韓ドラ・マガジン-ザン・ジニョン

映画より映画のような純愛話をお届けします。

 日本でも放映された、ヨン様主演の「大王四神記」の裏番組だった「ロビイスト」でのヒロイン、ザン・ジニョン장진영さんが、つい先日、92日に、胃がんで亡くなった。若干35歳の若さだった。この訃報と共に、なんと、亡くなる4日前に結婚届けが出されていた事も伝えられた。


女優の財産目当てじゃないの?との疑い目を向けられた事が一部にあったらしい。
この手の低レベルは聞くだけで気分が悪くなる。
だって、相手は韓ドラ感覚でいうなら、逆に男性の家の方から、女優の嫁なんか認めない、といいかねない、15代前国会副議長(김봉호氏)の二男でアメリカの大学のMBA持ちの事業家。
万が一、借金まみれで首が回らなかったとしても、相手は、全国民が知っている「大」が付く女優。今後、本当に愛する人ができても再婚などできなくなるかもしれないし、一生、彼女の名前と共に生きることになる。
旦那さんはただでさえ悲しいのに、こんな誹謗にどれほど心を痛めただろうか

しかし、ワイドショーで追悼式の場面が流れたから、そんな聞く値もしない誹謗は一蹴されたと思う。
それは、一瞬のでき事だった。
ジニョンさんの父が、娘を送る言葉を述べている最中だった。
あたかも、「はい、そうです、お父さん」と頷くようなタイミングで壇のうしろにあったジヨンさんの遺影が風でぱたっと倒れた。
その瞬間、弾丸のような速さでかけよって遺影を正したのが、始終、頭をうな垂れていた御主人だった。
彼は、数日間の葬儀の間、ご本人の悲しみを押し殺し、けなげに喪主を務めていた。

結婚の話は、同級生の記者の執拗な要請に答えて、世に知られるようになったらしい。

彼は、「彼女が私であり、私が彼女だった」と答え、「一人で逝かせたくなかった。今生でできなかった愛をあの世で全うすべく、結婚届けを出した」と。

しかも、ご主人は彼女に病状をひた隠し、治ると信じこませていたらしい。胃がんを告げられた時、健康な女性に出会って、とジニョンさんから別れを告げられたくらいだから、余命数日と分かればプロポーズも受諾しなかったはずだと。

しかし、なんというアイロニー。
このそっくりなストーリの映画で、彼女はヒロインを演じていた。
タイトルは『菊の香국화꽃 향기
いつか、本当の彼女の話が映画になると思う。今度はドキュメントとして。 


普段なら海を越えていち早くこの話が日本人にも届けられただろう。
しかし、最近のワイドショーは、与党になった民主党関連や覚醒剤で乗っ取られ、どうにも放送してくれそうにない。
しびれを切らし、何年ぶりかにこのブログに向かった。
ぷっつり書かなくなったのは、ただ、日々に追われたからだったが、
ブログ再開にはきっかけが欲しかった。

これからは、ちょくちょく書くつもりです~。

*写真は「青燕청연」のポスター。

この作品は以前、共演のキム・ジュヒョクを中心に紹介しました。

ヒットしなかったのでいつの間にかお蔵入りとなり、DVDさえ見ることができませんでしたが、

彼女の死をきっかけに、もう一度世にでるかもしれませんね。

AD