韓ドラ diary

韓国ドラマを見た感想です。これからドラマをご覧になるかたは ネタバレに注意してください。


テーマ:

笑ってお母さん


すいません~~

24話に25話の内容を書いてしまいました。

25話を途中までは見ていたので うっかり ^^;


25話

知らなかったとはいえ、夫を略奪された女の弟と付き合ってしまった!!

っと、激しく後悔するヨンジュ。

まぁ・・・ヨンジュとガンソは それ以前の問題のよーな気がするが、、、

どのみち 無理がある二人ってことですわ (-_-;) 


娘の事故はダルレ母が絡んでいると睨んだジャヨン母は 「会見で明らかに

してやる」と、ダルレ母を呼びだした。

会見にはエレベーターの修理業者を呼んでいるらしい。

顔を見られているダルレ母、 絶体絶命~~ビックリマーク

・・・って、ダルレ母の人生ってこんなんばっか。

今回のピンチはどう切り抜けたか?

ダルレ母を連れて行こうとしたジャヨン母は、カッカして運転中に暴走。

前の車に衝突しそうに・・・

ダルレ母はとっさに覆いかぶさり、ジャヨン母の体をかばった!!

ジャヨン母は無傷、ダルレ母はフロントガラスが胸元に刺さっちゃったんだね。

流血しながら 「命を助けたことで見逃して」 と懇願するダルレ母。

これで チャラになったのかな。

ダルレ母は命がけで娘を守った!

何も知らないダルレは撮影を続け、韓流スターへの階段を上っている・・・

ダルレ父が 「しょせん砂上の楼閣。バレたらすべて水の泡」と言ってたが、

ときどきポロっと もっともなこと言うわー!

ただ よそで作った子を妻に育てさせてるから イマイチ説得力に欠ける (-_-) 


ひたむきに演じるダルレを ク室長がうっとり見つめていた。

で、ドラマのヒット祈願と称してダルレ一家を食事会に招待。

ところが ダルレはヨヌとの約束を優先すると言う。

怒ったダルレ母はヨヌの新聞社に文句を言いに行く。

そこで 新聞社に就職したシニョンとばったり!



26話

ダルレ母に会ったシニョンは 「モルを議員にさせません」と強気の宣戦布告☆

女手一つで子供を育てたヨンジュは ダルレ母に助けられた時期があるんだね。

過去を持ち出して 「娘と会わないで」と迫るダルレ母。

ダルレ母に母親を侮辱されたヨヌは シニョンに慰められる。

一緒に残業したりして、ヨヌがシニョンの魅力にハマるのは時間の問題だ♪


一方、シニョンの実家はミソが嫁に来てパワーアップ!!

ミソの案でモル&ボミに嫌がらせ作戦を展開中。

『浮気して妻を追いだした』 とモルを批難し、国会前で暴れていた。

困ったモルは「結婚するしかない」とウェディング写真を撮影し、ボミを家に

引っ張り込んだ。

ダルレたちがク室長の食事会に行ってる間に ボミがちゃっかり嫁入り!

ちょっと前までシニョンが嫁だったのに~~

この脚本家さんて どのドラマでも立場が入れ替わるのが好きだね。

ママが寝てたベッドにボミが寝てるんだから ユラは戸惑うわよ。

だけど ボミ同居はユラの記憶を刺激することになったようで・・・

嫁入りはマズかったんじゃーないか?


あきらめられないガンソはヨンジュを追ってハグ。

ところが その場面をガンソ姉に見られてしまい、ビンタされたヨンジュ。

いったんは 「もう関わらない」と言い切ったが・・・

「あなたがあきらめさせて!」 などと高飛車なガンソ姉にムカッときて

「主人はあげたから 弟はもらうわ!」 と、仕返しを宣戦布告☆

心にもない事を勢いで言ってしまった、、、


モルはシニョン実家の嫌がらせのせいで、公認候補からはずされる。

焦ったボミはダルレ母に入れ知恵し、ダルレ母はク室長に頼みこんだ。

ク室長ってヨヌの新聞社の御曹司なのね~

ダルレ母はク室長に2つお願いしたらしい。

1つはジェイル新聞に就職したシニョンを干すこと。

もう1つはジェイル新聞に作り話の記事を載せること。

撮影の過労で倒れたダルレなのに 『兄が無念で倒れた』という記事になり、

モルは記者会見を開く。

そして 「妻が密会中に娘が事故に・・・」 と、哀れな夫を演じた。

しかし! 悪者にされたシニョンは黙っちゃいない!

ヨヌの協力もあり、会見場に乱入。

「不倫したのはモル&ボミ」を、堂々と公表!!


ヨヌに嫉妬してるク室長の目付きが怖いわー

独りよがりのク室長をお断りしたいダルレだけど、父親の事業資金を

出してもらうことになっちゃいそう。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

笑ってお母さん 


24話

シニョンはヨヌの新聞社でイキイキと働き始めた。

ヨヌがいるから 「心強い」と言うシニョン・・・

「力になりたい」 と机を飾ってあげるヨヌ・・・

お互いに そこはかとな~く好感を持ってる雰囲気が漂うわ~~

でも ダルレにとっちゃ 唯一の相談相手で片思いから両思い(未満?)に

なったばかりのヨヌだからなぁ~

その後 ヨヌはガンソの姉から呼び出される。

ヨンソが米国の父を訪ねたせいで、ガンソ姉の娘が米国を離れたらしい。

「ヨンソを呼び戻せ」 と言われている最中、たまたま弟から電話が。

ヨヌは 弟の名前が 『イ・ガンソ』 と知る!

