愛に関する名言、「夜心満満」168回から


アフリカに生息している「テルマイト」という白蟻は、

自分の体に比べ羽が大きすぎて、朝になると、羽が落ちてしまう。

羽が落ちたテルマイトは飛べない。

愛も、プライドが大きすぎると、愛の羽が折れる。

恋に落ちましたか?

あなたのプライドをゴミ箱に捨ててください。



AD

番組「夜心満満」170回分から

今まで会った中で、一番「怖い」相手(一万人に聞いたアンケート結果)

1位:別れようと言ったら、自殺、自虐、脱軍隊(徴兵制だから)を計った

2位:言ってないことも、全部お見通し

3位:離縁復縁を繰り返した相手

4位:過激なスキンシップ

5位:酒癖が悪い

6位:自分に惚れていると思ったら、両マタだった

7位:別れてすぐ、自分の親友と付き合った相手

8位:不機嫌になると、一言も話さない人

9位:喧嘩すると、すぐに別れ話を切り出す

10位:細かすぎる人。「00年0月0日、こんなこんなことした」と



AD

男のしぐさ

テーマ:

sky

気になることがある。

ハリウッドスターもこのポーズを見るけど、

なぜか、韓流スターのはやたらと目につく。

わがBYJしかり、四天王に、後を続く綺羅星たちも

来日したときの決めポーズもこれ。

つまり、ポケットに手を突っ込んだ・・・。

女性はハンドバッグという物があるけど、

男は手持ち無沙汰だからか、手のやり場に困っている様子。

デザイナーたちよ。

男の手のやり場を、カッコよく決めてやれないかしらね。

写真は、まさに40%視聴率ド「神様お願い」で

一躍スターになったイ・テゴン。

写真撮影となると、誰でもこのポーズには、ア・キ・タ

AD

トム・クルーズの娘

テーマ:

tom

韓国のネットサーフィンをしていたら、

こんな見出しが。

だからアクセスしてみると、雑誌に載ったのをスキャンした写真。

ほほえましくて載せてみました。

それにしても、パパそっくりの娘。


後日談:一日に450万人がアクセスしたとか。

おかゆ

テーマ:

kayu

旅にでると、朝食が心配。

ホテルで食べると法外な値段だし、

かといって、コンビニで仕入れたパンと牛乳ではさびしすぎる。

(朝、ホテル周辺のコンビニに行くと、結構日本語が聞こえる)

デパチカという手も捨てがたい。

しかし、限られた時間、デパートのオープンまで待てない。

ガイドブックを繰っていたら、目についたもの

「おかゆ」

これだ。辛いもの続きで胃ももたれているし。

おかゆショップは結構あっちこっちにある。

しかし、日本人と見ればお店の人は「あわび」を勧めるが、

他もお試しあれ。

この写真は、「野菜がゆ」。塩梅がよかった。

他に、私が好きなのは「松の実がゆ」

この店は、ロッテデパートの道向かいの裏筋の店。

店には村山前首相来店時の写真が貼ってあって、

インターネットをただで使わせてくれた。

これって、結構うれしいサービスね。

小さな親切、大きな感謝

テーマ:

chosen

若いというだけで親切にされる時期がすぎると、

少し親切にされただけなのに、結構うれしい。やはりトシの証拠だ。


打ち合わせの時間に間に合わず、

飛行場から約束の場のウェスティン朝鮮ホテルに直行した。

ところが、ピッタリのリムジン便が無く、待っている時間もないので、

何でも飛び乗って、最寄の市庁から歩くハメに。

平地はキャスターをひけるからよい。

しかし、目的の場所を目の前にして、道を渡る術がない。

地下道の階段をトランクを持って下りてまた上がると、汗びっしょり。

ホテルの前で息を切らせていると、ベールボーイが飛び出てきた。

「いえいえ、ここの客ではありません。

ここの地下レストランに用があったから」

「じゃ、荷物を預かりましょう」

これで、手ぶらで用事を済ませ戻ってきたら、

同じベルボーイが顔を覚えてくれて、「どちらの方向ですか」と。

場所を言うと、ではご案内します、といってくれる。

あの荷物を持って階段を下りてくれた。

35℃はありそうな外気の中を、涼しいホテルからわざわざ出て来て・・・

韓国はチップ制度がないので、チップ目当てでもないし・・・

勤務しているところの客でもないし。

だから、一流ホテルかな?ベルボーイなら当たり前かしら。

彼にしてみれば小さな親切だろうけど、この場で大きな礼を言おう。

胸の名札には確か「Woo」という字があったっけ。


スポットライトに照らされたホテル前のこの塔が素敵だった。

funtwoのギター

テーマ:

「朝起きてみると、有名になっていた」とは誰の言葉だったけ。

さすがにインターネット時代らしいスターが現れた。

まずは、詮索まどに「funtwo」を入れてみよう。

エレキギターで神業のcanonを披露してくれる。

http://youtube.com/watch?v=QjA5faZF1A8


「funtwo」とは、PCのハンドルネームくらいか。

本名は、イム・ジョンヒョン、なんと84年生まれ。

始めは、自分のギターを評価してもらいたくて韓国のネットに載せたのを、

だれかがyoutubeに載せたところでまさに「火」がつき、

ニューヨーク・タイム誌にまでとりあげられたと。

youtubeへのアクセス数が770万回を超え、歴代6位だとか。

今日は807000にあと数人。

もう大変だ。9時のニュースにはでるわ、検索一位だわ・・

2ヶ月ほどレッスンをうけ、その後5年間独学してこれだからね~

彼はニュージーランドのオークランド大学に留学中だが、

バンドがしたくて休学しているところだとか。

好きこそ上手あれ。

毎回、吠えて、脅かして、習いことに向わせている親としては・・・・・・