2012-04-06 11:38:38

「政治的な教員のわがまま」と言いそう

テーマ:まとめエントリー

 このところ橋下大阪市長の、式典での「起立、国家斉唱」に関するエントリーを続けています。

 まとめておくかな。


 「日の君」不起立をめぐる愚樵さんとのやりとり

http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-11193856891.html


「秘書課広報室=コンビニ」論 

http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-11202204747.html


日の君 最近のエントリー

http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-11206194618.html


橋下エントリー
http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-11207698546.html


日の君 関連HP
http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-11208685753.html


どういう運動を作るのか……
http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-11210340204.html


「起立した教員」の責任を問うことに反対

http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-11212705564.html


橋下ポピュリズムです
http://ameblo.jp/kandanoumare/entry-11213615957.html



 以下のエントリーも行政権力の処罰を伴う強制と、教職員の起立反対とにも関係があると思います。

 過去エントリーでこうしたことも言っている。06年頃から、靖国参拝や教育基本法改定に関して、「問題視するのは政治性をもった人々」とする言説が、右派メディアにとどまらず広まった印象があります。何だか知らないけどできちゃったブログで、けっこう入れ込んで記事を書きだしたのは、そうした傾向に対してなんとかしなくちゃ、という思いもあったのです。

 政治的な主張を持った一部の人がいろいろ反対しているけど、日の丸を掲揚するのは自然だし、戦没者にお参りするのも自然な感情と言う人々は、目にするところです。

 日本では、「政治」ということばはある種のダーティーワードだと思うのですが、「政治的」な人々とみなして、いろいろ自分の思惑を通そうとする人々(多くは政治家)がいるのではないか。

 教育基本法改定へいたる時期のエントリーも、まとめておく意味はあるかしらん。

 

 

 政治性ババ抜き


 政治的と 論うやつ 政治的


 全ての 普通の市民 は国会へ!!


 国会前に普通の市民が集まろうと呼びかけたエントリーは、一部、内容を貼っておこう。


 (引用)


最後にちょっとだけ「演説」します。


現在、もっとも多い政治的態度は、「無関心」そして「不信」でしょう。 多くの人は現実の政治を肯定的に捉えてはいませんが、現在の政権に対する政治的な対抗運動も、自分達とは違う特別な意見とみなしがちでしょう。

そして過度に政治的な主張をうさんくさく思うのです。


では、この教育基本法改定の問題は、改定しようとする与党・政府と反対する人びとと、どちらが政治的でしょうか。


文部省の教育基本法改正に関するページには、現行の教育基本法のどこが具体的に問題かと、詳細に述べられてはいません。人びとが現在の教育や子どもをめぐる状況へ不信や不安、不満を感じる点をあげ、教育改革が必要といいますが、そのために教育基本法の改定がなぜ必要なのか、きちんと説明してはいません。

ご自身の見聞を振り返ってみても、教育への不満はいろいろ見聞きし、感じるでしょう。しかし、教育基本法のどこが悪いという議論をこれまでに聞いたことがあるでしょうか。

父母、保護者から、教育の現場から、企業の人材担当者から、教育基本法から改定しなければならないという声が澎湃と沸き起こったという印象があるでしょうか。



一般の人に教育基本法に何が書かれているのか質問しても、殆どは知らないという答えが返ってくる。地方公聴会などで、改定賛成の参考人が、詳しく尋ねられると「不勉強でわかりません」と答える事態も聞き及んでいます。

文科省がタウンミーティングで改定賛成の趣旨の質問を依頼するという、いわゆる「やらせ」行為が行われるのも、現在の基本法をなぜ変えなければならないのか、タウンミーティングで意見を開陳するような人びとの間にさえ、ちゃんとした認識がないからに他なりません。教育の現状を憂え、そのために現行法の問題点を感じている人びとならば、役所からの指導を待たずに自分の意見を積極的に述べるはずです。



そうやって「世論」を捏造してまで、教育基本法を変えようとしている政府・与党。

委員会での審議時間、形式的な公聴会の開催をもって、十分に審議が尽くされたという虚構を押し通そうとしている政府・与党。基本法改定の是非について国民的な討議を起こすのではなく、永田町でしか通用しない議論で「審議は尽くした」として、教育基本法改定を強行しようとしている政府・与党こそ、極めて政治的なのです。