これはいかん!! と焦ったヨヌは「傷つく前に別れて」とヨンジュを説得するが

年の差を咎めてると思ったヨンジュは 「最後の恋から逃げたくない」 と言って

聞く耳を持たない。

翌日、ガンソは恋人を姉に紹介することになっていた。

ヨンジュもけっこういい度胸してるね。

ガンソが言うほど理解のあるお姉さんには見えないんですが、、、

なんたって 母親の年齢のヨンジュを気に入るとは思えない (-_-;)

しかしもはや 歳の差よりも二人の因縁のほうが問題!!

困ったヨヌはガンソに、ヨンジュ(=先妻)とガンソ姉(=略奪婚した後妻)

の関係を打ち明ける。

ガンソは衝撃を受けながらも、とりあえず、待ち合わせ場所に急いだ。

が、 店の前で宿敵の二人がばったり会っちゃって万事休す。

ヨンジュの幸せな時間は、はかなくもアッという間に終わりを告げた。。。

顔に怪我したジャンミの代役に 再びダルレを推すク室長。

恋人のような存在のヨヌのことは調べ上げている。
代役の条件はスキャンダル禁止!

そんなク室長の様子に 「ダルレが好きなんだわ・・」 と確信するダルレ母。

ク室長って嫉妬深そうだねー!

ジャンミは命に別条なかったんだ~

それにしても 防げた事故なので、良心はとがめるわけで、、、

ジャンミ母にも疑われている。

修理担当者に顔を見られたしね。

主役に返り咲いたダルレは さっそく撮影スタート。

ところが! ジジババに連れられて撮影を見ていたユラが 交通事故のシーンで

失神してしまう。

事故が蘇って ボミとの記憶が戻った・・・?

少しずつ思い出してるみたいね。

シニョンは危険を感じ、思い出したことは 「ママだけに話して」 と約束させた。



財閥どころかプーだったのに、婚家になじむミソが可笑しいよ。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

笑ってお母さん


22話

迷子 ・ 不倫 ・ 火事・・・

シニョンは悪くないのに信じてもらえなくて、とうとう 離婚を了承。

抜け殻のようなシニョンを、母親が離婚しているヨヌが 「子供のために

強くなって」 と励ましていた。


ガンソは置き手紙を残し、大学を去る。

が、ヨンジュはガンソを捜して引きとめてしまう!

両思いのカップルになっちゃったよ?!

ところが ハグしてるところをヨヌが目撃。

あーんなに若い、坊や坊やした子と母親が抱き合ってるんだもの、、、

ショックを受けたヨヌは屋台で喧嘩して、ダルレを巻き込み警察沙汰に。

ダルレが膝まずいて懇願して、なんとか示談で済んだ。

そのころダルレ母は、ダルレをク室長に近づけようと必死になっていた。


シニョンはユラのために立ち直り始め、絵本を持ってシン家へ。

すると、家の前で ボミが 「深い関係なのはご存知でしょ?」 と、ダルレ母に

言ってるじゃーないの。

それを聞いて、過去の話じゃなくて現在も愛人関係だったことが分かり、

従順だったシニョンが激しくキレた!!




23話

自分の不倫を隠して 理不尽にシニョンを追い出したモル・・・

息子の不倫はさておき、シニョンを責めたダルレ母・・・
「モルはボミにくれてやるが、 ユラは渡さない!!」 と、シニョンは固く誓う☆

ヨヌのハンカチは 「もう泣かない」 と言って返した。

そして 髪型を変えてイメチェン!

モル好みの地味な髪型なんて変えてやれ~~

ヨヌの新聞社の翻訳社員に応募して、自立の一歩を踏み出した。

ユラの絵を見て ボミがユラ事件に関わっていると確信したシニョン。

ユラの記憶さえ戻れば、、、


ダルレは ク室長の推しで開局記念ドラマの主役に抜擢される。

これで韓流スターの仲間入り! っと感激のダルレ母。

しかし ジャンミ母が、モルと一緒に警察沙汰になったことをク室長にチクり、

ダルレは降板に。

ダルレ母は無念の涙を流す。

そんなときに!!

ダルレ母がトボトボと局内を歩いていると、故障中のエレベーターが。

扉が開きっぱなしで、あやうく奈落に落ちそうになりヒヤッとするダルレ母。

「危ないったら! 故障中と貼っときなさいよ!」 と言うと、修理担当者に

「すぐ戻るので 人が落ちないように見ててください」 と頼まれた。

で、たまたま そこに来たジャンミが落ちちゃったんだよ~~っ

1話で 「真実が明かされたら戻る道はない」 と言ってた罪って、これ

直接、手を下したわけじゃないけど、ダルレ母が止めれば助かったはず・・・。


ガンソは大学に戻ったんだね。

いちゃいちゃしながら 幸せを噛みしめるヨンジュ♪

でも ヨンジュ&ガンソって、、、

カップルになってみると すっごく不自然、 無理があるわ (-_-;)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

笑ってお母さん


19話

警察も、宝飾店もボミに結びつく情報は得られなかったシニョン。

それでも努力の甲斐あって、ユラが心を開き始めた。

ところが 補佐官夫人の集まりで シニョンのバッグからジョンウンの写真が

バサバサと飛び出し、浮気してるかのよーに誤解されてしまう!

(もちろん ボミの仕込み)

でも 浮気相手の隠し撮り写真を束で持ち歩く女っているか??

