感動する話と感動する言葉の玉手箱

たくさんの感動を味わえる人生を送るためのブログです!辛いとき、苦しいときの癒やしのきっかけになれば幸いです。社団法人日本WEBライティング協会公認ブログです。


テーマ:
2020年には56年ぶりに東京でオリンピックが開催されます。

2011年に起きた東日本大震災の際、援助協力してくれた多くの国や団体にお礼と復興の姿を見せるため、2013年の決定から急ピッチで準備が進められています。
招致にはたくさんの人が関わって「チームジャパン」として活躍しました。
国・都・各職員、現役選手まで東京でオリンピックを開催するために力を尽くしたと思います。

前回の東京オリンピックは1964年、それまでのオリンピックはヨーロッパかアメリカでしか開催されたことがありませんでした。しかも日本は第二次世界大戦では敗戦国、戦後復興がようやくできてきたところだったため、立候補しても開催地に選ばれる可能性は限りなくゼロに近かったのです。

まだまだ世界に認めてもらえない…と思い込んでいる日本・日本人に誇りを取り戻させたい!と招致に向けて意欲を燃やしている人がいました。当時の内閣総理大臣 岸信介首相です。

首相は、この招致に向けてある夫婦に協力を依頼しました。
そして、依頼を受けた和田夫妻が五輪招致の実現に尽力してくれたからこそ、欧米開催が通例になっていたオリンピックの歴史を変えたのです。

ただ、和田夫妻はロサンゼルスで青果店を営んでいる日系2世のご夫婦です。そこに首相からの一通の手紙が届くところから始まります。
「JOC準備委員になり、中南米諸国の票獲得に力を尽くしてほしい」

終戦後の1948年のロンドンオリンピックに日本は参加を許されませんでした。
翌年の1949年に、日本の競泳チームが全米水泳選手権に参加を希望するも、アメリカではまだ排日主義が残っており、差別用語で呼ばれている現状だったのです。当然、日本選手団のために宿舎を提供してくれるはずもありません。
その時、宿舎がわりに…と自宅を提供してくれたのが和田夫妻でした。

選手たちの活躍により、日本人が表彰台を独占。
アメリカ人たちの日本人を見る目が変わったと言います。
選手たちは和田夫妻に深く感謝をし、和田さんたち日系人は選手たちのおかげで勇気づけられたのでした。

この時から9年後、選手だった古橋さんはJOC招致準備委員となっており、招致の難しさを痛感していました。
この時のオリンピック招致は、アメリカのデトロイドも立候補しており、IOCの中でも欧米票を獲得できるとして有力視されていました。
日本はアジアの各国の票に期待しても到底かないません。
となれば、欧米以外でたくさんの票を獲得できる地域は…準備委員会が出した答えは中南米諸国でした。
古橋さんたちは、スペイン語も話せてアメリカ在住の和田さんに協力を仰ぐことを決定したのです。

和田さんはアメリカに住んでいるだけで中南米に伝手があるわけではありません。
交渉がスムーズにいく保証もどこにもありません。
和田さんが思い出すのは…
戦中戦後、日系人としてアメリカ社会で虐げられたこと
古橋さんたちの活躍で日本人として誇りをもてたこと

しかし、いまだ多くの日本人が日本人としての誇りを持てずにいる
だから、オリンピックを日本で開催して日本人の誇りを取り戻してほしい

和田さんは奥さんと共に険しい交渉の道を歩むことを決めました。

まずはIOCで2票持っているメキシコに向かいました。
知り合いの農村で委員の人や選手を知っているか尋ね歩くところから始まりました。

和田さんは1から種をまき、メキシコの委員を紹介してもらえるところまでたどり着きましたが、メキシコはアメリカから経済援助を受けており日本を応援するのは厳しいと言われたのです。
「焼け野原だった日本にビルが建ち経済的に復興している。けれども日本人としての自信を取り戻せていない。欧米以外で初めてオリンピックを開催することで本当の意味での復興を果たしたい。そしてメキシコの五輪開催にむけて力を貸したい。一緒に夢を叶えましょう!」その言葉を聞いて、和田さんにブラジルの委員宛ての手紙を託しました。
「メキシコは五輪開催地を日本にすることに応援します。共に応援しましょう。」

