1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-10-13 21:18:12

ノーベル文学賞の下馬評

テーマ:メディア にいちゃん もん

村上春樹はノーベル賞を受賞できるか    読売新聞編集委員 鵜飼哲夫

http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20161006-OYT8T50059.html?page_no=1

 (2016年10月11日 12時20分)

 

という記事を読んじゃいました。

なんというか、あんまりさえた記事じゃないというか、もっさりした記事なので要約する気が起きない。皆さん、読みにいくならけなすつもりで読みにいってください。

 

 >ノーベル賞というと、「世界でもっとも優れた文学者に与えられる賞」と一般には思われているが、必ずしもそうではない。

 

 ノーベル賞が、「世界でもっとも優れた文学者に与えられる賞」と思っている一般人っているかな。文学者で、誰が一番すぐれているなんて比較、できないんじゃない?って思う一般人の方が多いんじゃないかい。

 

>一方で、「理想主義的傾向をもつ注目すべき文学作品を発表した者」に与えられるノーベル賞は、過去のデータを見ると、全体主義に抵抗する文学には点が甘いのに比べると、人気作家には冷たく、「月と六ペンス」のサマセット・モームや「星の王子さま」で知られるサンテグジュペリなどは受賞していない。このほか、カフカ、マラルメ、グレアム・グリーンやナボコフ、ボルヘスのほか、20世紀を代表するジョイス、プルーストも未受賞作家である。だから、ノーベル賞を取らなかったからといって、必ずしも不名誉なことではない。

 

 ノーベル文学賞(ウィキ)

 

いわゆる社会派の作品が有利だという説は、昔、聞いたことがある。正宗白鳥が「日本人でノーベル賞を取るとしたら石川達三じゃない?」といったって、その昔に読んだことがあるけど例によってうろ覚え。

 

ウィキの記述では過去の日本人候補者として、賀川豊彦、谷崎純一郎、西脇順三郎、安部公房、三島由紀夫、井上靖、の名前があがっています。

翻訳された作品があることが条件でしょうね。

 

 読売の記事では、賭けの対象になっていることに触れていますが、そういう候補の名前って誰が決めるんだろう。

 

>英国政府公認の「ブックメーカー」のひとつ「ラドブロークス」の予想では、一時、村上氏がトップに立った。日本時間11日正午現在のトップはケニアのグギ・ワ・ジオンゴで、村上氏が2位、シリア出身の亡命詩人アドニスが3位でつづいている。昨年のブックメーカーでは村上氏の人気は2番手で、1番人気のベラルーシの女性作家スベトラーナ・アレクシエービッチさんがノーベル文学賞に選ばれていることを考えると、村上氏は有力そうだが、ノーベル賞は候補者が公表されておらず、ブックメーカー人気は、受賞の可能性とは基本的に無関係である。

 

 一番見てみたい展開は、村上春樹以外の日本人作家が受賞すること。でなきゃ、ミュージシャンが詩人として受賞すること。

 

 ここまで書いて、下書き保存して(18時25分30秒)、晩御飯を食べて後から書き足してアップしようと思っていました。こう書くと絶対に後だしジャンケンだと言われるだろうけど、たとえばボブ・ディランとか、と書こうと思っていたの。(もっとも、わたしの場合、歌詞をしげしげ読んだことのあるミュージシャンってディランしか名前を知らないわけですが。ところでボブ・ディランってディラン・トマスから名前をとったって本当?)

 

 ノーベル賞ってわりと詩人の受賞が多いでしょう。ある「国民文学」が世界デビューする時、国民詩人と言われるような詩人がまず評価されるってことかな。日本はそういう意味では詩人の国ではないような。俳句と和歌と勢力が分かれているからかな。北原白秋だって、国民詩人といえるかどうか。西脇順三郎のノーベル賞候補というのは、どういうことだろう。あんまり一般に知られた詩人ではないような。英語になりやすいとかってことなのかな。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-09-22 00:50:49

日本語間の意訳

テーマ:メディア にいちゃん もん

読売新聞(YOMIURI ONLINE)にこんな記事がありました。

 

「真田丸」の秀吉死去…豊臣子飼い大名はなぜ家康に従った

 

歴史小説でお馴染みの話を、ビジネス用語をちりばめて叙述しているのですが、中にこんな一節がありました。 4ページに分かれていて3ページ目です。

 

(引用)

