4K・8Kのテレビ放送推進の取組

テーマ:

14日に開催された「4K・8K放送推進連絡協議会」に総務大臣政務官として出席し、ご挨拶させていただきました。

 

 

以前にもブログでご紹介させていただいたとおり、総務省では2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、現行の放送よりはるかに鮮明な4K・8K放送の実用化を推進しています。現在、IPTVやケーブルテレビの一部において実用放送が開始されているほか、BSによる放送については、昨年から試験放送が開始され、来年12月から実用放送が予定されております。

 

一方、BSによる4K・8K放送の視聴については、現在市販されている4K対応テレビだけでは視聴できず、外付けチューナーが必要になったり、チャンネルによっては新たなアンテナ設置が必要になるほか、電波漏えいなどの対策が必要となることもあります。

 

そこで、総務省では放送事業者、家電量販店などの関係団体の皆様と協力して4K・8Kの周知・広報戦略を進めるため、「4K・8K放送推進連絡協議会」を開催しました。この会合において、4K・8K放送の導入に向けた国民の皆様への広報などについて議論を進めていきたいと考えております。

 

 

NHKで報道されました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170414/k10010948851000.html