なんかヘンだよね? (^_^;) 


そのうえ 差出人ジョンウンの宅配便が婚家に!

ジュエリーのプレゼントとともに 『ユラと一緒にやり直そう』 の手紙入り。

やっぱり裏切ってた!! と激怒したダルレ母はシニョンを強引に追いだす。

が、シニョンがいなくなって泣きだしたユラの・・・記憶が戻った?!


ダルレは通販の仕事に反対する母親に 「操り人形はイヤ」と反抗する。

そんなダルレの心の支えは片思い中のヨヌ。

ダルレって絵が得意なのよね。

ダルレに案内されたアトリエでヨヌが見たものは・・・

壁はヨヌの肖像画で埋め尽くされ、デッサン帳はヨヌの顔、顔、顔、顔、、、

ヨヌは感動したみたい~♪ 

私はゾッとしたけど (-_-) 


ヨンジュに拒絶されたガンソは酔った勢いで抱きしめてしまう。

その様子を学生が見ていた!

たちまち学内で噂にー。



20話

追い出されたシニョンは実家に帰りづらく、婚家の前で夜明かし。

見かねたダルレ父が実家に連れて行った。

シニョンは こんな時でも補佐官夫人のボランティアを休まず、施設で

ユラと同い年の少女に出会う。

そして 少女にパンをあげようと、ちょこっと炊事場を離れた間に・・・

少女がガスコンロをひねってしまい、火事にー!

少女とユラが重なるシニョンは火の中に飛び込み、少女を助け出した。

この火事が 『エセ奉仕活動』 と悪意の新聞記事になり、ヨヌは激怒。

ますますシニョンに辛く当たり、離婚を迫っていた。


肖像画に感動したヨヌは、ダルレに応える努力をすることに。

手をつないで・・・ ハグして・・・

ずーっと片思いしてたダルレは感激でいっぱい。

でも、その時ダルレから ボミが怪しい~と聞いていたヨヌは、シニョンが

かなり気になってるね!!

記者たちから守るように自分の車に乗せたりして♪

それを ボミとモルが見ていて、また誤解が生まれたー。



21話

助手席でポロポロと涙を流すシニョンに ヨヌはハンカチを差し出した。

だけど 男性に頼ったら あらたな誤解が発生するもの。。。

っと自覚してるシニョンはあっさりヨヌの車を降りた。

(でも ハンカチは持ち帰った)

車を降りたら 今度はジョンウンが待ち構えていた。

あまりにもシニョンが不幸なので 「米国に行こう!」 と言いに来たのよ。

ところが ヨヌとの仲を気にしたモルが追って来て・・・

ジョンウンが抱きしめてるところを見られちゃった。

「抱き合って米国に行く算段かよ!!」 っと、またまたモルが誤解。

真っ青になったシニョンは 「関わらないで! あなたを記憶から消したい!」 と,、

すごい剣幕でジョンウンを拒絶。

ちゃんと拒んでるのに~~

気をつけても気をつけても、男性との仲を誤解される。

なんだか誤解地獄って感じ (-_-;) 

いつまで続くの、これ。


記憶が戻ったユラは 母親を求めて泣いていた。

そこで 心優しいソラの提案で 実家にいるシニョンのもとへ。

これに激怒したダルレ母が 「うちの問題に口出さないで!」 と言ってしまう。

ソラ、出生の秘密に気付いた?

ボミは、補佐官夫人達を利用して悪意のカキコみをさせたうえで、ダルレ母を

そそのかした。

「男に走ったシニョンと離婚させれば 世間はモルを擁護する」 と。

憎いボミの言葉に簡単に従うのか (-_-;) 

で、ダルレ母が強引にユラを連れ帰り、泣きじゃくったユラは気絶、病院へ。

モルはシニョンを責めて、「月2回の通院時に会わせる」を条件に激しく

離婚を迫り、シニョンは離婚を決意。


ジョンウンは シニョンの幸せを願って米国に身を引いた。

ま・・・ 誤解地獄を終わらせるには そうするしかないわね。

シニョンはヨヌのハンカチが ちょっと気になり始めた様子。

それから ジャンミ母子も御曹司のク室長を狙ってるんだね。

でも ク室長はダルレを熱いまなざしで見てるもんね~

それと、 母の噂を聞いたヨンソが反抗して米国の父のもとへ。

噂に心を痛めたガンソは助手を辞めようと決心したー。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

16話を録画失敗して、やっと再放送で続きを見ました!


笑ってお母さん



16話

アニメ会場の係員は 「男性でした」と嘘ついた~

ボミがちゃーんと事前に手を打っていたのね。

シニョンは気を取り直して、ボミを見かけた事故現場へ行ってみる。

そして 指輪のネックレスを発見☆

現場にいた動かぬ証拠だ!

・・・っと思ったら、ボミは似たような物を準備してた~

イラッとくる繰り返しの展開だねー!

その後 シニョンを見かねたジョンウンが係員を説得。

係員は嘘の証言を頼まれたと、打ち明けた。

そして マントを買った女性=ボミ を証言。

今度こそ ボミがユラの行方不明に関わっていた~とバレたか?!


16話では ガンソがヨンジュに告白。

「愛でなきゃ この気持ちはなんですか!」 って・・・

それって恋愛感情?

詩人として尊敬、または憧れか、亡き母恋し・・・そんな感じでは??



17話

あれだけ家族に尽くす嫁がいないとなると、やっぱり不便なわけで、、、

結婚記念日=嫁になった記念日 と言って、姑に手編みのプレゼントを

くれるよーな可愛い嫁よ?

