が、サムライの庄司さんのすすめでシンボルツリーを教えてもらうことになりました。彼女は「糸杉」さんでした。

店長西田さんが「糸杉」。うちの三男も「糸杉」。
「糸杉」の人は、自分だけどんどん先へ先へといってしまって、周りの人を置いてきぼりにしがち。でも「糸杉」の人がどんどん進んでいくのをみて、周りも刺激を受け、前向きに進める。
というようなことを聞いていたので、彼女のシンボルツリーが判明すると、全員「おお~音譜」となりました。

さらに驚いたことには、この「糸杉」さん。ゴッホの「糸杉」の絵が大好きで、そのイラストのファイルを持っているんです、と見せてくださったのです目



・・・・この日はシンクロの嵐でしたね。

もしかしたら、ゴッホも「糸杉」の人かもね、と話していましたが、帰宅して調べてみたら
やはり!!7月29日生まれのゴッホのシンボルツリーは、「糸杉」でした。

おそるべし、シンボルツリークローバー







いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
12、幸花の降る




職場環境や対人関係等、自分の居心地が悪く辛い時です。

動けば動くほど悪くなる時ですが、
状況を受け入れながら嵐が過ぎ去るのを待ちましょう。

長い人生の中ではそういう時もあります。

時間が味方してくれますので、信じて待ちましょう。
プラスになって自分に還って来ます。

状況が思い通りでなくても、
取り立ててそれを不幸と思わないで下さい。

喜びの花に希望を繋げ、時を待ちましょう。

喜びの天女が
「大丈夫。必ず好転する時がやって来る」と告げています。

今は少し辛い時かもしれませんが、
必ず満開の花の中で喜びの舞いを踊るあなたがいることを
信じていてください。

花が咲くまでにも時間がかかります。
今は、その全てのタイミングに合わせている時と考えましょう。

動かずにやり過ごした方がいいという時が確かにあるものです。
自分ではどうにもならない川の流れの中に入ってしまったと仮定しましょう。

自分の思いと行く方向が違うからと言って
川の流れに抵抗し、身体に力を入れてバタバタともがき流れに逆らって
動こうとすれば、体力が消耗するばかりか、気力さえも途絶えてしまいます。

そんな時は、むしろ体の力を抜いて流れに身を任せてしまえば
体力を消耗せず、気持ちも楽になります。

しばし抵抗することを辞め、
空を眺めるような気持ちで、その場さえも楽しみながら流れてみましょう。

肝心なのは、ただ流されるのではなく、
辿り着きたい岸辺を強くイメージしながら流れていくこと。

辿り着きたい岸辺にはどんな人達が待っているでしょうか?
あなたはそこで何をやりたいですか?

いつの日か、満開の花咲く岸辺で喜びの舞いを踊るあなたを信じて
今は少しずつ自分にあうことを見つけながら
時に合わせていきましょう。











いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


※これは、自分や人を見つめ、何が起こっているのかを広い視野で見るためにベストな並べ方で、あなたをより気づかせ、意識的にするためのものです。


********


①ものの見方【スウォードの3】
人生をネガティブなフィルターを通してみています。痛みや怒りの原因が実際にあるのかもしれませんし、単にあなたの姿勢の問題である場合もあるでしょう。どちらにしても楽なスペースではありません。

②コミュニケーション【太陽】
人との関わり方が、とてもはっきりしています。こうした関わり方によって、どうコミュニケーションすべきかという古い観念に縛られてしまい、自在に、真実から関わる自由が制限していないかどうか、確認してみましょう。

③仕事【ディスクのプリンセス】
仕事や行為のエネルギーにおいて、表面下で何かが育っている時です。それなりのタイミングとやり方で事が育ち、落ち着いていくのを待っています。これが現実的なことか、あるいは何かを先送りしているのか、チェックしてみらたいいでしょう。

④内面の自己【ワンドの5】
内面にたくさんの葛藤があります。自分のある側面と戦っているのかもしれません。あるいは、何らかの問題に対処しているのでしょう。

⑤性エネルギー【皇帝】
異性へのエネルギーは、重圧感や責任感に支配されています。相手の責任を取ろうとするのは、あなたの習慣でしょうか。

⑥身体【カップの3】
身体に陽気なエネルギーがあって、おそらくハッピーで遊びに満ちた感じでしょう。

⑦主な関係性【熱望】
今、相手に対してたくさんの情熱があり、それは決して退屈なものではありません。この情熱は、ベッドルームで起こっているいるかもしれませんが、そうでなければそうあってほしいと願っていることでしょう。

⑧新しい見方【ディスクのナイト】
今、何が起こっても対処できるとわかっているので、ちょっとくつろいでもいいと思ったことがありますか。

⑨マインド【カップの5】
空しさや満たされないことについて考えています。

⑩ピーク・エクスペリエンス【女教皇】
現状でできる最高のことは、内なる直感によって知ったことを信頼することです。あなたには何のことかわかるでしょう。でなければ、このカードがここに現れなかったでしょうから。