同じくブラジルは2票持っている国ですが、ブラジルでは「IOCの総会に出席したくても経済的に参加できない。2,000ドルの資金援助をお願いできますか。」と言われました。ブラジルの日系人会に必死の説得をして、2000ドルの寄付を得ることができました。こうしてブラジルの応援もとりつけることができました。

そして、他の中南米諸国もくまなく回り、賛成への同意を得ることに成功したのです。

結局、準備委員からの依頼があり、開催地決定の会議が行われるミュンヘンまで自費で渡航し、最後のお願いと票固めをした結果…

1964年夏季オリンピックの開催地が日本に決定しました。
10月10日、国立競技場で開会式を見守る和田夫妻は嬉しさと共に、本当にがんばった日本・日本人を見て誇らしく感じたそうです。

そして、和田さんは一緒に夢を叶えるためにメキシコに渡り、五輪招致に向けて尽力しました。
1968年夏季オリンピックはメキシコシティーに決定するところまでやり遂げたのです。
メキシコ大統領からは感謝状が贈られました。

「和田さんは任務からではなく、心から五輪開催を望んでいました。それが多くの人を引きつけたに違いありません。」
メキシコの委員の方が言っています。

何もないところに種まきから始めなくてはいけない。必ず祖国に五輪の花を咲かせたい。

和田さんが信念をもって進んだ道には大きな花がたくさん咲いていました。

2020年の東京オリンピックでもたくさんの人の希望の花となることを祈りたいです。

参考資料
https://ja.wikipedia.org/wiki/近代オリンピック
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
自分がやりたかったことと違う!

そう言って仕事を変えてしまう人はいるかもしれません。
そもそも、自分のやりたいことが社会にそのまま用意されている…ということは幻想ではないでしょうか?

現在たくさんの方が従事している「レジスタッフ」ですが、その仕事を単純作業と捉えるか、たくさんの創造がある仕事と考えるか…これはある女性のお話しです。

彼女は思い返せば何をやっても続けることが苦手でした。
上京して大学に入っても、何かが違う…と嫌になってサークルを転々とするようなところがあったのです。

いよいよ就職の時期になり、彼女なりに吟味してメーカー系企業に勤めることとなりましたが、3カ月で上司と衝突して退職。
「つまらない」「私がやることではない」「私がやりたかったことではない」とその後も就職先を転々とすることとなります。
当然、彼女の職務経歴書は短期での就職と離職がたくさん記載されることとなり、正社員での採用が思うように決まらなくなっていくのでした。

けれども、生活のためにも働かなくてはいけないと感じた彼女は、派遣の登録をすることにしたのですが…
派遣先の社員の人たちとトラブルを次々と起こし辞めることになる…派遣社員としても十分に勤めることができなかったのです。

会社から次に紹介されたのはスーパーの「レジ打ちスタッフ」でした。
この当時は、現在のように商品をかざせば代金が入力されるシステムはまだなく、ひとつずつ手打ちしなくてはなりません。
技能としてはタイピングの技術も必要です。

勤め始めて1週間もしないうちに、彼女は「こんな単純作業がやりたいわけじゃない!」と思い始めていました。
ちょうど、娘の気持ちがわかっているかのように母親から連絡があり、「無理をしないで帰っておいで」と言ってくれたのです。

せっかく上京したのだから…と思っていたけれど、ここまでうまくいかない状況が続くと、さすがに彼女も母親の優しさに頼ろうという気持ちになりました。
そして辞表を書き、部屋の整理を始めると、一冊のノートを見つけたのです。それは彼女の小さい頃の日記でした。日記にはしっかりと「将来はピアニストになりたい」と書かれていました。

思い返せば…自分が唯一続けられたもの、それはピアノの練習だけだった…それでも結局やめてしまって、あの頃から何も変わってなくて、嫌だから逃げ出そうとし続けているんだ…
そして彼女は泣きながら母親に「もう少しがんばる」と告げたのでした。