家康の名言に「およそ人の上に立って下の諫いさめを聞かざる者の、国を失い、家を破らざるは、古今とも、これなし」があります。愚かなことを言う者があっても、最後まで聞いてやらねばならない。でなければ、聞くに値することを言う者までもが、発言しなくなるといった意味です。

(まで)

 

家康の名言というものの出典がわからないのですが、現代の日本語だと、以下のような意味じゃないか知らん。

およそ人の上に立って下の(者の)諫言を聞かない者が、領国を失い、家を破産させないことは、歴史上にもないこと。

 

「愚かなことを言う者があっても、最後まで聞いてやらねばならない。でなければ、聞くに値することを言う者までもが、発言しなくなる」

 

これを昔の日本語で言えば、おおよそこんなかな。


「たとひ下の云ふを愚かしく覚えども、すべて聞き終ふるべきなり。さもなくば聞くべきこと云ふ者も、ついに黙(もだ)さむ」

 

「といった意味です」と気安く丸められてもねえ。

 

追記 引用されている家康の「名言」には、諫言を聞かない者は必ず亡国の患に遇うという趣意の前半と、続けて 愚かな発言でも最後まで聞いてやれ。途中で遮るといいこと言う奴まで委縮するから、って意の後半とがあったのかもしれない。まあしかし、家康公の直接の談ではなく、儒者の脚色のありそうな話ですね。

 ただ、つまらない発言でもちゃんと聞くべきというのは、辛抱強い家康公の本領と言えないでもないか。あまりにとろい発言だと会議の生産性からいってもやめさせたくなるのが普通の人情だろうけど。(口下手な家臣でも勇猛な人物はいたろうから、そういう面で人心掌握術ともいえるんでしょう)

 

 


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-03 12:35:25

湾岸の選手村

テーマ:メディア にいちゃん もん

 8月2日付の日経産業新聞。東京オリンピック・パラリンピックの選手村の跡地問題を1面で報じています。

 「百合子の選手村」壁高く

 ってなんじゃい。この見出し。

 

 リードに「小池氏と対立関係にある有力都議の裏には不動産業界が控える。その不動産業界と共同で小池氏が越えなければならばならないにが選手村跡地問題だ」とありまして、

 跡地に住居  5650戸  建設費2倍    

と、見出しが。

 

 選手村として用意されるのが1万7000ベッド。民間主導で選手村を作り、跡地はデベロッパーに譲渡する。だいたい4000戸分、21棟の建物が必要だとか。

 場所は晴海で都心に近いから不動産業界にはおいしい商売かというと、建設費を負担しなければならないし、選手村仕様では使い勝手が悪いので改築も必要だったりして、余計な費用が掛かるのだそうです。それが「建設費2倍」という見出しが出てくる理由ですね。4000戸分に2倍の建設費がかかると3570億円だそうです。

 選手村分の他に超高層マンションが2棟建てられる計画で、それを含めると5650戸が建設される。

 記事では「マンション1戸当たり7000万円ですべて分譲できたとしても、売上高は3955億円にしかならず、土地代や販売費・一般管理費、支払利息などを加味すると利益ほとんどでない」と、不動産業界側の皮算用を載せていますが、その数字には超高層マンションは入っているのかな。

 その他、選手村跡地は水素燃料のモデル地区として予定されているので、その費用負担についても心配しています。

 

 費用がかかるので「採算悪化がはっきりした段階で、デベロッパーがプロジェクトから降りるか、都が赤字を補てんするのか、こじれる可能性もある」などと記事は記す一方で、こんな心配もしています。

 

 「選手村跡地に建設する5650戸がマンションの需給を大きく緩和させてしまうことだ。東京とのプロジェクトが「民業」を大きく圧迫してしまう懸念がある」

 

 「顧客の中心部志向は高まる一方で郊外のマンションは振るわない。銀座からタクシーで15分の場所でマンションが出てくるなら需要は落ち込む。五輪開催前に選手村の跡地利用にどう道筋を付けるか。東京都がさじ加減を間違えると、デベロッパーは壊滅的な打撃を受けかねない」

 

 

 計画策定当時は日経産業新聞は、バラ色の未来を描いていたのか、シビアに問題点を指摘していたのか、どうでしょうねえ。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2016-06-17 23:59:36

産経新聞がどうしたって?