おそらく腹に一物ある狙いを、国民の関心が呼び覚まされる前に、参議院選挙のときは「人の噂も七十五日」とほとぼりが冷めるのを期待して、審議、採決を強行しようとしているのです。

「審議に応じない野党も悪い」という、国会対策的喧嘩両成敗の議論にすり替えようとしながら・・・。


そして自民党文教族のドンと目される森喜朗元首相も、安倍首相のブレーンとも言われる八木秀次高崎経済大学教授も、新聞紙上で教育基本法改定の大きな目的は教員の組合を潰すことだと公言しています。

誰が政治的、政略的かは明らかです。



教育基本法改定に反対する人びとは、新しい教育基本法で、教育が国家統制されると主張します。内心の自由が侵害されると懸念します。経済格差が助長されると指摘します。そして改定しようとする側は、そうした批判や懸念にまともに答えません。もっぱら現在の教育への人びとの不安や不信を、なんの説明も合意形成もなく教育基本法改定へつなげようと世論操作をし、世論を無視し出しぬこうと、国会内の数の論理でことを決めようとしているのです。



政治的もの言い、政治的行動をうろんに思い、ノンポリティカルであることで誰にも騙されないようにしようと思っている人にこそ呼びかけます。

やらせタウンミーティングが発覚してもなお、教育基本法改定案を強行採決しようとしている政治家・官僚こそ、ノンポリ層を侮蔑し、出し抜き、騙そうとしているのです。

彼らはタウンミーティングで市民の声を聞くと称しながら、露骨に世論誘導を画策し、人びとを騙そうとしたのです。

国会前に集まって、政府・与党に抗議の声をあげてください。

                  kuroneko


教育基本法資料室(文科省)

 http://www.mext.go.jp/b_menu/kihon/about/index.htm


 (引用ここまで)

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

kandanoumareさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

3 ■興味の方向性

sv400s_dracin さま

 社会的問題や政治課題についての能動性を、全ての人が、ずっと時間軸を通して、一定以上の強度で持続するってことはありません。濃淡、ばらつき、ムラ、グラデーション、いろいろ、さまざま、あれこれあるんでしょう。
 そのなかで立場とかめぐりあわせとか、条件で運動に入れ込んだり、ワーワー言ったりする。

 面白がる才能の方向性をちょっと変えれば、社会問題だって、興味は持てるもんです。

2 ■わかりましたぁ

>政治的もの言い、政治的行動をうろんに思い、ノンポリティカルであることで誰にも騙されないようにしようと思っている人にこそ呼びかけます。

考えておきます…っていうほど、考えてないけど…そこんところが微妙なわけで…たぶん私は、哲学書とか、思想書とか、読むのが好き…去年一年間だけで、そんな類の本を40冊くらいはPDFに自炊化してる…すきじゃなきゃ、結構めんどくさいのにしない…めんどくさいが最強の敵だといってるくらいなんだから…思想や哲学は
趣味かも…読むのは好き…読みながら、考えるのも好き…なんのためか…目的は、ひまつぶし…で、どうするかって、考えてないし…政治に不満があるわけでもない…ところが、微妙…困った…いちおう、50になったら、webへコメントするのは、一切止めようとは、決めてるんだけど…

>やらせタウンミーティングが発覚してもなお、教育基本法改定案を強行採決しようとしている政治家・官僚こそ、ノンポリ層を侮蔑し、出し抜き、騙そうとしているのです。

 そのとおりなんだと、思うし、橋下さんへの警戒心もそのとおりなんだとは、思う…が…だから、何さってぇのが…あって…困った…どうも、私は何かが欠けてるって、わかってるんだけど…それが何かがわからない

1 ■教育基本法

 全ての 普通の市民 は国会へ!! の「演説」は、いつかそれだけでエントリーをたてておこうかな。取り上げたことは教育基本法改定運動の中のある局面での呼びかけなのだけど、根底は普遍的、基本的なところだと思っている。

そうだ。教育基本法を元に戻す運動、ってのも考えなくっちゃ。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。