「後少しだけ、2・3日でもいいからがんばってみよう」と心に決め、翌日からスーパーに出勤し始めました。ピアノのことを思い出したからでしょうか、「レジ」ではなく、ピアノを弾くような気持ちでレジを打ったらどうだろう、キーボードの位置だけしっかり覚えれば打つも弾くもそんなに変わらない、自分流のレジ打ちをすればいいんじゃないか!と思っている自分がいました。
レジ打ちを彼女流に極めてみることにしたのです。

レジから顔をあげて打てるようになると様々なお客様の顔が目に入りました。
今まで気にもしていなかったお客様の様子が目に見えるようになったのです。

いつも特売日にやってくるおばあさんが、珍しく立派なタイをかごに入れてレジにやってきました。
彼女は不思議に思って、思わずおばあさんに話しかけたのです。
「今日は何かいいことありましたか?」
「孫が水泳で賞をとったから、お祝い。」
「おめでとうございます。」
そんなことをきっかけに、他のお客様とも短いながらもやりとりをするようになっていきました。

ある特売日、本当に忙しくて彼女は自分の仕事に集中していました。そんな中、店長が店内放送でお客様に呼びかけています。
「本日は込み合いまして誠に申し訳ありません。どうぞあいているレジにお回りください。」
スタッフが増員された…と思いながら必死にレジ打ちをしていると、再度同じ内容のアナウンスがありました。また同じアナウンス…
彼女はおかしいなと思い周りを見てみると、何とお客様は彼女のレジにしか並んでいなかったのです。

店長に向かってあるお客様が
「ここへ買い物だけにきてるんじゃなくて、彼女とおしゃべりもしたいんだよ。だからこのレジじゃないと嫌なんだ。」
「そうそう、特売なんてどのスーパーでもやってるけど、彼女はこのスーパーにしかいないから、このレジに並ばせて」

彼女が泣き崩れたのは言うまでもありません。
「つまらない」「だれがやってもおなじ」仕事と見えても、そこには働く人それぞれの「創造性」が必ずあるはずです。そして、それを受け取る人が必ず存在していることも事実なのです。
だからどんな仕事も素晴らしい!

あなたのクリエイティブが誰かに伝わりますように…。

参考資料
www.forestpub.co.jp/namida/suisen.html
manatakebooks.seesaa.net/article/207091709.html
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
宮崎県で小児科医として100歳を目前にしても活躍されている貴島テル子さん。地元ではみんなの優しいお母さんとして多くの方から愛されています。おばあちゃん、お母さん、お孫さん…と親子で通われている方も多いそうです。

そんな貴島さんですが、ご自身にはお子さんがいらっしゃいません。その分、多くの子供の成長をみていこうと思い小児科医を選びました。
医師になろうと決めたのは生涯の伴侶であるご主人を戦争で亡くされてから、33歳で医師となりました。その後、50代で開業されて現在に至ります。普段の穏やかな笑顔からは想像はつきませんが、最愛のご主人が亡くなり、人生を絶望していました。

テル子さんの友人の兄であった政明さんは、海軍のパイロットをしていました。お父さんが外交官であり、海外生活を経験しているテル子さんは、はやくから自立した女性になりたいとの希望を持っていました。そして、この時代では珍しく政明さんはそんなテル子さんの希望を応援してくれていました。

二人は心を通わせるようになり、海外生活などで離れることがあっても気持ちがかわることはありませんでした。そのまま自然な流れで結婚の約束をしていたのですが、長引く日中戦争や第二次世界大戦が始まり、外交官であるお父さんは今後も戦争が激しく厳しくなると感じていたため、海軍の軍人である政明さんとの結婚を反対しました。それでも二人の気持ちはゆるぎないものでした。そしてとうとう昭和16年に結婚しました。

新婚生活…と言っても、戦争の最中です。政明さんは数日で隊に戻り、休暇と言ってもまたすぐに戻っていくという様子で新居を構える余裕もなくテル子さんは政明さんの実家で過ごしていました。この頃政明さんとテル子さんが交わした手紙は二人の愛があふれていました。