テーマ:メディア にいちゃん もん

 

毎日のなんだか要領を得ない記事。

 

http://mainichi.jp/articles/20160618/k00/00m/040/138000c

産経新聞
ニュースサイト掲載の記事削除…取材不十分で

 

産経新聞社は17日、取材が不十分なままインターネット上の話題を記事にして同社のニュースサイト「産経ニュース」に掲載したとして、記事を削除し、関係先に陳謝した。

 

だそうです。


 記事は、TBSが4月に放送した熊本地震の支援活動に携わる「ピースボート 災害ボランティアセンター」の女性スタッフと、TBSが今月15日に放送した東京都内の街頭インタビューに答えた女性が酷似していて「やらせ」ではないかとネット上で話題になっていることを取り上げた。

 

 

このネットで話題になっていることを取り上げた、ってところが安っぽいよね。

いまのマスコミはどこでもそういう傾向があるけど。

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2015-09-17 23:51:52

法案賛成派も並べるNHK

テーマ:メディア にいちゃん もん

 安保法案国会審議と採決について伝えるNHK。国会前のデモについても映しています。参加者の声もインタビュー。

 それに続けて、新宿駅前で法案に賛成のグループもアピールしたという映像も流していました。若い参加者の声も伝えた。

 両論併記でバランスをとったということ?

 でも、新宿の方は参加者がぱらぱらなのをカメラアングルで隠しようがないみたい。

 なんか嫌味でやっているような気がします。


 主催者発表何人、警察発表何人てことも言わなかったっけ。

 賛成派の報道を手抜きしているぞ、NHK。偏向しているって電話しようか、と一瞬思った。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2015-07-27 11:50:40

「読売」調査でも支持、不支持が逆転

テーマ:メディア にいちゃん もん

安倍内閣の支持率と調査で、支持しないが支持するを上回ったと伝えられていましたが、“政府系”の読売新聞調査でも、初の逆転だそうです。



内閣支持が最低43%…不支持49%、初の逆転

2015年07月26日 22時01分

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150726-OYT1T50098.html?from=ytop_ylist


(一部引用)

安倍内閣の支持率は43%で、前回調査(7月3~5日)の49%から6ポイント下落し、2012年12月の第2次安倍内閣発足以降で最低となった。不支持率は49%と前回の40%から9ポイント上昇して最高となり、初めて不支持率が支持率を上回った。

(まで)


内閣支持率が初めて逆転、政府・与党に衝撃

2015年07月27日 07時15分


 (一部引用)

世論調査では、法案に関する「政府の説明は不十分」との回答が目立つため、政府・与党は参院審議で、与党の質問時間の割合を増やそうとしている。衆院審議での与野党の質問時間は、与党が15時間12分、野党が93時間46分で、おおむね1対6の割合だった。谷垣幹事長は「衆院時と異なり、質問配分も変わるので丁寧に説明していく」と述べた。

 (まで)


おい、ちょっと待て。説明するのに与党質問だったらよく説明できるというのか。株主総会で社員株主に経営陣に都合のいい質問させると、「十分な説明になる」って話があるかい?



もう一つの現政権の応援団、産経新聞の調査については広原盛明さんの記事がありますのでどうぞ。


安保法案への理解が進んでいないからではない、安倍内閣への本質的理解が進んできたからこそ内閣支持率が低下したのだ、産経・FNN世論調査(2015年7月18、19日実施)を分析する、大阪都構想住民投票後の政治情勢について(11)、橋下維新の策略と手法を考える(その49)

http://d.hatena.ne.jp/hiroharablog/20150726



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015-04-28 11:56:16

政局記事と広報屋  

テーマ:メディア にいちゃん もん

えー、いわゆる自公協議のお噂でございます。

先週の新聞報道、ネットの東京新聞には表が掲載されておりましてな。


自衛隊派遣「例外なく国会事前承認」 きょう調整案提示 東京  2015年4月21日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015042102000125.html


安保法制をめぐる国会承認

(活動内容) 武力で他国を守る集団的自衛権行使 …… 原則として事前承認

(活動内容) 日本の安全確保を目的とした他国軍への戦闘支援 …… 原則として事前承認

(活動内容) 国際社会の安全確保を目的とした他国軍への戦闘支援 ……例外なき事前承認の方向。国会は「7日間以内の議決」の努力規定

(活動内容) 国連が統括しない平和協力活動への参加 ……安全確保と停戦監視は原則として事前承認、復興支援は承認不要


斯様に事細かく分かれております。

それを飲み込んだうえで、その日の夕刊には、こう記事が出るという……。


例外なく事前承認了承 安保法制 自衛隊派遣で自公協議 東京 2015年4月21日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015042102000263.html


