2011-01-13

背中

テーマ:ブログ
いつ以来だろう?こんなに地上にずっといたのは。

冬の冷たい空気が背筋を正す感じがした。

毎日のように馬の背の中に身を委ね、それが当たり前になりつつある日々から遠ざかっていた4週間。

久々なまとまった休みのなかで、以前に比べれば焦りや不安は幾分和らいでた気がした。

それでもやはり怖い。

帰ってきたとき、はたして
そこに自分の居場所はあるのだろうか?
本当に自分を必要としてくれる人がいるのだろうか?

なにより、騎手としての仕事。
跨がれる背中はそこに残っているのだろうか・・・

そんな恐れは間違いなく自分の深淵に影を落としていった。

今の自分には守るべきモノがなくてよかった。

安定よりもリスクを背負いながら夢見ることができて良かった。

そうでなければ、時代の流れに沿って生き方をまた改めなければいけなかったかもしれない。

どこにも行かずにゆっくりと日々を過ごす中で自然とそう感じた。


思えば全ては杞憂だったのかもしれない。

笑顔で迎えてくれる場所があって、そこには当然馬がいて、そしてその背中は躍動感に溢れていた。

何かが起こって初めて幸せを得られるのかもしれないとふと感じた。

久しぶりに味わったその場所は、地上からは幾分遠く、またその分、空に近かったから。

今思えば、あの日あの時全てを失った瞬間。
自信は驕りに、経験は迷いに、信頼は不安に変わったあの瞬間。
叱咤激励や、人から掛けられる優しい声まで全てが怖くなったあの瞬間。

その時から右手は?左手は?両の足は?と自問自答が始まった。

そうでもしていなければ真っ直ぐ立っていられない感じがした。

久しくして味わったその場所の感触も、少しの不安と焦りはあったがその経験が少し味方してくれたような気がした。

右手は?左手は?両の脚は?
目は?口は?耳は?

大丈夫。大丈夫。

大丈夫。僕はここにいる。

たまーに人に言われるときがある。

これを書いている君がここにいる君と同一人物なのか?とギャップを受ける。と

そりゃ普段はおバカさんで何も考えてないからねー。

書いているときはやっぱりそういう事なのだと思う。

右手は?左手は?足は?目は?口は?耳は?

僕はここにいる?

そういう事なんだと思う。

ただ父さん、一つだけ疑問があるんです。
今の僕の背中はどう見えますか?



いいね!した人  |  リブログ(0)

このページをご覧いただくには最新のFlash Playerをインストールし、JavaScriptを有効にする必用があります。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み