「本当の意味での清純な愛という言葉を、ぼくはあなたに心から贈ります」

昭和16年12月に真珠湾攻撃から太平洋戦争がはじまります。
そしてこの後、政明さんからの手紙は
「軍人として立派に死ねるように願ってほしい」
というような死を覚悟した内容ばかりになっていきます。手紙の検閲があったとしても、今までとは全く違う戦争や死についてばかりの内容…戦争が政明さんを変えてしまったのではないだろうか…テル子さんは不安な気持ちになっていきました。
そのうち、いくら手紙を出しても返事が全くないままの状況が続きます。

開戦の翌年、テル子さんに小包が届きます。今まで政明さんが出せなかった手紙と戦死通知でした。

結婚後1年足らず、共に過ごせたのは数十日…。最愛の人を亡くしたテル子さんの気持ちは想像を絶するものがあったと思います。
日々泣き暮らし、絶望の淵にあったテル子さんを救ってくれたのは、やはりご主人からの愛のあふれる150通もの手紙でした。
戦死後に送られてきた手紙の多くは軍人としての死の覚悟についてばかりでしたが、その中にはテル子さんに宛てた遺書がありました。

「最愛のテル子へ 余亡きあとしかるべく身を処されよ 良縁あれば遠慮するなかれ テル子の将来の幸福を祈りてやまず」

自分のことを最後まで心配してくれていた政明さん。テル子さんは政明さんと語り合った夢、そして応援してくれていた夢を思い出したのです。政明さんの想いに報いるためにも自立した女性を目指すことを心に決めました。

政明さんのお父さんは開業医であったため、政明さんの代わりに医師になるべくテル子さんは猛勉強をして28歳にして女子医専に合格し、33歳で医師となることができました。そして貴島の家に戻り、54歳で開業をして地元に根付いた医療を小児科医として行っています。現在でもテル子さんは政明さんと同じ「貴島」姓を守っています。

テル子さんは戦後、政明さんの戦友が主催する戦死者慰霊祭に度々参加していました。そこで政明さんと同じ部隊に所属していた男性と出会い、政明さんについて詳しく聞くことができました。政明さんはテル子さんが送ったテル子人形を肌身離さず持っていたそうです。もちろん最後の出撃の時も…。きっと最期は最愛の人が送ってくれた人形と共に逝ったに違いありません。

政明さんは戦争で人が変わってしまったのではなく、それまで以上にテル子さんを愛してくれていたのです。テル子さんのわずかな不安は取り除かれました。

今でも変わらずご主人を愛しているというテル子さん、心に宝物が持っていればきっと自分を支えてくれる…と伝えてくれています。もちろん政明さんからの手紙は宝物だけれども、心に宿る宝物はテル子さんを想いながら手紙を書いている政明さんの姿かもしれません。

参考資料
http://femininse.me/senses/45/
75年目のラブレター
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「おかあさん、もしナオが死んでも暗くなっちゃダメだよ。明るく元気に生きなきゃダメだよ。わかった?」
そんな言葉を、病と闘っている我が子から言われたら、心臓をギュッとしめつけられてしまいますよね。

「代われるものなら代わってあげたい」
もがき苦しむ我が子の姿を目の当たりにしながら、その姿を見守り、願うことしかできない親の辛さは、地獄の業火に焼かれるのにまさるものではないでしょうか。


『がんばれば幸せになれるよ』
小児がんと闘ったわが子の姿を母が記したこの本には、9歳の少年が母にあてた励ましの言葉がいっぱいつまっています。

山崎直也くんは、5歳の時に病魔に襲われました
「ユーイング肉腫」
10万人に1人といわれる子どもに多く発生する骨のがんです。
大変強い疼痛が特徴で、同じ悪性の骨腫瘍である骨肉腫よりも強いことがしばしば。体中に転移しやすく強い抗がん剤で治療しなければならない難病です。

子どもにはあまりにも過酷な治療。直也くんは痛みに耐え、必死に病と闘っていました。しかし、2001年6月、がんは全身に転移し、もはやなすすべもない状態になってしまいます。

目は開き身体はよじれ、直也くんは悲鳴とも絶叫ともつかない声で
「苦しい!息ができない!」と訴えます。
もうダメかもしれない。お母さんは我を失い、泣き叫びパニックに陥りました。
叫びながら病院中をかけめぐり、主治医を探しますが研修医しか見つかりません。