 自民、公明両党は二十一日午前、安全保障法制に関する与党協議を国会内で開いた。座長の高村正彦自民党副総裁と座長代理の北側一雄公明党副代表は、他国軍の戦闘支援に自衛隊を随時派遣できるようにする恒久法「国際平和支援法(仮称)」の条文に、例外のない国会の事前承認を盛り込む調整案を提示した。自公両党から異論は出ず、了承した


 つまり、その、早い話が、「他国軍の戦闘支援」 それも日本の安全確保を目的とするたらなんたらの話ではないドンパチ、それを支援をしようなんぞという場合には前もって国会のお墨付きが要るんだよ、ということでげしょう。

 そうした前置きがぼんやりしていて、いきなり、こういうことを言われると、どんな場合でも国会のお墨付きが要るようになった、公明党が粉骨砕身したんでしょうと、粗忽者は思わないとも限らない。


安保法制:例外なく事前了承で合意 自衛隊派遣、自公協議 毎日 2015年04月21日 11時28分(最終更新 04月21日 13時03分)
http://mainichi.jp/select/news/20150421k0000e010181000c.html

安保法制「例外なき事前承認」明記へ 自公
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20150421-00000002-ann-pol


安保法制、自公協議が決着 後方支援、恒久法では「例外なく事前承認」 2015年4月22日05時00分
http://www.asahi.com/articles/DA3S11717397.html



 心配する人は他にもいるとみえて、こういうブログも見つけまして……。

 Everyone says I love you !   2015年04月22日
『例外なき国会の事前承認』って自衛隊派兵の一部の場合=「国際平和支援」の時だけだって知ってました?

 http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/13f83cbd923c0cbfc316480ff9bca76c


 さて、紛らわしいから気をつけようだけなら、よそのブログを紹介すれば事足りるのですが、何でこうした報道になるのか、ということを、弁じようと思います。


 つまりは、なんですよ。新聞屋というのは政局がどうたらという話が好きですから、「公明党がゴネてこう変わったよ」というお話にしたいのでござんしょう。これは必ずしも公明党をヨイショするって下心ではなく、自民と公明の立て引きというお話(政局話)を語りたいというのが大本にあるのではないか。


 その上、政党や政治家の方も、きっちり歯止めがかかったよという見てくれは願うところ。自分にとってみばのいいところだけ、、鉦や太鼓で触れ回るというのは広告屋や広報屋の得手とするところですから、斯様な宣伝を専らとする今の政治家は、はなから「こう持っていけば新聞屋は食いつくよ」なんぞという了見だったに違いなかろうと、わたしどもは睨んでおるわけでございます。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015-04-03 15:38:32

あの5月クーデターが転機だったな

テーマ:メディア にいちゃん もん

沖縄情勢で何ができるかな。

もちろん(この)ブログなんて微力を通り越して無力に限りなく近い。


わたしがむかついているのは、マスメディア報道です。

まず、普天間移設といったって、ずっと基地機能は強化されることを伝えていない。


昔から水深の深い大浦湾に基地計画があったって話だって、ドキュメンタリー番組はあっても、ニュースでは言わないできたでしょ。


過去記事を振り返ったら2010年にまとまってマスメディア批判の記事がありました。

民主党時代です。

「選挙で『最低でも県外』と言っていた政権が、官僚と米国とマスメディアの仕組んだクーデターで倒された時期」と、後世は判断するだろうか?


沖縄対日本政府の構図だけでなく、「米軍焼け太り」と「権力のマスメディア操作」も、問われなければならないと思うよ。



政局報道は国を滅ぼす 2010-05-31
http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10549808843.html


 テレビも新聞も、ようするに政治家とぐるなんじゃん?なにか一般の街の人が判断できるような情報を提示したのか?政局がどうした、って情報を得ると日本国民は、沖縄の基地問題では、アメリカに対してもっと強く交渉すべきだとか、アメリカの言い分も受け入れてこの線で合意すべきだとか、アメリカにはこういう逆提案をして交渉すべきだとか、世論形成ができるってーのか。民主主義のためには言論の自由が欠かせないとか、ごたくを言うんだったら、市民が物事の判断ができるような情報をちゃんと出せよな。


米軍焼け太りキャンペーン 2010-05-13
http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10533452455.html


