hatarakumamachanのブログ

あるときは不動産屋の営業マン!

またあるときは保育園通いの6歳児ママン!!

『日々是奮闘』中(>_<)


テーマ:

いよいよ来月からの消費税アップを控え、家計の状況はますます寒~くなっていきそうですが汗


一歩外に出れば、梅や桃の花ブーケ2 が目を楽しませてくれる季節になりました


さてさて今日のテーマは、決算、増税前の今月、まさにラッシュとなっている決済引渡し家


・・・・の前段階で、みなさんが経験する『立会』についてです



先日、お客さまから『立会』のときって、どんなところをチェックすればよいでしょう???


とご質問を受けました


立会~タチアイ(新築の場合は内覧会ともいわれます)とは


引渡し前に買主さんが売主さん立会いのもと現地を確認する機会のことをいいます


土地か、戸建てか、マンションか?


新築か、中古か?


によっても、内容が変わってくるのですが、今日のところはご質問のあったお客さまに合わせて


建売新築住宅での立会についてお話したいと思います


新築の場合、お客さまから


『どこを?』


『なにを?』


と質問がでるのはもっともでして汗


たいていの売主業者さんは、立会に先立って社内検査を行い施工不良箇所に関してはひととおチェックしているので、素人である買主さんが新たに発見できるような大きな欠陥というのはそうそう出ないもの・・


たいていは仕上がりの程度・・・たとえば


クロスの継ぎ目が目立ちすぎる(かぶせ過ぎか、隙間が空き過ぎ)

●コーナー部分の巾木や、階段の段鼻部分など、部材を突きつけで仕上げたところが荒い

●透明のフヨフヨ(クロスの糊が乾いて浮遊したもの)がいたる所についてる


などの指摘なんかが多いみたいです


売主業者さん的には、さくっと終わらせたいところなので


(いや、欠陥を隠すとかではないんですが・・・シラーパワービルダー業者の物件担当者さんって、日々、契約と立会、決済で忙しすぎるんですよね汗


設備機器の使用説明や、入居後のガス、電気、水道の手配などを説明しながらどんどん次の部屋に進んでしまいますDASH!


一応、『私たちもチェックしますよ』ってアピールするためにポストイットとか用意するとよいでしょうにひひ


また、お子様がいらっしゃれば一緒に連れて行くと視点が変わって意外な発見があったりします


(先日の立会でも、巾木の浮きを発見したのは4歳の男の子でした男の子



建売物件の場合、建物完成してからはモデルハウスのようなものなので、多数のお客さまや業者が出入りあしをしています


汚れや傷がついていることも結構あるものなので、チェックしましょう


実は、引渡後に、引越業者やエアコン取付業者などがぶっつけてしまって・・・


というのも、これまたよくあることなので


この、立会の時にひと通りチェックをしておくと責任の所在がはっきりできて良いのですひらめき電球



その他、チェックポイントについては下記にまとめてみましたので参考にしてみてくださいねべーっだ!


●内部


扉の開閉がスムーズか&戸当りに問題ないか




↑キッチンの吊戸棚や玄関収納など扉を勢い良く開けると、枠や壁にガツン!という箇所には、透明の当たり止め(通称 ナミダ目)を付けるなどして傷防止しましょう




手すりは、ひととおり手で揺すってみて、しっかり留めてあるかチェック




↑階段や、玄関、ベランダにお風呂・・・けっこういろんな所に付いてますね

とっさに、力が加わる箇所なので、安全確保のために重要です



・足裏で踏みしめながらあちこち歩いて床のきしみがないかをチェック

もし、床鳴りがするようであれば、床下の鋼製束で調整をして直すことが可能です


・水が出る設備は、ジャーっと流してみて排水不良がないか、配管からの水漏れがないかチェック






キッチン、洗面台に関しては収納内を覗くと給排水管が見えますので、ここも見てみましょう

モノをいれてしまってからだと気付くのが遅れて、床水びたし~の惨事になってしまいます叫び


玄関ドアに傷がついていないか


立会当日って、玄関開けっ放しのことが多いので、スルーしてしまってチェックし忘れちゃうのですが、実は、工事中、建具のなかで最も早い時期に取り付けられ、大きな部材を出し入れすることから傷が付きやすいのが玄関ドア 


また、引越の時にガツンドンッとやられやすいのもココ・・・ということで忘れず見てくださいませ



●外部


・売主業者さんが説明してくれると思いますが、境界確認は一番大事なポイントです




ブロック塀の真ん中なのか、内側なのか?

縁石は入るのか?


実際の標の位置を、測量図と照らしあわせながら確認をすると良いと思います


将来ご自身が買い換えをする際や、お隣の所有者が代わる際など自分で説明しなくてはならないシーンも出てくることなので、しっかり把握しておきましょう


・外回りでチェックすべき点は、雨水が侵入する可能性なので・・・


ベントキャップ(通気口のカバー)の取付や、配管のために貫通した部分のシールが施行されているかどうかは要チェック目



↑ベントキャップが、外壁サイディングに留まってません






↑給湯器の配管類

一番左以外は防水シールが施行されてなくて隙間がみえてます

ふさいでもらいましょう




以上、思いつく限り&素人でもチェックできる範囲で挙げてみましたが


こーんなこともあったよ目


とか、


ここを見ておくべきチョキ


など


経験者ならではのご意見、情報をお待ちしておりますっ音譜


ぜひっ






























AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

hatarakumamachanさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。