京極 夏彦
邪魅の雫

不思議なことはなにもない。京極堂の言葉が最後に心に落ちる。そんな作品に感じた。
意図的だと思われるその混沌に、多少の息苦しさを感じながら読みぬければ、 そこには複雑で波立つように見えたものが静かに凪いでいく快感がある。 全てを見てみればその荒いでいるかと思った波形は雫が落ちた時の小さなそれであった。
今回は今までの妖怪を見るような不思議さはなかった。 それでも心に残るこの遣る瀬無い気持ちは、今までの京極堂シリーズのものと似ている気がした。

榎木津の今までとは異なる側面もあり、中々新鮮だ。


良い作品だと思う。次回作にも期待。

AD
J. K. ローリング, J. K. Rowling, 松岡 佑子
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)

ついに発売されたハリーポッターシリーズ第6巻。残すところあと1巻に迫るハリーポッターワールドは怒涛の展開が繰り広げられた。


今回の展開は前巻以上にハリーにとって大きな転機が訪れる。謎のプリンスとは誰なのか、そして誰が味方で誰が敵なのか。沢山の謎が散りばめられ、目まぐるしい展開に引きこまれていく。読むにつれ予測される辛い展開には衝撃の結果が待ち受けていた。一気に読める勢いがあったと思う。


内容としては7巻と合わせて一つの話とするべきなのではないかと思わせた。様々な謎を残したまま6巻は終了する。一つの大きな区切りとしてはここで切ることは正しいと思うが、どうにもハリーの活躍らしい活躍が少ない。毎巻ハリーは大きな戦いを超え成長していくわけだが、今回はその戦いがどうも不明瞭で理不尽さを感じさせた。


他にも恐らく重要なファクターとされているハリーたちの恋愛事情もきっちり書き込まれている。チャンとの淡い恋を終えたハリーの新しい恋のお相手は正直意外であった。こういうところで彼らの成長を感じられ、非常に微笑ましい。


そして毎度言われていることだが、児童書として意識されただろう文章が少々疲れるのである。内容がシリアスになっているときに太字で強調されると、深刻である雰囲気が薄れていってしまうのだ。これはハリーポッター日本版の最初からある個性であり仕方ないとは思うが、もはや内容は児童書と分類するには難しい展開となっており、これはあくまでも児童書であるというジレンマが歪みとして出ているように感じられた。




AD
伊坂 幸太郎
ラッシュライフ

食わず嫌いだった伊坂幸太郎氏の本二作目である。本当に何故読まなかったのかと悔やまれる一冊でああった。


所謂群像劇である。複数の人間の物語が別々に進み、それがどこかで交差するものだ。有名な映画といえばマグノリアなどであろうか。このラッシュライフに出てくるそれぞれのストーリーは主に5つ。傲慢で大金持ちの画商と若く美人な画家、不倫の男女、リストラされた親父と老犬、新興宗教まがいなもに心酔している青年、そして泥棒。個性的な彼らの物語が徐々にそして緻密に交わっていく。


しかしこのラッシュライフは単に平面的に交わるだけのことではない。私達が手に取るものが3次元の小説であるならばこの小説は4次元と言っていいかもしれない。私達が見ることの出来ない世界を垣間見たような不思議な想いを抱かせる。著者が練りに練っただろうこの構成は非常に見事であった。


そして前回読んだ「オーデュボンの祈り」でも思ったことだが、この著者はとにかく最後がいい。これは好みが分かれるかもしれないが、綺麗に美しくまとめられている。ストーリーが奇抜で奇妙、そして不思議且つ斬新、そんな印象を抱かせているというのに、締めの部分で定番ともいえる少しいい話的なものを持ってくるのだ。このラッシュライフの最後でも少しじわりときてしまった。


まるで騙し絵を見た後のような楽しさと、爽快感、そしてすとんと落ちてじわりと広がるような優しい読後感で満たされる。読んでいない人は是非読んでほしい。そして読むときは休日の時間の空いたときにでも一気に読むことがオススメだ。

AD

ダン・ブラウン, 越前 敏弥
ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダ・ヴィンチ・コード(中)
ダ・ヴィンチ・コード (下)


映画化、そして文庫版も発売されたことなので、早速買ってみた。 エンターティメントとして中々良い出来だったと思う。とにかく知っている単語が良く出現する。ダヴィンチはもちろんのこと、聖書やテンプル騎士団、果てはディズニーまで。それだけでも楽しいが、それらの隠されているメッセージが矢継ぎ早に開かれていきながら、ストーリーが進んでいく様子は読んでいる人間を飽きさせないものがあった。展開も早く充実したもので、グダグダした部分が無い。一気に読めるものではないだろうか。

