太王四神記の中間報告

テーマ:

昨日で、24回中12回が終わった。

まず視聴率。

1度は30%を超えたものの、2,3%足らずで20%台後半でくすぶっている。理由は50%近くの視聴率を誇った「朱蒙」のソン・イルグク主演の「ロビイスト」が裏番組に控えているから。このロビイストは可哀想に15%前後止まり。始めは、20%ずつ仲良く分かち合うか、もしやロビイストがひょっとするかも、という期待感もあったが、先発の力を超えられなかった形。何で別の時間台を取らなかったのだろう。避けたなら、テサギももっと上がって、ロビイストも生きただろうに。

制作費。430億ウォンかかった、いやもっとだ、という制作費の使い分けは、130億ウォンは撮影セット(チェジュ島)や小道具に使ったらしいらしい。

残りのうち、俳優たちの出演料が問題となった。ペ・ヨンジュンが一人で50億をもらった、いや、違うと意見さまざま。実情は、ペ・ヨンジュンは共同出資者でもあるので、役者としていくらもらう契約ではなかったらしい。

が、世間は、根拠のないところに煙は立たぬと、その破格な金額にねたみに妬んだ。

キャスティング。一番苦労したのは、ぺヨンジュンの相手役の二人のうち、モトカノ役のムン・ソリさんだろう。演技力を買われ投入されたのに、「ペ」の叔母のようだ、ドラマに入り込めないなど辛辣なバッシングが続いた(最近はマシではあるが、まだ、続いている)。おかげで、もう一人のペの相手役、イ・ジアは全くの新人でありながら、相対的であったのか、セーフをもらっている。掲示板に演技力云々はあまり見かけない。

さて、いよいよ当のペ・ヨンジュン。

ここにきて、ヨン様復活、という兆し。

「どうせ、日本のおばさんが好きなだけでしょう?、と以前は言っていたがもう言わない。彼のすごさがわかったから」、「もうヨン様とは言わない(韓国人なのにという意味で)。それは、皮肉るときに使っていたから(こうなると、私もヨン様と言いづらくなった)」という意見がHP掲示板をにぎわせている。

きのうの12回で、斧をよけるシーンで彼の腰の柔軟性は、アクロバッターなみ。

やっぱり、映画館でもみたいかも。

AD

4god

「太王四神記」の四神(つまり神の使者?)の一人である、ヒョンゴ。俳優は、オ・クァンロク。
この人が最近、ブレーク中。ご覧の通り、小さいながらも「村長」でもあるのに、威厳のカケラもなく、「ボケ」で通す。そんな彼の話し方やマチ子巻きの姿をパロったUCCがネットを賑わせているとか。日本でも字幕処理されるというから、スタッカート気味のマヌケな話し方は分かるはず。

あまり知らなかった俳優だったが、昨日偶然目にした『ミスターソクラテス』でもキム・レウォンの父役として出ていたのね。

今はただ、玄武の神物を預かっている役だったが、いよいよヨン様が扮するジュシンのブレインとしてその力量を果たすらしい。確かに、味な脇役である。


AD

ペ・ヨンジュン岩出現

テーマ:


byj
なんと、今度はペヨンジュン岩が出現。

京機道クリのアチャ山にあるこの岩を、地元の住民や山登りの観光客の間で、そう呼ばれていると、YTNニュースが本日付けで伝えたのをネットで見つけた。

人間の横顔に見えなくもないが、これをペヨンジュン岩と呼ぶ理由は、「太王四神記」の撮影現場を見下ろしているからとか。

 一方、この地方は旧高句麗の領地内でもあったことから、ヨン様の扮する「廣開土大王岩」と呼ぼう、という声もあるらしい。


AD

ソウルのイタリアン

テーマ:

ita2

先日、日本から来た友人がこの店に連れてって欲しいという。

「クォンサンウと船越さんが行ったイタリアンレストラン」で、押鳩井洞のプラダ路面店の近くのLa Volpaia。これが結構おいしかった。最近、ソウルでは韓国料理でなくても、まあまあ「いける」料理屋が増えてきた。

空前の世界旅行ブームで、舌も肥えてきたのだろう。なんと店長の修行先はイタリアではなく、ニューヨークと東京らしい。イテウォンのハミルトンホテルの近くにも2号店があるらしい。

itarian

これだけは、日本と違う。

突き出しのにんにく風味パン。リーブオイルと垂らしバルサミコ酢につけていただく。これは、どのイタリアンでも目にする。日本はバーターがオーソドックスなような・・・。

ともあれ、唐辛子の辛さが飽きたら、お試しあれ。

『天国の階段』のクォンサンウにぞっこんの友人は、もちろんのことだが、ロッテワールドのメリーゴーランドもしっかり詣でたそうな。


コーヒーがブレーク?

テーマ:

今、日本ではなぜかコーヒー特集が目立つとか。

コーヒーそのものへの関心はもちろんの事、コーヒーに合う音楽に、小説にと、様々な角度で雑誌の一コーナーを飛び出し、丸々一冊になったりするらしい。

もちろん、コーヒーというのは、搾取の上に成り立った嗜好品という暗い面もあろう。


ともあれ、だからこそ先日取りあげた「コーヒープリンス一号店」は非常にタイムリーなドラマだったかも。

同性愛という目新しいコードもあったが、メインのストーリーはなかなか面白い展開だった。

基本は、まったくのシンデレラの構図。しかし、シンデレラは玉の輿に乗るのではない。王子に馬の乗り方を教わるのだ。もちろん、王子様とも結ばれながら。

これって、今ときを反映した最高に美味しい選択ではないかしら。

王子様は傲慢さを捨て、健気に脇目も振らず、2年もシンデレラが自立して帰るのを(留学から)待ち続ける。今までの、何かから逃げる留学ではなく(冬ソナでも、ユジンは傷心から逃げるようにして、留学を選らんだじゃないか)、現在の安楽を捨て、未来に投資する恋?