外で昔の男とイチャつく~なんて ギャップがありすぎるわ。

ダルレ母は しだいに 「本を渡しただけかも・・・」 と思えてきた。

そして シニョンを呼び戻すことにする。

そのころボミは 「あの日、シニョンとジョンウンは抱き合っていた」と

モルに作り話をして、ユラが可哀想でマントを買ったことに。

マント購入を隠していたのは 「モルの家庭を思って」 って言うのよ。

「抱き合ってた」に カァーッとなったモルは防犯ビデオを確認へ。

たしかに二人は会っている。

だけど 本を受け取っただけって ずっと言ってるのに!

どーしてそんなに疑う?

なんだかんだ言って シニョンを愛してるんだね。


汚らわしい!! と嫉妬に燃えるモルは、シニョン実家の父に当たり散らし、

ボミのマンションに向かった。

モルを追ったシニョンは、管理人さんがモルの朝帰りを見かけていたことを

知ってしまう。

シニョンはやましい事してないが、モルはやましい事したもん。

モルに言わせると 「心は女房を裏切らなかった」 そうだよ (-_-) 

シニョンはこの件はとりあえず、スルー。

ユラの失語症が治ったので それどころじゃなくなったよ。

ところが 失語症回復の喜びはつかのま。

「おばちゃん、誰?」 って言われちゃうの。

記憶喪失を併発してたんだ~~

シニョンは最愛の我が子に忘れられた・・・


18話

ユラはシニョンが嫌いになり、美人のボミが大好きになっちゃった。

美が基準なんて どんな記憶喪失なんだ??

ボミには 「おばちゃん綺麗~♪」 ってやたらと懐くのよ。

モルは「不倫を目撃したから母親を拒むんだ!! 」 と決め付ける。

いたたまれないシニョン、、、

そこから 涙ぐましい努力が始まった。

ボミのようなロングヘアーに変身したり、おんぶで家事をしたり。

そんなシニョンに 実家の母と叔母が胸を痛めていた。

で、 ユラを連れて事故現場に行ってみよう! と叔母が提案。

何か思い出すかもしれないもんね。

そこへ ボミが現れた!!

罪悪感があるから どーしても現場に足が向いちゃうんだわ。

そして 叔母さんがボミに絡み、言い争いに~~

捜し続けているカシ(=ボミ)だよね?!

実の娘とも知らず、さんざん罵ってたよ。


シニョンはボミの関与を確信した。

通報者がボミでは? と思い付いたようだ。


ヨヌに通販の仕事を紹介してもらったダルレは、御曹司のク室長に

気に入られたみたい。

自主映画もそうだけど、母に逆らって選んだ仕事は運がいい☆

母親が出しゃばらないほうが ダルレは成功するんじゃ・・・?



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

笑ってお母さん


14話

マントのせいで捜しにくくなったユラは いっこうに見つからない。

ほんのご機嫌とりのつもりだったボミは、自分が迷子 → 孤児

になった過去を思い出し、動揺していた。

居ても立ってもいられず ユラを捜しに行くと・・・

シニョンがあれほど捜しても見つかんなかったユラを すぐに発見!

まあ マントを知ってるからね ^^; 

ところがユラは パパとハグしていたおばちゃんが大嫌い。

ボミを振り払って 車道に飛び出してしまったー。

そこにトラックが来て 驚いたユラは失神。

事故に遭ったと思ったボミは、ますます動揺してオロオロ。

そして 通行人のケータイを借りて匿名で通報すると、その場を

逃げ出したのだが・・・

首にかけてたネックレスがない!!

思い出のペアリングをネックレスにしてたのよね~

ボミが現場にいた証拠になりそうだ!


ユラは外傷もなく、病院で意識を取り戻した。

自分を責めて涙が止まらないシニョンだけど、ふと目に留まった

マントは見覚えのないものだった。

ユラは 長時間の迷子とあわや事故の恐怖から失語症にー。



15話

アニメ博でジョンウンとシニョンを目撃していたボミは、そのことを

モルにチクった。

キャパの小さいモルは、許さんー!! と いきなり大激怒。

ユラが話せないから 事情を聞き出すことも出来ない。

マントの件を不審に思ったジョンウンは 防犯カメラをチェックした。

そして 会場スタッフがユラに着せている場面を発見する。

それをプリントアウトして シニョンの婚家へ。

「あの日 俺が会いに行ったばっかりに・・・」

と言いつつ、また会いに行ってるので、ダルレ母に見られて事態は

さらに悪い方向へ (-_-;)

このところ 二人の仲を怪しんでたからね。

二人っきりになりたくてユラを追っ払ったと思われてしまった?!


シニョンは追い出されるハメになり、誤解を解こうと動きだす。

で、防犯カメラを確認すると、そこにはボミが写ってるじゃーないか。

しかし ボミはしらばっくれるばかりで認めない。

そこでシニョンは 会場スタッフに証言を頼み、ボミを呼び出した。

もちろん モルも同席させる!

ボミのピンチだけど 予告の感じではうまく誤魔化したんだね?


ダルレは歌の先生の紹介でJグループの次男と知り合うみたい。

その人が1話に出て来た婚約者かしら。


15話のガンソ&ヨンジュは郊外にお食事へ音譜

食後に散策してたら ヨンジュがバッグを崖下に落っことしちゃった。

拾おうとしたガンソが転がり落ちてしまい、慌てたヨンジュも崖下へ。

ガンソの怪我が心配で取り乱すヨンジュ・・・

そんなヨンジュを思わずガバッと抱きしめるガンソ!!

