新潟県庁に赤旗が翻る危機

テーマ:
新潟県知事選挙が激しく繰り広げられています。我が陣営が推薦している森民夫候補ですが、現時点で情勢は厳しくなっています。

まず、今回の知事選の争点を原発政策のみの議論に展開しようとされていることにそもそも違和感を覚えます。

新潟の活性化のためには、経済、福祉、教育、交通インフラをはじめ様々な課題があります。その中で、どうして原発のみを争点にしようとするのでしょうか。課題が山積するこれらの問題を解決するためには間違いなく行政での執行経験があるか否かで大きく結果は変わってきます。行政経験、政治経験のない候補が当選して新潟の課題を解決することは極めて困難です。本当に新潟の未来のことを考えるのであれば、このことを真剣に議論すべきです。新潟の未来は原発だけではありません。

そもそもの原発再稼働の議論においても、あたかも森民夫候補が原発推進のようなイメージを植え付けられようとしています。しかし、以下の選挙広報紙にもあるように

{2338E675-86B6-4F0A-93D4-360CAD85C8DE:01}



①県民の安全確保が最優先課題としていて、
②国や東京電力に対して言うべきことを主張する

と明言しています。これを読んで「何が何でも推進派である」と主張しているようにとらえることができますか。是非とも冷静にお考えいただけましたら幸いです。

尚、今頃になって民進党が共産党等が推薦する候補を応援することを決めたそうです。理由は森民夫候補は自民公明の候補であり、その反対をするためだそうです。つまり、新潟の未来のためではなく、ただ、自公に反対するがための党利党略のために動くということなのです。どうか、ここは新潟の未来のために考え直していただきたいものです。

共産党が推薦する候補を当選させ、県庁に赤旗を立てることは新潟県の発展に繋がると本気で考えているのでしょうか。他府県では、共産党の県政が続き、街の発展が大きく遅れた事例もあります。私の愛する新潟をそのような状況に陥れることを私は看過できません。

最後は新潟県民の皆様の賢明なるご判断が頼りです。どうぞ、行政経験が豊富な森民夫候補の当選のためにご支援の輪を広げていただきますように心より宜しくお願い申し上げます。

金子めぐみ

コメント(3)