ただミステリとしてはよくある展開で、真新しいものはない。そこそこ面白いよくあるミステリという印象である。それだけであったならここまでヒットになることもなかったかもしれない。それでもここまでヒットする理由は取り扱っているものの知名度もさることながら、知識欲が満たされる要素が豊富に詰まっているからではないだろうか。この楽しさは所謂「トリビアの泉」に通ずるものがあるのではないかと思う。雑学を知る快感だ。

難しい内容はなくテンポ良く読めて量も程々。おまけに知っている内容がわんさか出て楽しさ満載。休日に読むには最適じゃないかと。
今邑 彩
蛇神

この本を読もうと思ったきっかけは先日放映された「世にも奇妙な物語 05’秋の特別編 」にて中々面白かった「ネカマな男 」の原作が今邑彩氏であったことだ。この「ネカマな男」の原作は「穴二つ」という話とのことなのだが、まずは、評判の良い蛇神シリーズから手に取ってみた。


家族の惨殺という凄惨な事故に見舞われた主人公日登美(ひとみ)が訪れた「日の本村」。そこは「日の本神社」を祀り、昔からの伝統を継承し続け、心から神を信じている村だった。神に仕える巫女達、日女(ひのめ)の地位を絶対とするその村は文明の整った世界で生きた日登美では理解を超える習慣の数々が存在していた。そして日登美はその異常ともいえる村の行事に巻き込まれていく。


この時点で沢山の謎が散りばめられ様々な予想などをしているのだが、日登美編は謎を散りばめた状態で終了。この切り方がまた憎いのである。いざ謎解きが、というところで終わっているのだ。その終わり方が、なんともいい演出で、高揚感高まったところでぶつりと切られるのだ。読む手を止まらせないこのような演出が随所に見られ、惹きこまされる。そしてその謎解きが「日美香の部」に引き継がれるのである。


構成としてはまず日登美の部、そして日美香(ひみか)の部の2編となり、それぞれ主人公が異なる。日登美の部にてありとあらゆる謎が散りばめられて、主人公は日美香に移る。そして日登美の部にて生まれた謎が解明していくのである。


ホラーとしてはよくある展開だが、最後まで読ませる力があった。とかく異様なほどに閉鎖的な日の本村は外から見れば理解を超え、どこか気持が悪さが付きまとう。いつもどこかに知らないことが存在している状態は非常に不安であり、恐怖だ。日登美の正体不明の不安には多いに共感できるものがあり、感情移入もしやすいものであった。

難しい文章も無く、ストレスなく読むことの出来るものだったと思う。
そんなに分厚い本ではないのだが、途中で切ることが難しい。次ぎが気になる展開の仕方はまるで映画のような感触だった。

真保 裕一
奇跡の人

良くて植物人間と思われていた状況から社会の中で一人で生活が出来るところまで復活し、奇跡の人と呼ばれる一人の人間の物語である。


病院で目が覚めた主人公相馬克己は事故を起こす前のことをまったく覚えていなかった。そして、生まれたばかりの赤ん坊のように真っ白の状態で目を覚ました。献身的に看病をする母、良心的な医師や看護婦達、同じ病棟に入院している仲間達。素晴らしい人々に助けられながら、そして奇跡の人と呼ばれながら相馬は二度目の人生を歩みはじめる。


相馬は8年という長い月日、入院していた。そしてそれ以前の記憶は無い。自分が8年間より前の記憶が無かったら、やはり探しに行きたいと思うのではないだろうか。しかしその8年間、自分にとても優しかった人々がひた隠しにしていたことを探ることはとても怖い。そして今の周りの人々に対しての感謝の気持ちが自分の行動を止めてしまうだろう。


そこに立ち向かう相馬の行動力は凄まじい。勇気ある大人の行動なのか無鉄砲な子供の行動なのか。ただ、今はもう8年前の君ではない。そう言われてすんなり納得できる人間が居るだろうか。今持っている脳と体で起こしたことに対して記憶が無いからという理由で責任が無いとはとても思えない。


前半の相馬は真面目な青年として誰からも愛される人間だった。しかし次々と判明する自分の過去に翻弄されながら相馬は自己中心的で我侭な人間性が剥き出しになっていく。真実を得るために人を騙すことに抵抗がない。心で謝りながらも人々の言うことを聞かずに動くその姿は我侭な子供を見ているようだった。その姿に腹立たしい気持ちも沸いていくる。


