「王の男」で一躍大スターになったイ・ジュンギ。
それ以来、「女よりきれいな男」というイメージを振り払うべく、「犬と狼の時間」では汗臭さを前面に出した男らしさをアピールし、クレヨンしんちゃんの顔芸でひょうきんな面を見せたりで、すっかり芸達者の座を不動に。
しかし、いくつかの興行失敗を経て臨んだのが、この「一枝梅」。
ここでのイジュンギは、貴族に生まれながら陰謀による父の死で家は没落、自分だけが生き残って盗賊となる役。盗んだあとはいつも一輪の梅が残されたから、いつの間にか彼の名を「一枝梅イルチメ」と呼ばれるようになった、らしい。この程度の情報はみんなが知っている耳かじり。

第2話の終わりごろ、息子(イ・ジュンギ)の姿が見えないと、めぼしい少年を面識のある人に確認させる場面。この人じゃないと証人は首を横に振ると、武士は遠くの上司になんと、腕をクロスさせて「X」印を見せた。
しばらくは違和感なかったが、しばらくしてあれれ??と笑いがこみあげた。
このジェスチャー、つまり腕のX印がいつから「NO」として定着したのだろうか?
最近BSで再放送が始まっていたらしいが、偶然目にしたこのシーンで録画するようになった。また、どんな「???」をみせてくれるかしら、と^^。
AD
さすがビョン様。
前回、演技力で褒めたが、他にもビョン様様と仰ぐところがあった。
「アイリス아이리스」でのイ・ビョンホンの扮する「ヒョンジュン」のファッションが広告塔となって業界はホクホクらしい。
視聴率も、もはや30%間近。
それは、恋人キム・テヒとのラブシーンのお陰?との下馬評。
キスシーンは5%、ベッドシーンは10%上乗せと。
そりゃ、イ・ビョンホンは役でも百連練磨の上、四十路に手が届きそうな齢ときている。二十歳そこそこのBoyaとはわけが違うでしょうよ。
今回は、真剣すぎないエロかわいい路線のようだ。
なかでも、ネット検索一位をとったのが「飴玉キス사탕키스」。
$韓ドラ・マガジン
「White Dayのプレゼントに飴玉ひとつないの?」とねだるキム・テヒに、
「本当に飴玉ひとつだな?」と念を押し、しばらくして現れたイ・ビョンホン。
ところが、手ぶら。
「何、手ぶらなの?」というキム・テヒの口をキスでふさぐ。
次の瞬間、びっくりするヒロインの目とぽっこりもりあがったホッペタが画面いっぱいに。
飴玉業界は、来春のホワイトデーに向けて、大急ぎで「デカ飴玉」の生産に拍車をかけるべし。
どんなに高く見積もっても、コイン一つで済みそう。これは男性諸君にも朗報かも。
ただし、こう見えて実行に移すには、高度なテクニックを要すると思われ、その境地?に至るまでの授業料も相当必要かも??なら、あっさり降参する?

AD
$韓ドラ・マガジン
久々にお茶の間でお目にかかるビョン様ごと、イ・ビョンホン
10月14日から、KBSで放送された「アイリス」の話。
もはや「007」でさえも使えなくなったイデオロギーものを使える唯一国だからこそできる諜報物らしい。
以前の空前のヒットとなった「シュリ」ばりのメロあり、笑いありのアクションもの。しかも、200億ウォン以上という製作費のほとんどは、役者たちの出演料ではないか、といわれるほどの豪華キャスト。イ・ビョンホンをはじめ、「ホテリアー」で支配人役で渋い味を出してくれた、キム・スンウ、ヒロインは綺麗すぎるといわれるキム・テヒとくれば、そりゃ見ないわけにはいかない。
そのスタートは全くもって順調、20%越えの視聴率をたたきだした。
見た感想は・・・
イ・ビョンホンの演技力は定評がありましたが、さすがに圧巻。
極限に置かれた人間の顔、その状況に追い込んだ人に対する憤り、一目ぼれした顔、任務に向かう顔、音痴丸出しのカラオケ。役者志望なら、この1時間のテープを100回は見た方がいいかも、と思うほど表情の綜合ギフトセット!ダテにビョン様じゃないのね。毎週が楽しみです~。

AD

流行語大賞もの?

テーマ:
バラ整形に続き、今日も面白い韓国語でいってみようと思います。
オムチンア(엄친아)とオムチンタル(엄친딸
母の友人の息子(들)と母の友人の娘()から。
つまり、こどもをしかるとき、
「おかあさんの友人の息子(または娘)はね、00大学に入ったのよ、00賞とったのよ」という類のうらやましさ。つまり、手の届かない存在ではなく、近くにある嫉妬と羨望の対象とうこと。
使われ方としては、
「実は彼女は「オムチンタル」であった。歌手だと思ったのに、東方神起の弁護士でもあったのだ」などと。
例にあげたのはイ・ウンミン이은민さんとの事。


またまた、ご無沙汰してしまいましたσ(^_^;)
毎日の習慣にしていると、小さいことでもネタになるのですが、
久々にになると、ついビックネタを探して、結局書けなくなってしまします。
毎日あう友人の方が、おしゃべりが弾むのと同じ原理?
ということで、きょうは書くに値する(私にとって)ネタを発見!

タイトルにもあるように、
バラ整形」という用語を発見!
その意味は???
なんと、メスのいらない整形らしいです。つまり「プチ整形」
ボトックスやら尿酸注入など?

元の意味は、中国内における奇形などの障害自動に整形を施す慈善団体の名称。
その趣旨に賛同して行事に参加していた、韓国の体表的なトレンスジェンダーのハリスの4年前の写真が公開されたことで、「プチ整形」の意味に替えられて報道されたしまった。
これで元の意味を離れ、「プチ整形」として落ち着いちゃったらしい。

慈善整形、プチ整形
どちらの方が「バラ整形」に近いと思います?