題名の無い歌  PART1


 僕がこんなの言った事、あったかな。

2003年、何ヶ月かの練習舞台を終え、初の試合を軽くやってのけた僕らは

2004年 今月の新人。数々の新人賞。

それだけじゃ満足できなかった僕らは、

我慢できず、より多くの事を望むようになった。


2005年日本進出。韓国でのように、すべてが順調に行くかと思った。

初シングルはたったの4000枚を記録、その時から自信感は墜落した。

できもしない日本語、宿と会社だけの毎日。

我々のため、という壁のない監禁。極度の孤独と涙と怒り

これが僕らをひとつにした。


どんな事があろうと別れちゃダメ、いつも一緒にいよう、

お互いの良い面だけを真似ようと心に決めて駆け抜けた僕ら。

いよいよある日、切に願った一位をとった。

それぞれがケイタイを握りしめ、家族と友人たちに連絡を入れた。

その日が来た。その時からすべてが、うまくいき始めた。

数十万人という、国内の賞という賞を総なめ、人気を実感した。

涙は流れても、柔らかく落ちる気分。

どんな喜び、悲しみより幸せだった理由。

最後まであきらめず駆け抜けた僕ら、

どんな強さよりも強い、「ひとつ」という理由。

すでに変わってしまった君から(いつまでもその場にはいられない)

先に背を向ける(いつも泣いてばかりは、いられない)

どんどん遠ざかる君の名を呼んでみよう(空遠くに、僕らを放して)

しばらく駆けてきた。

思っても見ない大きな壁。

こんなに暗かったのかな、との思いが頭を占める。


こんなこともあった。

どんどん大きく膨らむばかりの借金。

一人じゃ背負いきれず、

以前言われた、必要なら・・・・、われわれはいつもお互い家族だから。

必要なら借りなさい、利息のない良い銀行だからと。

僕は勇気を絞って電話をかけて頼んでみた。

何か変な感じだったけど、頼れるすべてだったから。

ちょっと大金だったけど、僕らは永遠に共にするそんな家族だから。

いや、どんなに・・これでも・・だめだ。

いや利息でも払うかい?それなら、ちょっと考えてみよう。

その言葉に怒りが込みあがる。でも我慢してもう一回頼んでみた。

電話を切った。

流れる涙を止められなかった。

僕が今まで信じてきた家族じゃなかったから、混乱してきた。


僕らを必要とする時は家族、僕らが必要とする時は・・。

妙な事ばかりが増えていく気分。

とうとう大当たり。想像もできない実績に足取りも軽く会社に向かう。

紅潮した面持ちでお互いを見つめた。

よくやっと、と互いを褒め合った。

その時もらった・・・のマイナス4千万ウォン。

目を疑ってもう一度確かめたら、すべてがケイヒだ。

チキショ。あんな大金が全部、経費だなんて。

どんな経費で、あんな大金が全部消えるんだい。

とうてい信じられず、・・・を見たいと言った。

ああ、分かった、見せようと言われたまま、結局、仕事付けの毎日。

時間が過ぎれば過ぎるほど、疑問だらけ。

頭をくっつけて、考えれば考えるほど頭が痛くなるだけ。

最後に一言加えるなら、

・・のためのプレゼント、高級・その・・で何を変える

本当に、真剣に・・ためのプレゼントなのか?

結局は税金対策。

冗談じゃない。

前の先輩もそんな扱いだったのがよく分かった。


すでに変わってしまった君から(いつまでもその場にはいられない)

先に背を向ける(いつも泣いてばかりは、いられない)

どんどん遠ざかる君の名を呼んでみよう(空遠くに、僕らを放して)

すでに変わってしまった君から(いつまでもその場にはいられない)

先に背を向ける(いつも泣いてばかりは、いられない)

どんどん遠ざかる君の名を呼んでみよう(空遠くに、僕らを放して)

分かった。そういうことにしよう。やしい僕らが見過してあげよう。

何年も一緒に仕事してきた僕らの家族のために忘れてあげよう。

だけど、それはないよ。僕らに言う言葉じゃない。

最後まで僕らをがっかりさせようと、心に決めたとでも?

電話越しに言った言葉は、本当に信じられなかった。


先輩の言った通りだ。カネになるヤツだけ、残したかったのか。

多くの家族に、僕が出て行けば、将来は無いという・・・の言葉、

・・の言葉が頭の中から消えない。

言いたいことはもっとあるけど、この歌が出てから、

僕らがいじめられることを考えると、

苛立って、これ以上は言いやできない。


とにかく、僕らはきついけど、一生懸命やっている。

いじめにも、笑おうと頑張っている。

これは決して商品としての努力ではない。

人間として僕が死を迎える日、

後悔したくないという努力であるだけ。

そう、結局はJYJ


昨日と明日。一日中考えてみても、

あの時と今の違いが分かる25、僕の年。

もう、ペンを置くとしよう。

だけど気は楽だ。

ファンの愛が感じられるから。

心の片隅に積まれた荷物を下ろすつもりだ。

容易いことは無いにしても、気持ちは楽になった。

僕らは、ファンという家族ができたから幸せだ。

いつも思っている。君たちを愛してる。

だから、最後まで僕らを信じてくれる?