病状がおさまらない我が子を目にし、半狂乱になり周りに怒りをぶつけてしまいます。
「何もできないんだったら、あっちへ行ってよ!」

しばらくして、処置が効き始め、直也くんの呼吸が落ち着きました。
ほっとし、たちつくすお母さんが医師から告げられたのは
「今は落ち着いていますが、おそらくあと半日ぐらいだと思います。」との残酷な告知。

病室に戻り、平静を装うと必死のお母さん。その気持ちをいち早く察知したのは直也くんでした。

「おかあさん、さっきナオがあのまま苦しんで死んだら、おかしくなっていたでしょ。
だからナオ、がんばったんだよ。
それでも苦しかったけど。おかあさんがナオのためにしてくれたこと、ナオはちゃんとわかっていたよ。
『先生早く!』って叫んでいたよね。でも安心して。ナオはああいう死に方はしないから。
ナオはおじいさんになるまで生きたいんだ。おじいさんになるまで生きるんだ。
がんばれば、最後は必ず幸せになれるんだ。苦しいことがあったけど、最後は必ずだいじょうぶ」
そう、優しく母をさとすように語りかけたのです。

半日の命といわれた直也くん。しかし、彼は渾身の力を振り絞って頑張ります。

『夜10時過ぎ、直也は突然落ち着かない様子で、体を前に泳がせるようなしぐさをしました。
「前へ行くんだ。前へ進むんだ。みんなで前に行こう!」
 びっくりするほど大きな力強い声です。そして、まるで、迫り来る死と闘っているかのように固く歯を食いしばっています。ギーギーという歯ぎしりの音が聞こえるほどです。やせ衰えて、体を動かす元気もなくなっていた直也のどこにこれだけの力があったのかと驚くほど、力強く体を前進させます。』

また、直也くんは周りの人たちにも優しく語りかけていました。

『ある日、私が病院に行くと、主任看護婦さんが、「おかあさん、私、今日、ナオちゃんには感動したというか、本当にすごいなと思ったんだけど」と駆け寄ってきました。直也は、
「この痛みを主任さんにもわかってもらいたいな。わかったら、またナオに返してくれればいいから」
 といったそうです。「えっ、痛みをまたナオちゃんに返していいの?」とびっくりして聞くと、
「いいよ」
 と答えたそうです。
「代われるものなら代わってあげたい」。よく私もそういっていました。でも直也はそのたびに力を込めて「ダメだよ」とかぶりを振り、
「ナオでいいんだよ。ナオじゃなきゃ耐えられない。おかあさんじゃ無理だよ」
 きっぱりとそういうのです。』

どちらが大人かわからないくらいのあたたかい気遣いと深い愛を感じます。

死の告知をうわまわり、2週間後、直也くんは静かに息をひきとったそうです。

お母さんは泣きませんでした。それは、直也くんの命は永遠に生き続けている、肉体が滅びても直也くんは生きていると固く信じていたからです。
「身は滅びても命は永遠だよ。」
と直也くんはお母さんに話していたのですね。

「最後まで生きることをあきらめなかった直也の姿は、
私たち家族に、そしてたくさんの人たちに、勇気と励ましを与えてくれました。」
とお母さんは語ってくれました。
直也君と共に信じ、闘いきったお母さん、そして、最後まで頑張りぬいた直也君の心あたたまる言葉は、これからも全ての人へのエールとなるでしょう。




参考:『がんばれば、幸せになれるよ―小児がんと闘った9歳の息子が遺した言葉 』(小学館文庫)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
キャハハハハーッ!
あまりにも愉快なはしゃぎ声に、ふとふりむくと、なんとも奇妙な格好で自転車にまたがる人がスーッっと通り過ぎた。

ビニールの買い物袋の、手に持つ部分をそれぞれ両耳にひっかけ、風を切って走りぬけてゆく。ビニールの買い物袋は風にはらんで、まるでアドバルーンのように頭の後ろで膨らんでいる。キャハハハハーッ!その笑い声につられてコチラも笑ってしまう。

他にも、ゴミ袋を着た子供を自転車の後ろに乗せている人。大きいビニール製のゴミ袋の3か所に切り込みが入っていて、頭と両腕が出るように子供にスッポリ着せて簡易レインコートにしていた。