  このエントリー で書いたように、「普天間」が危ないから代替の施設を作るんだ、という話だったものが、ずっと高機能の基地建設が膨らんでいった経緯があるわけです。

 桟橋案がまた出てきているけど、普天間の機能の代替だけなのか。辺野古の海兵隊にとっては機能強化になるのか、見えない。なんで新聞て役に立たないんだ。

 ともかく、イザヤ・ベンダサン流にいうと、「抑止力」という「空体語」をめぐっての政局報道や、候補地との折衝なんて話ばかり伝えないで、知りたいことを書いてほしいな。


民主党支持ブロガーは… 2010-04-17
http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10510581184.html


 アメリカと沖縄の人々の板挟みになり、安全保障・基地問題に関して予算をつけて沖縄経済の振興・発展をさせようという自民党政権時代の軍事ケインズ主義を克服できずにいる民主党政権に助け船を出そうと思ったら、これまでの政権が、「それは言わないお約束でしょ」としてきたことをあけすけに言うのがいいんじゃないかと愚考する次第。

 それも社民党系、共産党系の人が言うと、新味がないといってマスコミは振りむかないから、民主支持でも保守系の人が言うほうが世の中に広がる。


どうマスコミにものを言うか 2010-04-12
http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10507047176.html


 マスコミに電話をかけて、「なぜ日米安保反対の議論を紹介しないのだ」なんていっても、「ああ、左系の人ね」と思われるんじゃないかな。

 そこで、こういう言い方を考えました。

 「もしもし、友だちと議論をしてですね。わたしが『アメリカも海兵隊をグアムを移すといっているし、日本も妥協すべきところは妥協すべき』と言ったのですよ。そしたら相手がですねえ。『そもそもグアム移転の費用を、どこが出すのか知っているの?』と聞くんですよ。わたしが『米軍の予算だろ』といったら、日本が持つんだというじゃありませんか。また米軍住宅の光熱費から何から、日本の予算だというのを知らないのか、と馬鹿にされました。もしもし、マスコミが普段から教えてくれないと、こっちが恥をかくじゃないですか

 

結局 永田町報道じゃん! 2009-12-09

http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10407004393.html


 マスコミは「普天間移設」で民主党がどうするか、を盛んに言いますけどね。

 辺野古沖に作られる施設が、普天間の機能を移動しただけの基地なのか、どんな基地ができるのか、って教えてくれないよね。

 どんな基地ができるの?基地の機能は今までどおりでたんに普天間の機能が辺野古に移るだけなの?付随して大浦湾に港なんか作らないよね、まさか。



追記

あつこばのブログ

『辺野古移設が原点』などという菅官房長官の発言は、まったくの間違い
http://atsukoba.seesaa.net/article/416767856.html

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015-03-14 09:39:46

オヤジ週刊誌の目線

テーマ:メディア にいちゃん もん

当ブログの名物企画(ウソつけ)、中吊ウォッチです。


「こんなことで国会質問すな、あほんだら」と某氏 もお怒りの件。


発端は、週刊新潮のようです。

週刊新潮 2015年3月12日

http://www.zassi.net/detail.cgi?gouno=43049&tpl=img_n


「中川昭一」の面影消えて
「年下代議士」遊ばれる未亡人

「安倍内閣」ゆるみの証明

「農水省辞任」当夜にくちづけした

「中川郁子農水政務官」の不倫現場



その後、周囲の反応ということでニュースとして持続。


週刊文春 2015年3月19日号

http://www.zassi.net/detail.cgi?gouno=43287&tpl=img_n


中川郁子(56歳)色惚けママに
困惑するフジテレビ娘と慶大息子


週刊文春の方が「子どもをだし」にしている分、厭味ったらしいともいえる。

しかし、なんじゃい。「フジテレビ娘」、「慶大息子」って。

大衆の俗情をモミモミしまくりじゃな。



週刊新潮 2015年3月19日号

http://www.zassi.net/detail.cgi?gouno=43286&tpl=img_n


安倍総理が「おぞましい」
谷垣幹事長は「言語道断」
後援会は「怒髪天を衝く」

未亡人「中川郁子」
不実なくちづけの代償



他のオヤジ雑誌は扱ってないような。


しかし、某所 でもいったのですが、相手の「年下代議士」の方が、配偶者があるから問題なんじゃない?