「これは何の真似っっ」

と、怒られて慌てて離れたんだけど、、、

実は転がり落ちたのはガンソのおふざけだった。

心配させてみたかったのかな。

ガンソは自分の気持ちに戸惑っている様子。

んん・・・ でも この二人って・・・

母親と息子に出来なかった事を お互いに相手に求めてるみたい。

どーも そんな感じなのよ。

ガンソの亡き母には何か事情がありそう。

ヨンジュはいまだにヨヌと冷戦状態だし。


しかも ガンソとヨンジュは とんでもない縁だったね!

ガンソのお姉さんがヨンジュの元夫を略奪婚した女なのよぉ (>_<) 




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

笑ってお母さん


11話

ボミ&モルの古いツーショットと指輪を発見したシニョン。

姑と夫に どういうことか尋ねてもトボけるばかり。

純粋なシニョンはとりあえず二人を信じた。

ダルレ母は、かつてボミがネックレスを盗もうとした件を持ち出し、モルに

近づくなと警告。

モルと引き裂かれた後、空腹に耐えかねてやったらしいよ。

屈辱の過去を持ち出されたボミは仕返しにダルレ宅を訪れ、昔は頻繁に

来ていたこと、ユラにぬいぐるみを贈ったことをシニョンに暴露。

ペアリングの相手と同棲してた過去も話してしまう。

リングに見覚えがあったシニョンはハッとするんだけど、姑を信じようと

努めていた。

ところが・・・ 電話を立ち聞きして、ボミとモルの過去を知っちゃった。


ヨンジュの車に素敵な花束が。

添えられたメッセージには ガンソのお母さんの好きな花と書いてあり、、、

ガンソはヨンジュに母の面影を重ねていたのか?!

そうだったのー!

すごーく納得できるが、ちょっとガッカリ (^_^;) 



12話

シニョンは同棲の過去よりも、姑と夫に騙されていたことに傷ついている。

ダルレ母はユラ連れで実家に帰るようにすすめた。

しかし 実家はダメ兄が頑固父と偽ブランド品の件ですったもんだ中。

仕方なくユラと遊園地で遊んでいると 翻訳の仕事先から連絡が。

仕事先に向かうと・・・

なーんと そこで昔の恋人=ジョンウンって男が登場☆

へーえ ヨヌだけじゃなく、昔の恋人も絡むの?

いいねいいね~~!! (^O^) 

ITビジネスで成功したらしい。

シニョンの仕事先の上の階に越してきた!

モルと同様に シニョンにも親に引き裂かれた過去があったんだ~

シニョンが国費留学をあきらめた事情がわかったよ。

恋人のジョンウンと一緒に留学したかったんだね。

だけど 父はたとえ名誉の国費留学でも大反対。

その理由は ジョンウンの母親が賭博の常習で刑務所に出入りしてたから・・・

嫌いで別れたわけじゃないのね。

ジョンウンは今でもジニョンが好きそう♪

婚家に戻ったシニョンは、姑からソラの出生の秘密を打ち明けられる。

姑と心から打ち解けたことで、夫を許す気になったようだね。

しかし 問題は過去の同棲ではなく、最近の一夜の過ち!!

もし、それを知ったら仏のジニョンでも許せまい。


再び 嫁として妻として尽くす覚悟を決めたジニョン。

そんなときにチョン議員の集会があり、対抗するソン議員側と揉み合いに

なったモルがソン議員に怪我をさせてしまう。

その場面をヨヌがスクープ激写していた。

ダルレ母とヨヌ母(ヨンジュ)は学生時代の先輩後輩の仲なのに、正義派の

ヨヌは聞き入れない。

深夜の新聞社で土下座するジニョン・・・

ヨヌは無視して帰宅しちゃった。

家族の温もりを知らないヨヌは、家族に尽くすジニョンが理解できない。

ヨヌの帰宅に気付かなかったジニョンは土砂降りの新聞社前で待ち続け、

翌朝 倒れていた。

警備員がジニョンのバッグ内の名刺を見つけて連絡したもんで、モルが

病院に駆けつけた時にはジョンウンがそばにいたー。


ガンソは思春期のころ反抗して家出し、探しまわった母が事故死~という

悲しい過去を抱えてる青年だった。

ヨンジュは夫を略奪した女に 「ヨンソを米国によこすな」 と、きつく言われて

落ち込んでいる。

そんなヨンジュを気分転換に連れ出していたよ。

亡き母を偲んでヨンジュになついてたのね。

まあ~~ 息子より若い青年に変に期待してもアレだし、なんだかヨンジュも

ホッとした様子だったわフゥー



13話

ソン議員は告訴も辞さない構えで、モルはチョン議員に辞表を出すハメに。

が、今回もモルのピンチを救ったのはボミだった。

ボミはソン議員に不正の証拠を突き付け、事態は解決へ。

モルの辞表も保留にしてもらえた。

だけど モルはジニョンを愛してるし、ダルレ母がボミを見下してる状況も

いっこうに変わらない。

ある日、 アニメ博でジニョンとユラを見かけたボミは、ユラが一人の時に

キャクターの衣装をプレゼント。

たまたま ジニョンはジョンウンから届け物を受け取ってるところだった。

あれ?っと思ったら ピンクのコートのユラがいない!

キャラクターのマントを羽織ってるから 見つかりにくくなっちゃったよ。

悪巧みと誤解されそう!