⑪スピリチュアル・メッセージ【ディスクの8】
あなたにはなじみのないことかもしれませんが、存在は、慎重に、そして自分を守って動くようにと勇気づけています。たぶんあなたは、せっかちに無謀に事を押し進める傾向があって、それがあなたの人生にネガティブな影響を及ぼしているのか、及ぼそうとしているのでしょう。あるいは内面的か、外面的な人生で繊細なものが育ちつつあって、急いだり、さらけ出したりしていると、台無しになってしまうということかもしれません。

⑫瞑想【月】
あなたにとっては不快でしょうが、今のあなたの大きな成長は、人生が解決すべき問題ではなく、生きる神秘であるにまかせるところにあります。

⑬概観【ワンドの4】
内側から、あるいは外側からやってきている完結の感覚があって、それがあなたの人生全体の方向性に影響を及ぼしています。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今月のワンコインタロットは、26日(木)16~18時です。

16:30~17時はご予約済みです。
当日はランチタイムからおりますので、16時前でも一人でヒマそうにしていたらお声掛けくださいラブラブ




イロハニ堂さんでは、明日13日(金)「イロハニ音楽祭'16」2マンライブ が開催されます。

「イロハニ音楽祭'16」
◆5/13(金) 最終日 2マンライブ
出演:岡村翼・倉品翔(GOOD BYE APRIL)
時間:open18:30 start18:30
料金:前売2000円 当日2500円 (+ドリンク・クッキー代600円)

ベル予約受付中
http://irohani-fes16.weebly.com/

◆出演者
●岡村翼
新潟市を中心にピアノ弾き語りで活動中。テレビ新潟TeNY「夕方ワイド新潟一番」テーマソング担当(現在放送中)。繊細なピアノのフレーズと、優しく力強い歌声。

●倉品翔(GOOD BYE APRIL)
バンドGOOD BYE APRILのボーカル、ギター、ピアノを担当。今年の3月にアルバム「ニューフォークロア」をリリース。透明感のある伸びやかな歌声、メロディと歌詞…すべてにこだわり抜いた楽曲は、聴く人の心を掴み、ふっと優しくしてくれます…。(主催の岡村翼自身が大ファンです…!)


『イロハニ音楽祭』ダイジェスト 2014年



**********

最近読んだ中でもイチオシの、超おススメ本です↓
「自分ぶっ壊しセラピー」~山志多みずゑ・著

きっとあなたのお悩みも、この本からヒントがもらえそうですよニコニコ

お悩みのほとんどは、自分の「思い込み」にとらわれて、
がんじがらめになっていることから生じていると思います。

その「思い込み」を持ち続けることがあなたを苦しめる原因になっているとしたら、
手放した方がよさそうですよね。
そのために、こんな見方があるんだ~ビックリマークと、びっくりさせてくれる本です。
(占いが必要なくなりますね~にひひ






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「同調圧力にだまされない変わり者が社会を変える。」~池田清彦・著
     
これはもう、タイトルにすべてが表わされています。    ジャケットにある以下の文言も衝撃的ですね。
             


この本を読んでいるとき、ちょうどNHKの土曜ドラマ「トットてれび」を観ました。
トットちゃんこと黒柳徹子さんは、まさに「同調圧力にだまされない変わり者」。あまりに何もできなかったのがNHKに採用された理由だったとか。事あるごとに「普通にやってくれ」と言われるのですが、どうしても周囲の望む「普通に」ができない。「全部が変」と言われて落ち込み、「あなたも?全部、変?」と犬に話しかけるシーンが胸を打ちます。そのトットちゃんがその後どうなるかは、皆さまご存知のとおりです。



********

さて、本書より共感した部分を引用させていただきます。

「そもそも人間は不平等」
差別されるという感情が新たな差別を生み出す
・・・いろんな格差がある中で、自分はマイノリティであるとか、自分は社会から取り残されたという感情がどうしても生まれてくる。そういう人たちがさらにもっと下のやつを「俺の方がまだいいぞ」といって差別する。それが、差別がなくならない根本的な原因だろう。

『ちびくろサンボ』を絶版させて喜ぶバカ
差別感情をなくすのはむずかしい。表現をなくしたって差別はなくならないからだ。

心情的差別は個人の自由
人間はどうみても不平等である。平等というのはタテマエにすぎない。しかし平等というタテマエは重要なのだ。制度的に差別するのと、心の中で差別することとは別なのだ。つまり個人の心情や感情の表現は、その人の勝手だ。だから何をどう表現してもいいのだ。問題は制度的差別にある。
私が言いたいのは「制度的差別をなくすことは大切だが、個々人の心情的差別をなくすことは不可能だ」ということだ。

人間は、人を差別したり人をいじめたりすることに快感を覚える動物なんだと思う。
誰かを差別することによって、自分が差別される恐れから逃れたいという思いがあるのだと思う。
(胸に手をあててよく考えれば、私自身の中にも大いにこのような思い↑があります。)