愛していると言ってくれる?

これからずっと努力するから、いつも僕らのそばにいてくれる?

まだ僕らには君たちがいる、君たちには僕らがいる。

約束する。すべてをかけて見せてあげよう。そう、僕らはJYJ。

すでに変わってしまった君から(いつまでもその場にはいられない)

先に背を向ける(いつも泣いてばかりは、いられない)

どんどん遠ざかる君の名を呼んでみよう(空遠くに、僕らを放して)

すでに変わってしまった君から(いつまでもその場にはいられない)

先に背を向ける(いつも泣いてばかりは、いられない)

どんどん遠ざかる君の名を呼んでみよう(空遠くに、僕らを放して)

城壁を高く積み上げ、扉も堅く閉めた。

愛は拘束しないもの。

愛は自由に放つもの。

そんなことは望んでもいない。

その、半分の半分の半分にも及ばない

君たちが作った僕らは、

永遠に井の中の蛙。

(ミュージカル『モーツァルト』セリフの中から)

まだ言いたいことが多いけど、

今日はここまでにする。

요 빨간글...

인간의 품성을 위한 교육인데

애들 스펙늘려주기에 바쁜 엄마로써,

회사용 상품으로 노력시키는 게 아닌가 하는 반성을 하게 합니다.

上の赤い字の部分、人間としての品性のための教育であるべきなのに、

会社用の商品としての教育をやっているのでは・・・と母として反省させられますね。


翻訳はエッセーと音源歌詞をミックスしました。

音源の音消し部分の・・・は、文脈から分かりますね?


翻訳:냠냠공주

AD

ペ・ヨンジュン岩出現

テーマ:


byj
なんと、今度はペヨンジュン岩が出現。

京機道クリのアチャ山にあるこの岩を、地元の住民や山登りの観光客の間で、そう呼ばれていると、YTNニュースが本日付けで伝えたのをネットで見つけた。

人間の横顔に見えなくもないが、これをペヨンジュン岩と呼ぶ理由は、「太王四神記」の撮影現場を見下ろしているからとか。

 一方、この地方は旧高句麗の領地内でもあったことから、ヨン様の扮する「廣開土大王岩」と呼ぼう、という声もあるらしい。


AD

コーヒーがブレーク?

テーマ:

今、日本ではなぜかコーヒー特集が目立つとか。

コーヒーそのものへの関心はもちろんの事、コーヒーに合う音楽に、小説にと、様々な角度で雑誌の一コーナーを飛び出し、丸々一冊になったりするらしい。

もちろん、コーヒーというのは、搾取の上に成り立った嗜好品という暗い面もあろう。


ともあれ、だからこそ先日取りあげた「コーヒープリンス一号店」は非常にタイムリーなドラマだったかも。

同性愛という目新しいコードもあったが、メインのストーリーはなかなか面白い展開だった。

基本は、まったくのシンデレラの構図。しかし、シンデレラは玉の輿に乗るのではない。王子に馬の乗り方を教わるのだ。もちろん、王子様とも結ばれながら。

これって、今ときを反映した最高に美味しい選択ではないかしら。

王子様は傲慢さを捨て、健気に脇目も振らず、2年もシンデレラが自立して帰るのを(留学から)待ち続ける。今までの、何かから逃げる留学ではなく(冬ソナでも、ユジンは傷心から逃げるようにして、留学を選らんだじゃないか)、現在の安楽を捨て、未来に投資する恋?

そのためには、同等な関係でなくては不安が生じるということか。

(そういえば、シンデレラの結婚後を描いたドラマもあったっけ)

王子とすすだらけ(シンデレラ)小娘の恋では、鳩時計の報せで目が覚めるのが現実?


ちなみに、現在、韓国の既婚女性の妊娠希望は30%だそうだ。

AD

Air Cityみる大人の恋

テーマ:

air

もうすぐ、エアーシティーがオンエアーされるとか。

チェ・ジウとイ・ジョンジェが主演。

個人的には非常に好きだったが、なぜか当地では視聴率がついてきてくれなかった。20%はおろか、15%も超えない程度。ま、冬ソナも、さほどでもなかったというから、日本でどれほど爆発力があるか楽しみ。

さて、なぜこのドラマが好きか、いろいろ考えてみた。

私としてはまず、視界が広い空港という場所の魅力も大きかったかも。

それに、まわりの助演たちの個性たちもよかった。

何より、大人の恋が見れたのがよかった。

自分の仕事に夢中でありながらも、相手の仕事を尊重し、しかもお互いの仕事に協力し合っている姿が、比較的ちゃんと描いてあった(ツッコむところがなくもないが)。これは他のドラマでは今のところ、見たことがない。

冬ソナでさえ、前半で、サンヒョクとユジンの結婚話が出たとき、あんなに有能なインテリアープランナーとしてのユジン本人には何の相談も無しに、あたかもそれが当然であるかのように、「仕事はいつ辞めるの?」というセリフが出てきたではないか。