そのためには、同等な関係でなくては不安が生じるということか。

(そういえば、シンデレラの結婚後を描いたドラマもあったっけ)

王子とすすだらけ(シンデレラ)小娘の恋では、鳩時計の報せで目が覚めるのが現実?


ちなみに、現在、韓国の既婚女性の妊娠希望は30%だそうだ。

第7回国際花火大会

テーマ:

10月13日、国際花火大会が、国会議事堂のあるヨイ島で開かれた。

夜の7時からなのだが、早めに漢江のほとりに陣取った。

山の上から上がる花火しか見たことがなかったので、

みずもに映える花火もなかなかのもの!

寒くなったので、早めに切り上げたものの、すごい人と車で、家路が大変だった。

これでわかった。橋の上が一番美しいことを。

漢江にかかる橋を歩いて渡るつもりで、橋の真ん中あたりが特等席!!
hanabi1

hanabi2


coffee coffee2
1ヶ月ほど前に終わった「コーヒープリンス一号店」。

「ラブストーリー・イン・パレス」でのユン・ウネと、

2%足りず、くすぶっていたコン・ユがこれで大ブレーク。

視聴率も30%こそ超えなかったが、体感視聴率(こんな言葉もあったのか)は50%という世評だった。少女家長として男っぽく生きることを強いられた(責任も外見も)ユン・ウネをひょんなことで、てっきり男だと思い込むコン・ユとの、いままではタブーだった同性愛コード。

 実は女と男の恋、ということで、めでたし、一件落着と相成ったが、描き方が繊細。

このドラマ、女による、女の、女のためのドマと言われるほど、いままでになかった、作家、監督ともに女だからなのか。子どもじみたドラマではあったが、小道具から、一助役の話までかなり丁寧に描かれている。

日本でもきっと評判になると思う。現在、当地ではいまだに、ネット検索上位を占めるほど。

 さて先日、偶然知人につれられ、このロケ地(美大とクラブで有名な弘大近く)に行ってきた。それこそ、おいしいコーヒーが飲めると思ったのに、もぬけの殻だった(いまは、本当に営業をしているらしい。しかも超満員で)。

新しい韓流スポットとなるだろうか。

Air Cityみる大人の恋

テーマ:

air

もうすぐ、エアーシティーがオンエアーされるとか。

チェ・ジウとイ・ジョンジェが主演。

個人的には非常に好きだったが、なぜか当地では視聴率がついてきてくれなかった。20%はおろか、15%も超えない程度。ま、冬ソナも、さほどでもなかったというから、日本でどれほど爆発力があるか楽しみ。

さて、なぜこのドラマが好きか、いろいろ考えてみた。

私としてはまず、視界が広い空港という場所の魅力も大きかったかも。

それに、まわりの助演たちの個性たちもよかった。

何より、大人の恋が見れたのがよかった。

自分の仕事に夢中でありながらも、相手の仕事を尊重し、しかもお互いの仕事に協力し合っている姿が、比較的ちゃんと描いてあった(ツッコむところがなくもないが)。これは他のドラマでは今のところ、見たことがない。

冬ソナでさえ、前半で、サンヒョクとユジンの結婚話が出たとき、あんなに有能なインテリアープランナーとしてのユジン本人には何の相談も無しに、あたかもそれが当然であるかのように、「仕事はいつ辞めるの?」というセリフが出てきたではないか。

国家諜報員と空港企画室長の恋。恋に落ちるとなると、どっちかが、譲る、我慢するのではなく、多分、キャリアーどうしの恋はこんなんだろうか?雄と雌の発情ではなく、ちゃんと、「大人の恋」。これが、このドラマの醍醐味。

いや、そんなの全部、屁理屈。

イ・ジョンジェがいいのだ。

ゴルゴ13のように濃い顔ではなく、洗練された醤油顔。

超がつく恋不器用だが、たまにしか見せないが、茶目っ気たっぷりの笑顔はかなりの高得点。

メロドラマ専属の感のあるチェ・ジウのキャリアーウーマン役が目新しいのか、視聴者の点数は辛かったが、もはや、相手役は誰でも良かった。いや、不細工であるほど、良かったかも??

エアーシティー、乞うご期待!

(実は、このドラマのファンたちは、シーズン2の制作をHPの掲示板でせがんではいるものの、期待薄のようだ。残る道は海外での反応次第かも)

7年ぶりの南北首脳会談のせいで!水木とも、放映はなしとのMBC社の決定。これで、テサギ(太王四神記)のHP掲示板は、蜂の巣を突っついたようになってしまった。

 放映が決まっている別の番組をやめて、テサギの放映をしろだの、せめて明日にでも2話を放映しろだの、いや1話でも良いからやってほしいとか、国家的な行事に視聴率が奪われ、勢いが削がれることを危惧した浅薄な視聴率至上主義だのと、もう大変。

 素直、私も残念。今日からいよいよ美しいヨン様とスジニ(彼の相手役)が見られると思ったのに。

だか、掲示板のこんな意見に目が覚める。

「お前ら、そんなにヒマかい?」

そりゃ、ヒマでもないのに、こんな事をボヤいでいる私が自分でもいやさ。

だけど、つい気になってHP掲示板を訪ねている、2007年10月3日の私がここにいる。

 こんな私のすべての始まりは「冬ソナ」、今日もやっていましたね。不思議と何回ても、魅入ってしまいます。

それにしても、今でも十分美しいのですが、5年前のヨン様とジウ姫の肌は、アイロンがかかっていますね^^