ボミも迷子で孤児になった過去があるんだよね・・・


有名ボイストレーナーのレッスンを受けたダルレは、音痴が治って歌手で

成功するのかな。

それにしても バケツかぶって特訓って (^O^)


ヨンジュはビタミン剤とイヤリングをガンソにもらった。

ビタミン剤はいいとしても、イヤリングは、、、、

ガンソが言うには 「姉が僕の恋人に」 と、イヤリングをくれたらしいよ。

「なんで私にっ?!」 と尋ねたら 「特別な日につけてください」 だって。

(それじゃ 答えになってない (-_-;) )

あのさ!! 勘違いしたくないから思わせぶりはやめてネ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

笑ってお母さん


9話

ダルレのビールには睡眠薬が盛られていたのか。

それで 意識がなくなっちゃったのね。

駆けつけた母は ダルレの寝姿に衝撃!

服を脱がされてた!!

その後 チェ代表はダルレに押印させたインチキ契約書で脅してきた。

成人映画出演を強要され、その話題はスポーツ紙をにぎわせる。

ドラマの清純派ヒロインは降板の危機に。

公共広告もパァになった。

そのうえ 多額の養成費まで要求されたダルレ母は詐欺罪で告訴してでも

戦うことを決意する。

ヨヌはダルレの気持ちに気付いてなかったんだね~

ヨンソに教えられて ちょっとダルレを意識するようになったわ。

でも ダルレ母が記者のヨヌを毛嫌いしてるから、ヨヌは引いてしまうのよ。


野外活動をバックレたガンソ&ヨンジェは、二人で楽しい時間を過ごす。

家と大学という檻に閉じこもってたヨンジェを 外の世界へと導くガンソ。。。

市場でデートして車内で夜明かし、美しい日の出を二人で拝んだ。

そして 別れ際・・・

「辛い時は呼んでください。待ってます♪」 と言ってくれたの。

ヨンソに見られたのはドッキリしたけど、別にやましい関係じゃないし。

これだけ年齢差があれば 疑われもしないか (^_^;)


モルはパク議員の告訴取り下げを 「妻のおかげ」とカン違いしていた。

浮気して気が引けることもあり、シニョンに指輪をプレゼント。

報われないボミは、思い出のペアリングをはめて 自分を慰めている。

モルの指輪も大切に保管していた。

モルへの執着が募るボミはどんどん大胆に。

モルの家のまん前でベタ~っと抱きつき、パパの帰りを待ってたユラに

バッチリ見られてしまう。

幼稚園児といえども 女は女。

一線越えた男女のふしだらな雰囲気は見抜けるのだー!



10話

ガンソのおかげですっかり明るくなったヨンジェ。

子供たちとの関係を修復しようと努力し始めた。

ところが、ヨンソが米国の父に会いに行くと言い出し・・・

一人で苦労して育てたのに汗

ヨンソ出産の日に出て行った父親に会いたいとは!

胸がつぶれる思いのヨンジェは 土砂降りの中、フラフラとガンソの家へ。

「待ってます」 って言われたもんね~っっ

しかもなんだー?

ガンソったら 旅先で撮ったヨンジェの写真を嬉しそ~に見てたよ!

そんなに好き?

女として好きなのか? 憧れなのか、、、

この青年をどう解釈したら良いのでしょ~??

その夜 ガンソは ひたすらギターの弾き語りをしてくれた。

辛いことがあったんだな・・・と察しながらも、何もきかないのがいいよね!

ズブ濡れになったせいか、翌朝ヨンジェは熱を出してしまう。

ガンソが訪ねると、玄関先で倒れ込んじゃった。

ガンソはおかゆを作ってる間に眠ったヨンジェに、毛布をかけて帰ったみたい。

薬も飲ませてくれたし、頼りになるわぁハアト


「娘の裸をさらされたくなければ・・・」と脅されたダルレ母は、告訴を断念。

養成費を払うふりして チェ代表のワイングラスに薬(睡眠薬?)を盛った!

相手と同じ手口でやり返そうとしたのか~。

そして 急きょ会見を開き、騙された被害者だってことを公に。

公にしたことで ケリがついたの?

ヌード写真を他のところに保存してる可能性はないのかっ

安心していいのかなー

ダルレ主演のドラマは撮影に入り、涙の女王誕生!!と演技が大好評☆

有名デザイナーのファッションショー出演も決まった。

ダルレは ヨヌをショーに招待して 手作りストラップを渡したい。

が、ヨヌはダルレ母を気にして連絡を絶っている。

そんなダルレをシニョンが実の姉のように応援していた。

でもやがて ダルレを裏切ることになっちゃうんだね、、、


一線越えたくせに 「家族を泣かせたくない」 と言うモル。

ムカっとしたボミは 「だったらこの指輪も捨てて!」 とペアリングをはずした。

同僚が来たので モルはとっさに背広のポッケに入れて・・・

そのまま忘れたらしい (-_-;) 

シニョンが見つけて なに?この指輪? と、思うわけよ。

そのうえ 卒業アルバムに挟まってた古いツーショット写真を発見。

たいして親しくもない同級生・・・って感じだったのに 嘘だった!

次回は モルが買ったフリしたぬいぐるみの嘘がバレそう。

そっちはサッサとバレていいよ。

シニョンとヨヌが早く親しくなって欲しい!!