自己中心的な相馬には腹が立つ場面も多い。しかしその行動の基盤である、8年前の自分と今の自分は違う、と思い切ることの出来ない相馬の葛藤には共感を覚えた。


自分と記憶の無い自分。この手の小説は多いが、最後が陳腐に成りがちではないだろうか。その点、この「奇跡の人」は上手くまとまっていたのだと思う。

☆が三つなのは好みの問題である。前半の相馬にとても好感を持って読んだせいか、あまりにも後半の相馬が私の嫌いなタイプの人間に見えてしまった。そこも作者の思う壺なのだろうが。

伊坂 幸太郎
オーデュボンの祈り

伊坂幸太郎氏のデビュー作である。食わず嫌いであったが、新潮文庫100冊に入っているのを見て、ふらふらと買ってしまった。よくあることだが、今まで避けていた自分を悔いた。やはり食わず嫌いはいけない。


不思議な本であった。ミステリというものはまず、不思議なことがあってはいけないのだ。不思議なことがまかり通ってしまえばそれはミステリではない。ファンタジーである。しかしこの本は不思議としか言いようがない。

未来を知り喋る案山子、自分のルールで人を裁き殺す人間。そしてそれを容認している社会。私たちの世界ととてもよく似ていて大事なところが全く異なる世界である。ありえない世界をこの本は”孤島”というアナザーワールドで堂々と築いている。こちら側の人間という異分子が入ることで物語が進んでいく。そのこちら側の人間、すなわち伊藤がこの本の主人公である。


その理不尽な不思議をいつまでも不思議だと思いながら別の謎を読み追うのは少々疲れるものである。しかしこの本は少し読めばその不思議さが自分に馴染んでしまうのである。不思議が不思議じゃなくなるようにその社会を容認しているのだ。ツッコミどころは満載だ。しかしそんなことは些細な問題として、どうでもよくなってしまう。


不思議で愛しい世界。理不尽で不可思議な世界だったのに、読み終わればとても愛したい世界になっていた。非常に読みやすい本だ。しかし読み始めると止まらない類の本なので、休日に読むには最適な本かと思われる。

MUSICAL BATONというものが回ってきました~!ということで折角なので音楽レビューをしてみました。
バトン内容はぐぐっとスクロールしてやってください。
****ライン下にだらだらと書いてあります~


アーティスト: 松谷卓

タイトル: ビフォー・アフター コンプリート(CCCD)


あのリフォーム火付け番組「ビフォーアフター」のサウンドトラックです。

私はこの番組で松谷卓氏を知ったのですが、それ以来大ファンとなっております。

このCDはビフォーアフターのサウンドが全て入っております。

私自身「ビフォーアフター」はあまり見ていないのですが(番組は好きなんですけど^^;)番組を全く見ていなくとも問題になりません。

テレビ、映画を問わずサウンドトラックというものは、時にサウンドトラックを聞いてもどうも映像とともに聞いたときよりも感動が薄くなってしまっていることがあるのですよね。

映像とともに聞いたときはあんなに感動したのに、家のコンポで聞いたらなんだかイメージと違う、とか。(私だけ?)

映像とかだと、その音楽の一部分しか使用していないことになり、全体を聞くとまるでその一部分に後付けされたようなバランスの悪さを感じてしまうのです。

私は結構そういうことがあるのですけれど、このCDは大丈夫でした。

全体でとてもバランスが取れていて、盛り上がりもあり、エンディングもありでまるで起承転結を意識したような印象でした。

リフォームというより映画のようなサウンドトラックでした。

家の大きなリフォームには家族の大きな起点となるに相応しいドラマがあるということでしょうか。

もしかすると番組を見ていなかったからこそ反対に良かったのかもしれません。

番組を見ていない人にも、見ていた人にも満足できる逸品かと思います。


以下MUSICAL BATON の内容です~。
***************************************************************************


MUSICAL BATON とは、
音楽に対する4つの質問に答え、誰か5人に回していくという遊び。
そもそも『ミュージカルバトン』というのは海外のブログに端を
発する、音楽に関する企画。 音楽に関するいくつかの質問が
「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問
に答え、次の5人を選びの人にバトンを渡すというルールだそう
です。で、このバトン on-reco さんより回って参りました♪


上記説明文及び下記質問テンプレートをコピペさせていただきました~!