国家諜報員と空港企画室長の恋。恋に落ちるとなると、どっちかが、譲る、我慢するのではなく、多分、キャリアーどうしの恋はこんなんだろうか?雄と雌の発情ではなく、ちゃんと、「大人の恋」。これが、このドラマの醍醐味。

いや、そんなの全部、屁理屈。

イ・ジョンジェがいいのだ。

ゴルゴ13のように濃い顔ではなく、洗練された醤油顔。

超がつく恋不器用だが、たまにしか見せないが、茶目っ気たっぷりの笑顔はかなりの高得点。

メロドラマ専属の感のあるチェ・ジウのキャリアーウーマン役が目新しいのか、視聴者の点数は辛かったが、もはや、相手役は誰でも良かった。いや、不細工であるほど、良かったかも??

エアーシティー、乞うご期待!

(実は、このドラマのファンたちは、シーズン2の制作をHPの掲示板でせがんではいるものの、期待薄のようだ。残る道は海外での反応次第かも)

中国発信:韓ドラの小物

テーマ:

韓国ドラマで一番よく登場する小道具―(中国www.tom.com のデータ)とは?

1.焼酎(いやなことがある時、他でもなくいつも焼酎)
2.携帯 ―金持ちでも貧乏でも最新型のケータイ

    (つまりCMつきとの批判も)

3.ラーメンなぜか、なべ蓋で受けて食べる

4.アクセサリー 

 (そういえば、イヤリングにネックレス、ヘアーピン

 などをつけてないヒロインはみたことないかも)
5.サウナー

  (羊巻きタオルは一般人も本当やっている!)

6.ぬいぐるみ

  (花束の代わりにすっかり定着?) 

7.巨大な冷蔵庫

  (決まって台所には両開きの巨大なものがー

   各種キムチを入れるにはそのくらい必要かも


 以上、中国人に新奇に思った韓ドラ小物だそうです。

視聴率を釣るタイトルとは?

テーマ:

「銭の戦争」というタイトルだけで、このドラマが始まる前から世論の関心を集めたように、ドラマのタイトル一つで、視聴率半分は過言でも、その力は多大なるもの。さて、その主だった特徴を並べるなら、

1.ハングルで5文字: 「パリの恋人」「人魚姫」「ばら色の人生」

2.主人公の名前入り: 「チャングムの誓い」「私の名前はキム・サムスン」

3.想像力を掻き立てるもの: 「私の男の女」「不良カップル」

4.躍動感溢れるもの: 「銭の戦争」「かまわずハイ・キック」

5.有名映画のタイトル: 「イヴお総て」「偉大なる遺産」

ジンクスもあるらしい。横文字タイトルはどうもアカンと。

「Dr.ギャング」、目下苦戦中の「エアーシティー」がそれ。

タイトルで視聴率をとるとはいい難いでしょうけれど、フムフムと妙に納得。

6月18日付けソウル新聞ネット版「視聴率を釣るタイトルの法則」を要約

「ジャンル・ドラマ」とは

テーマ:

今、韓国ではジャンル・ドラマというのが流行っている。

例えば日本ドラマの「白い巨塔」のように、

医者の世界といった限定された業界にスポットをあて、

その中の様子を素人にもちらちらと見せてくれるドラマ。

それこそ、少し前に終わった韓国版「白い巨塔」は大評判になり、ジャンル・ドラマの火付け役に。

現在放映中の「銭の戦争」は、「パリの恋人」のパク・シンヤン主演で今までタブーだったサラ金業者の話。

視聴率も大健闘中で、30%を軽く越している。

一方、チェ・ジウやイ・ジョンジェを主演にしても

仁川空港を舞台にした「Air City」は苦戦中。

10%をかすめている程度。

その差は?

番組HPの視聴者欄を読むと

一旦、ジャンル・ドラマを標榜したのなら、

とことんリアルに描いて欲しいという要望が数多く書かれているので、視聴者の厳しい目を満足させたかか否か、に関わるらしい。

手きびしい~。

血縁騒動、交通事故、不倫(△関係)から脱却して、韓流、いざ新局面に入る??


サイボーグでもいいさ

テーマ:

パク・チャヌク監督の『サイボーグでもいいさ』がベルリン国際映画祭に出品された。


saibog

はっきりいうと、韓国の国内ではコケタらしい。

こんな豪華なキャスティングでもコケるときはコケル~。

(左は歌手のピ(Rain)、右はイム・スジョン(箪笥などの)。

ロケ地まで行ったことのある私としては残念無念。

しかし、映画はともかく、ロケ現場でのびしょ濡れの格好と違い、

こんな晴れ舞台でレッドカーペットを踏むようになると、

顔も違って見えるな~。

ちなみに、クリントイストウッド監督は、ピが『硫黄島~』をみたことを知るや

「ピが、オレの映画をみてくれたぞ」とはしゃいだそうだ

(2月14日付けの新聞報道により)。

今後が楽しみな二人だ。