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

笑ってお母さん


7話

ボミ宅へやって来たシニョンは ボミに玄関先で帰された。

駐車場にモルの車があったので アレ? っと思ったシニョンだけど、モルに

「貸しただけ」 と言われて信じてしまう。

そんな従順な嫁が ダルレ母はありがたかった。

賢明な嫁に見限られたら息子は終わり~と誰よりも分かっている。

レコーダーを取り返したいチョン議員は、ボミ&モルの古い写真をネタに脅しを

かけてきた!

モルはボミの提案に従い、チョン議員に寝返り パク議員には辞表を。

ボミは 「私がバッジを付けてあげる!!」 と、レコーダーと引き換えにモルの

推薦をチョン議員に迫った。

チョン議員は条件を飲んだのかしらね。

裏切られたパク議員夫妻は激怒。

何も知らないシニョンは奥様に呼ばれて、持ってったおかずをブッかけられる!

キムチに続いてはおかずか・・・

ブッかけられてばかりだね (-_-;) 

息子を案じたダルレ母は、匿名でボミを中傷。

そうと知ったボミは ダルレ母の仕業でボコボコにされたフリして モルに泣きついた。

シニョンがおかずまみれになってる頃、モルはボミと抱き合っていたー。


シニョン叔母が娘カシを捜してる事情が分かってきたよ。

未婚の母になろうとした妹の赤ちゃんを シニョン父が勝手に養子に出したのね。

ところが カシは養子先でいじめられたあげく、行方不明になってしまった。

それで 捜し続けてるんだわ。

カシ=ボミ じゃないかと思うんだけど 父親は誰なんだろーね。



8話


8話はユン・ヨンジュ先生&イ・ガンソ助手の場面がたっぷり \(^o^)/


ヨリが戻ったボミはオフィスワイフ(なんじゃそりゃ) となり、モルが晴れて

議員バッジを付ける日を目指して全面的にサポート!

ボミが疎ましいダルレ母 VS ボミ の戦いはどんどんエスカレート!

だけど 母、妻、オフィス妻 ・・・って3人そろって懸命にモルを議員にしようと

してるんだよね (^_^;)

目指すところは一緒じゃん。

本人はボケボケしてるくせに周りに恵まれてる男だわ~

シニョンは アンタのせいでおかずをブッかけられたわよ!! などと決して言わず、

一言の相談もなく移籍した夫を優しく理解する。

気がとがめて実家にお小遣いを持たせるモルが憎たらしィ~っ

しかも 叔母さんが 「これっぽっち?」 と、驚くくらいケチな中身だ!!

シニョンはモルが敵を作らないようにと、パク議員にお詫びに向かう。

そこでまた 作って行ったお餅を床にブチまけられ・・・

床に這いつくばって餅を片づけるシニョン。

哀れなシニョンを取材に来てたヨヌが見てて 「そんなに議員にしたいですか?」 と

尋ねるのよ。

というのも、「ファン・ボミ補佐官にたぶらかされて移籍した」と、聞いてたから。

するとシニョンは、、、

「主人は正直で尊敬できる人ですもの」 って胸を張って答えるの。

だから政治家になるべきだって。

ああ・・ こんなにも哀れで愚かな女性(美人)・・・

夫を信じ切って尽くしまくってるんだよね。

裏切られてるとも知らず汗

こりゃー ヨヌの男心をくすぐるわー

シニョンに男を見る目がないだけのような気もするが ^^; 


餅をブチまけられたシニョンと違い、ボミはパク議員を不正献金の証拠で脅して

「お互い不問」の合意書を取り、きっちりケリをつけた。

モルを守ったのは妻のシニョンではなく、オフィス妻のボミ。

どんなもんだい!! っという気持ちでダルレ母を呼びつけるボミだが、そのころ

ダルレがインチキ事務所の餌食にされるピンチに!

ホテルに連れ込まれちゃった~~

泥酔して意識のない状態で契約書に母印を・・・

そのうえ イヤらしい写真を撮られてしまいそうー!


一方、ユン・ヨンジュ先生&イ・ガンソ助手は野外調査で地方へ。

その朝 ヨンジュはヨヌと激しく罵り合っていた。

ヨンソがせっかく作ったのり巻きを 「いらない」と、きつく拒んだヨンジュ。

思いやりのカケラもないきつい拒み方にカッとなったヨヌは 「心臓が死んだ病人」

と母親に言い放ち、ヨンジュがビンタ。

その様子を見ていたガンソは車中で熟睡したヨンジュを 『見せたかった場所』に

連れて行く。

ガンソの勝手な行動に怒り、仕事を優先しようとするヨンジュを思い留まらせたのは

悠々たる景色だった。

しかし 感性を眠らせたままの詩の話題になるとヨンジュは再び怒り出す。

子供のくせに 「生意気!!」 って。

そしたら ガンソがヨンジュ29歳の時の詩を暗唱するの~~~

「先生が忘れてる過去を僕は知ってるのに なんで生意気なんですか?!」とキレて、

ずんずん去っちゃうのよ。

ヨンジュみたいな女は追いかけられるより 突き放されるほうが弱い (^O^)

結局 ヨンジュはガンソを追ったんだね。

二人は静かな湖でボートに乗る。

幼稚園の遠足に傷んだのり巻きを持たせて、ヨヌを死なせそうになった・・・

その罪悪感で今でものり巻きがダメで、思い出すと涙が止まらないヨンジュ・・・

ガンソは優しく涙を指でぬぐい、抱きしめたハート


・・・って、ちょっと!!

この二人 この先どーなるの?!

ヨンジュ50代、ガンソ20代、 だよね?

