以前、訛りある韓国語での電話詐欺(ボイス・フィッシング)の話はしたが、昨日、またもや電話が。

今度は、女性の声での音声案内。

こちらは、健康保険局です。 あなたが払い戻しできる金額の残高が56万・・・ウォンあります。これは、もうすぐ期限を迎えるので、なるべく早く受け取ることをお勧めします。・・・」

この辺できってしまいました。

機械音声ではありましたが、機械音声風に録音したものだと思います。

かすかに、アクセントが違ってました。

ネイティブではなさそうでした。

もう二度と騙されないぞ!

手法は、その56万なんぼかを受け取るために、銀行に向かわせ、お金を下ろすときに暗証番号が露出(この仕組みはよく理解できません)。で、その通帳にあった自分の残高が全部流れるらしいです。

くわばら、くわばら!!

AD

インターネット記事に対する、無責任な発言を制限する狙いで、

実名で書き込み(リッフル)することを法律化し、

韓国は7月28日から実施されることとなった。

今は、その実験段階で、

アクセスすると実名承認手続きの画面に変わる。

番組HPの視聴者コーナーでは、すでに実施されている。

事実、悪フル(悪質なリッフル)で自殺まで追い込んだ芸能人の例が多発し、大きな問題となっている。

そんなさなか、まったくの一般人による素人芸を披露する「スターキング」という番組で先日、

40キロ減量の姿を見せたある少女が、番組後、ネティズンによる悪フルに傷心し自殺してしまう、という事が起きた。

番組のエンディングには「冥福を祈ります」というテロップが。ま


人間は匿名となると、こうも暴言を吐けるものだろうか、考えさせられる。

しかし、この対策としては仕方ないのかも知れないが、

個人情報露出問題に、拍車をかけることにはならないだろうか。

AD