そんな日常で見たクスッと笑える出来事をハガキに書いて、毎日雨の日も風の日も一日もかかさず認知症とウツ病を患う遠方の母に送っていた脇谷みどりさん。

送ったハガキは14年間で5000通を超えてました。

平成8年、大分に住んでいた父親から電話が入りました。
「家に帰ってきてほしい!」
突然の申し出に脇谷さんはビックリ。実は、この時、お母さんは重いウツ病を発症していたのです。突然髪の毛を切りだし、火をつけたり、「死にたい」と繰り返す母。パニック生涯、過呼吸、意識混濁・・・。お父さんも疲れ果てて困惑していたのです。

スグにでも助けに行っててあげたい!
しかし、脇谷さんには、重度の障害を持つ、寝たきりの娘がいます。

生まれつきの脳性小児マヒ。どうして自分の子がこんなことに・・・。お医者さんからは「5歳になって自分で座ることが出来たら奇跡だ」といわれました。

しかし、5歳になっても座るどころか首もすわらない。
近所に住む、同じ障害の子供を持つ先輩ママに言われたことは、「あんたやで、あんたが変わらなダメなんや」 
自分の何がいけないの? どうしたらかのこは治るの?

ある時、娘のかのこさんを車に乗せて走っていた脇谷さんは、田んぼに囲まれた道を走る赤い車を見てかのこさんに語りかけました。
「きっと、あの車には幸せな家族がのっているんだろうね。私もかのこを産むまでは幸せだったのに」
自分で吐いた言葉にハッとし、電撃が走ります。
「わかった!かのこ。私だ、私やったんや。お母ちゃん、これから変わるから!」

その時脇谷さんがわかったこと、それは、「かのこさんの病気が治らなくては幸せになれない」と思いこんでいたことでした。

もし、この子が治らなくても、世界一幸せな娘にしたい。そして家族ひとりひとりが輝いていける、世界一幸せな家族になろう!

それまでは、かのこさんが入院すると、子供は病室に入れない病院の規則があったので、小さいころも兄はひとりぼっちでお留守番。なかなか手をかけてあげられない状態でした。でも、お兄さんはみずから3歳で泣くことを辞めたと言います。泣いてもおかんは戻ってこない。大変なんや。自分がしっかりしなくては!そう思っていたそうです。

脇谷さんは、家族に支えられていた事に気付きます。感謝の想いが沸き上がってきました。脇谷さんは、もともと目指していた童話作家の道へ進もうと決意します。24時間介護でしたから、かのこさんの隣にあるアイロン台を机代わりに、執筆活動を始めました。

そんな時に、突然の父親からの電話。帰ってきてほしいと言われても、かのこさんを連れて大分にはとうていいけません。

何か自分にできる事はないだろうか? そこで、脇谷さんは、クスッと笑える出来事をハガキに書いて、毎日大分のお母さんへ送ることにしました。娘から届くハガキを目にし、徐々に大分のお母さんに変化が起こります。ハガキを出しつづけて4年目、大分のお母さんから電話がきました。

「お医者さんが、病院にもう来なくてもいいですよって言ったの」
そうです、いつの間にか、うつ病も認知症も改善されていたのです。

77歳になるお母さんはほほ笑みながら話します。
「おもしろい絵手紙を毎日読むうちに、マイナスの事を考えなくなれたの」

脇谷さんは「とべパクチビクロ」という絵本を出しました。これに負けじと、お母さんまで本を出すまでに!

かのこさんのお兄さんは、今は障害者児童の教育に携わっています。「かのこさんがいてくれたから、自分の道を開くことができました。前世でも、今世でも、そして来世もきっと一緒に切磋琢磨していく縁深き戦友なのだと思います。」とかのこさんへのあたたかい想いを語っています。

一人一人が輝き、前に向かって進めるのは、かのこさんがいたからであり、お互いを思いやる気持ちが力になったからなのですね、きっと。

参考資料:http://www.chugainippoh.co.jp/interviews/konomichi/20120605.html
書籍「希望のスイッチは、くすっ うつ病の母に笑顔がもどった奇跡のはがき」脇谷みどり著
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。