どー見ても ガンソはヨヌより若いっっ (ヨンジュ、いいなァ。。。)

“詩” でつながってる二人だからね~~ 台詞も詩的。

二人ともロマンチストなのよーん

ポエムな歳の差カップルは この後どーなる??

次回が早く見たい!!





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

笑ってお母さん


4話

シニョンは実は、ヨヌが好印象だったのね♪

軽率な人じゃない、目を見ればわかるって・・・。

シニョンに 「確かめてから書くべき」 と言われたヨヌは議員の取材へ。

慌てたボミが 「あのゴルフは福祉事業の延長で・・・」とチョン議員を

フォローしたので、ついでにパク議員も助かった。

この件はボミが話をつけてくれたことになり、モルはボミに感謝する。

ボミの策略とも知らず・・・。

罰金刑のダルレ父を安宿にほおり込み、「留置場のパパのために!」と

ダルレにヤル気を出させたダルレ母。

視聴率のいいバラエティー番組に出演の話が舞い込んだ。

ダルレ母は このチャンスを生かそうと自ら踊ったー!

恥ずかしくないわっ 恥ずかしくないわっ 娘のためなら・・・

と、心で叫ぶ母と娘のセクシーダンス競演!!

ダルレ母がすごいのなんの (>_<)


ヨヌ母は大量の本を抱えたイ・ガンソ助手を見かねて送ってあげた。

ガンソの部屋にはヨヌ母のスクラップが!

それは一昔前、「詩は翼」 と語っていたヨヌ母の輝かしい記事だった。

ガンソは再び詩人として羽ばたいて欲しいんだわ。。。

ヨヌ父に捨てられたのはヨンソの出産直後。

ヨヌ父に傷つけられたうえに、幼子を二人抱えてがむしゃらに生きた年月が

ヨヌ母をキツい性格にしてしまったのね。



5話

ボミとモルは同棲してたのかな~。

ボミの回想によると、一緒にいる二人に腹を立てたダルレ母が引き裂いて

ボミを高校退学させた。

しかも モルの子を流産したみたい・・・

恨んだボミは有能な補佐官となって 復讐のためにモルに近づいた。

ゴルフの件を解決したのはボミなので、モルはパク議員にますます疎まれ、

補佐官を辞めさせられる~という噂がたってしまった。

それでもシニョンは 夫を議員にしてみせる!! っと、めげない。

そんな時に ボランティア活動のTV取材が来て、パク議員の奥様をここぞと

ヨイショして持ち上げるのね。

モルはシニョンのおかげで 首がつながったわけだ。


ダルレ母娘のセクシーダンスは大当たりで、オファーが殺到☆

でも ダルレはヨヌの後輩の自主映画に出たかった。

バラエティーの本番に穴をあけて撮影現場へ!

そのころ 子供の顔が見たくなったダルレ父が家の周りをウロついてて、

ユラが 「ジイジが来てたよ」 ってダルレに言っちゃうの。

自主映画に怒る母と、留置場の嘘に怒るダルレは大喧嘩に!


詩人として注目されてた頃の自分に憧れていたガンソ、、、

それを知ったら悪い気はしないよね。

ガンソに少し心を開いたヨヌ母は ガンソを演劇に誘う。

だけど 「女友達を紹介してもらうんです♪」 って嬉しそ~に行っちゃった!

仕方あるまい、、、普通の若者だったか。

ま~ 母親くらいの歳のヨヌ母に恋愛感情はヘンだもんね。

ところがー!

紹介された子ってのは娘のヨンソ。

でも ヨンソが 「詩人なんてイヤ」と言うから ソラが代打で行ったの。

芸人タイプのソラが好みじゃなかった(?)ガンソは そそくさと劇場へ!!

やっぱり ヨヌ母に対する気持ちはかなり熱い!



6話

ガンソは劇場の外でヨヌ母を待っていた。

二人はガンソの馴染みのトッポキ店に行き・・・

アチチッとこぼしたヨヌ母の胸元に トッポキの赤い汁が!

とっさに 胸元を拭いてあげようとしたガンソ!

場所が胸元なだけに お互いにドッキリ☆

男と女を意識した瞬間って感じ!!

この一件で気まずくなっちゃったけど、ガンソは詩の講義をしてるヨヌ母を

ポ~~と見ていたよ。

「更年期のオバさん」と陰口を叩く学生にムカつく自分に戸惑ってるみたい。

自分の気持ちに まだ気付いてないのね?(^O^)


幼い頃から子役をしてたダルレには友達がいない。

母と大喧嘩したダルレはヨヌのところへ。

自分のエゴを押しつける母にうんざりのダルレは、ヨヌに母親をグチるが、

母親との確執なら ヨヌも負けてない!

「家族は悪夢、絶対に結婚しない!!」 と断言してたよ。

父が帰宅し、同期に見下されながらも下積み生活を頑張る母娘。

ついに、ダルレ母の夢がついに叶う日がきた?!

自主映画を撮影したのが甥っ子だという監督から ドラマ主演の話が!!


そのころ シニョンから 「チョン議員の資産が怪しい」 と聞かされたモルは

今度こそパク議員に認められようとしていた。

チョン議員にレコーダーを仕掛け、二重帳簿の存在を録音したが・・・

モルとの共謀を疑われたボミが 「潔白です!」 とチョン議員の車から

飛び降り 怪我を負ってしまう。

モルは シニョンに嘘ついて 夜通し介抱した。

ところが、ボミ引き抜きを狙うパク議員の奥様に命じられて、シニョンが

ボミのお見舞いに。

ボミの部屋でエプロン姿のモル・・・ピンチ!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。