政務官で公職だからというので、国会質問になったり週刊誌で取りざたされたりということなんでしょうが、これ、妻をなくした56歳の政務官が、年下の同僚女性議員といちゃいちゃしているのを盗撮されたって、この書かれようではないと思うよ。



民主党議員も週刊誌も、みんな基本はオヤジだよねえ。



追記

週刊新潮は左翼である 2007-11-12
http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10055122850.html


「山本モナはサイテーのオンナか?」だとさ 2008-07-18
http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10117496219.html


ネット立ち読み 「週刊新潮」 「週刊文春」 2008-08-29
http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10132895539.html


週刊誌の中吊り 総選挙予想 2009-07-19
http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10303240803.html


週刊文春の鳩山由紀夫叩き 2009-10-16
http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10365915624.html


週刊誌が孫正義を叩いている 2011-07-02
http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-10941017792.html


都知事選 週刊誌の中吊り 2014-01-26
http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-11758131925.html

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2015-02-27 16:25:52

特攻隊員はナイスガイか?

テーマ:メディア にいちゃん もん

 土曜の朝は、「ぶらり途中下車の旅」なんかを見てうだうだしていることが多いのですが、去年見た番組でこんなのがありました。


2014年9月20日放送分 鹿島臨海鉄道・JR常磐線
http://www.ntv.co.jp/burari/contents/20140920.html


出演者はなぎら健壱さん。


放送内容
http://www.ntv.co.jp/burari/contents/20140920.html


その行先の一つです。


友部駅 筑波海軍航空隊記念館
http://www.ntv.co.jp/burari/contents/detail_2682364.html


番組中では、女学生と文通した手紙だとか特攻隊員の写真だとか遺品が紹介されていました。

異性を思う気持ちとか、今の若者と変わらないということで、なぎらさんも神妙な面持ち。


説明したのは長さんなのかな。三十代にみえる比較的若い人。髪の毛をポマードで固めてびしっと決めた特攻隊員の写真について、「仲間に『ナイスガイ』とか言われたかも」と語っていたのが、記憶に残りました。

特攻隊員といえば坊主頭のようなイメージを持つのは間違いだというのは大事なところだろうと思いますが、仲間同士で「ナイスガイ」なんていうかなあ。戦前も外来語って多く使われては着たけど、「ボーイ」は使っても、「ガイ」は使われたかどうか。


また戦中派、敵性語排斥というおっちょこちょいな人もいて、英単語の言い換えをしていたわけでしょ。

まあハンドルだのスクリューを無理矢理に漢字をを使った専門用語に置き換えるなんて、現場的には面倒なことをしていたかどうかわからないけど、「いい男」とか出身地によっては「よかしゅ」とか言えば済むものを、わざわざ「ナイスガイ」って言葉を使うとも思えない。

特攻隊員にやたらに日本精神を鼓舞するオヤジたちを揶揄する気分があったのなら格別。

もちろん、その館長さんは、ものの喩というか写真の感じなどから横文字を気安く使っただけなんでしょうけど……。


この施設、もともと海軍航空隊があったところで、戦争遺跡ですね。

http://www.ibarakiguide.jp/seasons/tsukuba-kaigun.html




昔のほうが、日本の欠点を言うことが多かったよ、という話の続きなんですが、わたしの子どもの頃は、戦争中の敵性語排斥の風潮を、批判することは多かったと思います。新聞記事ばかりでなく、日常でもそうした話になった。

うちでも母親が、親戚のおばさんが「敵国の言葉なんて習うことはないよ」なんて言っていたと笑っていたし、実際に英語の授業って縮小、廃止の方向だったとか。

それと対比して、「日本と戦争をすることになって、アメリカは日本語教育に力を入れたそうだ」ともよく聞かされました。先の見えない料簡の狭さを哂うもので、今のネトウヨさんの感性だと、「反日」ですが、当時の気分としては、軍とか官僚とか偉そうな人々をからかうとか、庶民でもお先棒担ぎの人を馬鹿にするとかいった心理のほうが強かったろうと思います。


戦争体験者が多かった時代には、「英」という言葉が入っていると改名させられた、なんて話は、「バカな時代だったよなあ」という苦い記憶とともに語られましたが、東洋英和が東洋永和に変わったなどという話は、今はあんまり話題にならないのではと思います。

自分たちには、言い換えを広めるようなそういうメンタリティがあったということは、わきまえておいた方がいいし、そういうのを自虐とは言わないと思うのですが、当節はなんでも「反日」で押し通す人がいるかもしれません。


追記

  敵性語


  関連エントリー

  親から聞いた戦争体験  2014-05-29


戦争体験を聞いた人も少なくなった 2006-08-30

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。