ゆえに差別はなくならない。だからといって法的、制度的な差別をしていいことにはならないのである。

********

「平等」に関して、『私は霊力の証を見た』では次のように書かれています。

第11章 なぜこの世に生まれてくるのか

・・・・人間は生まれながらにしてみな平等ではないからだ。霊的進化の程度において、われわれは一人一人みな違う。見た目には似通っていても、一人は霊的意識も発達し思想的にも大人であるが、もう一人は動物的で未熟で霊的にも子どもであるという場合もある。

二人はそれぞれの程度に応じた勉強のためにこの世に来た。一人はもうすぐ宇宙学校の大学課程へ進めるというところまで来ているが、もう一人は地上という幼稚園でさえまだ手に負えない駄々っ子かもしれない。二人は断じて生まれつき平等ではないのである。

英国の歴史家フルードは「人間は生まれつき不平等である。従って、あたかも平等であるがごとく扱おうとしても無駄である」とはっきり断言している。

人間は生まれつき平等ではない。また機会も均等ではない。となると、一体後に残るものはなにか。

われわれはこの地上に自分の意志による選択のもとにやってきた。このことを、しかと認識していただきたい。その時その時の進化の程度に応じて最も適切と判断した環境に生を享けている。そこで必要な体験を得るためである。

地上の人間には二つの大きなハンディキャップがある。
一つは無明または無知。要するに真理を悟れずにいるのである。この世に来るのは、その悟りに向けて必要な体験を積むためである。無明から解脱するまではそのハンディキャップによる障害は避けられない。
もう一つは肉体的制約である。

が、そうした様々な条件下において、自分は自分なりに最善を尽くすこと――霊的に、知的に、そして身体的に自分に具わったものを最大限に活用すること。それが地上に生を享けたそもそもの目的であり、そこに地上生活の意義がある。

すべての人間は、その点においてのみ平等といえるなぜなら、それ以外に地上生活の目的も意義もないからだ。










いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
「私は霊力の証を見た」/ M・H・テスター 著・近藤千雄 訳 より。

                    第八章 いつも希望を抱く




               人の心は、今おかれたその場で、
               それみずから地獄を天国となし、
               天国を地獄となす。      
                                ミルトン『失楽園』より



少なく見ても訪れる人の半数が、自分の置かれた環境に対する不平不満からどこかに痛みを覚えている。それを助長するのが取り越し苦労と罪悪感である。

患者を一、二度治療して何の変化も見られない時は、私はその人の置かれた環境について質問してみる。すると挫折感、不満のタネ、憤満、罪責感、等々が浮かび上がってくる。これだ、と私はにらむ。本当の治療はこれらの心理的要因を取り除ことにある。つまりその患者にとって本当に必要なのは、人生哲学であり、霊的真理の理解なのだ。

そこで私は霊の話を持ち出す。そういう世界、そういう真理があることを指摘したあと、その世界の存在を明らかにしてくれた先覚者、書物、道標を紹介する。患者は人生に希望の灯を見出す。その灯が迷信を生んだ他愛ないタブーや意識を駆逐していく。


               されど若し希望と恐怖が
               等しく事を調停するのであれば、
               私の性質(こころ)は恐怖より希望を選ぶ。


希望こそ環境に打ち勝ち、無用の罪責感と死後への恐怖を取り除き、憤満と挫折感をを和らげてくれる。無知と迷信に代わって、正しい知識と理解に基づいた未来への希望があなたを救う。

・・・・・

健康であるということは地上の生命として自然な状態にあるということである。そうでない状態はみな不自然なのである。そして、他の多くの不自然なものと同様に、不健康状態は法則からの逸脱を意味する。宇宙はきわめて単純な法則によって営まれている。その法則から逸脱すると、そこに不幸と病が生じる。

だから病気も苦悩も神が授けるのではない。人間の誤った生き方の産物なのである。ところが人間はあまりに多くの病苦を見慣れてしまったために、われわれはそれを人間生活につきものの、ごく当たり前で正常なことのように錯覚している。

医学も、いずれは治療医学から予防医学へと進むであろうことは間違いない。身体を治療するのではなくて、心の姿勢を正すことが医者の役目になるであろう。健全なる精神――常に明るく積極的で楽天的な考え方をする心は、健全なるからだをつくる。本当の医者は教師でなければならない。健康を保つ秘訣を教えてあげるのである。病気になった身体を治すのではなく、病気にならないように指導することである。

今や知識は十分にある。無数の人生の指導書があり医学的知識がある。不足しているのは、それを実生活に応用する決意だ。それを私はまず子どもの世代に要求したい。

子どもたちに死にまつわる愚かなタブーと病的思念と悪感情を持たせないようにしよう。憎しみや敵意、妬み、偏狭の心を捨てさせよう。じめじめした考えを捨てて、進取的かつ楽天的に物事を考え、同時に自然法則の存在を忘れず、いかなる形にせよ“不調和”というものに対する拒否反応を示す人間に育てよう。

また健康で幸せであることを人間として当然の遺産であることを自覚した人間に育てよう。
そして各家庭に次の言葉を飾って、それを家族全員が心に刻み込むように心がけよう。

「神の如く汝もまた幸いなり」




私は霊力の証を見た―奇跡の心霊治療/モーリス・H. テスター

¥1,296
Amazon.co.jp





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。