★ Total volume of music on my computer:
(自分のPCに入ってる音楽ファイルの容量)

私はPCであんまり音楽を聴かないんですよね~

全部コンポで聴いてます。PCがぼろいんで聴きながらだとあんまり作業ができないんですよね・・・^^;
ということでほぼゼロです(うわあ・・・)

ただ作曲しているサイトさんからいくつか。
全部合わせておそらく10M以下だと思います。少ないな~;;



★ Song playing right now:
(今聴いてる曲)

上記レビューにもあったビフォーアフターサウンドトラックです。
もうなんだか意味なく妄想して感動が・・・
心洗われるようでございます。


★ The last CD I bought:
(最も最近買ったCD)

最近は何を買ったかな~。

たぶん映画「BAD EDUCATION」のサウンドトラックが最新かと。
↓これです。

アーティスト: Pavel Gomziakov, M. / Berdiel, A. R. Aniesa, Ernesto de Curtis, Osvaldo Farres, Alberto Iglesias, Henry Mancini, Gioachino Rossini, Toto / Ambrosino, Armando Savio, Alberto Iglesias, Luis Augusto da Fonseca

タイトル: Bad Education (La Mala Educaci醇pn) (Original Soundtrack)

いやもう少年の歌声が美しくてどうしたら。
少年の声というのはどうしてああも美しくエロティックなんだろうか・・・。


★ Five songs I listen to a lot, or that mean a lot to me:
(よく聞く,または自分にとって大きな意味のある5曲は?)

よく聞くというのは時期によって変わっちゃうんですよね。
ということで最近よく聞くベスト5は

 アーティスト: サントラ タイトル: 「シカゴ」 オリジナル・サウンドトラック


 アーティスト: coba タイトル: 運命のレシピ


 アーティスト: 浜崎あゆみ, 佐渡裕, 島健, パリ・ラムルー管弦楽団 タイトル: MY STORY Classical

 アーティスト: bond, ボンド タイトル: ヴィヴァ/ウィンターサン


アーティスト: オムニバス, カール・ジェンキンズ, 葉加瀬太郎, ヨーヨー・マ, ジョージ・カランドレリ, 盤古2001, 山田英司, 周志華, 加古隆, 羽毛田丈史
タイトル: イマージュ

最近と言っておいてシカゴサウンドトラックなんていう中途半端に古いものが一番最初に来ている不可思議さはどういったらよいものか・・・。

最近の曲はとりあえずよく聞いてないんでわからないのですよね。

全体的にちょっと古めというのは置いておいて、サウンドトラックとか、ヒーリング音楽とか好きみたいです。

あとはR&B系が多いかと思われます。Bzとかも大好物なんですけど^^;


★ Five people to whom I'm passing the baton:
(次にバトンを渡す5人)

aya15 さん

qazuo さん


あれ?少ないね?

て、すみません。現在鋭意模索中です・・・
だって、まわしてよいかな~とか思ってみたらもうバトンは受け取ったあとだったり・・し て・・・

上記のお二人もすでにバトン回ってたりしたの見落としてたらすみません><






著者: 小川 洋子
タイトル: 薬指の標本

博士の愛した数式 」の著者、小川洋子氏の本です。彼女の本は初めて読みました。

フランスで映画化 が決定したみたいですね。

とても美しい文章と独特の世界観があり、惹きこまれますね。

不思議な人やもの、世界が私たちがいる普通の世界に自然に混じりこんでいます。

文章だけではなく、その世界そのものが凄く綺麗です。

綺麗で、不思議で、そしてとても静かな本でした。

大きい起承転結があるわけではありません。あまり動きのない本です。

私はこの文章はとても好きですが、その静けさが少々物足りなく感じました。

雰囲気は好むところなので、小川氏の他の本もいくつか拝見したいと思います。


ただ私はこの文章は非常に好みにあったので、読みやすかったのですが、受け付けないという方もいると思います。

そういう方には辛いものではないでしょうか。

非常に好みが分かれると思います。万人受けする本ではないと思います。

夏の庭 ★★★★★

テーマ:
著者: 湯本 香樹実
タイトル: 夏の庭―The Friends

例えば誰も死ぬことのなかったあの頃の世界へ戻ったとしたら世界は変わって見えるのだろうか。
人が死ぬということを本当の意味で理解することのなかったあの頃。
ふとしたことで人の死を感じる瞬間が訪れた時、私は何を思うのだろうか。
何も理解していない時の私は、やはり見てみたいと感じるのだろう。
「夏の庭」の少年達のように。
彼らの初めて近くに感じた死は友人の祖母の死だった。
そこから興味を持ち、一人の老人の死を見届けるために観察が始まる。
そして交流に繋がっていく過程はとても自然で、健やかで、そして輝いていた。
いずれ訪れる結末を考えればそれはあまりにも切ないものだった。
人が逝くということは、その人の表情、くせ、言葉、そして語り合う時間、全てが喪われるということだ。知らない時は全てが無くなってしまう、そう思っていた。
そんなことはない。喪われるものは大きい。しかし残るものは計り知れないのだ。
逝ってしまった人を偲ぶ心を無垢な魂が学ぶ姿は切なくて悲しく美しいものだった。


人に紹介していただいて読んだ本でした。泣ける本でした。

素敵な本をありがとうございました。