題名の無い歌  PART1


 僕がこんなの言った事、あったかな。

2003年、何ヶ月かの練習舞台を終え、初の試合を軽くやってのけた僕らは

2004年 今月の新人。数々の新人賞。

それだけじゃ満足できなかった僕らは、

我慢できず、より多くの事を望むようになった。


2005年日本進出。韓国でのように、すべてが順調に行くかと思った。

初シングルはたったの4000枚を記録、その時から自信感は墜落した。

できもしない日本語、宿と会社だけの毎日。

我々のため、という壁のない監禁。極度の孤独と涙と怒り

これが僕らをひとつにした。


どんな事があろうと別れちゃダメ、いつも一緒にいよう、

お互いの良い面だけを真似ようと心に決めて駆け抜けた僕ら。

いよいよある日、切に願った一位をとった。

それぞれがケイタイを握りしめ、家族と友人たちに連絡を入れた。

その日が来た。その時からすべてが、うまくいき始めた。

数十万人という、国内の賞という賞を総なめ、人気を実感した。

涙は流れても、柔らかく落ちる気分。

どんな喜び、悲しみより幸せだった理由。

最後まであきらめず駆け抜けた僕ら、

どんな強さよりも強い、「ひとつ」という理由。

すでに変わってしまった君から(いつまでもその場にはいられない)

先に背を向ける(いつも泣いてばかりは、いられない)

どんどん遠ざかる君の名を呼んでみよう(空遠くに、僕らを放して)

しばらく駆けてきた。

思っても見ない大きな壁。

こんなに暗かったのかな、との思いが頭を占める。


こんなこともあった。

どんどん大きく膨らむばかりの借金。

一人じゃ背負いきれず、

以前言われた、必要なら・・・・、われわれはいつもお互い家族だから。

必要なら借りなさい、利息のない良い銀行だからと。

僕は勇気を絞って電話をかけて頼んでみた。

何か変な感じだったけど、頼れるすべてだったから。

ちょっと大金だったけど、僕らは永遠に共にするそんな家族だから。

いや、どんなに・・これでも・・だめだ。

いや利息でも払うかい?それなら、ちょっと考えてみよう。

その言葉に怒りが込みあがる。でも我慢してもう一回頼んでみた。

電話を切った。

流れる涙を止められなかった。

僕が今まで信じてきた家族じゃなかったから、混乱してきた。


僕らを必要とする時は家族、僕らが必要とする時は・・。

妙な事ばかりが増えていく気分。

とうとう大当たり。想像もできない実績に足取りも軽く会社に向かう。

紅潮した面持ちでお互いを見つめた。

よくやっと、と互いを褒め合った。

その時もらった・・・のマイナス4千万ウォン。

目を疑ってもう一度確かめたら、すべてがケイヒだ。

チキショ。あんな大金が全部、経費だなんて。

どんな経費で、あんな大金が全部消えるんだい。

とうてい信じられず、・・・を見たいと言った。

ああ、分かった、見せようと言われたまま、結局、仕事付けの毎日。

時間が過ぎれば過ぎるほど、疑問だらけ。

頭をくっつけて、考えれば考えるほど頭が痛くなるだけ。

最後に一言加えるなら、

・・のためのプレゼント、高級・その・・で何を変える

本当に、真剣に・・ためのプレゼントなのか?

結局は税金対策。

冗談じゃない。

前の先輩もそんな扱いだったのがよく分かった。


すでに変わってしまった君から(いつまでもその場にはいられない)

先に背を向ける(いつも泣いてばかりは、いられない)

どんどん遠ざかる君の名を呼んでみよう(空遠くに、僕らを放して)

すでに変わってしまった君から(いつまでもその場にはいられない)

先に背を向ける(いつも泣いてばかりは、いられない)

どんどん遠ざかる君の名を呼んでみよう(空遠くに、僕らを放して)

分かった。そういうことにしよう。やしい僕らが見過してあげよう。

何年も一緒に仕事してきた僕らの家族のために忘れてあげよう。

だけど、それはないよ。僕らに言う言葉じゃない。

最後まで僕らをがっかりさせようと、心に決めたとでも?

電話越しに言った言葉は、本当に信じられなかった。


先輩の言った通りだ。カネになるヤツだけ、残したかったのか。

多くの家族に、僕が出て行けば、将来は無いという・・・の言葉、

・・の言葉が頭の中から消えない。

言いたいことはもっとあるけど、この歌が出てから、

僕らがいじめられることを考えると、

苛立って、これ以上は言いやできない。


とにかく、僕らはきついけど、一生懸命やっている。

いじめにも、笑おうと頑張っている。

これは決して商品としての努力ではない。

人間として僕が死を迎える日、

後悔したくないという努力であるだけ。

そう、結局はJYJ


昨日と明日。一日中考えてみても、

あの時と今の違いが分かる25、僕の年。

もう、ペンを置くとしよう。

だけど気は楽だ。

ファンの愛が感じられるから。

心の片隅に積まれた荷物を下ろすつもりだ。

容易いことは無いにしても、気持ちは楽になった。

僕らは、ファンという家族ができたから幸せだ。

いつも思っている。君たちを愛してる。

だから、最後まで僕らを信じてくれる?

愛していると言ってくれる?

これからずっと努力するから、いつも僕らのそばにいてくれる?

まだ僕らには君たちがいる、君たちには僕らがいる。

約束する。すべてをかけて見せてあげよう。そう、僕らはJYJ。

すでに変わってしまった君から(いつまでもその場にはいられない)

先に背を向ける(いつも泣いてばかりは、いられない)

どんどん遠ざかる君の名を呼んでみよう(空遠くに、僕らを放して)

すでに変わってしまった君から(いつまでもその場にはいられない)

先に背を向ける(いつも泣いてばかりは、いられない)

どんどん遠ざかる君の名を呼んでみよう(空遠くに、僕らを放して)

城壁を高く積み上げ、扉も堅く閉めた。

愛は拘束しないもの。

愛は自由に放つもの。

そんなことは望んでもいない。

その、半分の半分の半分にも及ばない

君たちが作った僕らは、

永遠に井の中の蛙。

(ミュージカル『モーツァルト』セリフの中から)

まだ言いたいことが多いけど、

今日はここまでにする。

요 빨간글...

인간의 품성을 위한 교육인데

애들 스펙늘려주기에 바쁜 엄마로써,

회사용 상품으로 노력시키는 게 아닌가 하는 반성을 하게 합니다.

上の赤い字の部分、人間としての品性のための教育であるべきなのに、

会社用の商品としての教育をやっているのでは・・・と母として反省させられますね。


翻訳はエッセーと音源歌詞をミックスしました。

音源の音消し部分の・・・は、文脈から分かりますね?


翻訳:냠냠공주

AD

コメント(4)