先週、三条事務所にて、上越新幹線トンネルの携帯電話対策について、地元メディアの方々にご説明させていただきました。

 

 

上越新幹線に乗車される方はよくご存じかと思いますが、多くのトンネルで携帯が使えません。新幹線内でいつでも携帯電話が使えることは、観光客誘致や防災の観点からも非常に重要と考えております。

 

私は情報通信を担当する総務大臣政務官として、全国の新幹線トンネルの携帯電話対策に取り組んでいます。

 

上越新幹線については、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、従来の計画を3年前倒しし、2019年度までの対策完了を目指しているところです。

 

具体的には、昨年度に東京方面から工事を開始し、今年3月には上毛高原駅の手前まで利用できるようになりました。(上毛高原駅までの残り区間は今年9月に利用可能となる予定です。)

 

今般、29年度予算を用いて、大清水トンネルを含む上毛高原駅から越後湯沢駅までの区間の対策を決定しました。これにより、いよいよ新潟県内での工事が開始されることになり、来年には東京駅から越後湯沢駅までの区間で携帯電話が使えるようになります。

 

今後とも、ふるさと新潟のため、早期に対策が完了できるよう、全力で取り組む所存です。

 

関連記事のご紹介:

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170526326062.html

http://www.ohbsn.com/news/detail/kennai20170526_8082081.php

リブログ(1)

リブログ一覧を見る

コメント(1)