韓ドラ diary

韓国ドラマを見た感想です。これからドラマをご覧になるかたは ネタバレに注意してください。


テーマ:

笑ってお母さん


すいません~~

24話に25話の内容を書いてしまいました。

25話を途中までは見ていたので うっかり ^^;


25話

知らなかったとはいえ、夫を略奪された女の弟と付き合ってしまった!!

っと、激しく後悔するヨンジュ。

まぁ・・・ヨンジュとガンソは それ以前の問題のよーな気がするが、、、

どのみち 無理がある二人ってことですわ (-_-;) 


娘の事故はダルレ母が絡んでいると睨んだジャヨン母は 「会見で明らかに

してやる」と、ダルレ母を呼びだした。

会見にはエレベーターの修理業者を呼んでいるらしい。

顔を見られているダルレ母、 絶体絶命~~ビックリマーク

・・・って、ダルレ母の人生ってこんなんばっか。

今回のピンチはどう切り抜けたか?

ダルレ母を連れて行こうとしたジャヨン母は、カッカして運転中に暴走。

前の車に衝突しそうに・・・

ダルレ母はとっさに覆いかぶさり、ジャヨン母の体をかばった!!

ジャヨン母は無傷、ダルレ母はフロントガラスが胸元に刺さっちゃったんだね。

流血しながら 「命を助けたことで見逃して」 と懇願するダルレ母。

これで チャラになったのかな。

ダルレ母は命がけで娘を守った!

何も知らないダルレは撮影を続け、韓流スターへの階段を上っている・・・

ダルレ父が 「しょせん砂上の楼閣。バレたらすべて水の泡」と言ってたが、

ときどきポロっと もっともなこと言うわー!

ただ よそで作った子を妻に育てさせてるから イマイチ説得力に欠ける (-_-) 


ひたむきに演じるダルレを ク室長がうっとり見つめていた。

で、ドラマのヒット祈願と称してダルレ一家を食事会に招待。

ところが ダルレはヨヌとの約束を優先すると言う。

怒ったダルレ母はヨヌの新聞社に文句を言いに行く。

そこで 新聞社に就職したシニョンとばったり!



26話

ダルレ母に会ったシニョンは 「モルを議員にさせません」と強気の宣戦布告☆

女手一つで子供を育てたヨンジュは ダルレ母に助けられた時期があるんだね。

過去を持ち出して 「娘と会わないで」と迫るダルレ母。

ダルレ母に母親を侮辱されたヨヌは シニョンに慰められる。

一緒に残業したりして、ヨヌがシニョンの魅力にハマるのは時間の問題だ♪


一方、シニョンの実家はミソが嫁に来てパワーアップ!!

ミソの案でモル&ボミに嫌がらせ作戦を展開中。

『浮気して妻を追いだした』 とモルを批難し、国会前で暴れていた。

困ったモルは「結婚するしかない」とウェディング写真を撮影し、ボミを家に

引っ張り込んだ。

ダルレたちがク室長の食事会に行ってる間に ボミがちゃっかり嫁入り!

ちょっと前までシニョンが嫁だったのに~~

この脚本家さんて どのドラマでも立場が入れ替わるのが好きだね。

ママが寝てたベッドにボミが寝てるんだから ユラは戸惑うわよ。

だけど ボミ同居はユラの記憶を刺激することになったようで・・・

嫁入りはマズかったんじゃーないか?


あきらめられないガンソはヨンジュを追ってハグ。

ところが その場面をガンソ姉に見られてしまい、ビンタされたヨンジュ。

いったんは 「もう関わらない」と言い切ったが・・・

「あなたがあきらめさせて!」 などと高飛車なガンソ姉にムカッときて

「主人はあげたから 弟はもらうわ!」 と、仕返しを宣戦布告☆

心にもない事を勢いで言ってしまった、、、


モルはシニョン実家の嫌がらせのせいで、公認候補からはずされる。

焦ったボミはダルレ母に入れ知恵し、ダルレ母はク室長に頼みこんだ。

ク室長ってヨヌの新聞社の御曹司なのね~

ダルレ母はク室長に2つお願いしたらしい。

1つはジェイル新聞に就職したシニョンを干すこと。

もう1つはジェイル新聞に作り話の記事を載せること。

撮影の過労で倒れたダルレなのに 『兄が無念で倒れた』という記事になり、

モルは記者会見を開く。

そして 「妻が密会中に娘が事故に・・・」 と、哀れな夫を演じた。

しかし! 悪者にされたシニョンは黙っちゃいない!

ヨヌの協力もあり、会見場に乱入。

「不倫したのはモル&ボミ」を、堂々と公表!!


ヨヌに嫉妬してるク室長の目付きが怖いわー

独りよがりのク室長をお断りしたいダルレだけど、父親の事業資金を

出してもらうことになっちゃいそう。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kandora-dia703さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。